ひろの映画見たまま

映画にワクワク

赤い文化住宅の初子

2008-07-31 20:06:34 | 映画
なんとも不幸な少女(高校進学を控えた中学3年生)の物語だ。

したがって暗い。

父は借金を残して家出、母は死亡、(父はのちに家に火を放って死亡)

二人暮しの兄は、父の借金を返すが、すぐ切れて退職に。女を買うが、電気代もない。

バイト先のラーメン店は首になる。

兄は、高校進学を許さない。

せっかく勉強を教えてくれた同級生の男の子には、断りをいう。

彼には別の女性が指導を受けている。

そんなときいつも川べりで過ごす。

そんな、初子の唯一の救いは、やはり同級生。

終りに彼と結婚を約束する。

ほろ苦い恋の物語。

だから暗くても、見終わった後はすっきり。

女性監督だけに細やかな感情を丁寧に描いている。

コメント (1)   トラックバック (2)

歩いても歩いても

2008-07-29 20:36:49 | 映画
是枝裕和監督の物語だ。

それぞれに悩みを持つ普通の家族の物語だ。

父親は医師。開院していたがこのほど閉院した。頑固。

長男は、事故で死亡。その法事で家族が集まる

次男は、都会に出ているが失業中。子連れの妻がいる。失業を隠している。

長女は、夫と子供二人。老夫婦の介護を心配している。

で、この映画の主役は母だ。

家族が集まり、それぞれが典型的な日本の家族の悩みを持つが、それをうまくコントロールしている。

法事と、その日宿泊した二男家族の微妙な家族関係がなんとも切ない。

表立ってと、うらでと、本音をはき、日本の社会のひずみとそれがもたらす、

感情の行き違いなどが、実にうまく語られる。

そういう意味では、新しい家庭映画といえるだろう。

いい役者がそろっている。

母親の樹希樹林、父親の原田芳雄、長女のYOU、次男の阿部寛ら、

ベテランのいい味が、是枝の指導もあって絶妙だ。

話の重なりが、耳触りのようでいてそれが次の会話につながったり微妙だ。

後味が良くもなし、悪しくもなし。

泣けるでなし。感動がこみ上げるでもなし。

そういう意味でちょっと難しい映画だ。
コメント

ドラゴンキングダム

2008-07-27 20:14:16 | 映画
ジャッキーチェーンとジェットリーの顔合わせ、それだけでも楽しいのに

これは盛りだくさんの映画だ。

チャイナタウンで、カンフーおたくのアメリカ青年が、

いつもDVDを借りている質屋で如意輪棒を預かり、

おかげで時空を駆け巡り、カンフーの修業をし悪に向かう。

彼にカンフーを教えるジャッキーチェンとジェットリー、

二人があいまみえる場面もあるが、後は協力して悪と戦う。

「孫悟空」拡大版だ。

おまけに、敵味方にそれぞれ女カンフーが出てきて色を添える。

話は単純だが、仕掛けがいろいろで大満足。

スカッとすること請け合い。
コメント

レディチャタレー

2008-07-23 20:34:13 | 映画
「チャタレー夫人の恋人」は、20世紀の性文学№1だが、

「レディチャタレー」はこの小説を現代の目で映画化した傑作だ。

フランスで有名なセザール賞を総なめにするほどで、

性描写がリアルなので、日本ではあまり評判にならなかったが、

文芸大作であることに間違いはない。

2時間余の大作で、

1910年代後半、イギリス貴族の豪華な屋敷が舞台であり、

その広大な森での、猟番との性の解放劇がやはり目を引く。

女優が、きれいというよりは、気品のあるというべきチャタレー夫人。

不遇の夫に飽き足らず、性を求めるのは一つの流れ。

でも、豪勢な庭いや、森での逢瀬は

映像的に奇麗なものがある。

女性監督らしく、丁寧に心理描写を重ね

単に、好きだというだけでなく、徐々に醸し出される

お互いの気持ちが切々と伝わってくるところにこの映画の良さがある。

当のセックスシーンも、裸で庭を駆け巡るなど

自然との融合で、お花を飾ったり審美的なものがある。

良質な性愛映画といえよう。

コメント

花より男子

2008-07-20 16:56:53 | 映画
テレビで放映された「花より男子」の拡大映画版。

主な配役もおなじ、物語は続編で、スケールアップ。

話の大きいこと。

そもそも、道明寺財閥の御曹司の結婚だから、派手なこと派手なこと。

結婚を控えた二人が、大事な宝物を盗まれるところからドラマは始まる。

ラスベガスへ、香港へと豪華な旅の後は

無人島へ。

そこでは、二人だけで、ジャングルでの極貧生活が始まる

でも自然が一杯は、恋する二人にとってはいい試練だ。

それもこれも、母である女社長の仕組んだ試練とあって

話は大団円。したがって結婚式はこのドラマの懇親会みたいなもの。

出演者総出で話を盛り上げる。

まあ楽しいばかりのラブラブ話。

それだけと言えばそうだけど

Happyな雰囲気で劇場を出られる幸せ。

隠し砦の松本潤が好演。井上真央もいい味出している、




コメント

崖の上のポニョ

2008-07-19 17:12:27 | 映画
宮崎駿の原作・脚本、監督による最新作。

今回は、5歳の男の子宗介に恋をする魚の女の子の物語。

宗介は、海岸べりの崖の上で母と一緒に住んでいる。

父は、船乗りで、いつもはいない。

母は、老人施設で働いている。

そんな設定で、

魚の子が主人公なので、海のシーンがふんだんに出てくる。

さらに、町が海に沈んでしまい、海中にある街の風景が見られる。

ポニョの父と母は、魔法使いで、これが話を膨らませている。

想像の世界もふんだんで、いろんな魚が出てくる。

冒険のようでありながら、あまり危ない場面は少なく安心して見ていられる

逆にそういった激しいドラマを希望する向きには物足りない。

コメント   トラックバック (5)

キムギドク監督作品「リアルフィクション」

2008-07-16 20:58:33 | 映画
2000年に韓国の鬼才とされるキムギドクが監督した作品だ。

3時間20分で撮影したとされる実験映画だ。

公園で似顔絵を描いている青年が、彼を撮影している女性に

ついて行った先が、「もう一人の自分」という劇場で、

そこで劇の一員にされ、

今まで、捨てられたり殴られて、殺してやりたいと思った人を殺す約束をし、

劇中の相手を射殺してしまう。

その後は、その劇の通りに殺人をしていく。復讐劇だ。

キムギドクらしい、鮮烈な映像もあるが

実験映画らしく、白々しさが漂って、あまり好きになれない。

話もちょっとわかりにくく、最初の劇で

復讐の相手を、説明するのだが、よく見ていないとわからなくなってしまう。

また常に撮影する女が出てくるし

最後は、映画の撮影シーンというネタばれもあり、

はぐらかされた感じになる。

キムギドク好きでなければ、ちょっと引いてしまう映画だ。



コメント

スピードレーサー

2008-07-15 19:08:26 | 映画
まあ、無理な話は承知なら、

抜群に楽しい映画だ。

授業中もカーレースのことしか考えない、天才スピードレーサーが

兄の非業の死を乗り越え立派なレーサーになるが、

企業の誘いを断り、それがためにレースを妨害され、

九死の境遇に。

でも、家族や恋人の協力を得て、

サファリラリーも、アクロバティックな競技にも勝ち

めでたしめでたしだ。

一方、彼にはひょうきんな弟がいて

相棒のモンキーと絶妙の笑いを取る。

途中、大格闘が繰り広げられ、

当然カークラッシュもあり

みどころ満載の映画だ。

競技場などは超未来的で

アニメで、描き。

絵と現実が一体化して、楽しめる。

(もう、こういう仕掛けに慣れてしまったせいなのか。)

謎めいた軍団の侵入もあり、アクションものの楽しさもふんだんだ。/hiyob_hat/}






コメント

カメレオン

2008-07-08 17:07:01 | 映画
いかにも東映らしいアクション映画だ。

松田優作のために用意されていた脚本をリメイクしたのだというが、

坂本順治がメガホンをとり、主人公に藤原竜也が扮している。

最初は、谷啓や犬塚らが出て、喜劇調だが、

本題に入ると、次々と仲間が殺され、

自らも、恋人と危うく殺される羽目に、

その後は復讐劇で、

カースタントと、けん銃での対決と

見せ場はたっぷり。

東映やくざほどの臭さはないが、結構遊んでいる。

コメント

愛より強く

2008-07-06 17:20:34 | 映画
2004年ベルリン国際映画祭で金獅子賞を受賞したドイツ映画だ。

ドイツ映画といっても、トルコ色の強い映画だ。

というのも、ドイツでは移民が多いが特に、トルコ人が多い

この映画も、トルコ系ドイツ人の話だ。

ちょっとマイナーなので見逃していたが、

結構シリアスな映画だ。

愛の映画だけに、セックスシーンもかなりきわどいが、

自殺未遂という重い題材が、

さらには、愛人に言い寄る男を殺すというショッキングな事件が

この映画を重くしている。

さらに、愛する二人でありながら、結局一緒になれない結末。

当然、愛の賛歌だけでは済まないのだ。

最初から、見ず知らずの女が結婚してくれと泣きつく。

これに応じてしまったことから始まる男女の葛藤。

麻薬やアルコールに溺れてハイに。

頽廃的に見えて、芯はきつい映画だ。

コメント