Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

読みなさい、研究しなさい、理解しなさい、あなたの時間と注意を向けなさい

2017年11月27日 | Good News
聖書はどれも個人的な解釈ではないし、人間のものではない。これは神の言葉である。それを読みなさい。それを研究しなさい。それをむさぼり読みなさい。それを理解しなさい。あなたの時間と注意とをそれに向けなさい。あなたは、あらゆる機会を利用して、この御言葉を理解しているか。1週間に一度の礼拝に出席するだけで十分だろうか。御言葉を理解するために、公的礼拝の説教に注意することが何度あるか。また個人的な聖書研究をどの程度行っているか。御霊の導きを受けるのは、こうした方法からである。(Martyn Lloyd-Jones /1899-1981)

えんぢぇる田中牧師の座右の銘(聖書以外の)です。ハレルヤ
コメント

「使徒言行録」30分de一巻 Vol.44

2017年11月25日 | Good News
イエスと共に生活し、イエスの言動や奇跡を目の当たりで見ていながら、十字架の意味も分からず、復活も信じる事も出来ず、イエスが処刑された後、部屋に鍵をかけ、震えながら祈っていた弟子達が、殉教をも厭わない信仰の勇者へと変えられた。その画期的転換のきっかけとなったのが、使徒の最初に記されている聖霊降誕である。

しかし、その前に何故かあまり取り上げられていない重要な出来事があった。それは、イエスが復活されて昇天されるまでの40日間である。何故、イエスは40日間地上に留まられる必要があったのか?その間、イエスは何をしておられたのか?

ルカのエマオの途上の箇所を見てみると、「モーセと全ての預言者から始めて、聖書全体に渡り、ご自身について書かれている事を説明された(24:27)」とある。つまり、弟子達は復活されたイエスから直々、聖書についてまた一から教えられたのである。

確かに、受霊した彼らは殉教などは全く恐れてはいない。しかし、その言動は未だ律法的な部分が多々残っていた。つまり、聖霊の働きの中で、最も時間がかかる作業が、福音に対する正しい理解なのである。(メッセージより抜粋)



GNSのメインページはこちら!
コメント (7)

今年最後の東京出張のお知らせ

2017年11月11日 | Good News
12月16(土)&17(日)(15&18/予備日)東京に出張します。
現在、聖書クラス・集会・個人相談の時間を調整中。
  参加御希望の方はメールにてご連絡ください。goodnewsstation@gmail.com
17日の礼拝は10:00amから足立区の家の教会にて行います
 


GNSのメインページはこちら!
コメント

十字架上で成された3つの業 後編 (30分de一巻 Intermission)

2017年11月11日 | Good News
今やこのキリストを通して和解させていただいたからです。(ローマ5:11)

人は、神がいるのなら何故、この世の悪を放置されているのか?と問う。

確かに神は、エデンの園事件の時、悪を滅ぼすことが出来た。だが、悪を滅ぼせば、同時に人をも滅ぼさなければならなかった。神は愛の対象として創造した人間が、そのまま滅びる事をどうしてもよしとされなかったのである。

そこで神は、愛する一人子イエス・キリストをこの世に送り、人間に執行猶予を与えられた。

従って私達は、生きている間にそのまま悪魔に付くか、神の元に帰るかを決断しなければならない。つまり、私達人間は、この世では保釈中の身の上なのである。(メッセージより抜粋)


GNSのメインページはこちら!
コメント (7)

十字架上で成された3つの業 前編 (30分de一巻 Intermission)

2017年11月07日 | Good News
罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、私達の主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。(ローマ6:23)

キリストの福音を伝える上において、中々人々に気付いてもらえない点がいくつかある。一つは、天国に入る為の必要な条件は、人側にあるのではなく、神側にあるのだという事。世の中の人々は、生きている間にどれだけ良い事をしたか、悪い事をしなかったのかと言った事ばかり考えているが、それは、どこかの学校に入る為の基準設定は、学校側にではなく、入学する側にあると考えている様もので、極めておかしな考え方である。

もう一つの点は、“罪の報酬は死”という厳然たる事実である。世の中の人々は、死は自然現象だと誰もが考えているが、聖書的に言うと、人は元来、死ぬ様には創造されておらず、死は不自然な事なのだ。何故、人は死ぬようになったのか?それは人の中に罪が入ったから。罪が入った状態では、神は人と共に生きることは出来ないのである。

この天地を創造された神は、100%聖い存在なので、たとえ0.001%でも、そこに不純物が混ざると、神はそれを受け取ることが出来ない。聖書の神は、罪と妥協したり、大目にみたりするような曖昧な部分は一切ない。もし、ひとかけらでも罪があったら、そこはもう天国ではなくなるからである。では、いったいどうしたら人は天国に行く事が出来るのか?この原点に戻らなければ、十字架の意味を理解する事は、到底出来ないのである。(メッセージより抜粋)



GNSのメインページはこちら!
コメント (7)