ひろの映画見たまま

映画にワクワク

NHK朝ドラ「半分、青い」、佳境に入る!

2018-05-28 08:51:50 | ドラマ

「半分、青い」は第九週に入り、いよいよこれからだ。

主人公の鈴愛が、漫画家の卵として出発。

そこで、漫画家の秋風に出あう。

その秋風を演じる豊川悦司の存在感が半端でない。

今回のドラマは、オリジナルで時代ものを感じさせない、つくりになっている。

主人公を演じる永野芽郁の天真爛漫的オーラが、程よく出ていて、ドラマを面白くしている。

片耳が聞こえないらしいが、ドラマの最中はあまり気にならない。

北川悦吏子氏の活躍に期待!

コメント

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、茨城出身のみね子、東京の食堂で働く

2017-06-13 17:43:50 | ドラマ

今回の「ひよっこ」は、茨城が振り出しだが、東京生活。

電気工場や、食堂など、庶民的な生活だ。

東京オリンピック時の、地方出身の労働者の生活。

食堂の場合、働く人は少ないから親密、そしてあかね荘。

下町の人々の人生機微。

岡田恵和のオリジナルドラマ。

9月末までだから、今は、半ば

視聴率は、20%に届かず安定している。

下町生活に興味のある方には、いいかも

主演の有村架純、可もなし、不可もなし。

ベテラン俳優が出ていると安心してみていられる。


 

コメント

「氷の轍」、ABC創立50周年記念ドラマ DVD化

2017-03-06 09:40:19 | ドラマ

おすすめ度 ☆☆★

ドラマ好き、北海道好き ☆☆☆★

直木賞作家桜木柴乃がオリジナルで書き下ろした北海道釧路を舞台にしたドラマ。

松本清張ばりのドロドロした因縁ドラマ。

やや古めかしいが、中年以上の女性には好まれる作品。

柴咲コウ、余貴美子、宮本信子らベテラン女優に、わき役も品川徹、塩見三省ら癖のある役者。

凍てつく寒さの釧路で、二つの殺人事件が起こる。

それは、青森でのストリップ小屋の恋物語が底流にある。

そこで生まれた姉妹が、人買いに売られて、別々に苦しい生活を余儀なくされる。

冬の釧路に繰り広げられる愛憎劇。

最後は姉妹の別れに涙を誘われる。

柴咲コウが、地味な、内向的な刑事を淡々と演じ、演技の幅を広げる。

沢村一樹が、彼女を支える刑事役。

いかにも、日本らしい映画だ。

 

コメント

NHK朝ドラ「べっぴんさん」始まる。

2016-10-14 09:15:16 | ドラマ

NHK朝ドラが、10月から変わった。

今回は、神戸にある子供服メーカー「ファミリア」の創業者坂野惇子さんがモデル。

今回は、子供時代は短く、すぐ結婚、出産とテンポは速い。

父はレナウンの創業者。

やはり朝ドラは、女性向け。

活躍する女性が主人公。

「べっぴんさん」は、関西弁。ドラマは、神戸から始まる。

もともと品物のことだったが、今では、美しい女性のこと。

ちなみに、ヒロインを演じるのは、芳根京子さん。なかなかのべっぴんさん。

さあ、どんなドラマが展開するのか?

 

 

コメント

「メガバンク 最終決戦 上巻」、波多野聖が原作の経済ものドラマ!

2016-09-28 17:17:00 | ドラマ

おすすめ度 ☆☆☆★

WOWOWで、2016年2月14日から2016年3月20日まで放映された経済ドラマ。

ツタヤで先行レンタル 3巻に分かれている。

東西帝都EFG銀行(TEFG)が舞台。三菱東京UFJ銀行に酷似。

財閥系の帝都銀行が実質取り切っており、頭取ほか主要ポストを握っている。

敏腕ディーラーの桂(椎名桔平)は、帝都ではないが為替部門の専務にまで上り詰めている。

頭取が、欲をかいて、帝都の名前にしてほしいと金融長官に泣きつき、長期国債を買わされる。

その後、国債が暴落し、銀行は多額の負債を抱えることに。

それが知られると、取り付け騒ぎになるので極秘にするが、どこかから漏れて、取り付け騒ぎに。

総務部部長代理の機転で、取り付けは収まる。

金融庁長官に泣きついて、国債取引を先延ばしにしてもらい、いったんは落着。

椎名桔平の専務の貫禄がこの映画の肝。

なかなかここまで才走れる役者は少ない。

総務部部長代理の桐谷が後を追うようだが、まだ未熟。

頭取と堂々とやり合い、部下をしかりながらこき使う様は、現在の企業の部門トップの姿とダブル。

危機を巧みにすり抜けるすべを心得ており、光っている。

椎名桔平なしにこの映画は、成功しなかっただろう。

なかなか迫力ある展開だ。

経済知識は必要だが、深くなくてもついて行ける。

 

 

 

 



コメント

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」、花森役の唐沢寿明登場!

2016-07-12 08:30:06 | ドラマ
トト姉ちゃん。

暮らしの手帳の創業者とと姉ちゃん。

いよいよ、花森安治役花山伊佐治に扮する唐沢寿明登場。

これまで長かったが、これからが本来の編集者役。

暮らしに視点を置いたユニークな雑誌が発展していくさまが楽しみだ。

戦後間もなしの風景が続々登場。

コメント

NHK朝ドラ「まれ」、終局に近づく

2015-09-18 09:53:26 | ドラマ
NHK朝ドラ「まれ」は、終局に近づいた。

もう今月で終了だ。

希の希望がかなって、洋菓子店を故郷で開店。

コンクールに出場することに。

きっと、ハッピーな終わり方をするのだろう。

ヒロインを演じる土屋大鳳も

映画に出演するなど、引っ張りだこの模様。

次回朝ドランは、時代劇の模様。

一転してのスタートだ。乞うご期待
コメント

NHK朝ドラ 「マッサン」佳境に入る

2015-01-17 09:07:43 | ドラマ
朝ドラ「マッサン」


嫁の話でなく、マッサンの一大転機。

今朝のシーンでは、鴨居社長。(これサントリーの社長ですよね)

マッサンがいよいよ北海道で独立したいと動き出したが、どうしても資金が必要、金貸しに頼るも全額は出してもらえず、自分の勤める会社の社長に出資を頼むシーン。

堤真一が、鴨居を演じるが、迫真の演技。

マッサンに経営の何たるかを諭し、ポントお金をそれも手切れ金だとして、呉れる。

まあ、男の話の圧巻だった。

堤真一も「神様はバリにいる」で怪演を見せているみたいだが、真剣映画で勝負してもらいたい。

コメント (1)

「フレミング 007誕生秘話」、007の原作者フレミングの物語です

2015-01-11 17:04:37 | ドラマ
おススメ度 ☆☆

イギリスのテレビドラマをWOWOWが放映、それをDVD化したもの。

全体で4話構成だが、2話づつ、二つのDVD(No1とNo,2)よりなっている。

№.2の方を鑑賞。

すでに、情報部に勤務しているところから。

若いころ、一時ミステリーにはまっていて、フレミングの作品、即ち007ものは、すべて読破していた。その頃が懐かしい。

さらに、このドラマ、主人公の俳優はフレミングに全然似てないとかで、フィクションもかなり混じっているらしい。

話では、第一線に行ってないという説もあるが、このドラマでは、第一線を経験しているようだ。

女にもてる点と、アイデアに富んでいる点は、フレミングらしいところ。

また劇中、利用される小物類が、007そのものだったりして、興味深い。

ただ、私は、これは映画だと勘違いして借りてしまったので、失敗のレンタルであった。

テレビドラマとしては、面白い部類なのだろう。
コメント

WOWOW ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命 クローン人間を作ってしまった男

2014-12-18 16:50:30 | ドラマ
ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命 がDVD化されたので鑑賞した。

2時間半で完結。

「パンドラ」は井上由美子原作のドラマシリーズ。革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く。

本作は、その第4弾。

クローン人間を作った医師鈴木を、「半沢直樹」の堺雅人が演じ、芸域の広さを見せる。

倫理的に許されないクローン人間、それを作ってしまった鈴木は大学を追われている。

行方不明となっていた田代めぐみが、死体で見つかり、彼女には6歳の息子がいた。

この息子こそ、鈴木のクローン人間であり、彼を巡って大学の教授や大物政治家が絡んで、複雑な展開に。

自らの精子を使って、女性に妊娠させクローン人間を作る、(この辺の話は、素人の私にはわかりづらい)

そして、男の子を、めぐみの妹とともに預かるうちに、クローン人間が進化。

それが、事件とつながっていく。

ちょっと不気味な存在だ。

妹を尾野真千子、捜査に当たる刑事を高橋克実とわき役もしっかりしている。

ただ、ドラマとしては、話を納得させるだけの作りにはなっていないし、後味もすっきりしない。

コメント