ひろの映画見たまま

映画にワクワク

アパルーサの決闘

2009-12-28 15:46:17 | 映画
てっきり劇場公開されていると思ったが、これは未公開。

アメリカでは評判となった作品だ。

最近、ちらほらと西部劇が見受けられるが、

これも、西部劇なのだが、いわゆるドンパチのあるアクションではない。

DVDには、メイキングが付いているが、そこから読み解けるのは

1880年代のアメリカの雰囲気をできるだけ忠実に出そうと努力していることだ。

で、物語は二人のガンマンコンビが、ある町の保安官を志望し、

悪者を退治する話だが、単純な悪者は登場しない。

代わりに、都会育ちの上品だが、色気タップりの夫人の存在が

物語を盛り上げる。

保安官だから、銃の打ち合いはあるのだが、

主たる決闘は、前半と、後半。

中ほどの決闘では、強いはずの二人が危うくなる。

二人の男の立ち位置が微妙で、あくまで、主役と

それに合わせるわき役といった感じ。

で、主役は監督・脚本のエド・ハリス、相手役はヴィゴモーテンセン。

夫人には、レニーセルベガーと渋い役者ぞろいだ。

西部劇の時代背景だけはどっぷりと楽しめる。
コメント (2)

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

2009-12-25 19:28:07 | 映画
前半は、のだめのすごいパワーが、映画ならではの奇想天外な展開をして、

大いに笑わせてくれる。

なにしろ、場所はパリなのに、なぜか全編日本語なのだ。

後半は、いよいよのだめのパートナー千秋が

楽団を、まとめあげていき、

結構長時間演奏シーンが楽しめる。

すなわちクラシックファンをも満足させてくれる。

もともと、評判のアニメが原作で、

二人の音楽修行がベースだが、

二人の恋物語でもある。

舞台がパリで、観光案内的要素もあり、結構楽しめる。

楽団員がユニークで、最初反発していたが、千秋を理解し

徐々に打ち解け、最後は立派に演奏する成功物語だ。

のだめは、ピアノ修行中で、前編ではピアノの出番は少ない。

後半は、のだめなのか。来年4月公開だそうだ。

アニメを見ていないので、最初登場人物が捕らえきれないハンデがあるが

見ているうちに何とか溶け込める。

のだめに扮する上野樹里がはじけている。





コメント (4)   トラックバック (1)

韓国映画「淫夢」

2009-12-23 20:31:03 | 映画
日本映画の「白日夢」程度の作品かと思ったが、

まったく性行為描写に特化したような映画だ。

もちろんAVではないから、それなりにストーリーはあるが、

絶倫男が、寺での修業をやめさせられ、タクシー運転手をすることに。

そして、タクシーに乗せたお客から、大学教授、看護婦、女子大生、モデル出身の

主婦、売春婦まで、手当たり次第にやりまくる。

そして、一日に三人をはしごして、痛い痛いと言わせる絶倫男。

でも、結局、金は取られるわ、ポイされるは、いいことでは終わらない。

それにしても、韓国にAVがあるかは知らないが、

これはまさしくAVそのものだ。

コメント (1)

This is it

2009-12-22 19:58:31 | 映画
公開時見逃したが、再公開でやっと見た。

実を言うと、マイケルジャクソンにそれほど、魅力を感じてはいなかった。

その容貌の不自然さと、幼児虐待のイメージが強くて。

でも、この映画で、彼の才能の素晴らしさを知った。

彼は今年若くして亡くなった。

彼を悼む声は大きい。

この映画は、彼が今年やる予定であった

ロンドン公演のリハーサルを撮った映画だ。

勿論、そのシーン以外に、昔の映画だとか、

南米の風景と少女とか、さまざまな要素が盛り込まれているが

基本は、リハーサルだ。

リハーサルといっても、ほとんど完成に近いところで

ダメ出しのようなシーンの連続で、

公演を裏側から見ているような雰囲気だ。

当然、ドラマとか、演技とかはない。

ために、このヒップホップ系の音楽シーンの好きでない方は、

面白くないかもしれない。

しかし、マイケルのその才能に触れられる幸せは、多くの人の

心を打つだろう。
コメント

パブリックエネミーズ

2009-12-15 15:27:36 | 映画
パブリックエネミーズ、それは銀行強盗。

それも銀行の金しか取らない。

その名は、ジョンデリンジャーとその一味。

彼らは、捕まっても、やすやすと刑務所から脱走する。

その親玉、デリンジャーが一人の女と運命的な出会いをし、

いちころの文句でくどきまくる。そして、二人の逃避行が始まる。

強盗一味に巻き込んでしまい、お尋ね者になってしまう。

デリンジャーには、ジョニーデップが扮し、

クールでかっこいい。

あのひょうきんな海賊とは大違い。

1930年代大恐慌の年だ。

そのころのダンディないでたちは、クールさをひき立てる。

映画は、デリンジャーと彼を追う捜査官との争いだ。

司法長官は命令するだけで、結局捜査官が必死に追いかける。

だが、捕まっては、脱走するデリンジャーとのいたちごっこ。

だが、結局悪は?

淡々と描かれ、なにか白黒映画のようなストイック感じさえする。





コメント (2)

2009-12-12 10:12:46 | 映画
黒木メイサが、バレリーナを演じることでニュースになった作品だ。

でもこれ、製作者も監督も中国人。中国映画とも言える。

昴は、もともと大評判の日本の漫画が原作だ。

韓国の女優も出演し、舞台が上海であったりして、国際的な映画だ。

黒木メイサは、バレエを踊ったことがないということで、特訓を受けたとか。

天性の感で、バレリーナをこなしている。

製作者や監督が、探しまくった結果が黒木なので、それもやむをえない。

それにしても、成功物語としてけっして手放しでほめられる作品ではない。

日本人になじめないからなのかも。

双子の姉弟である弟を病気で亡くす。

その辺のシーンが日本版では軽く流されてしまっているため

話が盛り上がらないのだ。

というのも、このテーマが最後まで引きずっているので、

引っかかってしまう。

これは、DVDの特典で、その描写が入っているのでよくわかる。

2年近くも日本ではお蔵になっていた。


コメント   トラックバック (1)

ブッシュ

2009-12-10 16:23:50 | 映画
ブッシュ、いわずと知れた前大統領だ。

まだ生々しいのにもう映画化とは。

泥沼と化したイラク侵攻を進めた大統領。

彼の父パパブッシュもイラクへ攻め入っていた。

今回は、徹底的に攻め、ついにはフセイン大統領も倒してのが

いまだに、政情は不安定だ。

オバマ政権は、アフガニスタンにずっぽりと足を踏み入れている。

繰り返される戦争。

それを警鐘したかったのか。

大統領を撮り続けている、オリバーストーンの作品だ。

それなりに似た役者がやっているが、所詮偽者。

フィクションとしてしか見れない。

生い立ちから、州知事に当選、そして大統領へ

2代続いた名門の出で、成功物語でもある。

アメリカを知るには、やはり大統領を知ることだ。

だが、感動という大切なものはない

淡々と描かれていると言おうか?
コメント

カール爺さんの空飛ぶ家

2009-12-09 17:38:59 | 映画
カールじいさんは、愛する妻を亡くし、幼いころからすむ家に住んでいる。

だが、周りは開発され、立ち退きを求められている。

ついに、家に風船をいっぱいつけて家ごとの「空飛ぶ旅」に出る。

そして、妻が理想とした南アメリカの絶壁のある滝の上に家を移そうと試みる。

じいさんの冒険物語だ。

しかし、このじいさんめっぽう元気だ。

滝の近くで、犬を伴った冒険家がいて、飛行船に乗り、

じいさんの行く手を阻む。

風船と飛行船と、切り立った崖。

3D映画でもあり、高所恐怖症にたまらない風景だ。

綱一本にぶら下がり、お供のちびチャンを助けるのだからすごい。

今にも空から落ちそうで、はらはらどきどき。

おじいさんなことは忘れてしまう。

前半、妻と築いたこれまでを短いコマ落しで紹介するが

これが、後々まで効いてきて、おじいさんのいたいたしい奮戦が生きている。

アニメなだけに、犬や、鳥やさまざまなキャラクターがいて楽しめる。

コメント

映画は映画だ

2009-12-07 19:57:30 | 映画
韓国でヒットした映画。

キムギドグ監督が、製作・脚本

アクション映画で、相手役を痛めつけ相手になる役者がいなくなったアクションスター。

クラブで知り合った、やくざを思い出し、出演を依頼する。

やくざは、本気の格闘を要求し、受ける。

アクション俳優に命をかける男と、やくざでありながら役者をあこがれる男。

そんな奇妙な二人の物語。

映画撮影シーンが主体だが、それぞれの生活があり、悩みもある。

とくにやくざは、親分との約束もあり、のっぴきならない立場に追いやられる。

そして、泥沼での大格闘シーン。

本物のやくざの戦い。

鮮烈な映像と、韓国独特のコミカルが入り混じって

一方では、色恋沙汰も加味しながら

素敵なアクション映画に仕上がっている。

ソ・ジソブとカン・ジファン、二人の男優がかっこいい。

コメント (1)

理想の彼氏

2009-12-05 18:30:46 | 映画
題名の「理想の彼氏」とは、程遠い話だ。

夫の浮気で離婚し、ニューヨークに来た二人の子持ちのアラフォー女。

子供たちは、小学生だが、いかにもおしゃま、

この映画は、12禁なのだ。(セックス最中に子供が見ていた)

道には、一物を見せる男がいたり。

セックスの話は、日常茶飯事。

それほど、大人の映画なのだ。

で、女が恋するのは、25歳年下のフリーター。

アパートの下の喫茶店に勤めているのと、

女の武道塾でやられ役の男を、アルバイトしていた男。

だが、この男、子供の面倒は見てくれるは

トラブルがあって落ち込んでいたときに慰めてくれたり

心がおけるのだ。

だが、別れはきた。

でもそれで終わらないが映画。

男は、世界を駆け巡り一段と男になって帰ってきた。

女は、仕事も順調で、昇進。

果て、結末は?

ほろ苦い人生を、コメディタッチで笑わせ、泣かせてくれる。

真剣交際の男女にはうってつけかも!

キャサリンゼタジョーンズが、とってもセクシーでアラフォーを好演。

コメント (1)