ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ザ・タワー 超高層ビル大火災」、韓国版タワーリングインフェルノ!

2014-02-28 16:55:20 | 韓国映画
おススメ度 ☆☆☆

  災害映画好き ☆☆☆☆

“ソウルのマンハッタン”と形容される経済の中心地、汝矣島(ヨイド)にそびえ立つ超高層ビル「タワースカイ」は、地上108階、448mだ。.

クリスマスの夕べ、タワースカイの最上階では大パーティーが開かれようとしていた。

その間に、この映画に登場する主人公たちの韓国流タッチでの紹介映像が。

そして、クリスマスに雪を降らせようとヘリコプターを動員。ところがその中の1機が、気流にあおられて、ビルに激突、9・11そのままに大火災が発生。

直ちに消防に出動がかかる。やはり消防隊員がこの映画の立役者だ。

非番でクリスマスを家族と楽しむ予定だった隊長は、自己犠牲の精神で、参加。

まず火元を絶つべく、消防車の届かない範囲なので、自力で階段を上り、まず、ガラス窓を破って火の気を逃し、続いて、ヘリコプターを爆発する。ハラハラドキドキの連続だ。決死の消防隊員なればこその活躍だ。

そこから始まる連続の危機。

ゴンドラで宙ズリの恐怖や、火だるまで高層階から落下したり、崩れた壁で圧死など無残な光景も。

タワースカイのA棟とB棟の間に架けられた渡り廊下突破作戦、85階の貯水タンクの爆破作戦、ビルの外にあるゴンドラへの脱出作戦、炎の中をエレベーターに乗って実行した一か八かの落下作戦など、火に加えて水攻めも加わった決死の作戦。緊迫の連続に圧倒される。

人物描写もしっかりしていて、勇猛果敢な隊長、補佐する副隊長ら。男手ひとつで育てる娘を持つ施設管理のチーフと、彼がひそかに愛するフードマネージャーのコンビ。それぞれがドラマを抱えて危機を乗り切る姿は感動を呼ぶ。

特殊技術の発達で、ここまで火災のすごさを体感できるのはうれしい。

一部の悲劇はあるが、快いラストで救われる。


コメント

「キックアス ジャスティスフォーエバー」、キックアスの続編です。

2014-02-27 18:29:26 | アメリカ映画

おススメ度 ☆☆☆

   クロエ・グレース・モレッツ好き ☆☆☆☆

「キックアス」はアメリカコミックの映画化だが、普通の高校生がヒーロー顔負けの活躍をするのが見どころ。

キックアスは、男性で、クロエ・グレース・モレッツ扮するヒットガールに格闘技などを教わっている。

前作の活躍後、おとなしく高校生活を送ろうとした二人だが、やはり正義のために戦おうとするキックアス。

そしてキックアスのピンチにヒットガールも立ち上がる。

ヒットガールが出現して、カーチェイスが始まり、神出鬼没に見えるヒットガールの危ない行動にハラハラドキドキ。それにしても強い。

一方、全編に繰り広げられるギャグの数々には笑わせられる。中には、お下劣なネタもあり、特殊な棒で、一斉にゲロはきのシーンはドン引きだ。

ラスト近く、ヒットガールの活躍には、アドレナリンが奮発され、めでたしのナイスエンド。

クロエ・グレース・モレッツはかなり大人っぽくなり、色気も漂い、技も一段と進歩して見せてくれる。



コメント   トラックバック (9)

「クロニクル」、高校生が超能力を手にすると

2014-02-26 18:38:09 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆

  青春映画、SF映画好き ☆☆☆☆

高校生ものなのでパスしていたが、意外に面白い作品。84分一気に見てしまった。

内気な男性、友達も少なく、一人カメラを回して楽しんでいる。

父親はそんな彼を馬鹿にし、母親は病の床に。

そんな彼が、いとこに連れられ、パーティに。

ふと知り合ったアメフト部のスター選手と一緒に出掛けた洞窟で、不思議な物体に触れ超能力を手に入れてしまう。

思うようにものが操れるのだ。

その面白さに、次々とその現象を楽しみ、文化祭ではマジックショーを。

しかし、その力は異常なまでに発展。空中を散策でき、いわゆるスパイダーマンの世界に。

この能力にはブレーキが利かない側面があり、暴走と、話は展開。

しかし、全編あくまで高校生目線。

一方で、いじめられっ子の主人公は、社会への反抗心を爆発する羽目に。

高校生のいたずらの範囲に収まっていれば、それはそれでも面白いが、能力が大幅にアップするや、そこには、空を飛ぶ爽快さと同時にシニカルな現実が待っていた。

それまで、いじめられっ子で、自己陶酔しかできなかった子供が、力を使わないわけがない。その悲しみが後半の命題だ。

今までなかった視点が含まれ、新鮮さが見て取れる。

コメント   トラックバック (1)

「愛の原罪」、スペインとポーランドの合作映画

2014-02-25 15:43:57 | 映画
おススメ度 ☆☆

ちょっと粋な題材なので、借りてしまった。

スペイン、ポーランドとちょっと珍しい組み合わせ。

ポーランドの若手監督の作品。サンダンス映画祭で撮影賞を受賞。たしかに、背景とかの撮影に惹かれるものがある。

スペインの夏、ポーランドからブドウ園に働きに来ていた男女がバカンス気分満載でラブラブ。

ところが、そこで、男は殺人を犯し、女は妊娠してしまう。

そんな、原罪を抱えながらポーランドの古都クラクフに帰って学生生活を送るが、悩みを抱えてしまう。

そんな男女の悩みを丁寧に描いていくが、ちょっと手抜きなところがあって、観客が置いてきぼりにされる。

綺麗な映像がとりえで、若い二人を演じる役者はなかなか。
コメント

「エージェントライアン」、ロシアを舞台にしたスパイものです

2014-02-24 18:04:50 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆
  
ベストセラー作家トム・クランシーが生んだ人気キャラクター、ジャックライアンの新作。

もともと経済学専攻のライアン、9.11をきっかけに戦争に参加、乗っていたヘリコプターの事故でけが。

CIAの上官から目をつけられ、スカウトされていた。

それから10年、投資家としてウォール街で働いていた。

そこで、ロシアの取引口座の異常に気が付きCIAに報告すると、自らが監査に行くように仕向けられる。

そして、ロシアに到着早々、突然運転手に襲われる。ここは唯一激しい格闘シーン。

そこへ、CIAの上官と、パリにいるはずの彼女が。

という展開で、金融機関のテロに相対することになる。彼女が誘拐されたりするが、ファイルが大切で、コンピュータ入力で、事故を阻止する。

一方、アメリカにロシアの実業家の息子が潜伏、こちらも、スパイ合戦となる。

以外にテンポよく話が進むのと、金融ものでありながら、池上彰が字幕監修したこともあって、それほど難解でなく、スパイ映画としてのスリルを楽しめる。

経済学者でありながら、スパイも務めるという新しいスパイ像を作り上げた。

主役のクリスパインが、一応難なくこなしており、脇のケビンコスナーと、キーラナイトレイも好演。ロシア人実業家を監督のケネスブラナーが扮している。
コメント   トラックバック (4)

「ガーデンオブエデン 3人の失楽園」、ヘミングウェイ原作の映画化

2014-02-22 15:10:10 | 映画
おススメ度 ☆☆
  文豪映画好き、ロマンス好き ☆☆☆

劇場未公開だが、WOWOWで放映される。

文豪ヘミングウェイが亡くなる前に書いていた作品で、資料を基に復刻された「ガーデンオブエデン 失楽園」を映画化。

イギリス・フランス合作。

アメリカの作家・デイヴィッドとキャサリンの夫婦、キャサリンは資産家の娘で、やりたい放題。

舞台は、第一次大戦後、奔放な女性は女性上位で物語は進む。

突然髪をグレイに染め、夫も同じくグレイに染めさせる。

そして二人は新婚旅行に、お金持ちだからカンヌの近くの風光明媚な場所で長期のバカンスを楽しむ。

気まぐれな妻は、カフェで見かけた美しい女性(イタリアのマリータ)を連れてきて、3人で生活しようと。

海辺での生活は開放的。

はじめ、キャサリンとマリータはレズの関係を持つが、マリータがデヴィッドに色目を使い、大胆な行動に出る。

そして二人は結ばれる。

デヴィッドは、幼少時の父との葛藤を小説にしていた。

この小説も映像化され、アフリカでの象狩りにつれられた少年の苦悩が描かれる。

一方、すっきりした青空の下、3人は、全裸で泳ぐのだった。

随所に女の裸とセックスが描かれる、文芸官能映画。ヘミングウェイってこんな作家だったかな?

二人の女優が綺麗で、2人に囲まれる男がにやけて見えて仕方がない。でも、作家ってもてるんだね。

なかで、当時の車がすごくかっこいい。

カンヌ近郊の山道を疾走。





コメント

「ザ・ハリウッド セックスと欲望」、リンジーローハンのセックスものです

2014-02-22 13:29:27 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆

  熟れすぎた女優リンジーローハンの裸が見たい人 ☆☆☆

「ザ・ハリウッドのタイトルが泣きそうな映画。

冒頭、廃墟となったハリウッドの建物などが映る。後のストーリーとの関係は理解できなかった。

映画界に身を置く二組の男女の、だらけた酒とセックスと麻薬あふれる生活。

だが、嫉妬も渦巻く。

主人公が、精神を病んで医者にかかっっているのも退廃的。

その相手を演じるリンジーローハン、裸のシーンもセックスシーンもたくさんあるが、古ぼけたセンスの下着とだれきった肉体に、往年の魅力は見いだせないようだ。「ホビー」「今宵フィッジェラルド劇場で」などに出演。ただ、私生活では、飲酒運転や麻薬関係で、逮捕刑に服している。

子役としてデビュー、常にハリウッド第一線を歩いてきたというリンジー。この映画が初脱ぎだそうだが、脱ぐのが遅かったのでは?

基本は、サスペンスで、殺しがあり、入り組んだ男女関係が、なんとも退廃的。

主人公を演じる俳優が、ジェームスディーン。そんなにかっこよくはないが。

コメント

「エレニの帰郷」,アンゲロブロスが描いた次世代への希望

2014-02-21 18:39:54 | 映画
おススメ度 ☆☆☆
   映像詩のお好きな方 ☆☆☆☆

20世紀最高の映像監督といわれるテオ・アンゲロプロスの遺作。

本作は、3部作の「エレニの旅」に続く2作目で、3作目を撮り終えずに、アンゲロブロスは、2012交通事故で亡くなった。

半世紀に及ぶ3人の男女の時代に翻弄された生きざまを描き、2000年の幕開けまでを描く抒情詩。

その映像は美しく、長回しのシーンは、背景の音楽の音とともに、愛の美しさといとおしさを切々と訴えかける。

前半、1999年のイタリアチネチッタの映画撮影所、そこには、ギリシャにルーツを持つ映画監督が呻吟していた。

それは、自らの父母と恋人の映画を作っていたからだ。エレニは母の名だ。

スターリンの死に始まって、ウォーターゲート事件、ベトナム戦争やベルリンの壁の崩壊と、20世紀後半の世界的な事件を背景にしながら描かれていきます。

エレニは、女学生時代に秘密警察に逮捕され収容所に、そこから脱出するも、恋人とは別れ別れに、ウズベキスタンでイスラエル難民ヤコブと知り合い、ギリシャ難民の街エレニスで恋人と再会。間もなくスターリンの死の後の混乱で逮捕されシベリアへ。

予備知識なしで見る私にとっては、淡々と話が進み、映画と現実が見極めのつかぬまま、映画は進行。厳しい刑務所での生活や、そこからの脱出など、苦労がおぼろげながら理解できる。

そこで支えになるのは夫であり、ヤコブである。

夫を求めて、オーストリアで越境を果たし、ニューヨークへ、更にカナダへと世界を駆け巡る。

最後はドイツ。3人と映画監督の息子の再開。

でも、3人には、老いが待っていた。

この映画は、別れと、追憶と、出会いと、再会と、愛する人の出会いと別れの映画。

映像の美しさと、音楽の巧みさで、心に残る映像の数々。

この映画は、東映の社長の肝いりで輸入されたと聞く。こんなに心を揺さぶる映画が日本で見られる幸せをかみしめたい。

コメント (2)

「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」、イタリアのミラノにあるフォンターナ広場で起きた爆破事件の真相は

2014-02-20 19:52:08 | 映画
おススメ度 ☆☆☆
  実録もの好き ☆☆☆☆

登場人物の多さと、その人物関係の複雑さについていけねばまずギブアップ。日本ではあまり知られていない事件だけに覚悟が必要。

1969年12月12日にイタリアのミラノにあるフォンターナ広場で起きた爆破事件を巡るドラマです。

この映画は、捜査に当たるカラブレージ警視(ヴァレリオ・マスタンドレア)中心に物語は進むが、事件に関係しているか、関係していそうな人たちは多く、捜査関係者も多数。

捜査に当たる警察、イタリア政府、右翼組織、アナキストたちだけでなく、NATO軍、CIAなどが関与してくる。闇は深く、真相が見えてこない中、カラブレージ警視は真相を掴もうとする。

途中、犯人と目されたアナーキスト、警視は白だと思うが、上からの指示で自白させねばならない立場に。

そんな時、彼が窓から落ちて死ぬ。

これがまず事件らしい事件。

爆破犯はタクシーに乗り、銀行に爆薬の入ったカバンを仕掛けたとみられる。だが、タクシー運転手の証言も当てにできない。

犯人に結び付こうとしながら、焦点を絞れない焦燥感。

一方で、政府や黒幕の仕業かもと思わせる場面も。

謎は謎を呼ぶ。

重厚な演出は、飛び降りたアナーキストや刑事を通して、人間を描きながら、事件に迫る。

ラストには、もうひとつ仕掛けがあり、闇の深さを感じさせる。
コメント (2)

「コンフェッション 復讐の暗殺者」、神父に殺しを告白する暗殺者

2014-02-20 13:53:12 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆
  サスペンス好き ☆☆☆

67分と短いのでお手軽に借りてみた。

それが、さらに10部に分かれての展開(1部が5-8分)。

どうもWEBサイトで放映されたものらしい。海外ドラマチャンネルで放映

テレビシリーズ「24」のキーファー・サザーランドが、製作主演。

殺し屋が、教会で神父に告白するという意外な展開。

告白時に、以前の犯罪を映像として再現。

で、この殺し屋、なぜか、最近殺さなかった事案が。

でも、神父とのやり取りで、神とは何か、罪とは何かなど神父と禅問答。

どうやら、神父と何か関係がありそう。

徐々に明らかにされる殺人者の意図。

まあこういう展開なので、短い時間で納得する分には適当。
コメント