ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「私の知らないわたしの素顔」、ジュリエット・ビノシュ、渾身の疑似恋愛!

2020-09-04 17:09:20 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆★

R15

ジュリエットビノシュ演じる中年女性の愛の遍歴。

パリの高層マンションに暮らす50代の美しき大学教授クレール。

結婚し子供もいる、が離婚、年下男と熱烈恋愛。

破綻するや、SNSで、年齢を偽り、姪っ子の写真で、Facebookを通じて、若い男と疑似恋愛。

そして、深みにはまっていく。

突然に相手の死を知り、これを題材に小説を。

ここまでを、カウンセラーとのやり取りの中で見せていく。

だが、実際は入院中で、と

物語は二重、三重に。

サスペンス、恋愛映画。

まさにジュリエット・ビノシュ独り舞台。

ある意味醜さもそのままに美しいビノシュ。

彼女を見ているだけで、引き込まれる。

 

コメント

「マイ・エンジェル」、愛し方が分からない母と、愛されたことのない娘!

2020-08-30 20:36:02 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆

PG12

夏が過ぎゆく南仏コート・ダジュールを舞台に、行き場を失った母娘の絆の崩壊と再生をエモーショナルに紡ぎ上げた映像世界。

愛しているといいながら、酒と男に溺れるふしだらな母親。

母親を死んだといわざるを得ないおしゃまな娘。

行きつくところまで行きついて、崖から飛び降りる娘。

なんとも痛々しい映画。

子どものネグレクト映画が散見されるが、本作は、バネッサ・フィロの初監督作品。

母親役のマリオン・コティヤールと娘役のエイリーヌ・アクソイ=エテックスの演技が光っている。

 

 

コメント

「ストリッパー パリ18区」、モニカ・ベルッチがストリッパー役!

2020-08-07 09:36:41 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆

劇場未公開 2002年作品

タイトルは思わせぶりだが、モニカは脱ぎません。

すり専業の青年。

モニカのバッグを盗みます。

気になって、モニカにバッグの中身を返そうと。

モニカは、ストリッパーをしながら、老人の愛人。

老人は、麻薬取引のギャング。

いかにも、フランス映画らしい、淡々とした雰囲気。

ギャング映画なのに、風景が主役のような、平坦さ。

まあ、モニカ目当てなら、下着姿のエロさは堪能できる。

ラスト、ギャング同士の争い、ここでちょっと動きが。

 

コメント

「わがままなヴァカンス」、カンヌでのひと夏の青春!

2020-05-19 13:51:00 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆

「美しき棘」のレベッカ・ズロトブスキ監督が、16歳の少女が体験する刺激的な夏をつづった青春ドラマ。

ブリジットバルドーの再来と噂されているようだが、あの強烈さはない。

夏のカンヌ。

トップレスで、海辺で日光浴。

やや刺激的だが、そこまで。エロスに特化した映画ではない。

16歳の少女が、パリに住む従妹とアバンチュールを楽しむ映画。

だが、この映画、かなり節度を保っていて、豪華なパーティを楽しんだり、小型船でのクルーズなど、大人の遊びを体験するのだが、深入りしない。

まあ、青春を描いているのだが、感情移入できないので、あまりうれしくない。

 

コメント

「不実な女と官能詩人」、稀代のスケベ男と不倫を楽しむ美女!

2020-04-01 17:12:13 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆★

フランス文学好き ☆☆☆

R18+ エロ写真がふんだんに ぼかしは性器のみ

生涯で2500人以上の女性と関係を持ったと言われ、死後に自身が撮影したと思われる大量のポルノ写真が発見されたフランス象徴主義の詩人ピエール・ルイスの物語だが、むしろ、彼の愛人とのなさぬ愛の物語。

3人娘の真ん中次女のマリーは、ピエールに恋をする。だが、家の都合で、ピエールの親友レニエと結婚させられてしまう。

失意のピエールは、アフリカに渡り、ポルノ写真を撮りまくる。

1年して帰ってきたピエール。マリーはたまらず愛に生き、濃厚な愛の営みが。

その裸婦写真、ピエールの被写体の女性とのレズ。

フランスらしい愛の表現。いやらしさは少ない。その分淡々とした描写。詩が適度に挟まり、文学の香りが。

やがて、ピエールは、マリーの妹と結婚。

マリーは、これらの情事を小説にして出版。

恐るべし女の正体。

コメント

「男と女 人生最良の日々」、50年後に再会した男女の恋!

2020-03-18 17:35:39 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

昔、「男と女」を見た方 ☆☆☆☆

フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督が1966年に手がけ、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールとアカデミー外国語映画賞、脚本賞を受賞した名作恋愛映画「男と女」のスタッフ&キャストが再結集した続編。

男ことジャン=ルイ・トランティニャンは、89歳!
女ことアヌーク・エーメは、87歳!めちゃくちゃ若いし綺麗。

まあ、ジャンの老けたこと。昔の映像が挿入されるので、余計その差が認められる。

男前だったのに。

それにひきかえ、アヌーク・エーメ。老けたとはいえ、お美しい。

相変わらずの素敵な音楽。フランシス・レイ、これ一発で昔がよみがえる。

やはり恋愛映画の名手。クロード・ルルーシュ。壺は放しません。

それにしても、昔の恋人に会いたいなあ。(かなわぬ夢か)

コメント

「パリ、嘘つきな恋」、車いす男の大奮闘!

2020-03-11 19:57:34 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆★

恋の国フランスを圧倒したラブコメディ。

他界した母の家で、母の車いすに座っていたところに隣りの美女が遭遇。

そこから、美女の姉、フロランスとラブラブの関係に。フロランスは車いす生活だが、世界的なバイオリニストであり、テニスもこなす。

まさにラブコメの王道。

いつウソがばれるのか?

様々な仕掛けで笑いを取る。

「最高のふたり」のメンバーが、フランスの人気コメディアン、フランク・デュボスクをサポート。

こじゃれたフランスラブコメに仕上がっている。

コメント

「青い欲動」、高校生の青い欲動!

2020-03-03 17:42:25 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆

劇場未公開 2015年製作 WOWOWで公開

官能映画

瑞々しい映像美と過激な性描写が見事に融合し世界中の映画祭で話題騒然!
少女たちの性と青春を鮮やかに、そして淫靡に映し出す珠玉のエロティック・ドラマ!

フランスの小さな町に住む女子高生のジョルジュは代わり映えのしない退屈な毎日を送っていた。
そんな中、親が長期の海外旅行に出かけた同級生のアレックスは、丸々独り占めすることになった屋敷へジョルジュを誘う。
元々お互い気になる存在だった二人は衝動的に体を重ね、ジョルジュはその日を境にアレックスの家に入り浸るようになる。
そうして他の同級生も加えて夜な夜なパーティを繰り返すジョルジュたち。

そして、その付けが、後半は、性教育映画。

高校生故、体は貧弱、乱交だが、その面だけを期待すると外れ。

 

 

 

 

コメント

「アマンダと僕」、突然の悲劇で肉親を失った青年と少女の絆!

2020-02-18 17:59:55 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆

子育ての経験ある方 ☆☆☆★

PG12

テロの犠牲になって死んだ姉の娘を、便利屋の弟が育てることになる。

第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞したフランス製ヒューマンドラマ。

普段のフランスの映像が美しい。

自転車が一つのチーフになっているが、自転車で走るパリ。

24歳の便利屋の青年。

子育てに不安を抱くが、娘がなついていく過程が丁寧に描かれ、自然と二人の関係ができていく。

愛イズベスト。

ラストはウィンブルドンテニスマッチ。

応援選手が負けそうになって涙ぐむ娘。だが、盛り返し、すっとする。

軽やかなフランス映画。楽しく見られる。

コメント

「パパは奮闘中!」突然妻に失踪された父親は?

2020-02-10 15:16:31 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆

フランス・ベルギー合作映画

ネット通販サイトの倉庫でリーダーとして働くオリヴィエは、ある日突然、妻が姿を消してしまったことから、仕事をしながら2人の子どもたちの世話にも追われることに。

母親や妹に手伝ってもらって、子供たちの世話をする。

フランスの労働環境を皮肉っているように見える映画。

父親も、奮闘とはいいながら、母親や妹におんぶにだっこ。

父親の育児が大変なのはもちろんだが。

ラストまで、母親の失踪の原因も、帰ってくるあても示されない。

まさに、父親奮闘中だ。

「真夜中のピアニスト」「スパニッシュ・アパートメント」などで知られるフランスの人気俳優ロマン・デュリスの主演

 

コメント