Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

十字架上で成された3つの業 前編 (30分de一巻 Intermission)

2017年11月07日 | Good News
罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、私達の主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。(ローマ6:23)

キリストの福音を伝える上において、中々人々に気付いてもらえない点がいくつかある。一つは、天国に入る為の必要な条件は、人側にあるのではなく、神側にあるのだという事。世の中の人々は、生きている間にどれだけ良い事をしたか、悪い事をしなかったのかと言った事ばかり考えているが、それは、どこかの学校に入る為の基準設定は、学校側にではなく、入学する側にあると考えている様もので、極めておかしな考え方である。

もう一つの点は、“罪の報酬は死”という厳然たる事実である。世の中の人々は、死は自然現象だと誰もが考えているが、聖書的に言うと、人は元来、死ぬ様には創造されておらず、死は不自然な事なのだ。何故、人は死ぬようになったのか?それは人の中に罪が入ったから。罪が入った状態では、神は人と共に生きることは出来ないのである。

この天地を創造された神は、100%聖い存在なので、たとえ0.001%でも、そこに不純物が混ざると、神はそれを受け取ることが出来ない。聖書の神は、罪と妥協したり、大目にみたりするような曖昧な部分は一切ない。もし、ひとかけらでも罪があったら、そこはもう天国ではなくなるからである。では、いったいどうしたら人は天国に行く事が出来るのか?この原点に戻らなければ、十字架の意味を理解する事は、到底出来ないのである。(メッセージより抜粋)



GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 十字架上の7つの言葉 (30分de... | トップ | 十字架上で成された3つの業 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚くばかりの恵み ぱーと2 (Mimita)
2017-11-08 22:07:42
今日は、イエス様が十字架上でなされた業の意味についてノメッセージでした。

十字架は神の奥義であること。それは、人間の理解を超えているので、人間の知識では、理解できない。よって、福音は、わたしたちが、理解できるか、できないかではなく、わたしたちが、受け入れるか(信じる)、受け入れないか(信じないか)の選択です。

イエス様が、十字架でしてくださったこと、その1つが「贖い」。「贖い」とは、「奴隷を買い戻すこと」を意味します。奴隷制度のなかった日本では、「奴隷の立場」や「奴隷から解放される」と言う意味がどう言うことか?理解が薄いかもしれません。

そこで今日は、ギリシア語の「贖い」には3つの意味があることを学びました。
1)奴隷の代価を支払う
2)奴隷の環境から連れ出す
3)連れ出してから完全に解放する

イエス様は十字架上で、私たちを贖ってくださいました。(ローマ6:16-23)

私たちは、生まれながらに罪を持っています。その罪の報酬は「死」です。ですから、全ての人間は死ななければなりません。しかし、イエス様は、私たちの罪が赦されるために、十字架にかかってくださり、自分の命を差し出してくださったのです。

イエス様は、乙女マリアより生まれました。それは、人間(アダム)の罪の性質を受け継いでいないと言う事を意味します。そして生涯、罪を犯されませんでした。人間として、律法で言えば、完全な人、いわゆる、天国に行ける唯一の方でした。そのイエス様が私たち全人類の命を助けるため(罪の奴隷から解放するため)に、自分の命を投げ打って支払ってくださったのです。

その瞬間、わたしたちは罪の奴隷の環境から出ることが許され、自由になったのです。つまり、永遠の命が与えられ、天国で永遠をすごすことができる、神様が最初の創造された本来の姿に戻ったのです。

1)は全人類ために成された業です。しかし、1)の事実を知り、イエス様を受け入れなければ、2)と3)の事実を理解することはできません。

鍵のかかった部屋に閉じ込められている人たちが、ある日、「部屋から出る扉の鍵は開けられているから、扉を開けて、部屋から出てごらん。部屋の外は素晴らしいよ!」と言われて、扉を開ける人は何人いるでしょうか?

扉を開ける人、扉に鍵がかかっていないことを信じられず、開けない人、部屋の外は、部屋の中より素晴らしいことが信じられず、開けない人。いろいろな人がいるのが現実です。それは、福音を受け入れる人、受け入れない人がいる事と同じだと思います。

しかし、天国に行ける条件は、天国に行く人間が決めるのではなく、天国を創った、神様が決めるのです。これは、アパートの部屋を借りる時の条件と同じです。アパートの部屋を借りるためには、借りる側が貸す側の条件を承諾するのは当然のことです。
しかし、天国に行く条件は、「善いことをすれば、天国に行ける」とか、「私はあの人より良い人だから、天国に行ける」など、人それぞれの条件があるようです。

天国に行ける条件は一つだけ、「自分の罪を知り、その罪のために十字架に架かってくださった神の一人子であるイエス・キリストを信じる信仰」によってです。それは、全人類に与えられています。これこそ、「驚くばかりの恵み」なのです。
十字架メッセージで学んだ事 (Kent)
2017-11-08 22:20:32
今日の十字架メッセージで学んだのは、「罪の贖い」に関してでした。贖い(Redemption)という言葉は、アメリカでは普通の会話でも使われてますが、日本では日常会話には使われません。人間には生まれ持った罪があります。僕達はいくら頑張って、罪から逃れようと頑張っても、自力で罪に打ち勝つ事は出来ません。僕は今迄、何度もそれをやろうと繰り返して来ましたが、そのことで逆に多くの人達に迷惑や躓きを与えてしまいました。僕がどれだけ頑張って良い事をしようとしても、罪から逃れる事は出来ません。自力で天国に行く事も出来ません。神様はそれを全てご存知で、イエス・キリストを送ってくださり、僕達の罪を贖って下さいました。これからの課題は、これから僕はどうやって、神様への感謝の気持ち人々に表せる事が出来るかです。私はもっと十字架の意味を正しく受止め、クリスチャンとしての生き方を改めて考え直さなければいけないと思いました。
十字架の奥義 (Ako)
2017-11-28 09:17:13
私はイエス・キリストを主と告白し、人生の指針はすべてイエス様にあると思っていますが、これを私のノンクリスチャンの友人たちは、どう思っているのか。おそらく、キリスト教に一生懸命な人・・。

またキリスト教に一生懸命と思われている私は、仏教などの宗教やスピリチュアルにはまっている友人に対して、困ったことだと祈りの課題になっています。

はじめに先生が言われた、私のことを、他の宗教にはまっている人と同じように、困った人だなと周りに思われて、片付けられてしまったとしたら、“これは福音宣教者としては致命傷だ!まずいっ!!” と思いました。

だから、ペテロが言うように、自分の信仰について尋ねられたならば、(イエス様についても)いつでも説明ができるように備えが必要であると、思いました。

前のメッセージでも思ったことですが、イエス様の十字架の御業をよく知ること、受け入れることが、宗教にはまった人で終わらせないキーポイントであること、周りの人を躓かせず、キリストの希望へと導くことができるポイントだと思いました。

私たち人間は神様にどう思われていたのか、どのように神は私たちを創造されたのか、そのプランは素晴らしかったこと。しかし罪が入ってしまった人類に、神様が何をされたのか。

十字架の御業、“贖い”。しかし、罪の贖いについて、ピンとこない日本人。豊かな日本人。教育熱心な日本人。しかし、そこに神様がおられない悲劇が見えている。

日本という国は一昔前は、貧富の差が激しくなかったのに、今、貧富の差が激しく、極貧の家庭があるという。神様がいない的外れの人生から、イエス様の救いの真実を受け入れる人生になんとかしてなって欲しいと思うのが、私たちです。

誰にでもイエス様の十字架の御業がわかるように、受け入れることができるように、聖霊様の働きに委ねながら、祈り、上からの知恵を求め、伝道したい!そのために十字架の神の奥義をしっかり受け止めたいと思いました。後編楽しみです
十字架に感謝 (Yuka)
2017-12-05 21:26:18
日本人に伝道しにくい理由は幾つかある。その中でも、日本人には「原罪(sin)」と言うものを理解出来ないからという事が大きいと思う。日本において、罪とは犯罪の事であり、イエス様が私達の罪の為に死んで下さったんだよ!と言ったところで、全く伝わらないのである。「別に、犯罪など犯してないんだけど?」となってしまう訳だ。

しかし、私達には原罪と言うものがあって、そのせいで神様と一緒にいられず、関係を絶たれてしまっているのだ。その神様との絶たれた関係を繋いでくださったのが、イエス様の十字架なのである。これがなければ、私達は神様から絶たれたままで永遠の滅びへ行くしかないのである。

それを変えるためには、イエス様の十字架を信じて受け入れる以外に方法はない。しかし、受け入れさえすれば、私達の魂は解放され、永遠の滅びへ向かう未来を変えることが出来る。しっかりと、イエス様の十字架を受け入れて、感謝して生きていきたいと思った。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事