ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「婚約者の友人」、戦死した婚約者の友人が敵国の人だった!

2017-10-31 19:31:58 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆★  (劇場鑑賞)

フランス・ドイツ映画

1919年、ドイツ。婚約者フランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナは、フランツの両親と共に悲嘆に暮れる日々を送っていた。ある日、アンナは見知らぬ男がフランツの墓に花を手向けて泣いているところを目撃する。アドリアンと名乗るその男は戦前のパリでフランツと知り合ったと話し、彼が語るフランツとの友情に、アンナもフランツの両親も癒やされていく。

フランスの気鋭監督フランソワオゾン作品。

一部カラーを交えながらほぼ白黒で描く、気品ある映像美に惹かれる。

そして物語は、主としてアンナ目線で描かれ、戦争によって失われ、傷ついた男女の機微が物語を紡いでいく。

フランスとドイツ、お互い敵同士、戦争中は殺しあった仲だ。

アンナは、最初婚約者の友人として受け入れ、一時は恋心も芽生える。

だが、アドリアンの告白で、奈落の底に。

周りの人々も、傷つきながら生きている。

戦争が生んだ悲劇だが、この物語はさらに複雑。男と女の関係をえぐっていく。

ラストは、マネの「自殺」(フランツの愛した絵だという)の前のアンナと見知らぬ男。

自殺までしかけたアンナの生きる意志なのか?

味わい深い映画だ。

コメント   トラックバック (1)

「善悪の刃」、冤罪事件の再審まで!

2017-10-30 19:17:13 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

2000年に韓国で起こった薬村五叉路タクシー運転手殺人事件。

警察の強引な誘導で、15歳の少年ヒョヌが犯人として検挙、裁判で確定。

それから10年、刑期を終え出所した青年は、多額の賠償金で苦しめられていた。

一方、度重なる敗訴で職にあぶれていた弁護士。

この二人が出会ったことで、再審の道が開ける。

警察のでっち上げの手法と、強引な捜査が浮き彫りにされ、

さらには、上からの指令でもみ消そうとするなど、腐った韓国社会があぶりだされる。

調べていくうちに、目撃者が現れるが、圧力がかかる。

初めは、自己都合で動いていた二人が、やがて協力して再審に向かうことに。

映画は、最後まで見せないが、事実は再審で結審した。(それだけ身近な作品)

ヒョヌを演じるカンハヌルは、この映画の後入隊、27歳で入隊とは。

弁護士役はチョンウ。

ふたりの演技で、最後まで目が離せない。

コメント

「レイルロード・タイガー」、ジャッキーチェーン大暴れの鉄道橋爆破!

2017-10-30 10:28:49 | 中国映画

おすすめ度 ☆☆★

ジャッキーチェーン好き ☆☆☆

1954年に発表された劉知侠の大衆小説『鉄道遊撃隊』を映画化した1956年の同名作品のリメイク的作品で、日中戦争下の1941年の中国を舞台としたアクション・コメディ映画。

日本軍がコテンパンにやられるので、気になる方は、見ない方がいい。

それを抜きに、ジャッキーチェーン映画を見たい方はOK.

鉄道は、模型も使っているが、大アクション。

屋根から、車輪の下まで、縦横無尽に暴れまくる痛快劇。

ジャッキーの息子まで参戦したグループアクション。

何しろ、素人たちが、共産軍の使命を代わりに達成しようというのだからすごい。

敵役の池内博之は、「イップマン」でも活躍していたが、なかなかの役者、アクションもこなし、圧巻。

中国では、大好評とか。(それが胸糞悪い人も)

ジャッキーチェーンも御年63歳。

アカデミー名誉賞を受賞。頂点に上り詰めた。

 

 

コメント   トラックバック (1)

「バリー・シール アメリカをはめた男」実在した天衣無縫の男の物語!

2017-10-29 08:42:29 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

★は、トムクルーズ様へ。

1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を完全映画化。

トムクルーズが、この人物に扮し、その豪快さと、頭の良さを体現。自ら望んだ役だが、まさに新境地。

冒頭、一流エアラインの操縦士、みんなが眠りについたころ、操縦を自動に切り替え、乱気流に突入させ、乗客を慌てふためかせるお茶目。

CIAにスカウトされ、低空飛行で南米の共産ゲリラの拠点の空中撮影を請け負います。まさに、操縦技術のたまもの。

コロンビアで、麻薬の密輸入を手助けすることに、高地での短い距離での滑走、ルイジアナの沼地に投げ落とす荒業。

今度は、ニカラグアの戦士の武器輸送に。

やがてこの仕事で莫大な富を築き、そこら中に札束が。

しかし上り詰めたバリーも、やがて転落を迎える。

妻の弟に、散々遊ばれ、彼の命が狙われ、自らもやがて追われる身に。

その波乱万丈のバリーを軽快に演じるトムはさすが、最後まできっちり楽しませてくれます。


コメント   トラックバック (3)

京都一日旅行 大徳寺

2017-10-28 08:49:35 | 日記

京都へ出かけた。

今、博物館で国宝展を開いているので、それを見るつもりだったが、待ち時間が長いと聞いていた。

そこで、駅の観光案内所へ行き、聞いてみると、40分待ちだとか。

これでは、大変だと、あきらめ、係の人におすすめを聞くと、大徳寺で特別参観をしていると聞き、さっそく大徳寺へ。

タクシーを拾うが、烏丸通は渋滞。おかげでタクシー代がかさんだ。

さて、お昼時なので、案内所で進められた精進料理の「泉仙」へ。大徳寺の門前にある。

だが、残念、当日はお休み。

次におすすめの蕎麦屋さんへ。

大徳寺そばを頼む。大徳寺そばとは、にしんそばに湯葉を乗せたもの。

京都らしい味だ。関東の人には薄味だろう。

さて、特別参観の三寺は、共通券があって、1500円。

まず、黄梅院、千利休の作庭「直中庭」。

団体客がいないので、空いていて、ゆっくりできる。

案内の人がいて、説明してくれる。(他の寺も同様)

庭を眺めながらの至福のひと時。

最近は、中国系の観光客が多く、興をそがれるが、今回は、まったく中国系の人を見なかった。

西洋人は、なぜか、許してしまうのはなぜか。

あとは、総見院と興臨院。

織田信長や前田利家の戦国武将の寺だ。

寺の庫裏とか、茶室とか、当時がしのばれる。庭も含めて、よく保存されている。

大徳寺は、寺の集合体の体をなしていて、全部を見るのは大変だ。

機会をみて、訪れるのがいいのだろう。

のんびり一日、充実の時間を過ごせた。

 

 

 

 

コメント

「ノー・エスケープ 自由への国境」メキシコからアメリカへ越境する人たち。それを狙う白人!

2017-10-27 19:59:06 | 映画

おすすめ度 ☆☆★

メキシコ・フランス合作

PG12 えぐい殺しの場面

アカデミー賞外国映画部門メキシコ代表、トロントでは批評家連盟賞。

「ゼロ・グラビティ」で父アルフォンソ・キュアロンと共同脚本を手掛けた息子ホナス・キュアロンが監督。

メキシコからアメリカへ移民するため、不法に国境越えする人たち。

途中で、車が故障、そこからは砂漠を歩いて越境。

だが、アメリカの白人、ここでは、狩り好きのおじさん。ウサギ狩りをしている。犬がお供。

このおじさん、どこで習ったか、的確なスナイパー。

話は、このおじさんと愛犬が、16人のメキシコ人を撃ち殺し、食い殺し、果ては。

ワンシチュエイション映画というらしいが、このおっかけについていけない人はアウト。

なかなかサスペンスはあるのだが、じりじりしてしまう。

何しろ、焼けつくひでりに、岩と砂漠の無毛地帯。ただひたすら、逃げる、追いかける。

越境者で最後まで頑張る男に、「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナル。

追いかける白人男性に、「ウォーキング・デッド」のジェフリー・ディーン・モーガン。

ふたりともなかなか渋い男だ。


 

コメント

「ベイウォッチ」、ドウェイン・ジョンソン&ザック・エフロン共演のライフガード物語!

2017-10-27 15:32:37 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

アクション・コメディ好き ☆☆☆

劇場未公開

『カリフォルニア・ダウン』で地震と闘い、『ワイルドスピード』でテロリストと戦ったドウェイン、今作はライフセーバーに。

彼の安心感は極めて高い。

ゆえに、今回は、ザック・エフロンを共演に。

エフロンも、体を鍛えてムキムキに。

そして、お色気女性を配して、まさにサマーギフト。

ライフガードの話が、麻薬組織との対決となって、話は大きい。

だが、逆にコメディーパートがやや弱い。

前半は、エフロンが、ドウェインに反抗して、問題を起こす、いざこざストーリー。

後半は、船の火災やパーティでの捕り物帳。

まあ、B級映画ゆえ、荒いところはあるが

ドウェインとエフロンのムキムキ対決とお色気は楽しめる。

コメント

「アトミック・ブロンド」、シャーリーズセロンのスパイアクション!本気です。

2017-10-26 18:17:15 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

R15+

シャーリーズセロン主演。

「ジョンウィッグ」のデビッドリーチ監督。

かなりハードな特訓を受けて、シャーリーズセロンは、さらに上を行く。

007女性版と言われるほど、アクション満載。

それも、ダメージを受けながらの奮闘。

氷風呂で傷をいやす。

話は、冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。

東西をまたいでのスパイ合戦。

だましだまされなので、ちょっと気を抜くと誰が誰やら。

次々と人も殺されていきます。

ただ、物語は、回想から入るので、主人公は、生き延びます。

そこから先がまたどんでん返し。

謎解きより、アクションシーンのバラエティに堪能。

音楽がいい。

長回しのアクションシーンもあって、痛さの連続。カーアクションも。

セロンの肉体的エロスも健在。

 

コメント   トラックバック (7)

「ファミリー・マン ある父の決断」、仕事人間が、家庭を顧みる!

2017-10-25 18:04:15 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

ホームドラマ好き ☆☆☆

カナダ・アメリカ合作

劇場未公開 WOWOWで放映

腕利きのヘッドハンター、会社では、次期社長狙いも。

家庭を顧みず、仕事一筋の男。

だが、息子に白血病が見つかり、入院。

そこから気づく、家庭の大切さ。

両方を立てるために孤軍奮闘。

だが、重病故、家庭から離れられなくなる。

そして、人生の大切なものは何かの問いに。

サラリーマンなら、いつかの時点でこのような、ジレンマに立たされる。

身につまされる映画だ。

主演のジェラルド・バトラーが好演。

子供の病気というのは、反則手だが、許される範囲。

 

コメント

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」猿が人間化して

2017-10-24 19:10:20 | アメリカ映画

すすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

名作SF映画「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続くシリーズ第3弾。

高度な知能を得た猿と人類が全面戦争に突入してから2年。

猿たちを率いるシーザーは森の奥深くの砦に身を潜めていたが、ある晩、人間たちの奇襲を受けて妻と長男の命を奪われてしまう。

人間化した猿は、復讐という気持ちを抱き、妻たちを殺した人間への攻撃に出かける。ただ、二人の部下を連れて。

途中誤って人を殺し、その子を連れていくことに。その子は口がきけなかった。

動物園から逃げ出したチンパンジーも加わり、総勢5人。

だが、シーザーは囚われの身となり、ほかに囚われた囚人の中へ。

そこから脱走を企てる。

もうこうなると、まったく人間だ。

壮大なドラマになっている。

地下道からの脱出や、大雪崩など見せ場は十分。

愚かな人間の行動も。

進化した猿と、病に犯される人類。やがて、サルの時代になるのだろうか。

ウッディ・ハレルソン、憎い人間を演じて好演。

 

コメント (2)   トラックバック (3)