Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「リバイバルの雨」at いわき希望教会

2015年09月12日 | Good News
[終わりの時にわたしの霊をすべての人に注ぐ] この使徒2章17節の御言葉は、ヨエル書3章1節からの引用で、ここの「注ぐ」という表現は、その前の章にある(ヨエル2:23)の「秋と雨と春の雨」にかかっている。この描写は、聖書で度々登場する表現(エレ5:24、ホセ6:3、ゼカ10:1)である。

イスラエルには雨が集中して降る雨期が年に2回あり、それは10~11月にかけて作物がしっかりと種付けされるために降る秋(前)の雨と、豊かに収穫するために3~4月にかけて降る春(後)の雨。この2つの雨は、イスラエルに対する救いと恵みの象徴であり、 終わりの時代に生きる私達クリスチャンにとっても重要な意味を持つ。

ペンテコステに降った聖霊の雨によって教会が誕生し、その後の長い乾期を経て、今、最後の収穫の時(イエス再臨の前)に、全ての人々に再び聖霊の雨が降るという預言。また、この「注ぐ」という言葉は、シトシトと降る春雨のような降り方ではなく、バケツをひっくり返したような土砂降りを意味する

この日、イスラエル3大祭りの一つ・春の収穫祭だったペンテコステの日に、ペテロの説教によって、3千人の人々が救われた。この日は小麦の収穫祭のみならず、多くの人々の魂の収穫祭であった。

最初12人から始まったイエスの弟子は、1章15節で120人、2章41節で3000人、4章4節で5000人、そして21章20節では幾万人に膨れ上がった。今、世界中で毎日7万人の人々が救われており、中でも中国は、実に1億4千万人のクリスチャンを擁する世界一のクリスチャン国家へと変貌を遂げた。それは実に、「終わりの時にわたしの霊をすべての人に注ぐ」という、御言葉の成就であった。


使徒に記されている初代教会の記録は、普遍的な教会の真理として、私達が教会活動の基本にすべき事柄である。それには、初代教会の活動について深く知り、それに習う姿勢が必要だが、それはごくシンプルなことである。彼らが「ひたすら(口語訳)」、「堅く(新改訳)」、そして「熱心に(新共同訳)」にやっていた4つのこと(2章42節)があった。それは、「使徒の教え」、「交わり」、「パン裂き」そして「祈り」であった。

使徒の教え
新約聖書がなかった当時、人々は使徒たちを通してキリストの言葉(福音)を聞いていた。「教え」という言葉には、「ケリュグマ・布告」と「ディダケー・教える」の二つあり、それが、「行って、あらゆる被創物に福音を述べ伝えなさい(マルコ16章15節)」と、「行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい(マタイ28章19節)」のキリストによる福音宣教命令である。福音を宣べ伝えること(ケリュグマ)と、イエスの教え・弟子訓練(ディダケー)に専念する。教会では、様々な活動がされているが、先ず何よりもキリストの教え福音を学び、その福音を人々に宣べ伝える。それが教会の第一義的な存在意義である。

交わり
福祉、奉仕、ボランティアといった言葉自体が存在していなかった当時、現在、政府や自治体がしていることを、教会が行なっていた。そのことを可能にしたのは、教会の信徒たちが目に見えるものではなく、目に見えない信仰、使命、天国の宝を共有しており、「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」という霊的な交わりがあったからに他ならない。交わりという言葉はもともと「共有」という意味で、ここで大切なことは、「交わり」とは、まず、 神と私たちとの交わりがあってこそ、信徒同士・隣人同士の献身的な交わりが可能となるという事を忘れてはいけない。

パン裂き
洗礼と聖餐は、キリストが世の終わりまで、私たちに守り続けるようにと教えた礼典である。聖餐式とは、私たちのために身体を裂き、血を流されたイエスの十字架の愛を心に刻み込むこと。そこに表わされた罪の赦しを受け、その赦しを他の人に分け与えることによって、人々を救い導いて行くのである。「心を開いて私を受け入れるなら、わたしはあなた方と共に食事をするだろう」と、イエスが私たちを食卓に招いていてくださっているように、罪赦され、聖められ、キリストとの交わり中に入れていただき、その交わりの中で、キリストに養われ、満たされて行く。 真の礼拝と聖餐とは、 このようなキリストとの交わりを深めて行く行為なのである。(メッセージより抜粋)

    

{この日は、早天礼拝、午前の礼拝、午後の聖書クラス、夕方礼拝の計4回行われました。写真中央は早天礼拝、右は愛餐会にて}


GNSのメインページはこちら!
コメント

「恵みと真理」at Adachi-ku Active Home Church

2015年09月10日 | Good News
聖書は旧約・新約合わせて66巻。テーマは一貫してイエス・キリスト!その内訳は・・

旧約=イエス・キリストの準備

福音書=イエス・キリストの顕現

使徒行伝=イエス・キリストの伝達

書簡=イエス・キリストの理解

黙示録=イエス・キリストの完成

      

聖書を読む時は、自分の感情や先入観を捨てるべし

「子供は天国に行けるのですか?」と誰かに聞かれたら、あなたは聖書の何処をググりますか?ここで大切なことは、自分の感情や道徳や、「私のイエス様だったらこうあって欲しい!」といった個人の希望的観測ではなく、あくまで「聖書にどう書いてあるか?」が問題です。

ここで思い浮かぶのは、マタイ19:13-15の子供が登場する場面ですよね。イエス様はここで、「天国はこのような者たちのものである」と言われました。「だから子供は、無条件で天国行きなんだ!」と多くの人は考えていますが・・ちょっと待って。

イエス様は、よく喩え話しをセットでお語りになられれますよね。実はこのお話しも、二つで一つのセットなのです。そのもう片方のお話しとは、お金持ちの青年の話し(マタイ19:16-30)です。この二つのお話しがセットだったとは私も驚き! 今回の学びは、この喩え話しから、「金持ちは救われないのですか?」という質問から始まりました

自分はパーフェクトだと思っていた青年は、イエス様から「あなたの全財産を売り払って貧しい人に施しなさい」と言われて、彼は悲しそうにイエス様の前から去って行きました。

ですけれども、その人が救われるか救われないは、その人がお金を持っている持っていないとは関係ないですよね。ここで問題だったのは、彼がお金を持っていたことではなくて、彼が天国よりもお金を優先したことにありました。

また一方、当時のユダヤ社会では、女と子供は数に入らない存在でした。ここで言う子供とは、この金持ちの青年と対比させた、社会的に役に立たない者、取るに足らない存在と言う意味で、お金持ち=地獄、子供=天国という単純な意味ではないのです。

つまり、このお話しは、誰が天国に行けて、誰が天国に行けないのか?というお話しではなく、ズバリ、「天国を受け入れる人と、天国を受け入れられない人」がテーマです。こう理解すると、今まで曖昧だった理解が、スッキリしますよね。


恵みと真理には順序がある

イエス様は「恵みと真理に溢れておられる方(ヨハネ1:14)ですが、私達がそれを受け取る時、順序が大切です。恵みよりも真理が先に来てしまうと、自分にとって都合の良い真理?を求めることになってしまいます。それは『人生の教訓』かも知れませんし、『歴史上の偉人の考え』かも知れませんが、それは結果的に、自分に合った真理が個々に立てられてしまう事になり、その時点でそれは『真理』ではなくなってしまいます。いわば、現代におけるコンビニエンス的宗教=ヒューマニズムですよね。

大切な事は、まず最初に神様からの恵みを受けること。それによって本当の真理が何であるかが見えて来ます。真の恵みを与える事がお出来になるのは、この世においてイエス・キリストただ一人。その人その人によって、それが恵みだと感じるものは違うと言われるかも知れないけれど、それは本当の恵みじゃない。心の平安、身体の健康、経済的祝福、人間関係等々・・これらは全て、イエス・キリストによって与えられるものなのです。ハレルヤ (written by Yuka Watanabe / Aug-29-2015 at A2HC)

A2HCのリーダー 渡邊考至氏(左)とえんぢぇる田中先生


GNSのメインページはこちら!
コメント