事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

今月の名言2018年6月号PART2 邪悪。 Symphony N° 25 de Mozart en Sol mineur, K. 183 conduit par Karl Böhm

2018-07-02 | ニュース

Symphony N° 25 de Mozart en Sol mineur, K. 183 conduit par Karl Böhm (Philharmonique Vienne)

PART1「養護教諭」はこちら

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします
ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします
これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします

……もちろんこれは目黒で行われた船戸結愛ちゃんへの虐待の過程でつづられたものだ。気が遠くなる。両親が彼女にどのような言葉を投げつけていたか、はっきりと浮き出ている。

しかも、この両親は彼女にダイエットの記録をつけろと命じていたのだ。

はあ?

その結果、結愛ちゃんの体重は12.2キロに……。

わたしにはどうしても想像がつかない。母親が再婚した男に遠慮しながら加虐に走る例はこれまでもあった。しかし新しい父親(でなど絶対にないが)の、この気が遠くなるようないじめ体質はどうしたことだろう。

収監されると、幼児への加虐を行った人間は激しくいたぶられる。それは、犯罪者のなかでも最低だからだ。だから黙秘に転じたのか?その意味でも最低。

画像をあげるにしのびない。ということで申しわけないけど本日の1曲は御大に登場願おう。カール・ベームによるモーツァルトの交響曲第25番。これくらいじゃないとこの邪悪さに立ち向かえない。

コメント

今月の名言2018年5月号PART4 日本大学 Crowded House - Don't Dream It's Over Live (HQ)

2018-06-05 | ニュース

Crowded House - Don't Dream It's Over Live (HQ)

PART3「豪腕の秘密」はこちら

「見ても、見なくてもどっちでもいい」

内田監督やコーチよりも有名になってしまった、記者会見におけるあの広報。元ジャーナリストだとか。体質というのはこういうところから見えてくるんだな。わたしはしかし、日本中が一斉に日大叩きを演じている状況もちょっと気持ち悪い。もちろん、恐怖政治をしいた監督を嫌悪することにわたしは人後に落ちないが。

日大についてはわたしは含むところは全くない。体育会系とはこういうものなんだなあと唾棄するだけだ。日本大学について思い出すとすれば、卒業生である藤竜也

「どうでもいいよ、あんな大学」

と吐き捨てていたのが当時の時代の空気だろうか。栄光の日大芸術学部出身者として、太田光や三谷幸喜は今回の事件をどう考えているのだろう。

本日の1曲はクラウデッド・ハウスの「ドント・ドリーム・イッツ・オーバー」。

オーストラリアのバンドはやっぱりコーラスきれいですよね。タイトルで日大にケンカ売ってるわけじゃないです。

2018年6月号PART1「養護教諭」につづく

コメント (2)

今月の名言2018年3月号 二流の国~中島美嘉『接吻』

2018-03-31 | ニュース

中島美嘉 『【HD】接吻( ショートver.)』

2018年2月号PART3「ありがとう厚労省」はこちら

「森友の方が、TPP(環太平洋経済連携協定)11より重大だと考えているのが、日本の新聞のレベルか」

森友の案件の渦中にある財務省のトップがこう言ってのけるのだからさすが麻生さんだ。しかも

「茂木大臣が0泊4日でペルーを往復していたが、日本の新聞には一行も載っていなかった」

でも各紙は茂木担当相が出席した署名式を報じていたし、署名式があったのはペルーじゃなくてチリのサンチアゴだったというオチまでついている。すばらしいギャグセンス。で、彼はさっそく発言を訂正。反省のなさは昔より加速している。

「政治家がウソをつくというのは世界共通の『常識』で、誰も驚かないが、官僚が自主的にウソをついたとなると、理解されにくい。日本はやはり奇妙な国だと見られ、ダメージは大きい」

海外の記者が毎日の取材に答えて。要するに、二流の国に堕ちたということ。他にも海外の記者は

「パリの同時多発テロで、メディアがテロリストを『カミカゼ』と表現したら、外務省から『カミカゼは使わないで』と電話がかかってきた。そんなに暇なのかと思った」

財務大臣にしても外務省にしても、どう報じられるかにこれほど過敏なのは、報道に圧力を加えることが有効だと知っているからだろう。少なくとも日本のマスコミには。しかし外国からは冷笑の対象となってしまう。やはり、二流の国なのか。

「国会の議論を聞いていますと、働くことが悪いことであるかのような議論に聞こえてきます。お話を聞いていますと、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえてきます」

夫を過労死で亡くした、東京過労死を考える家族の会の中原のり子代表が公述人として出席した参院予算委員会の中央公聴会において、自民党参院議員の渡辺美樹が発したことば。ワタミの新入社員が自殺し、労災認定を受けたことを、この創業者は実は反省も後悔もしていなかった。この無神経さは心底怖い。

本日の1曲は中島美嘉バージョンの「接吻」。この名曲には数々のカバーがあるんだけど、オリジナルと同梱されてた女性アーティストって誰でしたっけ?

2018年4月号PART1「短文の人たち」につづく

コメント

わたし怒ってます 改ざんPART3 dexys midnight runners come on eileen

2018-03-28 | ニュース

dexys midnight runners come on eileen

PART2はこちら

「しゃべっちゃえばいいのに」

「本音をかませば一気にヒーローかなあ」

……世間は少しは期待していた。与党も少しはびびっていた。でももちろん佐川宣寿・前国税庁長官は国会で何も語らなかった。それはもうみごとなまでに語らなかった。

「刑事訴追を受けるおそれがあるので」

こんな便利なことばが有効だったわけだ。

しかし一連の改ざん騒ぎについて、理財局の“一部”の職員の判断だけで行われたと本気で考えている人は誰もいないはず。忖度なのか指示なのか知らないが、首相と財務相に責任がないと考える人もいないだろう。それでも、この政権は生き延びる。そのあたりがわたしはちょっと理解できない。

思い返してみよう。森友案件でわたしが驚いたのは、ほとんどカルトではないかと思える(というかはっきりとカルトな)極右的教育を行っている幼稚園が存在し、時の首相夫人が名誉校長にまでなっていたことだ。そして次々に登場する人物がみごとなまでに国家主義的。いまの日本がこんなにカルトな国家になっていたとは。

しかもこの連中のたちの悪いところは、報道の細部にまで介入するあたり。政権にへつらう読売や産経は大目に見ても、朝日や毎日には徹底的にかみつく。あ、財務大臣は朝日新聞はあまり読まないんでしたね。政治家もお安い存在になったものだ。そしてそんなチープな政治家にせっせとご奉仕申し上げる官僚……

朝日のスクープがなかったら、安倍晋三や麻生太郎は例によってにやにや笑いながら野党に皮肉をたれていただろう。前川喜平氏のように、官僚(元官僚、になってしまいましたが)のなかにも気骨のある人物がいたことも明らかになったので、救いがないわけではない。

ただね、アメリカの大統領も北の国のあの人も、追い込まれると、よかれ悪しかれ、何かでかいことをかまそうとする。目くらましね。現在の我が国の首相もそう考えているに違いなく、彼お得意の北朝鮮関係で強硬な姿勢を加速するのではないかと心配。中国もからんで、ここは冷静に対処しなければならない時期だと素人目にもはっきりしているのに。

本日の1曲はデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの「カモン・アイリーン」イギリスくさっ!

コメント

ほりぃ散歩Vol.12 犯行現場

2018-03-18 | ニュース

Vol.11 ふきのとう篇はこちら

鉄製の防雪柵ふた、125枚消失 窃盗の可能性

庄内5市町で防雪柵の基礎用鉄製ふた計125枚が設置場所からなくなったと、県庄内総合支庁が16日、発表した。同支庁は窃盗の可能性があるとして、被害届の提出を検討している。
同支庁道路計画課によると、酒田市漆曽根で防雪柵の撤去作業をしていた委託業者が10日午前、ふたがないのに気付いた。防雪柵を設置している管内の県道44路線142.5キロのうち、農道の入り口付近を委託業者が点検したところ、計125枚がなくなっていた。
ふたは防雪柵を撤去後、支柱との接続部分が農耕車のタイヤを傷つけないように、基礎にかぶせている。柵の設置期間中は主に、支柱に太い針金で結び付けている。1枚当たりの大きさは平均すると長さ70センチ、幅70センチ、厚さ0.6センチ、重さ45キロ。
3月17日付山形新聞

「なんで鉄板敷がねぁんがなあ」

「わざわざ土嚢入れる意味わがんね」

わたしたちは不思議がっていたが、こういう次第だったのである。写真はうちの近所のもの。最初に被害が確認された場所に近い。にしても1枚45キロの鉄板を125枚。しかも道路脇から堂々と(かどうかはわからないけど)盗むからにはよほどの手間と人手と根気が必要だったはず。

「なんでこんだどご(こんなところ)がら盗むがなあ」

誰も通らないからだろ」さみしい結論。

コメント (2)

今月の名言2018年2月号PART3 ありがとう厚労省 Joni Mitchell - Cactus Tree

2018-03-03 | ニュース

Joni Mitchell - Cactus Tree

PART2「武装教員」はこちら

「働き方改革はアベノミクス最大のチャレンジで、今国会最大の重要法案だ。必ず今国会で成立させる」

日本の首相が大見得を切って。しかし結果はご存じのような結果になった。厚労省グッジョブ。まあ、卑怯な資料の提出になってしまったのは、どう考えてもわざとよね。もしも説明されているように「単純な事務的なミス」だとしたら、そっちの方がよほど怖い。

にしてもおかしいと思いませんか。過労死が問題になったことが起因しているはずの“働き方改革”の中心が、いくらでも残業させられる法案だったんですよ。

こちらも、景気対策のために貢献してくれた経済界への“御礼”の意味だとしたら、やはりこの内閣はおぞましい政治屋の集まりだな。

本日の1曲は、ジョニ・ミッチェルのデビューアルバムから「サボテンの木」名曲。

2018年3月号「二流の国」につづく

コメント

今月の名言2018年2月号PART2 武装教員 Bill Evans Trio - B Minor Waltz (For Ellaine)

2018-03-03 | ニュース

Bill Evans Trio - B Minor Waltz (For Ellaine)

PART1「平昌」はこちら

「銃を携行する教師にボーナスを支給しても良い」

フロリダ州の高校における銃乱射事件をうけて、トランプ大統領が発した言葉。バカなのは仕方がないにしろ、有害この上ないなこの大統領は。

あの事件で誰もが思い出すのが、映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」で採り上げられたコロンバイン高校における乱射事件だ。監督のマイケル・ムーアは、全米ライフル協会がいかにアメリカにおいて政治的に強力か、銃の普及率はカナダの方が高いにもかかわらず、なぜ銃犯罪がアメリカの方がはるかに高いのかを活写していた。確かに、ちょっと卑怯な撮り方だけどね(笑)。

フロンティアスピリットだとか自衛の伝統だとか、いろいろと言われているが、要するに、アメリカ人は臆病なのだと。臆病だからこそ、銃にしがみつき、様々なことに過剰に反応する。

トランプが、支持母体であるライフル協会へのリップサービスとしてこんな発言をしたというなら、やはりおぞましき政治屋の本性が出たということだし(銃の売り上げは飛躍的に伸びますね!)、教師に銃を持たせることで銃犯罪が減ると本気で考えているとしたら、この人のバカは底なしだということだ。

PART3「ありがとう厚労省」につづく

本日の1曲は、自殺した内縁の妻エレインに捧げられたビル・エヴァンス「B Minor Waltz」。彼の人生は数多くの死に(それは自らのものも含めて)あふれている。

コメント

今月の名言2018年1月号PART3 致命的な人 Thousand Knives

2018-02-01 | ニュース

Thousand Knives

PART2「つぶやく人たち」はこちら

そして決定版登場。

「それで、何人死んだんだ」

松本文明内閣府副大臣が、共産党の志位委員長が米軍機のトラブルについて質問しているときに発したヤジ。人間としてダメであると同時に、名護市長選を控えているこの時期にこんな発言をする政治センスのなさが致命的。

自民一強のなかで、またゆるくなり始めている。手帳でもめている茂木大臣と、選挙関係を所管する総務大臣である野田聖子が質疑の最中に談笑しているあたりもゆるいゆるい。

そうか野田も安倍ファミリーであることに安住し始めたのか。もうちょっと骨のある人だと思っていたのに。

逆に、薄ら笑いをうかべるときは、追いこまれているとき、って考え方もあるけど(総理や麻生は確実にそうだもんね)、いやしかし近ごろは違うのかも。なめられてるぞ野党。そしてなめられてるぞ有権者。わたしたちは、あなたたちのことをじっと見ているんだけどなあ。

本日の1曲は坂本龍一「千のナイフ」
ソロのころの代表曲かな。いったいどういう理由で黄色魔術交響楽団なんてバンドに参加したのか。細野晴臣は慧眼だったってことですか。あの頃は先鋭的に思えた曲だけど、やはりポップだとつくづく。前の奥さんとのコラボってもうありえないか。あれは凄かったけどなあ。

2018年2月号PART1「平昌」につづく

コメント (3)

今月の名言2018年1月号PART2 つぶやく人たち Whispers

2018-01-31 | ニュース

Whispers

PART1「王女と平民」はこちら

「党内においてまるで『独裁者』であるかのごとく振る舞っているとの印象を抱き社会的評価が低下する」

大阪府立の高校で、「外国人まで髪を黒く染めさせている」件について(まもなくブラック校則も特集します)、新潟県の米山知事が

「異論を出したものを叩きつぶし党への恭順を誓わせてその従順さに満足する」

とツイートしたことに松井大阪府知事が激怒して訴訟した際の理由。まあ、虚心に読めば橋下徹のことを言っているのは歴然なので、読解力のないことおびただしいのだが、問題はそんなところにはない。

自治体の長がもうひとつの自治体の長を訴えるその心根には、いつも何か吼えていなければならないということがあるに違いなく、大変だなあと。そういう人にとって、ツイートとはまことに便利な存在だ。海の向こうにもいますよね、盛大に放言かましてる独裁者のような人が。

私はもともと「ディベート」というものが大嫌いですけれど、それはそこでは「ディベートの勝者」の主張のレベルを超えるような知見が決して生み出されないからです。何人か人間が集まって、何時間か侃々諤々の議論をして、その結論が、「ディベートの勝者一人以外はいなくてもよかった」というものであるのは純粋な消耗でしかない。

……「新潮45」に掲載された(そんな時代もあったんですねえ!)内田樹の主張。ツイート知事たちに贈ります。

PART3「致命的な人」につづく

本日の1曲はフェアグラウンド・アトラクションの「ウィスパーズ」。エディ・リーダーの“声”が炸裂する!

コメント

今月の名言2017年12月号PART1 差別マーケット Al Stewart - Year Of The Cat

2017-12-31 | ニュース

Al Stewart - Year Of The Cat

2017年11月号「アベノミクスにうんざり」はこちら

「そういう発言を支持する層を、自分のマーケットと捉えているのだと思います。弱者や少数者への憎悪をあおることが、自分の人気や票につながると思っているのではないか、と」

毎日新聞2017年12月14日付東京夕刊より、ヘイトスピーチなど差別問題をテーマに取材を続けるジャーナリストの安田浩一さんのコメント。正確な分析だと思います。

差別的な言辞に熱狂する、あるいは支持する人々を、明確に“顧客”だと考えている人間たちがいる。2017年は、そのことがあからさまになった一年だった。まことに、残念なことながら。

「国連に対する米国の見る目は変わる」

エルサレムをイスラエルの首都と認めた米国の決定に対し、国連総会の特別会合が圧倒的多数で、「決定の無効と撤回」を求める決議を採択したことに不服なヘイリー米国連大使の発言。だけでなく、決議に賛成した国々へ恫喝ともとれるコメントも。

もう、アメリカが尊敬される国であろうとすることを放棄していることはわかった。でもせめて、まともな国であってほしい。米国に対する世界の目はすでに変わっている。

PART2「本当の酒好き」につづく

本日の1曲は、来年は戌年ということなので……アル・スチュワートの「イヤー・オブ・ザ・キャット」(笑)

コメント