Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

合同礼拝レポート

2010年11月29日 | Good News
2010年ももう11ヶ月が過ぎ去りました。11月は、我らが愛するえんぢぇる牧師日本へ出発の時であり、Good News Stationの日本宣教への旅立ちの時です。「今や、恵みの時、今こそ、救いの日。(Ⅱコリント6:2)」この御言葉が成る日本リバイバルに備え、私たち教会に任された使命を全うする先陣として、えんぢぇる師は日本へ向かいました。旅立ち前の11月最終礼拝は、御霊に導かれた会衆讃美、特別讃美、メッセージ豪華二本立て、主の聖餐、預言あり、霊歌あり、祈りあり、笑いありの喜びに満ち満ちた素晴らしいCelebration!となりました。




先週から合同で礼拝している主の十字架LA教会から頌子さんのプレイズ、またえんぢぇる師親友の牧さんのゴスペルの特別讃美2名は予め組まれていましたが、当日朝、更にもう一人、テノール美声のアタリさんが讃美歌を歌ってくれることが急遽決定。アタリさんは先週から短気滞在していらっしゃり、主の御心でこの礼拝に導かれた神様からのサプライズ・ギフトでした。



フェイス牧師のメッセージは、イザヤ書「天が地を高く超えているようにわたしの道は、あなたたちの道をわたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている。」とエレミヤから、神様の大きく、高く、深い思いを教え、「信仰による歩み」を励ましの預言をくださいました。続くえんぢぇる迫真の福音劇場はヨハネ福音書から「しんがりの神」として、私たちの目に見えなくても後ろでいつも守ってくれる聖霊様、殿として死と罪から私たちを守り通してくださるイエス様、そして振り返って立ち返るのを待っている父なる神様を、いつもながら滔々と語ってくださいました。



お楽しみ昼食会では、教会食のシチューに加え、サンドイッチ、おむすび、チャプチェ、サラダ、フルーツ、カップケーキ、思い思いに持ち寄ったとは思えないコンビネーション!和気藹々と昼餐を分かち合い、Good News Station必然のアプリケーションも本音トークでえんぢぇるを励まし、感謝し、喜び、霊の家族の愛の交わりにどっぷり浸りました。




えんぢぇる師は、設備が整い次第、日本からもえんぢぇる節を炸裂します!また、Good News Station LAは、しんがりの神様と共に、聖霊様の導きに従って、イエス様の十字架を見上げ、日本リバイバルという真の希望、真の喜び、永遠の命という目的達成のために歩み続けます。皆様のサポートを心から感謝します。一緒に「しんがり」となる仲間ご希望の方、いつでもご連絡ください。主に従うGood News Stationは永遠に不滅です!
コメント