ひろの映画見たまま

映画にワクワク

陰日向に咲く

2008-11-24 19:51:53 | 映画
劇団ひとりの原作の映画化だ。

ギャンブルに溺れる男性と、ふと出会った若い女性の

出会いを中心にさまざまな人たちの生き様を描く

ホームドラマだ。

ホームドラマといっても、陰だから結構暗い。

パチンコに溺れ、借金取りに追い立てられる青年。

ホームレスに憧れる中年男性。

売れないアイドルを追っかける、青年たち。

母の元恋人を探しまわる若き女性。

それぞれが悩みを抱え、暗い。

しかし、日向もある。

登場人物がどこかでつながるが

物語が複雑で、ちょっと見逃すと、その関係が分からなくなる。

小説はすぐ読み返せるが映画はそうはいかない。

ひねりすぎの展開に舌足らずになっている。

結構泣かせる場面もあるが惜しい。

岡田准一、宮崎あおい、西田敏行、三浦友和が絡んで面白い。



コメント

シムチョン

2008-11-23 18:57:10 | 映画
これは京都で初公開の、韓国アニメ。

得意の宮廷物語。でもこれは民話に基づいている。

盲目の父の目のために自らを犠牲に。

昔は、乙女を生贄にすれば海がおさまるとされたものだ。

ここからがおとぎ話。竜宮城よろしく。

海底の王国で歓待され、陸に送り返される。

そして、皇子の目にとまり、皇太子妃に。

何と出世物語ではないか。

父の目も治り、再び宮廷で活躍することに。

ハッピーエンドの物語だ。

でも途中はおどろしい。だって、海に自らを捧げるのだから。

日本のアニメに比べ繊細さに欠けるが、でも結構ディズニー風で楽しい。

特に、海の場面では、アクションもあり、大がかりな絵になっている。

まあ、見つけものの映画だ。




コメント   トラックバック (1)

落下の王国

2008-11-20 18:00:59 | 映画
「落下の王国」それは、映像の魔術師ターセムが構想26年、撮影期間4年をかけて作った壮大なおとぎ話だ。

落下、それはこの物語を紡いでいく二人が、落下により巡り合わせて

病院で、お話を紡ぐことになったからだ。

二人とは、一人は映画のスタントで川に落ち骨折、

一人は、少女で木から落ち骨折、でも腕だけ。

物語の壮大さは、世界24カ国にロケし、

それも砂漠やイスラムなど、我々にとってエキゾチックなところばかり、

更には、登場人物が黒人やインド人など人種にとらわれず

それでいてお話は、お姫様物語。

奇想天外のようで、よく練られた本。

ぶっちゃけ大人のおとぎ話。

不思議な映画だ。

あとを引く。
コメント

ハッピーフライト

2008-11-19 17:48:37 | 映画
大がかりな飛行機の映画だ。

ただ、常識的に考えて最近日本では大きな飛行機事故はない。

だからこの映画では、事故なんだけれど、大事故にはならない。

でも、運転するのが新米さんだから、結構ハラハラさせられる。

お客も、そんなに騒がずおとなしい、こちらも

新人アテンダント(スチュワーデス)が活躍。

結局題名通りハッピーフライトだ。

田辺誠一、綾瀬はるかが新人を演じ、脇をベテランでかこまれ、

楽しい映画になっている。

基本的には喜劇だが、

テレビ局が、製作に参加しているので、一応大がかりな映画だ。

ただ、おとなしすぎて、ちょっと物足りないかも。
コメント

犯人に告ぐ

2008-11-17 08:59:58 | 映画
これはテレビで見た。

刑事もので、かなり硬派の刑事を豊川悦司が演じている。

少年誘拐殺人事件の捜査で、いったん迷宮入りになった事件を

6年後に「犯人に告ぐ」というテレビを利用した陽動作戦で解決しようというもの。

地道な警察の捜査と、警察内部のいざこざが、混ざり合って

ちょっと、普通の刑事ものよりシリアスだ。

でも、結局犯人は、ちっぽけな人物で、

大がかりな仕掛けの割にはあっけない。

小手先の日本的な映画だ。

もうちょっと寝ちこい刑事ものが見たい。
コメント

愛の涯 私は風になった

2008-11-15 16:32:39 | 映画
これは劇用公開されたのだろうか? DVDで見た。

ドイツ映画だ。

この映画のヒロイン、ウシは実在の人物で、ロックンロール界では有名人。

ミックジャガーやジミハンドリックスなど有名人とも交際があったらしい。

そのへんのところも描かれる。麻薬も登場する。

少女時代に、ロックンロールにはまり、家出をして、左翼の活動家に合流、

男女の関係もあり、自由を謳歌するが、捕まったりする。

猿を飼う冒険家にひかれ、彼と放浪の旅に出る。

その前に、ヌードモデルをして稼いだりする。

自由人だけに、ヌードは平気でそのオンパレード。

そういう意味で見るなら興味はある。

世界を放浪するので、各地の風情が楽しめる。

ただ、話があちこちするので、わずらわしい。

珍しもの好きにはいいかもしれないが。
コメント

レッドクリフPart1

2008-11-13 20:21:30 | 映画
三国志を題材にした映画「レッドクリフ」は5時間に及ぶ大作だという。

レッドクリフは、訳すと赤壁、すなわち赤壁を砦とする戦なのだ。

映画は、魏の曹操と劉備軍の争いだが、

そのクライマックスが、赤壁の戦だ。

でも、Part1は、赤壁の戦ではない。

まず初戦として陸上での戦をする。

メンバーの紹介と、この陸上戦で映画は終わる。

まったく肩すかしだ。

代替長尺ものは、中休憩をはさんでというのが、

昔からのやり方だったのだが、

途中でほっぽり出される悔しさは、強い。

登場人物が多く、それなりに人物の書き込みも丁寧でいいのだが、

せっかく、人物の相関関係が理解できたころに終わりだ。

そして次回の予告。

それも来年5月の公開という。

一度に見せてほしかった。
コメント   トラックバック (1)

PSアイラブユー

2008-11-10 19:56:05 | 映画
ちょっと敬遠していたが、評判がよさそうなので見に行った。

結構拾い物の映画だ。

ちょっと、大人の場面が多いが、

その意味では大人の恋愛映画だ。

映画の冒頭、口げんかがとどまるところを知らない。

でも、結局二人はベッドイン。それも強烈。

そんな二人だったが、突然夫を病気で失い呆然としている

妻に、亡きはずの夫から手紙が届く。これが「PSアイラブユー」だ。

物語が進み、場面ごとに夫との楽しい思い出が挿入されるが、

これがまた甘い。

夫を忘れられず、友人にそそのかされ、

男と寝たりするが、心が充ち足りない。

彼女に心を寄せる男性もあらわれるが、断ってしまう。

次々とくる夫からの手紙。

最後には、その送り主が分かるが、それは見てのお楽しみ。

ヒラリースワンクが、まっとうな女性の揺れる心をうまく演じている。

結婚済みの人も、これから結婚する人も、心温まるこの映画で

自らの結婚生活を、懐かしんでください。

コメント

同い年の家庭教師

2008-11-09 14:00:41 | 映画
韓国映画「同い年の家庭教師」は、甘酸っぱいアクション恋愛映画だ。

「猟奇的な彼女」に続いてヒットした作品だという。

キム・ハヌルがヒロインを演じ、暴れ者の青年を

なんとかてなづけようと努力する様がコミカルだ。

お金に困っているため、言うことをきかぬ生徒を教え続ける

苦痛を友達に相談するが、

一方、生徒は、お金持ちのぼっちゃんで、転校してきたため

高校生だが、喧嘩がめちゃ強く、すぐ暴力沙汰になる。

そんな二人だが、生徒のほうが、教師にひかれていく。

なんとか、気に入られようとするちぐはぐが

韓国映画らしいコミカルなタッチで描かれ、

最後はハッピーな気分で終わらせてくれる。

生徒役のクォンサンウが持ち味を発揮、女心をくすぐる。



コメント

ブタのいた教室

2008-11-07 19:21:49 | 映画
小学校でブタを飼うとは、なかなか大変なことだ。

昔は当たり前のことだったが、都会化して無理になったようだ。

でもこれは実話だそうだ。

生き物についての実地教育だ。

それを実施しようと提案した先生もさりながら、それを許した校長も偉い。

当然、生徒の親からも苦情が出るが、校長が何とかとりなす。

物語のクライマックスは、卒業時にその後のブタをどうするか。

所期の目的の「食べる」ことは敬遠され、

下級生に頼むか、食肉センターに渡すかで、生徒たちが真剣に悩む。

ただ、映画なので、その討論はかなり脚色され

大人の手が加わっている。

それが延々と続くので見るのが辛い。

最後教師の判断で決まるが、もうちょっと早く決断してほしかった。

小さなテーマだが、時宜をついたテーマだ。

コメント