ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「トゥームレイダー ファースト・ミッション」、アリシア・ビカンダー主演のアドベンチャーゲームの映画化です!

2018-03-31 11:24:12 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

世界的人気を誇るアクションアドベンチャーゲームで、アンジェリーナ・ジョリー主演により映画化もされた「トゥームレイダー」を、アリシア・ビカンダー主演で新たに映画化。

冒頭卑弥呼とか、ヤマタイコクとかが出てくるので、歴史ものかと勘違いするが、これらは、名前を借りただけの全く別物。

で、この映画の売りは、「リリーのすべて」「エクス・マキナ」の人気オスカー女優アリシア・ビカンダー。

かなり華奢で、アクションとは遠い感じだが、身体を鍛えていて、映画の中で、何度もジャンピングで乗り越えるシーンが。

まあ、アドベンチャー映画なので、話は凝っているが、まさに、宝島探検。

そしてアリシアの身体能力発揮の映画です。

後半、余韻を残しての終わり方は、一応続編の可能性を見せる。

ヤマタイコクはまさに秘島で、近づくのに苦労するが、帰りは飛行機ってこれ何。

飛行機と言えば、ゼロ戦の機体が崖にかかっており、これが徐々に壊れるという、ひやひや場面に使われている。

コメント

「ちはやふる 結び」、高校生かるた大会のバトルです。

2018-03-30 18:26:47 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編。

今回は、千早らが3年生になり、かるた部を率いていくことに。

かるたと聞くとお座敷芸のような感じだが、映画では、スポーツとして取り上げ、そのスピードを競うさまを、アップの映像で追っていく。

その緊迫感は、スポーツそのもの。

まさにスポコンものだ。

今回、新人が参加して、共同作業のスポーツとして、アンサンブルに成功している。

おまけに、青春ゆえ、男女の機微、すなわち恋愛感情もそのまま描かれ、競技にプラスしている。

また、かるたには、文芸の要素もあり、その歌の意味はまさに恋歌。

決して、無難に優勝するわけでなく、いろいろなトラブルに遭いながら、最後は決めるという王道のアクション映画。

主演の広瀬すずは、今回は、グループをまとめていくというリーダー的役割。

演技陣のアンサンブルが程よくとれているのが、この映画の成功の要因。

 

コメント

「ボス・ベイビー」身体はベイビー、頭はおっさん!

2018-03-29 19:04:40 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

飛行機の中で吹き替え版で鑑賞。

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組み、マーラ・フレイジーの絵本「あかちゃん社長がやってきた」をもとに、トム・マクグラスが監督を務めた。

ティム少年の家に弟がやってきた、しかもこれなんとおっさんベイビー。

予告編では、まさにおっさんのベイビーの活躍が描かれ、全編このムードかと期待したが、

実は、ベビー天国から派遣された、ワンちゃんが人気のワケをしらべにきたスパイだった。

さらに不思議なミルク騒動があり、結局家族愛に収れんする。

ボスベイビーの奇想天外ぶりを期待したのは大外れ。

まあ、子供向けの映画なので、目くじら立てることはない。

確かに、キャラは面白い。

 

 

コメント

台北の高層ビル展望台に上る!

2018-03-29 17:10:16 | 日記

台北101タワー。

地上101階建てで、名前はこれに由来する。高さは509.2mで、地下は5階まである。 

2007年までは世界一だった。


分速1010mのエレベーターを体験。

気圧制御システムを採用しているので、耳がツンとしない。

それにしても、人気だ。長い行列、待つことしばし。

夜景も美しい。

だが、台北の地図に疎いので、あまり感動はない。

まあ、記念に上ったという感じ。


帰りは地下で、少吃すなわち、簡便中国料理。麺、餃子、小籠包等々を食す。

写真は、中の風景がガラスに移り込んで、不思議な光景。





コメント

「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」、死と向き合う愛の物語です。

2018-03-28 17:13:36 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

一部劇場公開後DVD化

ちょっと変わった映画である。

妻を亡くし落ち込む保険外交員。

交通事故で植物状態になった視覚障碍者の担当になり、病院を訪れる。

何度か通ううちに、その患者の幽体が見えるようになり、二人は、あたかも恋人同士のような関係に。

外へデートにも出かける。

韓国映画にしては、まさにゆったりした進行。

死者との交流は何を意味するものなのだろうか。

後半、患者の母を訪ね、交通事故の真の原因を知る。

そして、衝撃のラスト。

でもこれ恋愛映画だから。妻と患者とがダブって思い出されて、この辺は涙物。

保険外交員にキム・ナムギル、患者にチョン・ウヒが好演。

監督は、イ・ユンギ。

コメント

台湾B級グルメ胡椒餅を食す!

2018-03-28 15:49:25 | 日記


台湾の夜市は賑やか。

今回は饒河街夜市へ出向く。


胡椒餅は、この夜市の目玉、入ってすぐのところにあり、行列、待たされる。

胡椒や、香辛料などがしっかり効いた肉餡に葱のシャキシャキ感がブレンド。

その場で、作っており、野外屋台なので丸見え。

ルーツはウイグルあたりらしいが、福州を経て台湾へ。

がっつりとおいしい。





コメント

台湾旅行、淡水で地元の人に人気の「あげ」を食べる!

2018-03-27 17:27:07 | 日記

 

日本では、きつねうどん(関西)の具、お揚げさん。

豆腐を揚げたものだが、中国語では、油炸豆腐。

台湾では、「阿給」。あげの当て字だ。

淡水の商店街に、ある小さな食堂。

そこにあげがあった。

日本の厚揚げっぽい。おでんのような味付け。

一緒に頼んだスープは、海鮮スープ、なかなか薄味でおいしい。

地元の人ならではの、選択。

 

 

 

 

コメント

「マザー!」、ジェニファー・ローレンスを主演に迎えて描くサイコミステリー。

2018-03-27 13:01:13 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

サイコミステリー好き、比喩的な映画好き ☆☆☆★

なぜか、劇場公開が見送られた作品。

全米で公開されるも、衝撃が強すぎて、賛否両論。大コケした。その全米の反応を見て、日本での公開は見送られた。

ジェニファー・ローレンス、バビエル・バルデムという大物俳優を起用。

「ブラック・スワン」の鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品という目玉も。

DVDには、この映画の製作の裏側が収録されており、監督の意図が語られている。

この監督の意図、環境破壊への警告、を理解した上で見るとまた違って見える。

だが、詩人と、その妻で家を補修しながら生活する従順な妻。この二人の生活に、突然訪れた夫婦。

それが、家族を引き連れ、さらには、大勢の観客たち。

常に、不安を抱かせながら進む映像処理。

そしてラストのまさにサイコな暴動へと発展する。

夫は、愛を誓うのだけれど。

実はこれは愛の映画なのだが、愛が独り歩きし、愛ゆえの破壊へと突き進む。

神を意識させるので、日本人には余計わかりづらい。

ただ、展開が読めないだけに、最後まで付き合わされる。

コメント

「ブラックパンサー」、黒人の黒人による映画です。

2018-03-26 19:29:08 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

マーベルシーリーズで一度登場したことのある「ブラックパンサー」。

今回は、メインで登場、黒人監督により、出演者もほとんど黒人。

まさに黒人パワーの映画だ。

舞台は、アフリカの超文明国ワカンダ。

その国の王ティチャラの別の顔がブラックパンサー。

今回は、ブラックパンサーの父がなくなってからの話。

父の弟は、父に殺されていたが、息子がいた。

その息子が、王になることを宣言。

ブラックパンサーを倒し、王になる。

だが、復讐を果たしティチャラが再び王になる話。

二人の王の来し方を語るので、結構物語パートが充実。

その分、アクションシーンは控えめ。

ただ、黒人パワーは、珍しく、女たちも参戦。

絶大なパワーを秘めたヴィブラニウムが争いの根底にあり、物語を面白くしている。

マーベルさん、キャラが一つ増えてますます盛ん。

 

 

コメント

お泊りは、シーザーパークホテル台北、台北駅の真ん前!

2018-03-26 17:24:42 | 日記


台北で二泊の旅。

ホテルは、シーザーパークホテル台北。中国語読みでは、カイサ大酒店。

台北駅の真ん前。

13階の部屋からは、台北駅全景が。

部屋もかなりデラックス。






コメント