goo

大江健三郎「個人的な体験」の感想

知り合った人が書いていたの読んでみました。
大江健三郎「個人的な体験」
昭和39年発表ということで、文章中には差別的と現在なら言われそうな表現もあったけれどそれも含めて何か不思議な魅力を持った小説でした。
読み始めた時は文章にいろいろな言葉が入れられていて読み進めるのが大変だったけれど、
何か僕の好きなミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンの初期の作品のような濃さを感じました。
自分の子供が奇形児として生まれた。その父親の話なのだけれど、
何かその大変な出来事を通して、人の小ささ酷さも現わされていたように思います。
ドロドロとした内容で父親バードは女性の部屋に逃げ隠れた、そして性行為に入り浸る。
僕も読んでいてドロドロになったけれど最後には何か希望を持った。
バードは女性と部屋でドロドロしている中で救われたのかな。
僕も逃げ続けた人生だけど踏みとどまる所も出て来ると思う。
そんなことを考えました。
まあ逃げるのも大切ですが。
何かわからないけれど僕は温かくなりました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブルース・スプリングスティーン・ファンミーティングに参加

ブルース・スプリングスティーンのファンミーティングに参加しました。
今回は女性陣のブロードウェイ参戦記を中心に歓談してライブもあり僕も楽しみました。
僕もつないだブルース来日招聘運動がいよいよブルースに届いたのがうれしかったです。
それにしても女性陣はたのもしいなと思いました。
僕もその運動の一員に加われたのがうれしいです。
みなさんそれぞれ話をされた中で、
ブロードウェイの体験を仕事に活かしている。
長生きして良かった。
と僕と同じ世代、同じファンならではの想いに僕も見習おうと思いました。
僕にも気を使ってくださり僕の居場所も感じられてありがたかったです。
BRUCE COME TO JAPAN !
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「さいはての彼女」原田マハさんの感想

「さいはての彼女」原田マハさんを読んでの感想です。
ニコニコして読んで最後涙になる。いい話でした。
いわゆるキャリアウーマンが出て来て、その人と対比させる形で素敵な人物が描かれる。
僕の好きな一生懸命な人たちが描かれていました。
肩書ではない、人としての態度が大切だと思う。
この本の中の人たちを僕は好きになりました。
特に第一話と第四話のバイクのハーレー乗りの話が好きです。
ハーレー仲間では「一分一生」と言うらしい。一分間の出会いで一生つきあう。
僕の好きなブルース・スプリングスティーンのファンの集まりでもそんなところがあると思う。
僕も心地よい熱い風の中で生きていきたいなと思いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お墓参りと僕の海 その2

お墓参りの後に近くの海に行きました。
久しぶりだったけれど楽な気持ちになりました。
僕の海です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お墓参りと僕の海 その1

父と母のお墓を掃除しました。
菊の花が咲くのが楽しみです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お母さんの好きな讃美歌337番

僕が今日行った教会の礼拝でみなさんと歌った讃美歌337番。
何か覚えのある歌だな、歌いやすい歌だなと思って歌った。
部屋に帰って見てみたらやはりお母さんの葬儀の時に歌った讃美歌だった。
大先生が選んでくれた讃美歌か母が好きな讃美歌として伝えていた讃美歌なのか分からないけれど、
母の葬儀で歌った讃美歌だった。
僕も覚えていられてよかった。何かやさしい歌に感じる。
大先生の話されていたように僕も好きな讃美歌を見つけよう。
この337番もひとつの候補曲だ。
来週僕は礼拝当番になった。
仕事で礼拝の最初からは間に合わないので途中の献金の袋を受け渡すのと、ろうそくを消すことをやることになった。
上手く出来るかな アーメン
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「青空と逃げる」辻村深月さんの感想

この本は池袋のジュンク堂に行っていわゆるジャケ買いで手にした本。
本屋大賞を受賞した作家だということだった。
僕はあまり本を読まないけれど本屋大賞の本はおもしろく読んでいる。
ただこの本は僕はあまり好きになれなかった。
弱気な疑り深いおどおどしたお母さん。僕は嫌だな。
でもこの本を読んでいてなぜか思い出した。

僕もお父さんにお母さんを頼むと言われたのを思い出した。
いつ言われたかも思い出せないけれど思い出した。
僕はその言葉に応えられたのだと思った。

僕は本を読んでいると自分の記憶、考えがまとまることがあるので好きだ。
僕はこの本はあまりおもしろくなかったけれど、最後はまとまった。いいなと思った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブルース・スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ 2017.10.5.の感想

ブルース。スプリングスティーン・オン・ブロードウェイのブートCDを聴いての感想です。
ライブの内容は話さないように注意します。
僕は12月23日に観に行ったのだけど、このCDのライブは10月5日。
10月3日から公演がスタートして3日目のライブの録音を聴いた。
聴いていて引き込まれて行く。話は分からない所が多いけれど曲の演奏がいい。
僕も観てきたのだなと思い出した。
僕が観た12月終わり頃と開始早々とではブルースが話す事が違う所が多く感じる。
ライブの日にちを重ねてより伝わる話に進化して行ったのだろう。
僕が観た12月のライブではブルースが話したことが終盤にまとまって行く。そんな感じがした。
全てのことは残っている。
全ての人が生きてきたことに意味があるのだ。
僕はそういうブルースからのメッセージを受け取った。
僕の2泊4日のニューヨーク旅行。ろくに観光はしなかったけれど、
ブルースに会い、サインももらった。ライブも観させてもらった。
僕の旅行にも意味があったのだとしみじみ思いました。
出来たらもう一度観たいと思ったけれど、さすがにそれは求め過ぎだと思いました。
でもこれから観に行かれる人へ、より熟成されたライブになっていると思います。楽しんできてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブルース・スプリングスティーン 1984.8.5.ニュージャージー公演の感想

まだ聴いていなかったブルース・スプリングスティーン、BORN IN THE U.S.A.ツアー
1984.8.5. のオフィシャル配信のCDを聴いた。
この公演はBORN IN THE U.S.A.ツアーのアメリカでの前半だったので、
僕が聴いていたその後のヨーロッパ公演やアメリカ公演の後半とは少し違い新鮮に感じた。

僕はいつものようにライブ会場にいるつもりになって聴いた。
迫力のBorn in the U.S.A.に始まり僕は一気にテンションが上がった。
そしてOUT IN THE STREETで僕も大変だけどライブを聴いていると思い、
そのご褒美でライブを聴けているのだと思った。
ブルースのI 've waiting for Youという呼びかけがうれしく感じた。
そして僕はこのライブでアルバムNEBRASKAの曲を上手く入れているなと感じた。
曲に聴き入った。僕はこの前半のツアーの方がNEBRASKAをより良く感じた。
そしてPROVE IT ALL NIGHTで夢が叶えばどんなに素敵だろう。そしてあなたはそれ以上の意味があるのだとブルースに言ってもらい僕はうれしくなる。
僕のいつものお決まりのパターンだ。
そして僕の好きなTHE PROMISED LAND。じっとかみしめて聴いて最後Blow away!と僕も叫んだ。僕は希望を感じた。
さらにBADLANDSでも叫んだ。
THUNDER ROAD も上手く歌えてよかった。ブルースが最後Let's Go!と言ってくれた。僕は涙が出て来た。
僕の好きなブルース・スプリングスティーンがいた。
僕はブルース・スプリングスティーンが好きなのだ。
いい時間をもてた。
でも僕は疲れてしまいその後のPart2はまた次回聴くことにした。
僕も年とったかなと否定したいけれど感じた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

僕の通う教会 その2

僕が通う教会です。
いつでも戻れる。ずっと僕はそう思っていました。
これからは良い意味での依存先として教会に行きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

僕の通う教会 その1

台風一過。上手く撮れました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「 他人事メソッドの研究」大矢英明 2018 7 19作成

2018年6月16日 べてるの家の当事者研究実践講座in町田
僕が自分で考え出した他人事メソッドの話をしました。
よろしかったら観てください。20分弱の映像です。
感想を聞かせていただけたらうれしいです。


「 他人事メソッドの研究」大矢英明 2018 7 19作成
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

田口ランディ「寄る辺なき時代の希望」に考えたこと

僕はいわゆる統合失調症の当事者で、その道の先導役となって来ているべてるの家に近づこうと努力してきた。
でも何か違和感がある。
べてるの家の放つメッセージ「降りていく生き方」に素直に共感出来ないでいる自分を感じてきた。
僕はブルース・スプリングスティーンの歌う「夢を持ち、努力して手に入れて、その代価を払う」生き方が好きなのだ。

田口ランディさんの「寄る辺なき時代の希望」第2章べてるの家の希望、までを読んで考えた。
ランディさんも「降りたくもないし、降りることも出来ない。でもべてるに興味を持っている」と書いているのだけれど、
僕も無理して降りる人生を目指さなくてもいい。
でも自分に正直に自分を出す。相手と比べない、相手と比較して自分の方がましだとか思わない。
それを実践しているのがべてるの家なのだと。
べてるの家の人たちは社会から認めらてこないで、そういう生き方をせざるをえなかったところもあるのだろうけれど。

僕の調子がいい時の生き方、やりたいことを一生懸命やる。相手のやっていることも認める、という方法はそれに合っているのではと思い当たった。
僕は調子悪くなるとつい他者の嫌な所を見て、それを非難し出す。自分も疲れる。
それよりもそのままの自分を出して、相手もそのままを出して、それをお互い認め合えればいい関係になれるのではと僕は思う。
そしてその中でべてるの家の人たちが編み出してきた智恵「弱さを絆に」などを使わせてもらうのだ。
べてるの家の人たちはそうせざるをえなかった所もあるだろう。僕もそうせざるをえない所がある。
そんな時にべてるの家の人たちの智恵が生きて来るのだと思う。
まずは自分を出す。自分の生き方をする。
そうすると僕も楽に生きられるのではと僕は思う。

ずいぶんと雑なべてるの家への接し方かもしれないけれど今の僕はそう思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

伐った柿の木から新芽が

昨年、母親が亡くなり手入れが出来ないので伐った実家の柿の木の切り株から新芽が伸びていました。
直径1㎝位の芽が数本伸びていました。
僕は庭の雑草を一生懸命刈っていたら、ふと気が付きました。本数は数え忘れました。
たくましいなと思いました。
恐いぐらいにたくましいです。
いつもコソコソしている僕を叱ってくれたように感じました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梅雨の前の晴れ間

僕は今、居場所作りに励んでいます。
でも不安、怒りなどの問題が出て来ました。
それを僕が学んでいる当事者研究では研究しようという視点でそれを観る。
あれおもしろい現象だな。不思議な現象だな。どういうメカニズムなのかデータを取ってみよう。
そう。研究してみようと考えるとふっと楽になります。
不思議と当事者研究をしようとすると嫌な気持ちも楽になります。
そんなことを居場所に行く前の休日に思いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ