Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

2009年 クリスマス礼拝

2009年12月20日 | Good News
今日はクリスマス礼拝!昨日みんなで磨き上げた会堂に、お客様をお招きすることができました!いつもの礼拝メンバーに、アナハイム・セル組の三家族をお迎えしました。ヨンさん&直子さんご家族、ウッシーさんご家族、そして初めて来てくださった知咲さんご家族。子供は総勢11名!

 証しの時間には、「みんなの賜物チェック!」として、それぞれに良いところを発表し合うことをしました。「そうそう!」という同意、「へぇ?」と思う意外性、そして「ほぅ!」という新発見など、自分自身に対しても、また他のみんなに対しても、理解と関係を深めることができました。

 続いては子供クラス・クリスマスバージョン。ミミ先生がイエス様の誕生について絵本を読みながら教えてくださいました。最初はもじもじしていた子供たちも、いつしかクラスに引き込まれる様子で、クライマックスでキャンディケーン・トナカイが登場すると、瞳をキラキラさせてお話しに(キャンディに?)注目してくれます。子供って素直!そこですかさず、ミミ先生は、キャンディ・ケーンの説明。




 クリスマスにはお馴染みの『キャンディ・ケイン』。実はこのキャンディには、このような意味が込められていまるのです

固さ:岩であるキリスト

J:Jesus の「J」 と羊飼いの「杖」

赤:キリストの血潮

白:キリストの純潔

味:ペパーミントは、ミント科に属するヒソプの味(ヒソプは「聖め」と「生贄」の象徴)

う~ん、さすがプロ!きっちりポイントを押さえ、しっかり子供たちの心を掴んでしまうテクに感心してしまいました。しかし、それで終わりません。徹底したプロ精神は、礼拝後のお交わり会には、何とサンタになって登場!じゃんけん合戦をしながらみんなにプレゼントを配ってくれました。ここで、誰も知らなかった賜物(特技)を使って大活躍したのは、GNS初登場のことちゃん!ふと気付くと、いつも勝っている・・・。お母さんは、琴葉ちゃんの一人勝ちに内心冷汗だったそうです。将来はきっと大物だね

 



ポットラックのお食事とケーキもみんな美味しくて、昨日の大掃除に続いて、みんなが一緒にいて満ち溢れる喜びを感じるクリスマス礼拝でした。初めてメッセージを聞いてくれた方々も、年に一度のこのクリスマスに神様と会ってくれることを願います。神様は一人一人にイエス様という最高のプレゼントをくださいました。そのことを確かに受け取って信じることで、神様との関係が始まります。そして、愛と光によって輝く人生に変えることができるのです。だから私たちは祈ります。神様の御心がこの地に成りますように、と。

イエス様、お誕生日おめでとうございます。HAPPY BIRTHDAY


メッセージ(音声)はこちらをクリック!↓
http://goodnewsstation.com/celebration.html


☆Good News Stationのメインページはこちら!
コメント

大そうじ!全員集合!!

2009年12月19日 | Good News
 明日はクリスマス礼拝!聖い祈りと共に、きれいに磨き上げた会堂で神様と、神様からのギフトを受け取りに来る方々をお迎えしよう、と教会大掃除と相成りました。できる人に参加を呼びかけていましたが、思いもよらない助っ人が登場!いつもは可愛いキム家ガールズが、忠実働きシスターズに変身して揃って来てくれました。

 大人も子供も一丸となって、みんなですすを払って、窓を拭き、床を擦り洗い。神様の教会を、みんなで一緒に、それぞれに割り当てられたことを一生懸命に行って、きれいにしていく。。。これが教会だ!としみじみ感じた恵みの時。
 

  

 



 神様も私たちの心をいつもきれいにしようとしてくださっています。神様のそんな心遣いに対して、きれいに保ち続けること、その努力を怠らないこと。ほんとうに日々の割り当ての達成が、心の成長につながっていくのです。そのために、一緒に働く家族(教会)のみんながいるのですね!皆さん、お疲れ様でした。
 
コメント (2)

トータル・カウンセリング・スクール

2009年12月17日 | Good News

 田中信生先生のTCS、トータル・カウンセリング・スクールに行って参りました。今回は我らがホープ賢人くんとサンディエゴから竹下さん、そして何と竹下さんの熱意で日本からご到着したばかりの三人のビジネスマンもご参加になり、Good News Stationチーム漸進中です。


 


 午前中は「人間関係の基本講座」、午後はグレードアップクラスとして「目で聴き、耳で視る」ことを学びました。先生の巧みな話術と盛りだくさんの内容、しかしその中に繰り返し語られる「受容」と「癒し」。心に残った言葉をいくつか書き出します。


人間は関係の中で生きている。

愛とは、「大切にする」こと。10大切にされれば、10大切にできる。

受容されれば、すべての病が治る。

ストレスは、自分の価値観で考えるために起こる。
  直そうとするな、わかろうとせよ。

カウンセリングは、感染させること。


 人生のマスターキーは、お金でも健康でも知識でもなく、人間関係です。人間は関係の中で生き、関係こそが心の世界の本質です。関係とは、ただ何となく付き合っていることではなく、独立した人格と人格が向き合って対話することで始まります。日本人にはこの概念が希薄だそうですが、人が一人では生きていけないのは、誰もが知っている事実。正しい関係を深めることで、心は成長していきます。人が生きるために真に必要なのは、物質ではなく心であり、それを育む人間関係。聖書の言葉が浮かびました。

わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。 (Ⅱコリント4:18)

はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。(マタイ18:8)


 明日の自分をイメージすることを教えられ、ボヤっと考えていたらボヤっとした明日しか来ない、と言われてズキンとしました。『人間は怠惰を許すと、どんどん怠惰になる。』最近読んだ本にあり、これもグッサリ突き刺さった言葉です。考えること、愛すること、関係を築くこと。どれも怠惰ゆえに、ボヤっとしたまま放置していたことはないでしょうか。たくさんの課題を知った学びでした。次回までにこの課題を実践して、周囲の方に希望を感染させていくことをしっかり「イメージ」します。私の名カウンセラー、イエス様のように。


コメント

モリヤ山の田畑先生

2009年12月13日 | Good News
 今日はモリヤ山教会の田畑先生をお迎えして、詩篇23篇の羊と羊飼いについてメッセージを伺いました。田畑先生はいつもプロジェクタ画面などを用いてメッセージをしてくださるそうで、お手持ちの資料には羊や地図などたくさんの写真や画像がありましたが、今回はよりわかりやすく、ポイントをカラーイラスト付きのテキストにまとめて用意してくださいました。ありがとうございました!

 テキスト中には、人間の短所に類似する羊の特性が22項目に亘って並べられ、対照して良き羊飼いの働きが書かれていました。一目で私だ!と思ったのは、その中の13番目。『強情・頑固・我儘でマイウェイ 毒のある草を食べたり、汚い水を飲んだりする。』これに対して、羊飼い、イエス様は、『羊が悪い習慣や行動を確立しないように移動をする。』羊飼いのご苦労がしみじみ身に沁みました。一番コレ!と思ったのは13番でしたが、22項目どれも「そうだよね~」と思うことばかり。自分の中の羊チェック!は楽しみながら自分を見る心理(真理?)チェックのよう。これからも活用していきたいと思います。


 


 ご持参いただいたオーガニック柿と蜜柑を囲んで、アプリケーション。が、先生のヨルダン紀行のお話からいつしか聖地旅行計画へ。目指すは3年後のGood News Stationイスラエルへの旅!と牧師不在の中、盛り上がっていました。いつかみんなで行きましょう!ね。(睦美)
コメント