Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

⭐️GNS Letter (24) GNSのABC

2020年06月26日 | Good News
ウチの教会は弟子訓練中心の教会ですので、いつもかなり掘り下げた学びをしています。また、時事問題も積極的に取り上げています。それもこれも福音を伝えるため、終末時代に備えるため。

私たちのモットーは、Back to the Basic! Back to the Bible !!

「御声が聞こえない..」「先行きが不透明」等々..時には不安に思う事もあるでしょう。しかし、それを言う前に、礼拝する、献金する、十戒を守る、時が良くても悪くても福音を伝える。

こうしたクリスチャンとして Aあたり前の事を、Bバカになって、Cちゃんとやる! これをおろそかにして「御声が聞こえない」では筋が通りません。

主は難しい事は言われない。難しいことをやれとは言われない。ただ、当たり前のことをちゃんとやっていさえすれば、信仰生活がブレる事は基本、ありません
コメント

✝️キュロスとダニエル (30分de一巻 Realities 25)

2020年06月22日 | Good News
主が油を注がれた人キュロスについて主はこう言われる。わたしは彼の右の手を固く取り、国々を彼に従わせ、王たちの武装を解かせる。(イザヤ45:1)

無血開城とは言え、王に次ぐバビロン第三の位にいたダニエルが殺されずに、そのまま召し抱えられたのは極めて異例であった。たとえ王が認めても、側近にしてみれば、ダニエルは邪魔な存在でしかない。こうした騒動が6章に記されているが、キュロスが入城し、ベルシャツァルが殺された時に、キュロスとダニエルは会っているはずである。この経過に関する記述は聖書にはないが、おそらくこうしたやりとりがキュロスとダニエルの間であったと考えられる。

捕囚が70年間で終わる事を、エレミアの預言からダニエルが悟っていた様に、ペルシャの王キュロスによって、バビロンの王宮が無血開城される事を、ダニエルはイザヤの預言によって知っていた。しかも、この預言には、キュロスが一夜にして王宮の堀を埋め、巨大な青銅の扉を破り、入城した様子がそのまま記されていた。更に、キュロスがバビロンに囚われていたイスラエル民族の解放者である事も。 


バビロン入城の150年も前に記されていた預言を、ダニエルから示されたキュロスが驚嘆した事は想像に難くない。事実、キュロスによる勅令(エルサレム帰還令)が出されたのは、キュロスがバビロンに入城したその翌年であった。(メッセージより抜粋) 
コメント (2)

✝️荒らす憎むべき者 (30分de一巻 Realities 24)

2020年06月18日 | Good News
憎むべきものの翼の上に荒廃をもたらすものが座す。そしてついに、定められた破滅が荒廃の上に注がれる。(9:27)

ダニエル70週の預言で特筆されるべき点は、イスラエルに最大の危機を及ぼす「憎むべき者」の存在である。

当時のイスラエルは、アレキサンダー大王の死後、4つに分裂したギリシア帝国の一つであるセレウコス朝に支配されていた。

アンティオコス3世は、アレキサンダーの再来と言われ、ユダヤ人を厚遇した王として知られているが、ローマとの戦いで敗北し、莫大な賠償金を課せられた。

彼の死後、多額の借金を抱え込まされた息子のセレウコス4世は、エルサレム神殿の財宝に目をつけ、エルサレムに財務長官を派遣する。

ところが、その財宝に目が眩んだ長官にセレウコス4世は暗殺され、そ
の長官を倒して後を継いだのが、アンティオコス.Ⅳエピファネスという人物であった。

神殿の財宝を餌に、セレウコス朝に必死で取り入ろうとした当時のユダヤ人指導者達の内部争いが、イスラエルを破滅させることになる。

それは、「幻と預言は封じられ(9:24)」、政治的指導者も、宗教的指導者も、預言者もいない、 旧約と新約との間に起きた出来事だった。

イアソンという人物が、多額な賄賂によってエピファネスに取り入り、大祭司の地位を得た。しかし、イアソンは、同じ地位を狙っていたメネラオスに引きずろ下ろされる。

こうした騒動をユダヤ人の反乱と受け取ったエピファネスは、怒り狂ってエルサレム神殿をゼウス神殿に変え、ユダヤ教を全面的に禁止し、ユダヤ人8万人を殺害、8万人を奴隷にした。

このアンティオコス.Ⅳエピファネスこそ、地上最後の1週(7年間)に、世界を支配する反キリストの予表なのである。(メッセージから抜粋)
コメント (2)

✴️ 武漢ウィルス後の世界 Ⅱ【エンジェル田中Ch.】

2020年06月12日 | Good News


💫 生きるか死ぬかの緊急事態下であるにも関わらず、相変わらず日本は危機感00!! マネートラップ、ハニートラップ、情報操作..etc..中国共産党はあらゆる方法を使って日本を攻撃しているが、もう一つ、史上最悪のトラップ(罠)がある。その戦慄すべきメディカルトラップとは?
コメント

✝️ ダニエルの70週 (30分de一巻 Realities 23)

2020年06月10日 | Good News
お前の民と聖なる都に対して70週が定められている。 (9:24)

バビロン捕囚は、神に反逆していたイスラエルの民を神の民としてリセットする事が目的で、その期間は、安息年の10倍である70年間に設定された。

更に、メシア到来まで、その7倍の490年間がイスラエルに課せられた。

ダニエル70週の預言を解く鍵は、あれだけ安息日にこだわっていながら、ないがしろにされてきた安息年と、50年に一度のヨベルの年に対する理解にある。(メッセージより抜粋)



コメント (3)

✝️Kosher (30分de一巻 Realities 21)

2020年06月04日 | Good News
わたしはあなた方の神になる為に、エジプトの国からあなた方を導き上った主である。わたしは聖なる者であるから、あなた方も聖なる者となりなさい。(レビ記11:45)

アメリカの都会にあるマーケットや、商業用コンベンションには必ず、Kosherコーナーが設置されている。

ユダヤ人と言っても、信仰を持たない世俗派や、社会と妥協する改革派の人達も大勢いる。

しかし、そんな彼らでも、豚肉は食べない、肉と乳製品は一緒には取らない等は、自然な食習慣となっている。

イスラエルではチーズバーガーはご法度。肉料理と乳製品が同じ皿に盛られることも、同じ洗場で洗われる事も決してなく、

ステーキを食べた後には、食後のアイスクリームやコーヒーのミルクは絶対に出て来ない。

彼らが今でも、こうしたKosherを頑なに守っているのは何故か? そこには聖書的な意味はあるのか?

もし、イエスが現代のエルサレムに登場したとしたら、彼もチーズバーガーは食べないのだろうか?

次週はそんな話しをします 


コメント (5)