ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「アルキメデスの大戦」、天才が戦争をとめられるか?

2019-07-31 17:37:40 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

日本が誇る戦艦ヤマト。

冒頭、戦艦大和の沈没シーン。

VFXの勝利、まさに圧巻。

戦艦が横倒しになり、欄干にしがみつく兵士の哀れなこと。戦艦至上主義の成れの果てだ。

で、映画は、山本五十六(舘ひろし)の後押しで、戦艦計画のずさんさを暴く青年将校(菅田将暉)の話だ。

タイトルのアルキメデスのごとく、素早く数式にして解を求める。

時間とのギリギリの争いだ。

この話に肩を貸すのが大里造船の社長(鶴瓶)。

青年将校の補佐役が田中正二郎(柄本佑)。これがまたうまい。

対する戦艦設計者平山中道(田中泯)。

青年将校に期待を寄せつつ正道を解く。

作りすぎの感があるが、それもドラマ。

最後まで見せてくれる。

コメント

「天気の子」、新海誠の新作アニメ!

2019-07-30 09:36:38 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

長く続いた梅雨。その時期にふさわしい雨の映画だ。

古典的な晴れ女が主人公。

でも時代は、東京。

家出少年にはつらい生活だ。

晴れ女に惚れた青年。

晴れを商売に生活をするが、やがて、女は消耗する。

晴れ女の弟凪。

青年は拳銃所持で捕まる。

映像の美しさと、マッチした音響効果、そして音楽。

見事な演出。

物語には、賛否があるが、演出は進歩している。

 

 

コメント

「燦燦 さんさん」、吉行和子主演、老人の婚活映画!

2019-07-29 10:32:23 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★

長い介護生活の末に最愛の夫を亡くした77歳の鶴本たゑ。
ひとり暮らしで淡々とした毎日を送っていた彼女は、これからの人生を輝かせるべく婚活を決意する。
さまざまな男性たちとの見合いを重ねた末、たゑの前についに理想の男性・能勢が現われるが……。 

介護の問題がこの映画の根底にある。

長い介護の末、夫は亡くなり、これからは自分の生きがいと、結婚相談所を訪ねるたえ。

そして、様々な男性と出会い、理想の男性に行き着く。

吉行和子が、この燦燦老女を演じて妙。

ただ、まあ、こういうお話だから、万人向けではない。

最後は、ひねった結末だが。

山本学、宝田明が、相手役の男性を演じている。

コメント

「ウスケボーイズ」、葡萄酒作りにかけた僕らの夢!

2019-07-28 11:10:40 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆★

日本のワインを世界レベルにまで引き上げたワインコンサルタント・麻井宇介の思想を受け継いだ若者たちの姿を描き、第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞した河合香織の「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」を映画化。

浅井宇介は、メルシャンワインで、日本のワインを作り上げた先駆者。

山梨大学で、浅井の影響を受けた3人のワインの作り手の苦労と奮闘記だ。

ただ、真っ正直な映画作りのため、全体に平坦。

ワイン作りに興味がないとつらい。

ただ、一途に麻井宇介の精神を受け継ぐ若者たちのひたむきさが胸を打つ。

主演の渡辺大がマドリード国際映画祭主演男優賞を受賞。





コメント

「第二警備隊」、暴力団に対峙する警備会社の話!

2019-07-27 10:05:01 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆

警備会社に所属する身辺警護員たちの生き様を、筧利夫主演で描いたヒューマンドラマ。

自ら警備会社を経営する柿崎ゆうじ監督が、実体験をもとに描いた。

暴力で来る相手に、力をふるうことができず、警察は相手にしてくれない。

まさにジレンマ、そして事件が。

じっくり丁寧に、暴力団の取り締まりを描いている。

まあ、実際にここまではひどくないとは思うが、警備会社も大変な仕事だ。

派手な動きがないので、若干退屈する。

コメント

「ひと夏の体験」、女子高生の海辺でのあぶないひと夏!

2019-07-26 17:36:19 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆

劇場未公開 エロティックサスペンス R15

ヨットをチャーターし、卒業旅行のクルージングへ繰り出したカルラ、ラヴィ、ダニの三人。目的地のクロアチア沖や浜辺、停泊した港町でハメを外し、その様子をSNSに投稿しては反応を競い合っていたのだが…。

結局男をめぐって、あれやこれや。

全裸シーンなど、結構過激。

船のシーンが多く、動きに乏しい。

まあ、ピチピチ高校生のひと夏。

それにしては、ちょっと大人っぽくない。

 

 

 

コメント

「トイ・ストーリー4」、擬人化されたおもちゃが?

2019-07-25 17:58:10 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。

おもちゃたちが擬人化されているので、大人も見て楽しいストーリーになっている。

フォークとモールでできた、一見ごみと紛らわしいフォーキー。

何年かぶりに再開した恋人のボビー。

アンティークショップと遊園地での楽しい空間。

しんみりと涙を誘う人情物語だ。

ラストをめぐって意見が分かれるが、トイストーリー5が楽しみだ。

コメント

「シンプル・フェイバー」、ママ友の失踪事件!

2019-07-24 17:41:53 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

PG12

原作ダーシー・ベルのサスペンスミステリー小説「ささやかな頼み(シンプルフェイバー)」。

ステファニー・スマザースは夫を事故で亡くし、女手一つで息子のマイルズを育てる傍ら、家事や育児の問題を扱ったビデオブログを運営していた。エミリー・ネルソンはアパレル会社でPRディレクターを務めており、彼女の息子のニッキーはマイルズと同じ小学校に通っていた。マイルズとニッキーを一緒に遊ばせるうちに、ステファニーとエミリーは親友になり、酒を交わしながらお互いの秘密を告白する。エミリーは英語教師の夫のショーンと、そのティーチングアシスタントを交えた3Pに興じたこと、ショーンの稼ぎが悪いことへの不満と家計が破産寸前だという事実を明かした。ステファニーは腹違いの兄であるクリスとセックスをした経験があると告白した。ステファニーの亡くなった夫は、彼女と義兄の関係を疑っており、男同士の話し合いと称して2人で車で出かけた際に事故死してしまった。

そんなある日、エミリーはステファニーに「ニッキーを学校まで迎えに行ってほしい」と「ちょっとしたお願い」をした。ステファニーはその頼みを快く引き受けたが、その後エミリーと連絡がつかなくなってしまった。ステファニーはロンドンで母親を見舞っていたショーンに連絡、ショーンは警察に捜索願を出したが、「エミリーがレンタカーを借りた」以外の情報は入ってこなかった。

しばらくして、ステファニーのビデオブログの視聴者から「エミリーをミシガン州で目撃した」との連絡があった。現地の警察が付近を捜索したところ、湖でエミリーの溺死体が発見された。その知らせを聞き悲しみにくれるステファニーとショーンであったが、お互いに慰め合っているうちに2人の距離は急接近していった。ほどなくして、ステファニーとショーンは同棲することになった。

しかし、その後からステファニーの周辺で、エミリーの影を感じるような出来事が頻発するようになる。

双子を扱ったサスペンスミステリー。

前半のストーリーがよく描かれているので、後半のサスペンスが生きている。

なかなか最後まで面白い。

ステファニーをアナ・ケンドリック、エミリーをブレイク・ライブリー、二人の美女対決。

特に、ステファニーのテレビ出演のブログが面白い。


コメント

「ワイルド・ストーム」、B級ディザスタームービー!

2019-07-23 16:17:49 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

巨大ハリケーンの中で強盗を企てる悪党たちを描いたクライムアクション。

アメリカ西海岸に史上最大規模の巨大ハリケーンが迫り、住民たちが避難する中、大災害の混乱に乗じて、ある犯罪計画が進行していた。それは武装集団が財務省の紙幣処理施設を襲撃し、6億ドルにもおよぶ現金を強奪するという前代未聞の計画だった。

施設のセキュリティ担当であるケーシーと、最強の性能を誇る災害用特殊車両「ドミネーター」を操る気象学者のウィルは、猛烈な嵐が吹き荒れ、銃弾が飛び交う過酷な状況下、計画阻止のために決死の大勝負に出る。

巨大ハリケーンと現金強奪という二つのアクションがオーバーラップし、結構面白い映画になっている。

物語は単純で分かりやすい。

ご都合主義は、やや気になるが、全体的には合格点。

コメント

「イップ・マン外伝 マスターZ」、カンフー映画の王道!

2019-07-22 17:26:14 | 中国映画

おすすめ度 ☆☆☆ ★

香港・中国合作 PG12

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズに登場したチョン・ティンチを主人公にしたスピンオフ作品。

イップ・マンとの詠春拳の正統争いに敗れ、武術の世界から身を引いたティンチは、小さな食料店を営みながら息子のフォンと穏やかな生活をスタートさせていた。

そんな中、ティンチは町を仕切る長楽グループの反逆児キットたちから追われていたジュリアとナナの窮地を救ったことからキットの恨みを買い、店に放火されてしまう。

そして、キットたちの策略により、命を落としてしまうナナたち。

さらに、英国領事たちと手を組んだ、麻薬密売組織が。

話はかなり大きいが、順序良く進んでいくのでわかりやすい。

カンフーアクションが、次々と繰り広げられ、単身敵陣に乗り込むさまはまさに任侠街道。日本人の心にしみる。

相手方のアクション能力も結構高く、ファイトは見ごたえがある。主演のマックスチャンの今後が期待される。

 

 

コメント