ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ボア」、巨大化したイノシシが!

2019-06-30 17:39:28 | オーストラリア映画

おすすめ度 ☆★

劇場未公開

ゲオ先行リリース。

ゲオ以外リリースされてなくて、全くの情報不足。

オーストラリアの奥地で牧場を営む弟のバーニーに会うために、姉のデビーは家族でやって来る。だが、辺りでは巨大な何かが家畜を食い殺しているという噂が…。やがてキャンプを楽しむ若者、パトロールする村人と、犠牲者が増え、ついにデビーたちの身にも危険が迫る。

巨大猪の映像が、いまいちで、迫力不足。

ただ、人がたくさん殺されるので、怖い映画ではある。

オーストラリアのプロレスラー・ネイサン・ジョーンズが出ているので、面白くなりそうだが、肩透かし。

ラストも意味ありげで、すっきりしない。



コメント

「グースバンプス 呪われたハロウィーン」、腹話術人形が大暴れ!

2019-06-30 09:41:54 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

R・L・スタインの児童向けホラー小説「グースバンプス」シリーズの実写映画化第2弾。

劇場未公開

ハロウィーンシーズン真っ只中、ソニーとサムはある屋敷で一冊の本と腹話術人形を見つける。
ホラー作家R.L.スタインによって書かれたその本を開くと、中に書かれていた小説が現実になってしまうのであった。
スタインの描いたモンスターが街中に溢れ大混乱! 
そんな中、悪魔の腹話術人形スラッピーに捕らわれた母を救うため、ソニーとサム、そしてソニーの姉サラはハロウィーン・モンスター達に立ち向かう。
果たして彼らはモンスター達を無事本の世界に戻すことが出来るのか…! ?

ハロウィーンシーズンが目玉、ハロウィンのお化けたちが、人間化して大暴れ。

もちろん、スラッピー(腹話術人形)が主役だが、次々に出てくるお化けたちが面白い。

最後は、電気と、書物で落ち着くが、とにかく、愉快。

ホラーぽさもあるが、むしろコミカル。

子供たちは大喜びだろう。

コメント

「ディアマンティーノ 未知との遭遇」、人気サッカー選手の悪夢!

2019-06-29 14:33:55 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆

風刺映画好き ☆☆☆

「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

ポルトガル・フランス・ブラジル合作

引退した人気サッカー選手の旅を軸に、ネオナチや難民、クローンといったポルトガルの社会問題をめいっぱい盛り込みながら描き、第71回カンヌ国際映画祭で国際批評家週間グランプリ&パルム・ドッグ審査員賞を受賞した奇想天外なファンタジードラマ。

ポルトガルのサッカー選手といえば、クリスティアーノ・ロナウドだが、彼を思わせるディアマンティーノ。

もふもふの犬たちが登場して、ゴールを決めるという流れが、途切れて、引退を決意。

マネーロンダリングを疑われ潜入捜査を受ける。

彼を食い物にする、双子の姉。難民に出会い、受け入れることに。

そして、ディアマンティーノのクローン作戦が。そして、女性化するディアマンティーノ、突然乳首が膨らんで。

最後は全裸男女のシルエット。

政治的な意味合いを含みながら幻想シーンへと。

まあ、よくわからない映画。

 

コメント

「ジュラシック・ベイビー」、恐竜の卵が孵化して!

2019-06-28 16:04:24 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆

恐竜好き ☆☆☆

好奇心旺盛で博識な少年クリスはいつも“今まで見たこともないもの"を探していた。ある日奇妙な骨董品屋に入り込んだ彼に店主は、「君が必要としてるものだ」と木箱を贈る。
帰宅した彼が箱を開けるとそこには大きな卵が。ネットで孵化の方法を見つけ卵を暖めてみるとなんと、恐竜の赤ちゃんが! クリスは恐竜にアルバートと名付け育てることを決意。
大人には秘密の、二人の楽しい日々が始まった! でも、恐竜博物館で興奮したアルバートがクリスのバッグを抜け出しひと騒動となったことでアルバートは捕獲されDr.ヨーストの手に。
実はDr.ヨーストはサイコ科学者で、アルバートの身に危険が迫る。焦るクリスの前に事情を知る不思議なおじいさんが現れ、二人はともにアルバート救出のために立ち上がる! 

小さな恐竜がとっても可愛い。

クリスは、好奇心旺盛、これは、恐竜好きの彼の白昼夢か?

サイコ科学者に追われ、ふしぎおじいさんと逃げる珍道中。

続編も予告されていて、作られるみたい。

空想少年には、もってこいの物語だ。

コメント

「MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド」、マンハッタンの裏の顔!

2019-06-27 20:06:17 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

R15+ エロくはないが、エロいシーンが

不法移民の女性が経験する悪夢のような一夜を、スペイン出身の女優アナ・アセンシオが自身の経験をもとに初メガホンと脚本・主演を務めて描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で審査員大賞を受賞したサスペンススリラー。

マンハッタンの古アパートで暮らす移民女性ルシアーナは、ベビーシッティングや客引きで日銭を稼ぎながら極貧生活を送っていた。そんなある日、彼女は友人のロシア人女性から、セクシーなドレスを着てパーティに参加するだけで高額の報酬がもらえるバイトを紹介してもらう。指定された地下室を訪れると、そこには彼女のような外国人の美女が何人も集められており、威圧感のあるマダムが1人ずつ奥の部屋に呼び込んでいた。不安と恐怖にかられるルシアーナだったが、不法移民の彼女を助ける者はいない。やがて、ついに彼女にも声がかかり……。

蜘蛛とゴキブリが主役の映画。嫌いな人は見てはいけません。

何が起こるか、ドキドキのシーン。

底辺のロス生活。こんなロスもある。

コメント

「BUYBUST バイバスト」、新米女捜査官が大活躍!

2019-06-26 17:08:19 | 映画

おすすめ度 ☆☆★

バイオレンス映画好き ☆☆☆

フィリピン映画 「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

麻薬撲滅部隊の新人女捜査官ニーナが主役。まず、彼女のしごき指導から。

麻薬無法地帯と化したスラム街が舞台。

裏切者がいて、全滅させられた経験を持つ。

今回も、予定していた場所から急きょ、スラム街へ。

敵を撲滅したかと思えば、スラムの人たちが暴徒化。

周り全員が死滅する壮絶な戦い。

スラムのごみごみした中、雨が降って、まあ、バイオレンスオンリーの映画。

だましだまされなので、話がよくわからず、展開。

バイオレンス好きにはいいが、いい加減飽きてくる。

アン・カーティスが主演を務める。

 

 

コメント

「マイ・プレシャス・リスト」、こじらせ女の成長物語!

2019-06-26 10:27:30 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

こじらせ女好き ☆☆☆★

PG12 下ネタ満載

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリーはIQ185でハーバード大学を飛び級で卒業した超エリート。しかし、コミュニケーション能力に欠け、屈折した性格の彼女は、友だちも仕事も持たずに暮らし、唯一の話し相手はセラピストのペトロフだけだった。

そのセラピストから、6つの仮題を1カ月でクリアするように指示される。

そして、キャリーの大奮闘。課題をクリアするごとに、自らの変化に気づいていく。

キャリー役をベル・パウリ―が演じ、監督は本作が長編初監督作品となるスーザン・ジョンソン。

身につまされる人もいれば、生理的に受け付けない人もいる。

ポジティブに考えられればいいのだが。

コメント

「ギャングース」、何があっても生き抜け!

2019-06-25 14:58:48 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

青春映画好き ☆☆☆★

R15+ 暴力とエロの世界

ルポライターの鈴木大介による未成年犯罪者への取材をもとに裏社会の実態を描いた人気コミック「ギャングース」を、入江悠監督が実写映画化。

親から虐待され、学校に行くこともできず、青春期のほとんどを少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人。

社会から見放された彼らは、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」(窃盗、強盗)稼業に手を染める。暴力団排除の機運を受けて裏社会のヒエラルキーが転換期を迎える中、3人は後戻りできない危険な領域に足を踏み入れていく。

振り込め詐欺のかすめで、一端は、大金を手に入れるが、六龍天に取られ、上納金を要求される。

窮地に立った三人は、六龍天のトップに戦いを挑む。

あきらめない、青春。

このどん底社会でどう生きるか、試される。

「渇き。」の高杉真宙、「金メダル男」の加藤諒、「勝手にふるえてろ」の渡辺大知が主演。


コメント

「メン・イン・ブラック インターナショナル」、新コンビで

2019-06-24 17:26:08 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。

ただ、今回は過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。

トンプソンが扮するMというエリート新人のデビューという面が強く、彼女の主演映画といってもよい。

いろんなエイリアンが出てきて、それを退治するいろんな武器が登場。

イギリスのほか、モロッコ、フランスと観光気分を満喫。

また、ボーニーというキャラも登場して、愉快。

エログロがないので、安心してみていられる。


コメント

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」チウ・マンチェクのカンフーアクション!

2019-06-21 17:32:35 | 中国映画

おすすめ度 ☆☆☆

ワンスアポン・ア・タイム・インチャイナ好き ☆☆☆★

「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

大ヒットシリーズ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』待望の新章!

武術家で医者でもあるフェイホンの道場に火傷を負った男が乱入し、魔物に取り憑かれたように暴れ狂った末に意識を失ってしまう。

男は謎の猛毒に侵されており、人間とは思えないほど筋肉や血管が強靭になっていた。イギリスで先端医療を学んだフェイホンの恋人モーは、その男を西洋医学で救おうとする。

実は、イギリスがアヘンより強い毒の研究をしていて、中国に広め儲けようとしていた。

一方、北のフェイホンに対抗して、南の勢力が道場を開場した。

南の勢力と対峙する中、イギリスの病院長が絡んで、薬を飲むと力が増強されるパワーアップのためフェイホンは苦戦する。

カンフーアクションの王道でもあるのだが、ちょっと話を複雑にしてやや物足りない。

だが、カンフーアクション好きには格好の映画だ。

チウ・マンチェクがフェイホンを演じ貫禄を見せる。


 

コメント