Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

マーリン・キャロザーズ師セミナー

2011年03月30日 | Good News
「獄中からの賛美」著者、マーリン・キャロザーズ師のセミナーに教会の仲間と参加しました。マーリン師は、オンライン情報によると、1943年にアメリカ陸軍に入隊し、第二次世界大戦中、爆薬処理の専門家として、第82空挺師団と共にノルマンディー上陸作戦から、フランス、ベルギー、ドイツを転戦した元米国軍人。バルジの戦いにも参加。終戦後は、ドイツに駐留して、ドワイト・アイゼンハワー元帥の護衛を勤めたそうです。1946年に退役した後は神学校で学び、牧師になり、更に陸軍の従軍牧師(チャプレン)として、米陸軍のドイツ、韓国、ドミニカ、パナマ、ベトナム従軍に参加。その後、「獄中からの賛美」など賛美の力、感謝の意味を語った著書を多数発行していらっしゃいます。代表作である自叙伝、「獄中からの賛美」は1974年に発売され、13版も重ねた大ベストセラーで、世界各国の言葉で翻訳されています。

セミナーはサンディエゴの北にある町、オーシャンサイドから少し内陸に入ったところにある教会で開かれました。LAからドライブして2時間弱。早朝に出発して渋滞を避けたつもりでしたが、途中数箇所で大混雑があり、仲間と一緒にカープールして出かけて正解!と感じました。更に、フリーウェイを降りたところで、朝食を取ろうと何気なく立ち寄ったマクドナルドで、日本から来ているキャンプ本体と合流もでき、まさに神様のお導き!?そして到着したのは、緑あふれる丘の合間にあるかわいらしい、でも素晴らしいファシリティを有する教会。




セミナーの行われた礼拝堂


ウェルカムレセプションが用意されていたミッションセンター


到着してすぐのレセプション風景


マーリン・キャロザーズ師


セミナーは10時から。今回は時間をやや短縮して1時間のみ、ということでしたが、マーリン師はたっぷり1時間以上、お話ししてくださいました。ご自身のお証しを中心に、いつも感謝と賛美を絶やさないこと、と祝福の秘訣として語ってくださいました。秘訣の3ポイント、NEVER WORRY, NEVER HURRY, NEVER LATE(心配しないこと、急がないこと、神の時は遅れないこと)を繰り返しつつ、ご自分の経験に照らし合わせてわかりやすく教えてくださいました。

かつては書くことも話すこともまったくの不得手で、「できない!」と思っていたところへ、神様の言葉、わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。(フィリピ4:13)を受け取って、変えられたそうです。ナチュラルに、ユーモアを交えて、堂々とメッセージをされる今のマーリン師からは考えられないことです。それが神様の力です、とはっきりとお証しされ、誰でもこの御言葉に生きることができると明言してくださいました。

 



セミナーの後、みんなで記念撮影


セミナーの後は、近くのゴルフ場のバンケットルームでみんな一緒の昼食をいただきました。メニューは「アジアン・ビュッフェ」。なんちゃって日本食かな?と予想していましたが、ほぼアメリカン中華メニューでした。



突然の夏日で、最高気温はかなり高かったものの、春の陽気の中、遠足のような楽しく、何より貴重なメッセージをいただくことができた素晴らしい一日でした。また来年も参加したいな。マーリン師メッセージのシェアリングご希望の方、いつでも教会までお越しください。






GNSのメインページはこちら!
コメント (2)

滝元明師 リバイバル集会

2011年03月25日 | Good News
金曜日の夜、日本からミッショントリップとして訪米されている滝元明師の集会に出かけました。御年82歳になられると仰る滝元師は、主に在って若々しく、情熱にあふれ、力強く、聖書の真理をメッセージしてくださいました。会場となったのは、主に黒人の方々が多く集う教会でしたが、集会の後にその教会の牧師先生が、「僕は今日、このメッセージからたくさんのことを教えていただいた。日本のこと、リバイバルのこと、御言葉のこと、それらはもちろんのこと、明先生の語る姿勢、語り口、伝え方、そういったメッセンジャーとしての学びを多く受けた。」とアプリケーションをしてくださったことにも心惹かれた素晴らしい集会でした。そんな感動のメッセージのおすそ分けです。





「さあ、我々は主のもとに帰ろう。主は我々を引き裂かれたが、いやし/我々を打たれたが、傷を包んでくださる。二日の後、主は我々を生かし/三日目に、立ち上がらせてくださる。我々は御前に生きる。我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう。主は曙の光のように必ず現れ/降り注ぐ雨のように/大地を潤す春雨のように/我々を訪れてくださる。」(ホセア6:1-3:今日の御言葉のひとつから)





GNSのメインページはこちら!


コメント

3月のお誕生日会

2011年03月20日 | Good News
今日は三月生まれの方のお誕生日会をしました。主役のお一人、暢夫兄は少し照れて、そして謙遜に「もう誕生日がどうこうって思わないんだけどね。」と仰っていましたが、私たちの救い主の誕生を教会が喜び祝うように、主が一人一人にくださっている命の誕生と継続を霊の家族で祝えることは、自分のことのように嬉しく感じてしまいます。お祝いすること、お祝いされること、共に主の祝福の内にある恵みだな、と思います。4月お誕生日会もありますよ!お祝いしてほしい4月生まれの方、4月の日曜日はGOOD NEWS STATIONへ!あなたの命の誕生を心から祝福します。(日時未定。お問い合わせ可。213-324-6942まで!)








GNSのメインページはこちら!


コメント

感謝と賛美とリバイバル

2011年03月13日 | Good News
「感謝と賛美とリバイバルキャンプ」というのが今月末に開かれます。キャンプのため、また日本からのキャンプ参加者のためにも祈っているのですが、それに先立って今日の礼拝では、感謝と賛美とリバイバルを感じることができました。

まず、待ちに待ったピアノ&ギターの伴奏が開始。ピアノさんは、ずっとギターさんを待っていてくれ、祈っていてくれ、その応えが今日与えられました。感謝と賛美!賛美にもいっそう力が加えられました。

また、英語礼拝に暢夫兄が来てくださいました。これまで2時間半かけて隔週参加してくれていた兄ですが、神様から毎週会いたいというメッセージを受け取り、早速実行。お仕事がある時は、早朝の英語礼拝だけ参加する方法を思いついたとか。主の知恵です。これもリバイバルのひとつ!ですよね。

そして、手品がお得意のRさんが2年ぶりに日本から来てくださり、昼食時にマジックを披露してくれました。子供はもちろん、大人のみんなも目をまん丸にして見入ってしまう妙技!楽しいランチタイムとなりました。

 


感謝のお食事は、真理子さんお手製の豪華とろとろビーフシチューと、薫子さんの愛情こもった稲荷寿司二種。関東風に中身の具がないものと、関西風に具入りのもの。ていねいに二種類を作ってきてくださいました。みなさん、ありがとうございます。



最後に、大人みんなで学びをしている中、愛ちゃんはひとりで御言葉の学び!力入っています!!岩の上に家を建てることと、砂の上に家を建てる、御言葉の教えをグラフにしてまとめていました。すぐに消されてしまったのですが、今度はぜひ教えてほしいな。愛ちゃん、よろしくね!



こんな「感謝と賛美とリバイバル」が満ちた教会。メッセージは「すべてを満たす神様が満ちる教会」でした。まさに、これがアプリケーション!御言葉と人々と行動を通して教えられた日曜礼拝の一日でした。教会には恵みがあります。来るだけで祝福があります。日曜日は教会へ!あなたを祝福します。お待ちしています。




GNSのメインページはこちら!

コメント (2)

放蕩息子の喩え

2011年03月06日 | Good News
三回シリーズでルカ福音書15章にある、聖書でも最も有名な喩え話である「放蕩息子の喩え」からメッセージをいただきました。

「遠くへ」…放蕩息子
「いいこちゃんの罪」…残ったお兄ちゃん
「無能な全能者」(「ダメ親父の喩え」)…お父さん

と言ったタイトルで登場する3人について鋭く穿った見方を語ってくれたトヲル牧師。せっかくなのでそれぞれの要点を最短で記してみます。

心が遠くにある時、遠くへ行ってしまいたいと思う時、あなたを助けてくれるのは誰ですか。
あなたは何のために働き、生きているのか。
神様はあなたを愛している。あなたを永遠に失わないためには何でもしてくださる御方。


私の解釈が入っていますが、一回でまとめずに三回シリーズにしただけあって奥が深い!です。個人的に非常に痛い思いもしましたが、だからこそ、「父なる神様はあなたを愛し、あなたを待ち続け、あなたを再び得るためにすべてをなげうって下さる方」という真理が心に染み入りました。神様はあなたを愛しています。あなたを待ち続けてくださっています。そして、あなたを自分の腕の中に取り戻すためになら、何でもしてくださるのです。教会はそんな神様に会う場所です。日曜日は教会へ!あなたをお待ちしています。





GNSのメインページはこちら!
コメント