ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「かぶりつき人生」、ストリッパー親子の悲哀!

2018-12-17 16:40:14 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

1968年 神代辰巳監督第一回作品。

この映画は、ロマンポルノの旗手神代が、日活作品のころ手掛けた作品。

したがって、ストリッパーの話なので、裸は出てくるが、ポルノ映画ではない。

日活が、アクション映画から下火になり、模索中に撮られた作品だが、不入りのため、神代はしばらく、次作を撮れなかった。

ストリッパー親子の物語で、母親の古典的なストリップに批判的な娘。だが、母親が地方公演で警察に捕まったために、金が必要で、ストリッパーになる。

だが、都会でのストリッパーで、のちにポルノ女優としてデビューする。

大阪弁が心地よい下町風情が、情を醸し出している。

男を取っ替え引っ替え、たくましく生きる娘を、日劇ミュージックホールのダンサー殿岡ハツエが演じ、はまり役。

男と女の夫婦善哉的な、大阪の恋が光っている。

のちに好コンビとなる姫田カメラマンの引きのカメラは効果的。

神代らしいところが随所にみられる。

 

 

コメント

「ラッキー」、90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る、「死とはなにか」!

2018-12-16 18:39:45 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

死と老いについて考える人 ☆☆☆★

PG12 まあ、老人の話なので年寄り向け映画

2017年9月、91歳で惜しまれつつこの世を去ったハリー・ディーン・スタントン。主に脇役として、60年もの間に100本を超える映画に出演し、作品に深みを与えてきたアメリカのベテラン俳優だった。

2017年製作のこの映画は、彼の遺作となった。

老体をさらけ出して、人生とは、死とは?

スタントンの人生をあて書きした映画。

スタントンのスタントンのための映画だ。

何時もどうりのルーチンをこなして、お隣さんのいるバーで、語り明かす。

それ以外は、砂漠を背景とした、荒れた地のお似合いなこと。

人と出会い、語り合い、歌を歌い、煙草を吸い、辛い過去や恐怖と向かい合う。彼の生き抜いてきた経験そのものが、恐怖からの解放へと彼を導いていく。

ラッキーはラッキーだったのか?


コメント

「リングサイド・ストーリー」、ダメ男がいきがかりでプロレスに!

2018-12-16 09:24:39 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

佐藤江梨子と瑛太がダメ男と彼を支える恋人を演じる、「百円の恋」の武正晴監督による人情ラブコメディ。

俳優を目指すヒデオ(瑛太)は、オーディションを受けるだけで、カナコ(佐藤江梨子)のひも同然。

カナコは、弁当工場を首になり、プロレス団体で働くことに。

ヒデオは、カナコの浮気を疑って、プロレス道場に殴り込み。

そして一世一代のプロレス挑戦。

二人の関係がいまいちなだけに、プロレスが主役となっている。

カナコが、プロレスのマネージャーをするので、舞台裏はばっちり。

格闘技界を舞台にした本作では、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演! 「WRESTLE-1」のリヴィングレジェンド武藤敬司や、“新生K-1のカリスマ"武尊、独特の世界観でファンを魅了する黒潮“イケメン"二郎に 、村上和成など現実のアスリートたちの競演が、映画に迫力とリアリティをもたらしている! 

ただ、ヒデオのプロレスシーンは、あっけない。

 

コメント

「パッドマン 5億人の女性を救った男」、安価な生理用パッドを作った男!

2018-12-15 17:23:55 | 映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

実話映画好き ☆☆☆☆★

インド映画 途中で中休み(実際は休みはありません)が入りますが 137分の長編です。インド映画ですから、きっとインドではもっと長いのでしょう。そういえばダンスシーンも少なめです。

インド映画の底力を見せられます。

「パッドマン」として知られるアルナーチャラム・ムルガナンダムの物語の映画化です。

21世紀の初めの北インド。

新妻のガヤトリ(ラディカ・アプテ)が生理の際に古布を使っている。これを知ったラクシュミ(アクシャイ・クマール)は、市販のナプキンが高くて買えない妻のために清潔なナプキンを作ろうと研究に没頭するが、周りの人々から非難されてしまう。

まだ、インドでは、昔ながらの風習が残っており、特に穢れとされる生理は、男にはタブーで、村人に追われるように都会へ出る。

そこで、セルロースに出会い、大型機械の小型化を考案し、安価なナプキンに成功する。

穢れへの抵抗が強いため、女性を取り込み、販路拡大に努める。

女性の社会進出をもたらしたのだ。

ラスト近く、片言英語で話す、演説シーンは見もの。

これをドキュメンタルに描くのではなく、歌やダンスも交えた娯楽映画として、成功させている。

笑いと涙とダンス、インド映画の要素が詰まっています。

 

 

 

 

 

コメント

「ロンドン、人生はじめます」、ダイアンキートン、老いらくの恋!

2018-12-14 17:35:11 | イギリス映画

おすすめ度 ☆☆☆

ダイアンキートン、70歳での作品。おしゃれでキュートなばあさんの雰囲気が素敵。

ロンドン郊外の美しいヒースが広がるハムステッドの住宅街。

高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、悠々自適の一人暮らしとはいかず、夫亡きあと発覚した浮気や借金のこと、減っていく貯金のこと、老朽化したマンションの修繕費用のこと、上辺ばかりのご近所づきあいなどお金や生活の様々な問題に直面していた。

屋根裏部屋からヒースを眺めていたある日、髭もじゃの男が暴漢に襲われるのを目撃するエミリー。翌日、森の中を訪れた彼女は、手作りの小屋で17年間暮らしているというドナルド(ブレンダン・グリーソン)と出会う。 

庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニックなど、高級住宅地で暮らすエミリーとは間逆の環境で幸せに暮らすドナルド。頑固だけど温かいドナルドにエミリーは次第に惹かれていくが、ドナルドに降りかかったある事件から2人を取り巻く状況は一変する。

イギリスの法律で、17年以上住居を構えたら、自分のものになる。一躍富豪になったホームレスの実話の映画化。

だが、映画は、二人のやり取りを通して、老後のラブストーリーを紡いでいく。

ダイアンキートンとブレンダン・グリーソンの息の合った演技で、コミカルで明るい仕上がりになっている。


コメント

大連 老虎滩海洋公园!

2018-12-14 10:53:56 | 日記

 

星海公園から、ドライブして、次の観光地 老虎滩海洋公园。

まず、大きな虎のモニュメント。



そして近くに、大きな海洋公園。ここには、南極室がある。

その前には、男女の抱擁像が。



そしてまだ、開発中。



コメント

「来る」、中島哲也監督のホラー!

2018-12-13 17:54:34 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★ (劇場鑑賞)

ホラー好き ☆☆☆

「嫌われ松子の一生」「告白」「渇き。」の中島哲也監督が、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。

大胆な色使いや、人物描写の適格性など、中島監督は嫌いではないのだが、今回はちょっと。

なにしろ、何かが来る!で持たせた134分。

最後は、松たか子扮する霊媒師による、全国規模のお祓い大会。

何しろ、それは来る。形がないから余計怖い。

映画は、何かを一切描写しない、何かにつかれた結果があるだけだ。

前半、妻夫木と黒木華夫婦とその子供をめぐるホラーは、家庭問題をテーマにした、男女の機微が描かれ面白いが、後半はまさに来るとの闘い。主人公は、岡田准一なのだが、影が薄い。

どこか不細工な霊媒師(松たか子)が後半を盛り上げるが、セットなど大掛かりな割に、伝わるものは少ない。

何をしたかったのか中島監督。

 

コメント

「羊と鋼の森」、ピアノ調律師の成長物語!

2018-12-12 17:31:05 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆★

原作 2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説。

高校時代にピアノ調律師に出会い、感化されて調律師学校に通い、高校時代に出会った調律師のいる会社に就職。

冒頭に、羊の毛から作ったフェルトのハンマーが鋼をたたいて音が出るという基礎から説明がある。

そして、主人公が育った北海道の森のシーンが、音の深さの表現に使われている。

一方、先輩に連れられて、調律を学ぶうちに、弾き手の個性が、調律に関係することが分かり、さらに、広い公共の場で弾かれるピアノは、その場の広さや音の響きを勘案して調律するなど、調律師の基本を学んでいく。

主人公の成長とともに、観客も追体験することで、いかにも調律を勉強している気になる.

その時どきに弾かれるピアノ曲が、映画の重要な部分を占めるが、聞いていて違和感はない。

山崎賢人が主人公・外村を演じ、まじめ風な雰囲気がマッチしている。

中で、光るのが、社長役の三浦友和。諭すような口調で、盛り上げる。

重要な役割を担う姉妹には、上白石萌音と上白石萌歌の実姉妹が演じていて、難しい役どころをこなしている。ピアノレッスンも大変だったろう。

調律師を題材にした成長物語なので、展開は地味。見る人を選ぶかも。

 

コメント

大連 星海広場 広大な海辺の公園!

2018-12-12 08:49:58 | 日記

 

 

大連一の観光名所、星海広場。

広大な海辺の公園。

ウィークデイのせいか、人影はまばら。

格好のスケート場。そのスロープは、歩いては厳しい。

向かいまで伸びる橋は、高速道。ドライブは気持ちいい。

 

 

 

 

 

 

コメント

「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」、肥薩おれんじ鉄道を背景とした家族物語!

2018-12-11 17:19:54 | TSUTAYA発掘良品

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

鉄道に関わる人々の人生をつづった「RAILWAYS」シリーズ第3弾。

夫を亡くし、連れ子を連れて夫の故郷鹿児島へ。そこには、肥薩おれんじ鉄道で運転手をする夫の父が、一人暮らし。もう定年を迎え、再就職の誘いがかかっていた。

血のつながらない、子と親と暮らす晶は、夫や連れ子のあこがれである運転手を志願する。

ちょっと考えにくい設定だが、丁寧に物語を紡いでいく。

父親がいないために学校でつらい思いをする連れ子。

女性であるために、運転手を志願することのむつかしさに悩む晶。

運転手になるための、訓練風景も交えながら、地方鉄道の良さも紹介する。

挫折を繰り返す晶を温かく指導する義父。

血がつながらなくても、家族の大切さを訴える。

ヒロイン晶を、有村架純。義父に国村隼。二人の演技が的確で、涙を誘う。

地方鉄道の良さが生きている。

 

コメント