ひろの映画見たまま

映画にワクワク

今年のカンヌ映画祭は幕を閉じた。日本映画は賞なし!

2012-05-31 17:49:10 | 映画
今年のカンヌ映画祭のパルムドール賞は、「白いリボン」のオーストリアのミヒャエル・ハネケ監督作『アムール(原題) / Amour』に決定。日本公開は来春。老夫婦の愛を描いている。(写真)

日本からは、三池崇史監督の最新作『愛と誠』が出品されたが、賞は逃した。

又、日仏合作の『ライク・サムワン・イン・ラブ』や、若松孝二監督の「11・25 自決の日、三島由紀夫と若者たち」も上映された。
コメント

NHK山田洋次が選んだ日本映画100選 喜劇編 夏目雅子の「時代屋の女房」

2012-05-31 15:41:02 | 日本映画
1983年作品

監督の森崎東は、山田洋次より年輩だが、後から入ったので、山田の助監をしていた。

この映画、村松友視の直木賞受賞作の映画化。

東京下町の「時代屋」と名乗る古道具屋に、猫とともにフラットやってきた女が住みつき、また、ふらっと出ていくという話。

時代屋の主人は、35歳独身で、近くの喫茶店や飲み屋に出入りし、そこの客たちとお付き合いしている。

で、1980年代の下町の人情話とでもいおうか。

まあ、この映画の目玉は、夏目雅子、「鬼龍院花子の生涯」で脚光を浴びた翌年の作品。そして2年後に亡くなっている。

当時日活ロマンポルノ全盛期で、この映画にもちょっと片鱗がある。

女の素性を聞かない、でも去られるとさみしい、男の遊び心をくすぐられる作品だ。(ネタバレ)
















ラスト、再び日傘をさして、ヤカンを持って現れた夏目雅子、その美しさにふたたびうっとり。

コメント

ジョニーデップとティムバートンの「ダークシャドウ」、魔女とバンパイアの対決です!

2012-05-30 18:59:24 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆
     ホラー映画好き ☆☆☆

ジョーニーデップとティムバートン。このコンビは、ワンダーランドな世界を見せてくれます。

今回は、バンパイア(吸血鬼)と魔女の対決。

対決とは言いながら、恋物語ですから、結構お色気たっぷりの怪しげな映画です。

原作はテレビドラマとかで、けっこう話を詰め込みながら端折っているので、途中は結構退屈します。

でも、後半の対決シーンは、あの手この手でぶつかり合い、最後は心臓を抉り出すグロテスクさです。

もちろん、途中でも、吸血鬼ですから、血なまぐさいシーンも出てきます。

その割には、さらりと描いていて、幽霊まで参戦し、ホラー度アップです。

女性陣が豪華で、美女揃いなので、楽しませてくれます。ただ、相手が魔女とかではどうですかね。

結構こった作りの屋敷や、崖とかまあ、おどろおどろしいです。




コメント   トラックバック (2)

ウディアレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」、とってもパリが楽しめる映画です!

2012-05-29 16:13:46 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆
     薀蓄のある人 ☆☆☆☆

冒頭から、パリの風景がスクリーンプレイのように、映し出されます。

主人公は、アメリカの売れっ子脚本家。だが、小説家を目指している。

結婚を控え、彼女のパパの出張に便乗してパリへ。

そこで出会った、彼女の友達が、パリを案内してくれる。

だが、ちょっと一人になりたがった彼が、真夜中に繰り出した街頭で、招かれたクラッシクカーが。ついていくとそこは1920年代のパリ、有名な作家や画家などと交友することに。

魅力を感じた彼は、毎夜出かけることに、そこで、一人の女性に惹かれてしまう。という展開で、

1920年代の芸術家が、その名前で出てくるので、この辺を良く知っていないとちょっと損をする。

単純な恋愛話や、パリの風景を眺めるだけでも楽しめるが、本音はもっと哲学が語られている。

例によって、アレン独特の素早いおしゃべりも出てくるので、アレン嫌いにはちょっとつらいかも。
コメント (1)

韓国映画「欲望」、ちょっと危険な映画です。

2012-05-28 17:02:45 | 韓国映画
おススメ度 ☆
  恋愛映画好き ☆☆☆

2003年作品。

何気なしに借りてしまった作品。

原題は、「おいしいセックス、そして愛」。

題名通り、アラサーの男女の恋物語。それもセックスシーンが大半を占めるという危険な代物。

でも日本のいわゆるAVと違って、男女の心の揺らぎが、描かれていきます。まあ、人間の本性ですから、男女の肉体と心理を描いていけばそこに行きつくこともあります。

ここが、韓国映画らしいところです。

男は、イケメン。女も黒木瞳ばりのスレンダー美女とあっては、そっちの興味もあります。

まあ、ラブドラマの好きな方には、見てもいいかなと。
コメント

デンマーク映画「光の方へ」、底辺でのたうつ兄弟に光はあるのか?

2012-05-27 13:03:56 | 映画
おススメ度 ☆☆
    シリアスな映画好き ☆☆☆☆

なんとも暗い映画。題名は、そこから光のさす方へ、向かいたい。希望であり、ラストは光を暗示するのだが。

酒浸りの母親、でも兄弟はけなげに生きていた。その下の赤ん坊(弟)の面倒を見ていたが、少年ゆえに、母の持つアルコールを飲んで騒いでいるうちに寝てしまい、赤ん坊は死んでしまう。

それから、成人した兄弟。ここでも、貧しいというか、救いのない生活が。兄は暴力事件で刑務所に。母親の死で、娑婆に出るが弟と連絡が取れない。

弟は、妻を交通事故で無くし、息子がいるが薬中だ。

兄弟は根はやさしい。しかし、アルコール、麻薬、暴力の世界から抜け出せない。

福祉社会デンマークでも、本人がしかっりしていなければ、底辺から抜け出せない。

そこここに、デンマークの福祉の充実ぶりをうかがわせるが、映画の主人たちには、無縁のものだ。

男同士の兄弟愛、それは赤ん坊を亡くしたトラウマもあるが、根柢には優しさだ。

暗闇と光、その鮮烈のさきにあるものは?
コメント   トラックバック (1)

スペイン映画「マルティナの住む街」、結婚式当日花嫁に振られた男が!

2012-05-25 17:42:02 | 映画
おススメ度 ☆☆

2011年ラテンビート映画祭で、上映された作品。

結婚式当日、花嫁に逃げられた男が、二人のいとこと、昔住んでいた北スペインの街へ出かける。

そこには、元恋人マルティナが息子と住んでいた。息子は彼の子どもではないという。

で、よりを戻そうかどうか、そこへ結婚式に逃げた女も寄ってきて。

何か不思議な男女関係。

同行したいとこは、一人はアル中気味の旧友とその娘の世話を焼き、もう一人はマルティナの息子と意気投合。

まあ、ほろ苦い青春を思い出させるような映画です。

でも、ちょっと、ヨーロッパの映画らしいエスプリがきています。
コメント

アメリカ映画「キラーエリート」、アラブの首長に頼まれイギリスのSASの暗殺を決行!

2012-05-24 17:33:07 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆
    アクション映画好き ☆☆☆

最近この手の映画が多いが、この映画は実話の映画化だという。ただ結構荒っぽいアクションがあるので、まあ脚色で、面白くしている面がある。

前半は、友人が失敗して拘束されているので助けてくれとのことで、オマーンに行くと、首長が、自分の息子達が元SAS(英国陸軍特殊部隊)に殺されたので復讐してほしいとの依頼だ。それが友人を解放する条件だ。

でさっそく仲間たちと、実行犯を殺しにかかる。だが敵もさる者、様々な手を使って妨害する。そのため、仲間たちを失ってしまう。

ただ、敵味方けっこうかかわっている人が多く、全体像を描くのに苦労する。おかげで、前半はまだるっこしい。

ジェイソンステイサムとロバートデニーロ、それに、クライブオーエンとアクションスターが揃っており、それなりの見どころはある。(ネタバレ)





























後半は、主人公(ジェイコムステイサム)の恋人が争いに巻き込まれ、がぜんハッスル。

椅子に縛られてのあり得ない脱出までみせて、アクションを盛り上げる。
ただ、ラストはスカッとはいかない。残念だ。

コメント

映画「レイトオータム」、男と女の切ない物語です!

2012-05-23 19:10:16 | 映画
おススメ度 ☆☆
     恋愛映画好き ☆☆☆

韓国・香港・アメリカ合作映画。

監督は韓国人、主演の女性は中国人、男性は韓国人。

舞台は、アメリカシアトル。

国際的な映画だ。したがって、韓国語、中国語、英語が飛び交う。

だって、男と女の会話は英語でないと通じない。

DVの夫の殺人で、刑務所に収監されていたアンナは、母の葬儀のため3日日間の外出を許される。居場所を報告する義務付きで。

そして、バスの中で、気軽に話しかけ、借金をする韓国男。かれは、女性のための「エスコートサービス」の仕事をしているが、お客の女性の旦那から脅されている。

そんな二人が、会話の成り立ちにくい状況の中、お互い惹かれるものを感じ、3日間で、恋を実らせていく。

刑務所生活で、肩身の狭い思いをしているアンナは、元の彼氏の態度に腹を立てる。

いっぽう、男は、追われる身。

二人は、閉鎖された遊園地で、ひと時の恋人気分を味合う。

こんなふうに、切ない恋の物語。そしてラストは??

見ている途中は、ちょっと、展開にじれる気もするが、見終わった後の余韻が引く映画だ。 

タンウェイとヒョンビンのそれぞれに巧みな人物描写が光っている。
コメント

アメリカ映画「ファミリーツリー」、ハワイを舞台にしたほろにがホームドラマ!

2012-05-22 18:03:25 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆☆

妻の事故による死、それも尊厳死という重いテーマ、つながっていなかった娘たちとの交流、そして不倫。

さらには、ハワイの自然を開発業者に売るのかというテーマ。

でも、この映画、そんな重いテーマが、なんとも軽く、でもふざけたコミックにならずに、シリアスさを残したまま、バックのハワイアンが心地よい。

主人公は、ハワイ開拓者の子孫で弁護士。仕事にかまけて家庭は置き去りにしてきた。その役をジョージクルーニーが演じている。

妻がボートの事故でこん睡状態に、そして次女は情緒不安定で手におえない。学校に寄宿していた長女は、妻が不倫していたと告白。こんな状態にうろたえるクルーニーの姿は、みものだ。

このばらばらの家族が、不倫相手を探しに出たカウアイ島への旅で、徐々につながっていく。

それにしても、ハワイがいい。汚い部分も見せるが、なんといっても雄大な美しい景色は、見るものを穏やかにさせる。ハワイアンに酔いしれ、現実のほろ苦さを味わいつつ、一服の清涼剤(でも中身は結構シビア)。(ネタバレ)


























妻の尊厳死、不倫相手との確執、悔やまれる仕事オンリーの生活、先祖から預かった雄大な土地の売却。

悩める数々も、妻の死を契機に、静かに動き出す。

なんともぎこちないが、でも暖かさの感じられるラスト。

脚本のうまさが光る。
コメント (1)