薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

パプリカと黄色のトマト / 薪ストーブに火を入れるのが当たり前になった




にんにくを植え付けて今日で10日になるんだが、まだ土から芽が出てこない。
もうそろそろ顔を出してもいい頃なんだが・・・


毎年やってることなんだが、元気な芽を拝むまでは安心できないというか、
種物ではなくて、訳アリの安い食用にんにくを植えてるんでね。

大丈夫な筈なんだが、どうも心配性なもので(笑)


 



植物の分類上も同じ仲間だし、大きいか小さいかの違いはあるものの形も似てるんだが、
ピーマンよりパプリカの方が寒さに強いのかね?

いやね、ピーマンは実をつけても、寒くなったら育たなくなってしまったのに、
パプリカは、まだ木がしっかりしていて大きな実を付けている。


最近の冷え込みで、さすがに色付くスピードは鈍くなってるが、
赤と黄色のパプリカは、まだ収穫出来ている。

ピーマンはアメリカ原産でパプリカはオランダらしいが、
結局は同じ名前のようで、オランダ語のパプリカはピーマンを意味するようだ。

調べてみたら同じ名前だったなんて、つまんねぇ~(笑)


もっとも、青い内に食べてるだけで、ピーマンだって完熟を待てば赤くなる。
属性が同じ野菜は、唐辛子もシシトウも最後は赤くなるのよね。


ミニトマトも見てると面白くて、赤色系のものは終わってしまったが、
黄色の方はまだまだたくさん実を付けていて、もう少しだけ食卓に彩を齎してくれそうだ。






晩方から薪ストーブに火を入れるのが当たり前になって来た。

まだ我慢できないような寒さじゃなくても、
少し肌寒く感じただけで、薪ストーブがあると焚きたくなってしまうのよね。


中割3本で焚き付けて、それが燃え尽きたらお終いだったのに、
追加薪するのも当たり前になって来た。





【おまけ】

この猫、スゴイ身体能力だわ。
ウチの婆さん猫じゃ絶対に無理だな(笑)




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 12℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 2 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 酒を注入して... 新米の季節だ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (flowerconnection)
2022-10-14 16:48:08
ピーマンとパプリカは、同じ仲間以上に、全く同じ種(Capsicum annuum)です。異なるのは、品種。狭義のトウガラシも同種の異品種。品種が異なるので、耐寒性とか耐暑性とか実の形とか味とかが異なります。
 
 
 
flowerconnectionさん (薪焚亭)
2022-10-15 06:04:02
品種が違えば、耐寒性も違うと言うことですね。

教えていただき、ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。