事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

港座第4回上映会

2009-09-29 | 港座

Img43959908zikbzj 第3回の様子はこちら

第4回の上映会へのご来場、マジでありがとうございました。今回も赤字になんなくてよかったよかった。

東京物語」「シェーン」「麗しのサブリナ」「風と共に去りぬ」「初恋のきた道」と並べて、さあどれにお客さんが来るんだろうというのはさっぱりわからなかったけど、やっぱり「風と~」がダントツのトップでした。

上映後、見に来ていた退職した学校のセンセイがわたしの手をがっちりと握り

「よかったわよ!」

「そ、そうですか」

「発色もちゃんとしてたし!」

マニアだったんだ(笑)

Imgc11ad15ezik6zj 確かに、むかしの映画特有の“人工的な美しさ”がありありで、最初の方だけチェックしていたわたしも「おー」と思いましたもの。

問題は来てくれたわたしの読者がどう思ったかで、さっそくブログにアップされていました。

階段を上って2階が映画館。下の駐車場の狭さは、勝手知ったる港座。10台も停められないスペースが無くならないうちに、と早目に出たら30分も前に着いてしまった。…と、劇場前の階段下に人生の盛りを迎えている人や迎えつつあると思われる、つまりは同世代かな~と思われる人々が何人か、おしくら饅頭するの?状態に集まっている。中に飛び抜けて大きい、軽部アナを脱力させたような顔が…あれは、そう!私の知人ではないか。そうそう、スタッフなんだよね。

手を振って懸念の駐車場のことを尋ねてみたら、あっさりまだ下の駐車場に停められるという。帰りは出るのに苦心する(狭いし鍵型だから)だろうな、と思いつつ突っ込む。いや、何度もハンドルを切り返して友人に誘導してもらって出たあの日々を思い出して、いっそ懐かしい。

普段からは考えられない愛想のよさで中に案内してもらう。壁には懐かしい当時のパンフレットや映画案内が掲示されていた。物持ちのいい方っているもんだなぁ。私もやたらと取って置く派だったが、整理能力がない事を思い知ってからは定期的に捨てているので、当然当時のものはない。

古い雑誌や漫画本もボランティアスタッフの手で準備されていて、自由に手に取れるようになっていた。もう1つ、コーヒー好きにはポイントが高いおまけが。

Imga956074ezik8zj   酒田市内の老舗のコーヒー店「ケルン」のコーヒーが200円で飲めます。いつかこのお店の「アイリッシュコーヒー」も飲んでみたい。

映画を見るともれなくサービスチケットをもらえます。港座周辺は飲み処が多いので飲兵衛の方には嬉しいおまけ。
町興しもかねて心と想いを合わせた復活劇だったんだなぁ…とあらためてしみじみとした夜でした。

……するとあれですか、わたしはいつもはすげー愛想が悪くて脱力した軽部のような男だと………………いくらなんでもそれは……当たってるか。ところでお前の言う「大きい」は身長のことなのか顔のことなのかっ!

港座オフィシャルブログはこちら↓

http://minatoza.exblog.jp/

コメント (4)