Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

再びモリヤ山から

2010年01月24日 | Good News
 今日はモリヤ山教会の田畑先生をお迎えして、「神の義』のメッセージをいただきました。聖書のユダヤ的解釈を交えると、「神の義」とは、「神様が私たちをどう見ていらっしゃるか」だそうです。クリスチャンであっても、ふと気付くと自分が良しとする「義」を「神の義」と思い込んでしまうことがあります。どれだけ祈ったか、教会奉仕を真面目に行っているか、礼拝は欠かさず出席しているか、聖書研究に熱心か。もちろんこれらのことは大切です。でも全てを「自分の義」故にしてしまい、気付くと不安と自虐に苛まれる自分をを見る。それは信仰の落とし穴。それは『現代の口伝律法』に他なりません。そんなものに囚われることなく、ただイエス様の愛を子供のように素直に受け取る心の姿勢、いつも神様を見上げる希望の所在を教えてくださいました。

 アプリケーションでは、それぞれの感動を分かち会いましたが、中でもデイビットさんがメシアニックジューとイスラエルについて、いつになく熱く論議を交わしている様子が印象的ですた。田畑先生、次回のメッセージも楽しみにしています。ありがとうございました。(睦美)
コメント (3)

預言セミナー

2010年01月20日 | Good News
ロサンゼルスには10年ぶりと言われる激しい嵐の中、パウロ秋元先生の預言セミナーに出席しました。強い雨の中、これまでで最多人数という約40名が参加していました。

何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。(Ⅰヨハネ5:14)

「いやしと預言と賜物の働き」について語られ、また上記の御言葉から祈りの力、祈りきる時に起こる神様の御業について、いつものように壇上を行ったり来たり、ホワイトボードにもたくさんの図を書きながら、表現豊かに証ししてくださいました。聖会後の祈りのミニストリーでは、ほぼ全員が祈りを求めて列を成し、秋元師は2時間以上も祈り続け。主の癒しを求める人のために、その時間と力を主に献げて祈る姿を見ながら教えられたのは、「祈りを通して神の御業と神の栄光が現れる」こと。ごく当たり前のことですが、今一度、祈りによって得られる神様の祝福を感じさせられた集会でした。

ロサンゼルスの後は、すぐデンバーへ移動。その後、アメリカ・カナダの教会を巡られる予定だそうです。すべての集会の上に御業が現れるよう、お祈りします。

 


コメント

年末年始温泉修養会 (12/31/09-1/01/10)

2010年01月01日 | Good News
 今年もやって参りました!年末恒例“GOOD NEWS STATION 温泉修養会”。一年の最後と新しい年の始まりを、愛する霊の家族と共に、イエス様を賛美し、礼拝する祝福の時!! ほとんどのメンバーが今回で三度目の参加となり、お馴染みの雰囲気の中で、和気藹々、悠悠閑閑、安穏無事に過ごすことができました。感謝


   



 修養会予定が発表になるや否やメニューを整え、率先して準備を取りまとめてくれたAkoちゃんの真心と、やる気と、愛情のこもった韓国風BBQディナー。そして、大人はリラ~ックス、子供たちはエキサイティング!!な温泉タイム そして、宮川牧師の『思い煩うな』という超前向き年越しメッセージ。また、朝9時から始った年明け元旦礼拝は、子供たちと一緒に、神様からシンプルだけど「生きる」意味を知る深~いメッセージをいただきました

 


礼拝以外には、他の修養会(参加したことはないですが・・)と異なり、学びプログラムもなく、集中祈祷会もなく、ごくごくフツ~な交わりの中で、慰め合い、励まし合い、食べたりおしゃべりしたりするフツ~な時間に、神様のご臨在を確かに感じられるぅ!! というGNSのホンワカ修養会。本当の家族の交わりには、こんな気安さが何よりなのではないかしら・・。しがらみも、気遣いも、建前もないところ、それが“主にある教会”なのだから。

こんな穏やかで、満ち足りた時間をみんなと過ごすことができて、本当に嬉しく思いました。家族のみんな、今年もどうぞよろしくお願いいたします。そして天のお父さん、今年2010年もこのGNS家族を祝福し、あなたと共に歩む道を導いてください。すべてに感謝して(睦美)

 


☆Good News Stationのメインページへはここをクリック!
コメント (2)