ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「カットバンク」、アメリカでもっとも寒い街カットバンク、で起きた殺人事件!

2016-07-31 18:11:59 | アメリカ映画
おすすめ度 ☆☆

ミステリー映画好き ☆☆☆

劇場未公開

アメリカ最北の町、モンタナ州の田舎町カットバンク。

郵便配達員を殺して、一画千金を狙った男女がいた。

だが、それは偽装殺人で、懸賞金目当てのものだった。

事件の核心に迫る保安官役に名優ジョン・マルコヴィッチが扮するほか、
ビリー・ボブ・ソーントンやブルース・ダーンらベテラン陣が顔を揃え、重厚な存在感をみせる。

だが、この映画の肝は、ダービー・ミルトン(マイケル・スタールバーグ)。町一番の変わり者で、瓶底の‘度のきついメガネ’をかけて、いかにもサイコで不気味な男だ。

この男が、配達されるはずだったバッグを探し始め、事件は意外な展開に。

映画のテンポが散漫なので、ちょっとだれるシーンもあるが、追いつめられる恐怖は本物だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スティーブ・ジョブズ」、Appleの創業者の一人!

2016-07-31 11:14:07 | アメリカ映画
おすすめ度 ☆☆

スティーブジョブスに興味のある方 ☆☆☆

ゴールデングローブ賞 脚本賞、助演女優賞

アカデミー賞 主演男優賞、助演女優賞ノミネート。

2011年10月に亡くなったスティーブジョブス。

今のパソコン、携帯の世界を作り上げた一人。

そんな彼の伝記映画だが、脚本を手掛けたアーロン・ソーキン。まったく意表を突く作品構成にでた。

なにしろ、3回のエポックステージの舞台裏を描くことで、実像に迫っている。

それもほぼ舞台劇。マシンガンのように繰り出されるセリフの数々。それぞれが含蓄があるのだが。

一方で、娘との確執を主要なテーマに置くことで、かたくなまでの父親を通したジョブスの異常さをあぶりだしていく。ラスとの感動もまた。

そういう意味では、見るものを選ぶ映画だ。

少なくとも、アップルコンピューターのこと、ジョブスのことや、その周りの人々にある程度の予備知識がないと、置いていかれてしまう。

字幕で見るもどかしさ。そのトークがどこまで理解できるか。

いっぽうで、アップル好きや、ジョブスに関心のある人には、たまらないかも。

ありきたりの伝記映画でない、画期的な出来なのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「の・ようなもの のようなもの」、落語家の悲喜こもごも!

2016-07-30 17:37:18 | 日本映画
おすすめ度 ☆☆☆

今は亡き森田芳光が、35年前、デビュー作として作った「の・ようなもの」の続編。

森田の助監を務めてきた杉山泰一の初監督作品。

主演の松山ケンイチ、相手役の北川景子を除いて、前作のメンバーが出演。

東京下町が舞台。

今は、引退してしまった「志ん魚」を高座に引っ張り出す役目を仰せつかった志ん田(松山ケンイチ)の「志ん魚」探しと高座への勧誘が主なテーマ。

墓場に現れるという口コミで墓場を張り込んでいると現れるが、下町で、落語家とは無縁な生活を送っていた。

そこで、志ん田は、そこに住み込み、何かと世話を焼く。

森田節は、あまり感じられないが、のほほんとした下町の雰囲気が、森田監督ゆかりの俳優たちが演じ、楽しませてくれる。

前回兄弟子を演じていた尾藤イサオが、師匠を演じ、そのひょうひょうとした味がたまらない。

北川景子は、意外と下町っこを素で演じてはまっている。

前回主役の伊藤克信が「志ん魚」を演じ、年の割には若く見える。

本題の、落語は、玄人ではないだけにいまいちだ。それも愛嬌か?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ペレ 伝説の誕生」、ブラジルサッカーの伝説的ヒーロー誕生!

2016-07-29 18:13:26 | アメリカ映画
おすすめ度 ☆☆☆

サッカー好き ☆☆☆☆

今は引退したブラジルの伝説的サッカー選手ペレの誕生物語だ。

まあこれだけ国民的英雄の映画だが、黒人であるせいもあって、日本ではあまり盛り上がらない。

ペレが得意とするサッカーは、ブラジル古来の武芸から来た「ジンガ」というスタイル。

フォーメーションから入るヨーロッパ風とひと味違ったサッカーだ。

要は、ボールを自在に操り、敵を翻弄、足にまつわるボールは.敵は奪えない。

ペレの父親もサッカー選手、だが、怪我で、満足に働けず貧しい生活。

それを知っている母親に反対されるが、技術に自信を持ったペレは、突き進む。

だが、そんなに順調に勝ち上がったわけではない。

途中、干されたり、怪我をしたり、紆余曲折。

だが、いったん、その技術が認められるやとんとん拍子。

なにしろ、他を寄せ付けない独特の技術だから。

ブラジルを優勝に導く、周知の一戦で盛り上がる。

ペレを二人の男優が演じているが、演技だけでなく、サッカーの技術を見せる必要があり、大変だ。

まっとうな伝記映画なので、それまでといえばそれまでなのだが。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スリーピング・ボイス 沈黙の叫び」、フランコ独裁政権下のスペイン、不幸な姉妹の物語。

2016-07-28 19:08:16 | ヨーロッパ映画
おすすめ度 ☆☆☆

DVDで公開されるも、京都ではこれから上映される(7月30日から) WOWOWでも上映された。

スペイン映画。スペイン版アカデミー“ゴヤ賞"で9部門ノミネート・3部門受賞。

独裁政権下の知られざる真実を描いたベストセラー小説の映画化。基本実話の映画化。

1936~39年に起こったスペイン内戦の終結後、フランコ独裁政権となり、宗教界と結託、共産党、無宗教の人たちを徹底的に弾圧。

警察につかまり、裁判らしい裁判も受けられず、死刑にされる人たち。

その中にオルテンシアがいた、刑務所に収監されていたが彼女は妊娠していた。

夫は、山に逃亡中。

妹ペピータが、コルドバから、姉を助けるためにやってくる。

そして、姉から、山に隠れている兄との連絡役を頼まれる。そこで、相手の連絡役の男性と恋に落ちる。

監獄の姉と、外で何とか手助けする妹が、交互に展開。

緊迫感あふれる作りになっている。

なにしろ、敵は情け容赦なく、痛めつけてくる。

ラスト近くでは、全裸にされ、拷問されえるシーンも。電気ショックだ。

救いようのない展開に、明かりをさすのは、ベビーの存在。

それがなければ、女刑務所の悲惨な現実ばかりだ。

映画的には、よく作ってあるので、最後まで見せてくれる。

ただ、今の日本とはあまりにも事情が違うので戸惑うことも。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「はなちゃんのみそ汁」、乳がん患者が妊娠出産、娘にみそ汁の作り方を!

2016-07-27 18:26:17 | 日本映画
おすすめ度 ☆☆☆

33歳でこの世を去った安武千恵さんのがん闘病記と、娘のはなちゃん、夫の信吾さんとの日々をつづった同名エッセイの映画化。

日本テレビでもすでにドラマ化。

今回は、広末涼子と遠藤賢一の夫婦コンビ。

がん闘病というどちらかというと、暗い映画をさらりとかわした映画。

題名も、「花ちゃんの味噌汁」と子供を使ったうまいネーミング。

テレビ版では、自然療法に頼ったと批判もあったようだが、

映画も、さらりと描写。

ただ、花ちゃんは、母親の病気療法で、自然素材のおかず作りに励むことに。

花ちゃんは、ドラマでは芦田愛菜が演じたようだが、映画はオーディションで選んだみたい。

福岡の地元出身の「ペコロス」の脚本家阿久根知昭の初監督作品。

道理で温かみのある演出だ。

遠藤賢一がコミカルな演技で新境地。

ラストは、音楽会で歌うという盛り上がり。

DVDでは、特典で、現在の安武父娘が心境を語っているが、かなり映画は、本物近い。


乳がん患者への啓もうと励みになれば幸いだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」、高校生がタイムスリップして信長になりきる奇想天外!

2016-07-26 17:11:51 | 日本映画
おすすめ度 ☆☆☆

小栗旬、柴咲コウ好き ☆☆☆☆

DVDリリース後、すべて借りられてしまい、4日待ち。

やはり、小栗旬、柴咲コウファンが多いのか?

石井あゆみ原作の同名コミックの映画化。

さきに月9でドラマ化されているが、本作は、その続編というもの。

続編とは言いながら、信長暗殺の本能寺の変が主体だから、クライマックス。

タイムトラベルで、高校生が戦国時代にスリップ。

顔が似ているとのことで、信長とすり替わり、本物の信長が明智光秀に成り代わるというダブル変換。(これを小栗旬が一人二役)

もう一つの肝は、豊臣秀吉(山田孝之)。幼い頃に信長に、家族を焼き殺されるトラウマが、その異常さに反映。

それと、信長の恋人、帰蝶(柴咲コウ)の存在。かなりずけずけ物言う現代風女傑。

信長に結婚指輪をもらう。

この3人(+1人)の絡みで話は進むが、部下たちも歴史上の人物が大勢出てきて面白い。

中ほどで、合戦シーンがあるが、高校生のはずの信長が、敵をなぎ倒すシーンは圧巻。

ま、ほぼ歴史を踏襲する形で、話は進むので、意外性はない。

ドラマのほうが先に公開されており、映画は続編の形をとっているのでドラマを見ておいたほうがよりわかりやすいだろう。

これを契機に、若者が歴史に興味を持ってくれればうれしいことだ。



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「帰ってきたヒトラー」、この21世紀にヒトラーがいたら!

2016-07-25 18:00:55 | ドイツ映画

おすすめ度 ☆☆☆

ヒトラーの風刺映画好き ☆☆☆☆

1945年に亡くなったヒトラーがタイムスリップして、現代に現れたらという、SF映画。

似ているからと言って役者が演じているのだから、本物というべくもないが、

実際に街に出て、ヒトラーがインタビューするというリアル、ドキュメンタリー風なシーンもあって。

ドイツで作られた感が強い。

テレビマンが、偶然ヒトラーを撮影し、それをネタにひと仕事しようという、マスコミが絡んだ作りに現代が感じられるが、

1945年とよく似た現状を思うとき、他人ごとではなく日本でも、大衆愚は経験済みだけに、今後が心配だ。

それにしても、よく映画化できたものだ、ドイツでは評判は良いらしいが。

翻って、日本で、天皇とか東条とかが風刺されたらどうだろうか、かまびすしい展開になるだろう。いやもっとあからさまな行動に出るかな。

いまだに、ヒトラー映画が次々と公開され、人々の痛みがあぶり出される一方で、こういった風刺画が出るって事は、ドイツが大人な証拠。

ただ、テロが頻発する昨今、人々は英雄を求めかねない。

映画が、警鐘の一端になってくれればうれしいが。

コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」、ラッセルクロー初監督主演作品!

2016-07-24 18:50:22 | 映画
おすすめ度 ☆☆☆

オーストラリア・アメリカ・トルコ合作

ニュージーランド、オーストラリアが出身地のラッセル・クロウ。

オーストラリアは。第一次大戦で、連合軍に参加し、オスマン帝国のトルコ軍と対戦。その地で多くの人が亡くなった。

オーストラリアの井戸掘り職人(題名のとおり)、3人の息子をトルコの大戦で亡くし、妻にも亡くなられ意を決して、大戦が行われたトルコへ旅立つ。

だが、すでに大戦は終わっており、激戦の行われたガリポリへの渡航は禁じられていた、

イスタンブールでたまたま泊まった宿の女主人。いつしか仲良くなる。

強引に激戦地へ行くが、遺品を見つけられたのがやっと。

一方、長男は生き延びていたとの情報が、そこで、トルコ軍に無理やり同行。ギリシャ軍との戦闘に出くわす。

オーストラリアの農夫が執念で息子たちを探す物語だが、異国の地での困難は察して余りある。

トルコの宮殿やその色遣いなど、トルコ色満載で、景色も美しい。

実際にあった話を脚色したもので、長男の手紙がスタッフたちを動かした。

冒頭は、ガリポリでの戦いの様子を、オーストラリア軍側と、トルコ軍側の二面からの撮影。猛烈な白兵戦でむなしい。

オーストラリア軍が戦闘というまれなケースを、自国の誇りとして取り上げたクロウ。

トルコ軍とも協力して、敵味方同道の戦争犠牲者探し。

大作であるが、新人故やや粗さが目立つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イット・フォローズ」、それはずっと憑いてくる!

2016-07-24 10:06:32 | アメリカ映画
おすすめ度 ☆☆

ホラー映画好き ☆☆☆☆ ただし、スプラッター好きには不向き

低予算ながら、タランティーノに称賛され、全米で大ヒット。

PG15R セックスシーンや全裸の人が出てきます。

冒頭、何かに追われたかのような若き女性が疾走。やがて、海岸で、足が不思議な形で曲がった状態の死体が見つかります。(これは主人公ではありません)

19歳の女子大生ジェイ、ある日、恋人とセックスした後、椅子に括り付けられ、他人とセックスして移さない限り、人につけ回され、死に至ると説明を受けます。

それから不思議な現象が。

人には見えない人物が、突然現れたり、それも全裸の中年の男女。誰かに追いかけられたり。

ただ、それは、ゆっくりと追ってきます。

ちょっと日本の幽霊っぽいのですが、実態があります。

ある人とセックスをして移しますが、その人が死ねばまた戻ってきます。

友達たちと、体育館のプールへ行き退治しようとします。

この辺りはかなり迫力があります。

主人公が若いので、青春物語の趣があります。演じるマイカ・モンローが可愛いいので、飽きません。

ラストは微妙ですが、青春映画です。


ちょっとかわった、ホラー映画です。






コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加