ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」、実在の画家の映画化です。

2018-10-07 17:22:29 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆☆

夫婦愛映画好き ☆☆☆☆

カナダ・アイルランド映画

アカデミー賞ノミネイト他、各国映画祭で観客賞など受賞。

カナダでもっとも有名な画家モード・ルイスを題材にした映画。エンドロールで、実在夫婦が写される。

日本ではあまり知られていないが、独特の筆致で描いたある種抽象画。でも愛があふれている。

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、買い物中に見かけた家政婦募集の広告を貼り出したエベレットに興味を抱き、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。

子供のころから重度のリウマチを患っているモード。

こつこつと魚の行商をこなすエベレット。

もともと絵が好きなモードが壁に絵をかき、エベレットの許しを得て、絵が増えていく。

そんな絵を、エベレットのお得意が目をつけ、紹介してくれる。

やがて、絵を買いにたくさんの人が訪れるようになる。

それまでの二人の愛しながらも、いさかい会う姿がまぶしい。

田舎町の美しい風景が、物語を引き締めてくれる。

「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークが好演。

 

コメント

「ヒューマン・ハンター」、ニコラスケイジがヒューマンハンターに!

2018-09-17 15:28:39 | カナダ映画

おすすめ度 ☆★

ニコラスケイジ好き ☆☆★

PG12

西暦2030年のアメリカ。資源の枯渇や食糧危機で世界の文明が崩壊。

アメリカは国境を閉鎖し、「人民省」を設立して国民を管理。

政府が指定する排除対象者を収容地区に強制移住させる任務を担う「ヒューマン・ハンター」のノア・クロス(ニコラスケイジ)。要は、役に立たない人間を排除(殺す)する役目だ。

ところが、対象者の母子に情を抱き、遠くへ逃そうと奔走。

カナダへ向けての逃避行。ロードムービーだ。

徐々に、自らと、母子の履歴が明らかに。

母が美人なのが、救いの対象なのか。

そして向かう先が、原発地域で放射線の恐怖が。

低予算のためか、盛り上げに困っている。

最近のニコラスケイジは、やたら出まくっているので要注意。

 


コメント

「彼女が目覚めるその日まで」、難病にかかった女性記者の闘病物語!

2018-06-24 09:19:03 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆☆

カナダ、アイルランド合作

原因不明の難病に冒された女性記者スザンナ・キャラハンの闘病記「脳に棲む魔物」を映画化した人間ドラマ。実話の映画化。

シャーリーズセロンが、製作に参加。

クロエ・グレース・モレッツが、主演、難病の患者を熱演。

この映画の難病とは、2007年、つまりは21世紀になってようやく急性脳炎の一つと位置付けられ、正式に「抗NMDA受容体脳炎」という名前が与えられるまで、精神の病や悪魔憑きと判定され、正しい治療を受けることすら難しかった。

昨年末公開された日本映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」も、この病気の患者の物語、

ニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナは、プライベートではミュージシャンのスティーブンと付き合いはじめ、公私ともに充実した毎日を送っていた。

突然、物忘れがひどくなり、幻覚や幻聴にも悩まされるようになり、ついには全身が痙攣する発作を起こす。

だが、医者の検査に異常は認められない。

この異常な状況が、映画の大半を占めるので、いささか、見るのが辛い。

病気の啓発には役立つのだろうが。


 

 

コメント

「ダブル/フェイス」、ニコラス・ケイジ出演のサスペンス!

2018-04-11 16:18:35 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆★

「未体験ゾーンの映画たち2018」上映後DVD化。

とにかく。日本では、ニコラス様様。出演しているだけで、見てくれるお客がいる。

本作も、主役ではないのに、ニコラスが惹き文句に。

この映画は、代理母をめぐるサスペンスで、簡単に不妊でも子供が持てるアメリカならではの映画。

代理母を使って子どもを授かったブライアンとアンジェラ夫婦。

公園でママ友となったケイティと知り合い、職場復帰のため、子育てを依頼。別棟に住まわせる。

このケイティ、卵子提供者で、自らの卵子の子を我が子にしようと画策。

そこからミステリーが。

アンジェラは第二子を出産するが、事件に。

まあ、ラストがハッピーに終わり、安どする。

ケイティを演じる、ニッキー・ウィーランが、魅惑を見せる。

コメント

「ザ・ヴォイド」、ショッキングホラー映画!

2018-03-25 13:02:34 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆★

ショッキングホラー好き ☆☆☆★

「未体験ゾーンの映画たち2018」上映後DVD化

R15

保安官のダニエルは、深夜のパトロール中に発見した血まみれの男を病院に連れて行く。

その病院は、まさにオカルト集団に犯されていた。

外には、白十字団、うちにはクリーチャー(怪物)のひそむ院内。

妻が、ここの看護婦をしていたが、院長は殺人鬼に変身していた。

そして地下には、人間から怪物へと変身したぞろぞろども。

話を小出しにしながら、次から次へと新しい展開になるので目が離せない。

おまけに、そのなんとも言えない怪物どもの不気味さ。

妊婦の出産を一方で描いて、ホラー度満載。

B級映画を超える出来になっている。

ただ、画面は常に暗く、時々閃光が。見難い。

次々に起こる不思議な現象に不明な点も多く、すっきりしない。



コメント

「さよなら、ぼくのモンスター」、十代の心の葛藤を描く青春物語!

2018-03-04 16:12:42 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆★

青春・ゲイ映画好き ☆☆☆

一部劇場公開後DVD PG12

クサビエドランが出現したカナダに、俊英が現れた。ステファン・ダン。

第40回トロント国際映画祭最優秀カナダ長編映画賞受賞を始め、アトランティック映画祭監督賞、脚本賞受賞。

メイクアップアーティストを目指す高校生のオスカーは、怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話せるけれど、恋人ではない、微妙な関係。

バイト先にワイルダーという青年が入ってきて、ゲイを意識する。

幼いころいじめられてたゲイの男の子の暴行事件現場を目撃してしまったことから、自らのゲイを封印してきた。

光の使い方、音楽、カット割り、すべてが青春物語だ。

父との確執を乗り越え、自らのこころのモンスターを乗り越えていく。

ほろにが青春。

ゲイの映画は基本苦手。


コメント

「ドローン・オブ・クライム」ドローンが生む悲劇!

2018-02-14 18:34:48 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

ドローン操縦士のニールはCIAの極秘任務でテロリストへの爆撃を繰り返しているが、私生活では愛する家族に囲まれて平穏な毎日を送っていた。

これが事実なのだろうか?

いまや、自らの身を安全な場所において、ドローン攻撃をする。

これはまさに、パソコンゲームそのものだ。

だが、実際の爆撃では、巻き添えを食って死ぬ人がいる。

まさに重い命題だ。

本映画は、そんなドローン操縦兼射撃の猛者を描いている。

安全な家庭のすぐ近くに、戦場がある。

それも敵に絶対に近づかれない場所にいて。

現実には、パキスタン、アフガニスタン、イエメン等では、誤爆により民間人が巻き添えになって死亡していることが明らかになっている。

そこえ得体のしれないパキスタン人がやってくる。

ドローン攻撃の詳細を記したデータが流出。

実は、パキスタン人は、そのデータから、操縦士を割り出し、やってきたのだ。

後半は、この男がどんな動きをるのか、サスペンス満点。

だが、結果はあっけない。

ドローンの悲劇を訴えているにしては、話がしょぼい。

映写時間90分の小品だ。

コメント

「アンダー・ハー・マウス」、最高に美しいレズビアン!

2018-02-11 18:50:06 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

レズビアン好き、官能映画好き ☆☆☆★

R18+ ふんだんなセックス描写

この映画のDVD、設定場面がない。おかげで、日本語セリフが不明のまま鑑賞。(英語理解力不足)

セックスシーンが多いので、むしろAV映画っぽいとそのまま、鑑賞。

ところが、後半、一旦DVDを挿入しなおして鑑賞すると、日本語字幕付き。なんなんだ。

再度見直す気もなく、そのまま鑑賞。

でもこの映画、男役のエリカ・リンダーに圧倒される。役としては屋根ふき大工を家業とする男勝り。

ユニセックスモデルをしていたというだけあって、その存在感には圧倒される。

一方の、ナタリークリル、婚約者がいながらレズに走るという複雑な役。

大工の音を聞きながら、全裸でオナニーするシーンは見もの。

話としては、ありきたりなので、それを期待すると外れ。

だが、スタッフオール女性で臨んでいるので、これは女性向けの映画か?

でも、エリカに惚れる男性は多いだろう。

全裸シーンが多いが、ぼかしが入って、台無しになっている。

R18以上のものにはできなかったのか?残念。

官能映画としては、堪能できる出来だ。

 

コメント

「シンクロナイズドモンスター」、アンハサウェイとモンスターがシンクロ!

2017-11-13 19:49:15 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆ (劇場鑑賞)

珍しい映画好き、怪獣映画好き ☆☆★

アンハサウェイ好き ☆☆☆

なかなかおすすめが難しい映画。

だって、美女と怪獣がシンクロするんだから。

ニューヨークで職を失い、毎晩のように酒に酔って暴走した挙句、同棲中の彼氏に追い出されてしまったグロリア。すべてを失った彼女は生まれ育った故郷の田舎町に帰ってくる。

そこで、幼馴染のオスカーに誘われ、彼の経営するバーで働くことに。

そのころ、韓国では怪獣が出現。

グロリアが公園であるしぐさをすると、怪獣も同じしぐさを。すなわち、彼女のしぐさが怪獣とシンクロするというぶっ飛んだ映画。

おまけに、ロボットが出現して、韓国は大騒動。

まこと、怪獣映画になれば面白いかもしれないが、男女関係のいざこざが原因というから話はしょぼい。

ただ、グロリアは韓国まで出かけるから、まあ良しとするか。

アンハサウェイも、イメチェンの時期なのか?

コメント   トラックバック (1)

「静かなる叫び」、モントリオール理工科大学で実際に起きた銃乱射事件を描いた映画。

2017-10-17 18:38:46 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

心理ドラマ好き ☆☆☆

カナダ・アカデミー賞(ジニー賞)で歴代最多9部門受賞。
『メッセージ』『ブレードランナー2049(10月27日公開)』でいま最も注目される監督ドゥニ・ヴィルヌーヴの原点とも言える渾身の一作。(2009年作品)

1989年12月6日、モントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件。女性ばかりを狙い、14名が死亡。犯人も自殺。

この事件をモチーフに、白黒で描いたフィクション。

犯人、被害者で生き残った女性、その女性の彼氏。

3人の視点で、この事件をとらえる。

時系列や、人物が入り混じって描写されるので、戸惑う。

ただ、白黒の雪景色と、殺害現場の血の色が黒く、なにか美しい映像だ。

それぞれの人物像に深入りすることなく、表情と、時々のエピソードで進行する。

被害者の女性が妊娠していたことで、フェミニズムをめぐっての当事件の意義が深まる。

語りが少ないだけに、読み解くすべを持つ人には、感動の作品のようだ。

ただ、表面的に見れば、銃乱射殺人事件そのものだ。

コメント