ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり」40歳バツイチ男と34歳こじらせ女の恋

2016-09-30 18:20:20 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆

大人の恋物語好き ☆☆☆★

『宇宙人ポール』などのサイモンペッグ主演と製作総指揮

イギリス・フランス合作 88分の小品。

恋人もおらず孤独な毎日を送っていた30代女性ナンシー。「ミリオンダラー・アーム」のレイク・ベル好演。

ちょっとした手違いで、ブラインドデートの相手となってしまったナンシー。

その相手が離婚寸前の40男ジャック(ペッグ)。彼なかなかのお話上手。機関銃並みにまくしたて相手に隙を与えない。

おまけに、お酒を飲んで、ボーリングをして、二人結構盛り上がる。

結婚願望の中年男女はこれを見習うべし。そして下ネタ。うまく下品にならないところがイギリス風か。

しかし、なんといってもレイク・ベルの素というか演技というか、或る意味チャーミングなナンシーを作り上げている。

美男美女でない、カップルの、癒しあふれる行為が好感をもたれる。

案外スカッとした恋愛映画だ。

ただ、熱々の若いカップルには物足りないだろう。



 

コメント

「怒り」、リンゼイ・アンホーカーさん殺害の市橋達也がモデルかもと?

2016-09-29 17:13:36 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆

PG12 かなりえぐいシーンがあります

犯人未逮捕の殺人事件の犯人探しが根底にあるので、結構くらーい映画です。

この映画のモチーフとなった市橋達也は、整形し各地を転々、沖縄の無人島へも行っています。

市橋事件の原因は、あまりはっきりしませんが、現在は無期懲役で刑務所生活です。

この映画は、千葉、東京、沖縄と三か所で、犯人と思しき人物が、登場します。

整形しているので、指名手配写真は、3人のいずれとも特定しがたい作りになっています。

で、3人にそれぞれ、相手がいます。

千葉では、東京の風俗で働いていた女性。

東京では、ゲイの男性。

沖縄では、女子高生。

千葉と、東京では愛の関係で、愛があっても信じきれず、そのジレンマに怒りがさく裂します。

沖縄では、米兵によるレイプ事件が根底にあって、それを助けられなかったジレンマが怒りを誘います。

とにかく、宮崎あおい、妻夫木聡、広瀬すずと、相手役の痛烈な叫びが、この映画の主役で、見終わった後も尾を引きます。

様々な怒りですが、たしかに見るものの心にドスンと響きます。



コメント

「メガバンク 最終決戦 上巻」、波多野聖が原作の経済ものドラマ!

2016-09-28 17:17:00 | ドラマ

おすすめ度 ☆☆☆★

WOWOWで、2016年2月14日から2016年3月20日まで放映された経済ドラマ。

ツタヤで先行レンタル 3巻に分かれている。

東西帝都EFG銀行(TEFG)が舞台。三菱東京UFJ銀行に酷似。

財閥系の帝都銀行が実質取り切っており、頭取ほか主要ポストを握っている。

敏腕ディーラーの桂(椎名桔平)は、帝都ではないが為替部門の専務にまで上り詰めている。

頭取が、欲をかいて、帝都の名前にしてほしいと金融長官に泣きつき、長期国債を買わされる。

その後、国債が暴落し、銀行は多額の負債を抱えることに。

それが知られると、取り付け騒ぎになるので極秘にするが、どこかから漏れて、取り付け騒ぎに。

総務部部長代理の機転で、取り付けは収まる。

金融庁長官に泣きついて、国債取引を先延ばしにしてもらい、いったんは落着。

椎名桔平の専務の貫禄がこの映画の肝。

なかなかここまで才走れる役者は少ない。

総務部部長代理の桐谷が後を追うようだが、まだ未熟。

頭取と堂々とやり合い、部下をしかりながらこき使う様は、現在の企業の部門トップの姿とダブル。

危機を巧みにすり抜けるすべを心得ており、光っている。

椎名桔平なしにこの映画は、成功しなかっただろう。

なかなか迫力ある展開だ。

経済知識は必要だが、深くなくてもついて行ける。

 

 

 

 



コメント

「あるメイドの密かな欲望」、フランス20世紀初頭、小間使いの日記!

2016-09-27 17:18:41 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆★

レア・セドゥ好き ☆☆☆☆

劇場未公開 WOWOWで放映 DVDでは、「小間使いの日記」のタイトルに。

原作は、オクターブ・ミルボーの「小間使の日記」。

ジャンヌモローで映画化されているが、記憶にない。

パリからプロヴァンスへやって来た美貌のメイド、セレスティーヌは、ランレール家で小間使いとして働き始める。

だが、主人は好色ですぐ手を出すし、奥さまは、意地悪でこき使う。

他の家で働いた過去などを織り交ぜながら、当時の小間使い事情が丁寧に描かれる。

主演のレア・セドゥが魅力的で、その凛とした小間使い衣装が、特に似合っていて、悪態をつくかと思ったらすり寄ったり、したたかな小間使いを演じる。

我慢を重ねた彼女が、新しい生活に身を任せるところで終わる。

官能的ではあるが、さらりとした演出で、エロチックではない。

むしろキャラクターとしてのセドゥに惹かれる。




コメント

「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」、孤独な少女と愛らしい巨人の厚情

2016-09-26 17:37:21 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

基本子供向けファンタジーなので、おとなしめ。

ディズニー映画で、スピルバーグが撮ったファンタジーということで話題に。

児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女ソフィーのところに優しい巨人(ビッグフレンドリージャイアント)が現れ、巨人の世界へ連れていく。

そこには、BFGより大きな巨人がいっぱい。子供を食べようとする。

BFGの保護下で何とか食べられるのは避けられるが、

ある日、イギリスに巨人たちが攻め込む計画を知り、二人は女王陛下に会いに行く。

この、女王陛下と巨人との面会は小ネタの連続で面白い。

全体に、影を利用した映像は美しく、ファンタジー色は満載。

ただ、もっと巨人の大暴れを期待する向きには物足りないだろう。



 

 

コメント   トラックバック (2)

「セルフレス 覚醒した記憶」知能を新しい肉体に移植?

2016-09-25 16:48:09 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

大富豪の建築家の脳が、妻子ある特殊部隊の軍人に移植されるという、近未来SF映画。

自らは、娘とぎくしゃくの身だが、転生した特殊部隊軍人の妻子が襲われることに。

そこで、親子愛に目覚めるという話。

大富豪故。金はふんだんに自由にでき、頭脳明晰の建築家とあって、申し分ないのに、娘との不仲。

薬を飲まないと治療が中断するというしかけ。

アクションシーンもあるが、それは仕掛け、あくまで家族愛の映画です。

ラストは万々歳で終わるのだが、どこか物足りない。

 

 

 

 

 

コメント

「エンド・オブ・キングダム」、今回はイギリスでアメリカ大統領が襲われる!

2016-09-24 17:41:10 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★

イギリス・アメリカ・ブルガリア合作 PG12

「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。

前作がホワイトハウスでの攻防だったが、今回は、イギリス。首相が不可解な死を遂げ、その葬儀が行われ、各国首脳が出席する中でのテロ。

アメリカ以外の各首脳(日本も含まれる)は、次々にテロの犠牲に。

アメリカ大統領は、屈強な大統領補佐官がいたおかげで、逃げ惑う。

大統領を補佐するチームの中にテロリスト側のスパイがいて、大統領たちは何度も危うい目に。

橋が爆破されるなど、多くの建造物が爆破され、イギリスはめためたに。

ラスト近く、大統領も捕まって、いたぶられるシーンが世界に放映される。

大統領も、拳銃をぶっ放すなど、こりゃ大変だ。

救助されたはずの、ヘリコプターも、見事撃墜され、命からがら。

まあ、アクション映画としてのおぜん立ては素晴らしい。(やりすぎ感はあるがそこは目をつむって)

大統領警護のシークレットサービスに扮するジェラルド・バトラー、彼が前作に続いて、撃たれても倒れない屈強のガードマンを熱演。

大統領のアーロン・エッカートといいコンビ。

例によって、モーガンフリーマンの副大統領も貫禄を見せる。




コメント   トラックバック (4)

「太陽のめざめ」、不良少年の更生物語

2016-09-23 17:53:19 | フランス映画

 

おすすめ度 ☆☆☆★

R15+

母親に置き去りにされた6歳の少年マロニー。

矯正施設に入って、10年。問題を起こし、判事のすすめで、教育係ヤンの指導を受ける。

少年は、常に問題児。

すぐ切れる。

そんな少年も自分を捨てた母を慕う。さらに弟にも目をかける。基本は優しいのだ。

が、愛無くして育ったゆえに、施設ではいじめっ子だらけ。

だが、クラブで出会ったテスといい仲になる。

やがて、テスが妊娠。

養護施設にいる弟とクリスマスをと車を盗んで運転するうちに交通事故。

そしてついに、刑務所行きに。

だが、判決は温情のあるものだった。

この映画のすぐれているのは、マロニーを演じるロッド・パラド。オーディションで選抜されたが、その切れっぷりと愛に飢えた演技が素晴らしい。セザール賞を受けたのもうなずける。

一方、判事を演じたベテラン、カトリーヌドヌーブ、まさしく彼女無くしてはこれほど盛り上がらなかっただろう。

愛無くして育った少年が愛を得るという、今日的テーマはうなずける。


 

 

 




 

コメント

「アクトオブウォー」、第二次大戦下のハンガリー、ユダヤ人レジスタンスがいた

2016-09-23 10:20:18 | イギリス映画

おすすめ度 ☆☆★

劇場未公開 劇場公開するには地味な映画

実話だそうで、アメリカ人の少年がおじいちゃんに真の英雄について話を聞くという展開。

ハンガリーでは、ナチスのユダヤ狩りは、ゆるく、

重労働をさせられていた青年が、妻の病でユダヤ人としてひどい扱いを受け、妻の妹が逮捕、収容所へ送られたことから抵抗運動に参加。ドイツ兵をやっつけるという話。

ドイツの将校に成りすまし、奮闘したり、市街戦では指揮を執り、敵をやっつけたり。

ユダヤ側の英雄だ。

1940年代前半の戦争に興味のある人にはいいかも。

 

 

 

コメント

「ちはやふる 上の句」、競技カルタに情熱を燃やす青春像!

2016-09-22 17:29:37 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆

競技カルタの全国大会は.滋賀県で行われる。そのためよく宣伝されていたが、見逃していたので、レンタルが始まるやすぐ借りた。

たしかに、青春スポ根映画としてよく出来ている。

ヒロインを演じる広瀬すずの、白目をむいての熱演はさすがだし。そのほかの役者さんも、オーディションで参加した人もいるが、なかなか、キャラが立っている。

幼なじみの3人組。新のおじいさんがカルタ名人だった影響で、3人はカルタつながりが出来ていた。

太一が、強い新たに嫉妬して、めがねを隠し勝ったトラウマを抱えながら、千早への恋心を募らせる青春物語が裏にある。

高校で部活としてカルタ部を創設するところから話は始まり、競技カルタのルールを適度に説明しながら話は進む。

そして、東京都の大会で優勝するのをクライマックスにして、下の句につながる。

大人も、国村さんと松田美由紀さんが、脇を固める。

三角関係の恋愛模様と、スポ根カルタ競技。

特に、カルタ競技に特殊撮影法を導入、迫力を見せている。カルタがこんなにスポーツだったとは初めて知った。

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (3)