事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

地震~まだ名前のない

2019-06-19 | ニュース

いきなり揺れ始めた。おおおでかい。しかも長い。

熊本の地震のときもそうだったけれど、テレビの中継ではわからない世界が歴然と。あのときは市街をのんきに歩いている人たちがいて、たいしたことないのかなと思わせた。でも現実はご存じの通り。

揺れたそのとき、いちばん興奮していたのはオヤジ。

「戸を開けろ!」

と言いながら外にいきなり出る。

瓦が落ちてきたりするので最もあぶない行為。

「おとうさん、落ち着いて!

妻の声など届きはしませんでした。

職場に行ったら、管理職は避難所の設定とかで大変だったようだ……

と他人ごとで語っているけれど、震度5弱だからおれだって行かなきゃいけなかったのに。そんなことはまったく思いつきもしませんでした。危機管理能力最低。

意外な学校が休校しているけれど、避難所がらみらしい。わたしが前に勤めていた学校は海抜0メートルだから、その地区の住民が避難したのだろう。

驚くほど多くの職員が

「東日本大震災より揺れたよね」

と。そうかあ?

「酔っ払ってた人にはわからないの」

「……」

その、東日本大震災から避難してきた生徒の親が

「やっぱりちょっとショック受けてるみたいだから迎えに来たの」

そっかー。

山形県において震度6を記録したのは初めてみたいだ。あの新潟地震や東日本大震災ですら5だったのに。

さて、この地震はなんと名づけられるのだろう。ご心配をおかけしたみたいですが、わたしは無事です。家族も猫も元気です

コメント (2)

今月の名言2019年5月号PART2 あからさま

2019-05-31 | ニュース

Dragon Ash 静かな日々の階段を

2019年5月号PART1「登戸の事件」はこちら

「僕が小説の中で、手探りで用心深く扱ってきた、心の底の魑魅魍魎や闇の世界が、今のSNSとかのインターネットの仕組みの裏から、我々の表の世界にじわじわと忍びだしてきている気がします。」

作家生活40年の村上春樹特別インタビューから。ネットの世の中になって、誰でも感じるのはいろんなことが“あからさま”になったこと。年寄りくさく言えば、たしなみというものがなくなったなと。だからおよそ品というものが感じられない人間が跋扈し、そのことにみんな慣れていく。そんななかでも屈指の人物が……

「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」

「戦争しないとどうしようもなくないですか」

ご存じ丸山穂高衆議院議員による、国後島でのビザなし交流においての発言。第2次日露戦争で領土を奪還しろと考えているらしい。気が遠くなるような部落差別発言をした長谷川豊といい、維新というのは人材が豊富だったんだなあ。あからさま、という表現がこれほど似合う政党もめずらしい。

本日の1曲はDragon Ash「静かな日々の階段を」あの映画が、いかに才能のある若手を起用していたかが今見るとはっきりと証明されている。

コメント

今月の名言2019年5月号PART1 登戸の事件

2019-05-30 | ニュース

Everytime You Go Away (1995) - Hall & Oates

2019年4月号PART5「ラジオの人」はこちら

「…………」

登戸の事件の異様さは、犯人の無言にあると思う。むしろ絶叫して子どもたちに襲いかかったのなら、何らかの激情が背景にあったのだろうと類推できる。しかし51才の彼はまったくの無言で19人を刺し、そして自分をも始末した。なにごとも語らないままで。

彼の目に映る私学の小学生たち、そしてその保護者たちは一種の幸福の象徴のように見えたのだと思う。それにひきかえおれは……と。こんな発想こそが罪深く、貧しい。生きていく上で、なんの屈託もなく過ごす時間などほとんどない。みんな、悩み、苦しみながら生きているのだ。そのことを想像できなかったあたりが、彼のもっとも大きな罪ではないか。

本日の1曲は、ブルーアイドソウルの最高傑作。ホール&オーツの「Everytime You Go Away」そうだよね、あなたがいなくなるときは、自分の一部がなくなることだ。

PART2「あからさま」につづく

コメント

今月の名言2019年2月号PART3 原子力という商売 10cc - The Things We Do For Love

2019-03-04 | ニュース

10cc - The Things We Do For Love (official video)

PART2「センター試験」はこちら

「原子力発電所と原子爆弾が頭の中で結び付いている人に両者は違うと理解させるのは難しい」

中部電力浜岡原子力発電所を視察した経団連の中西宏明会長の発言。これはしかし、彼の血の叫びだろう。というのも、中西氏は日立製作所の会長でもあるからだ。そして日立は、昨年の暮れにイギリスに建設予定だった原発の建設を断念している。原因は建設費の高騰で出資が集まらなかったから。

だけでなく、海外への原発輸出計画は総崩れになっている。日立はリトアニアでも国民投票で反対されて撤退、台湾の計画も凍結された。トルコにおける三菱重工の計画もポシャり、ベトナムでもだめ。東芝にいたってはウェスチングハウスがらみで会社自体がゆらいでしまった。

国内外で原子力発電所の新設計画はこれで無くなり、日立のようなプラントメーカーの先行きは暗いままだ。問題発言もしたくなろうというもの。トップセールスでイギリスの計画をまとめた(ということになっている)現首相に、なんとかしろという意味合いもあってぶち切れて見せたわけだ。

にしても、自国の福島のメルトダウンによって安全対策のハードルが上がり、だから建設費が高騰しているわけで、中西会長の発言はやはり八つ当たりに近い。という以前に、原発事故で苦しんでいる人たちがたくさんいるなかで、海外へ原発を輸出しようというその心根が理解できない

もうひとつ。

原発が安全で安価だということは詐術に過ぎなかった。本気で信じていたのだとすれば間抜けな話だし、意図的に無視してきたのだとすれば罪深い話。

そしてそれ以上に、原子力発電にそれでも拘泥するのは商売としてどうなの、という話が先に来る。ギブアップした途端に原発は不良債権のかたまりになる、おれの代でそんなことになってたまるかという心情は理解できても擁護は出来ない。傷が浅いうちに勇気ある撤退を行うのが有能な経営者というものではないか。商売のセンスが問われています。

本日の1曲は10ccの「愛ゆえに」いやーすごい邦題。これが入ったアルバムは何回も聴いたなあ。

2019年3月号PART1「イチロー引退会見」につづく

コメント

追悼橋本治。

2019-01-29 | ニュース

狼狽している。

なんなんだと。確かに身体を悪くしていることは作品で語られていたけれども、それにしたって……

この欠落がいかに大きいか。

毎日、新聞やテレビを見ながらわたしも含めて「この国はダメだなあ」と安易に言うけれども、なぜダメなのかをきちんと知らせてくれる人だったのに。

記号としての橋本治はわかりやすい。東大バリケードの看板、桃尻娘、美術史、そして歴史や現状を大づかみにして提供する誰よりも有能な人。

だれけども、誰にもその尻尾をつかませなかったわけで……

草薙の剣」という傑作を最後に提供してくれたことが救いではある。2018年のベストワンに決めたばかりなのに。

玲奈、醒井、木川田!きみたちを生み出した天才は逝ってしまったぞ。

コメント

今月の名言2018年11月号PART3 強欲。

2018-12-03 | ニュース

Double Vision - Foreigner

PART2「山火事の火元」はこちら

「ゴーンはgreedy(強欲)だ。正論は吐くが結局は金だ。」

日産役員のゴーン評。この“事件”がどのような展開を見せるのかはさっぱり読めない。ゴーンの罪状が有価証券報告書の虚偽記載にとどまるなら、長い勾留への批判は世界からあびせられる。特にマクロンは怒っているだろうな。

しかし強欲であることは確かで、金を持っていれば持つほどもっと金が欲しくなるものなのかとしみじみ。2万人の首を切ったあのころ、ゴーンをヒーロー扱いしていた層ですら、さすがにこの金銭欲には呆れているかもしれない。

わたしの世代のクルマ好きは、ほぼ例外なくトヨタよりも日産を支持しているので、現在の“日本を商圏としてあつかっていない”日産には不満がたまっている。売れるクルマがNOTEとセレナだけ、というのはどういうことなの。

スカイラインを妙にゴージャスな大型車にしてしまったことも含めて、迷走はつづいている。連携の形はどうあれ、クルマづくりの方向性をもっと明確にしてよ日産。

PART4「日銀の敵」につづく

本日の1曲はフォリナーの「Double Vision」わたしは彼らの曲の中で、これがいちばん好きかな。

コメント

今月の名言2018年11月号PART2 山火事の火元

2018-12-01 | ニュース

PART1「平成の次。」はこちら

「森林管理の質の低さ以外に理由はない」

トランプ大統領が山火事への州政府の対応をやり玉に。それに

「独り善がりだ」

レディー・ガガが返し

「被災者や消防活動を支援することは、党派を超えた問題だ」

レオナルド・ディカプリオ。どうやらあの国は(昔からそうだったようだけど)大統領よりも芸能人のほうがよほど冷静。にしても、今度の「スター誕生」はレディー・ガガが主演しているんだけど、はてしなく傑作の匂いがする。

PART3「強欲」につづく

コメント

今月の名言2018年11月号PART1 平成の次。

2018-11-30 | ニュース

そろそろいかなくちゃ スガシカオcover 秦基博

2018年10月号PART2「学生って何?」はこちら

「元号法では、元号が改められるのは皇位継承があった時と書いてある」

保守派の衛藤晟一首相補佐官や古屋圭司・元国家公安委員長が二階自民党幹事長に新元号の事前公表に反対して。つまりは事前に公表するのは伝統に反するから許さんと。とてもいい話だ。いいでしょう。そういう人たちにこそぜひ元号を守っていただきたい。

ただし、だったら「常に元号を使え」というしばりだけは外していただかないと

おそらく今度の改元で、加速度的に元号を使う人は(最初は熱狂するでしょうけどね)減少するだろう。なにしろ不便だから。昭和の長さがこれまではそれを遠いものにしていたし、コンピュータがこれほど身近な存在になるとは誰も考えていなかった。

それでも元号を使えというなら、少なくとも新元号を三ヶ月前に公表すべきだ。できないでしょう?それはあなたたちにとって今上の不幸を預言する建前でもあるわけだから。だったら、公文書に年号を押しつける愚はもうおしまいにしてほしい。

このご時世に、MだのTだのSだのHだのと騒いでいることの不条理を不条理と感じる感性があるのか。今上が、生きているうちに譲位するという決断をくだした重みを、右翼のほうが微塵も忖度していない。そしてそれは、むかしから続いていることなんだよね。

2018年11月号PART2「山火事の火元」につづく

本日の1曲はスガシカオの名曲を秦基博がカバーした「そろそろいかなくちゃ」。歌詞にある「正午」の意味こそがこの曲のキモだ。時代の閉塞感、なんてお定まりのフレーズでくくれない絶望。

コメント

今月の名言2018年6月号PART2 邪悪。 Symphony N° 25 de Mozart en Sol mineur, K. 183 conduit par Karl Böhm

2018-07-02 | ニュース

Symphony N° 25 de Mozart en Sol mineur, K. 183 conduit par Karl Böhm (Philharmonique Vienne)

PART1「養護教諭」はこちら

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします
ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします
これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします

……もちろんこれは目黒で行われた船戸結愛ちゃんへの虐待の過程でつづられたものだ。気が遠くなる。両親が彼女にどのような言葉を投げつけていたか、はっきりと浮き出ている。

しかも、この両親は彼女にダイエットの記録をつけろと命じていたのだ。

はあ?

その結果、結愛ちゃんの体重は12.2キロに……。

わたしにはどうしても想像がつかない。母親が再婚した男に遠慮しながら加虐に走る例はこれまでもあった。しかし新しい父親(でなど絶対にないが)の、この気が遠くなるようないじめ体質はどうしたことだろう。

収監されると、幼児への加虐を行った人間は激しくいたぶられる。それは、犯罪者のなかでも最低だからだ。だから黙秘に転じたのか?その意味でも最低。

画像をあげるにしのびない。ということで申しわけないけど本日の1曲は御大に登場願おう。カール・ベームによるモーツァルトの交響曲第25番。これくらいじゃないとこの邪悪さに立ち向かえない。

コメント

今月の名言2018年5月号PART4 日本大学 Crowded House - Don't Dream It's Over Live (HQ)

2018-06-05 | ニュース

Crowded House - Don't Dream It's Over Live (HQ)

PART3「豪腕の秘密」はこちら

「見ても、見なくてもどっちでもいい」

内田監督やコーチよりも有名になってしまった、記者会見におけるあの広報。元ジャーナリストだとか。体質というのはこういうところから見えてくるんだな。わたしはしかし、日本中が一斉に日大叩きを演じている状況もちょっと気持ち悪い。もちろん、恐怖政治をしいた監督を嫌悪することにわたしは人後に落ちないが。

日大についてはわたしは含むところは全くない。体育会系とはこういうものなんだなあと唾棄するだけだ。日本大学について思い出すとすれば、卒業生である藤竜也

「どうでもいいよ、あんな大学」

と吐き捨てていたのが当時の時代の空気だろうか。栄光の日大芸術学部出身者として、太田光や三谷幸喜は今回の事件をどう考えているのだろう。

本日の1曲はクラウデッド・ハウスの「ドント・ドリーム・イッツ・オーバー」。

オーストラリアのバンドはやっぱりコーラスきれいですよね。タイトルで日大にケンカ売ってるわけじゃないです。

2018年6月号PART1「養護教諭」につづく

コメント (2)