事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

古畑任三郎を全部観る Vol.28「若旦那の犯罪」

2009-02-28 | テレビ番組

Umenoyasukiyo01 第27話「黒岩博士の恐怖」はこちら

 前回がスペシャルだったので、レギュラーとしてのサードシーズンはこの回から開始。犯人は市川染五郎。この天下の二枚目に“古典嫌いだが客にだけはうける落語家”を演じさせている。設定が事件に深く関わっているあたりはうまい。

 ミステリの柱としては二本立て。ダイイング・メッセージとアリバイトリック。“陰気くさいがネタづくりは一流”の兄弟子は、なぜ殺されたときに煮干しを握っていたか。落語の素養がある人ならニヤリと笑ったことと思う。

 しかしアリバイトリックの方はしんどい。師匠と1対1の稽古に身代わりをたて(しかも被害者が加害者の代わりになる)、それがばれないと期待するのは、いかに師匠が“目がいけなくなっている”とはいえいかがなものだろう。

 おまけに、今度は加害者が被害者の代わりに老人ホームの慰問にでかけ、それもばれないと予測するあたり、若旦那というより与太郎の犯罪に近い。まあ、兄弟子と市川染五郎がそっくりだとしたらこんなツッコミも有効だが、演じているのがモロ師岡(役名がタカダワタルなのが笑える)なのでギャグとしては十分に機能しています(^o^)。
 さて、ミステリとして弱いときはセリフでカバーなのはサードシーズンもいっしょ。梅野泰靖が演ずる師匠、気楽亭有楽が古畑に実に味のあるセリフを。

「噺家ってのは……どっかバカなとこがなきゃねぇ。」

「あせりのねぇ芸人なんて、いねえんですよ。あたしだってさあ、いつも寝汗かいてます。近ごらぁ、これに寝しょんべんまで……あ、これ笑いどころね。」

 つまり、今回は三谷幸喜のお気に入りである梅野泰靖の魅力爆発の回だったのだ。落語家を演じた三人が、いずれも本職ではなかったあたり、配役も芸になっている。

第29話「その男、多忙につき」につづく。

コメント

今月の名言 09年2月号政治篇「中川くんのこと」

2009-02-28 | ニュース

Nakagawashoichi01 芸能篇はこちら

「すごい風邪薬もあったもんだ」

中川昭一(前)金融大臣の会見を見た自民党実力者の発言。一連の酔っぱらい醜態報道は、同行の記者もいっしょだったこともあってか遠慮しているのが見え見え。あんなものデロデロになるまでゴックンしていたに違いないし、バチカン博物館では展示物に馬乗りにまでなったというではないか。だいたい、大量に風邪薬を服用していたってのはヤク中だと誤解されてもしかたがない(佐藤優の指摘)。

重要と思われるポイントはいくつかある。

・記者会見であれほどの状態なら、たとえばロシアとの会談ではちゃんとしていたのか。

・同行していた財務省職員がなぜ会見への出席をとめなかったのか。

・ご乱行は今回海外メディアもいたから大々的に報道されたが、国内では(すでに報じられているもの以外に)もっとたーくさんあったのではないか。

……中川といえば、わたしの世代にとっては父親の一郎もなじみ深い。青嵐会を石原慎太郎などと組織して、数的に微少だったからこそタカ派的言辞を過激にくり広げていたことをおぼえている。そんな一郎が自殺し(たことになっている)、跡目を鈴木宗男と争わなければならなかった昭一は、政界というものに大きな屈託と野心をかかえていることと思う。その野心と、エリートコースを歩んだプライドが合体し、おまけにジュニアとして道内の支持者に庇護されてきた過去が、こんな政治家を生んでしまった。

 しかしわたしもアル中だから言える。この男は内心、常に不安をかかえておびえていたのだろう。憶病だから、酒を飲んでしまうのだ。

「大事な仕事の前は飲まないようにしている」

まさか。大事な仕事の前だから飲んでしまうのがアル中というものなのだ。NHKの慰安婦問題などで、常に他者を攻撃することでしか自分を保てないでいたのは同じような出自の安倍晋三と同様。財務省が彼へのケアをサボタージュした気持ちはよくわかる。上司として、まず最低の部類だろう。

 さて、一郎の死が自殺だとしたら“自殺者の家族”である昭一はこう考えているはず。「こんなケリのつけ方もあるわけだ」と。わたしは、今日あの男が首をくくったとしても驚かない。それとも、今夜も飲酒という形で緩慢な自殺を図っているだろうか。

コメント

今月の名言 09年2月号芸能篇

2009-02-27 | うんちく・小ネタ

Gururinokoto01_2  09年1月号はこちら

「無性にライバル意識が沸いてくる。僕だってヌードになっているんです!」

ブルーリボン賞授賞式において、リリー・フランキーが新人賞を同時受賞した「蛇とピアス」の吉高由里子のことを意識したコメント。「蛇と~」はともかく、リリーと木村多江が主演した「ぐるりのこと」は観たかったなあ。いや、リリーの裸が観たいわけではなくてね。
 わたし、木村多江とか吉瀬美智子とかのタイプにすごく弱いんです。

「少年メリケンサック」の舞台挨拶に、佐藤浩市は忙しくて参加できなかった。そのため、「何も考えずに見てください。考えて見る映画じゃありません。ぜひ楽しんで!」と早口でまくし立てるメッセージがよせられた。監督の宮藤官九郎がひとこと。

「何だか忙しそうだったから、きっと今誰かを“守ってる”んでしょうね」

宮藤はキャンペーンのためにテレビ番組に出まくっている。三谷幸喜ばりに。とんねるずの石橋にそう指摘されると

「(三谷ほどは)無理です。」

三谷と宮藤では、キャラが微妙に違っているわけだ。

01アカデミー賞短篇アニメ賞を受賞した加藤久仁生監督。

“Thank you, my pencil.”

おみごと。あ、アカデミー賞からはもうひとつ。今年司会をやって大好評だったヒュー・ジャックマンのしゃれのきつい発言。

「ぼくも『オーストラリア』って映画に出ているんだけど、こういう景気だから来年はもっと小さい規模の作品に出るかも。『ニュージーランド』とか。」

政治篇「中川くんのこと」につづく。

コメント

わたし怒ってます~派生需要PART4

2009-02-26 | 社会・経済

Koizumiandbushfamily PART3はこちら

 素人だからこそ思う。構造改革によって生産性が“上がった”って、要するに派遣などで労働コストを“下げた”にすぎないじゃないか。そうやって積み上がった内部留保を、労働者に還元しないで自社株買いなどのマネーゲームにつぎこんだらこの始末。どこかで聞いたような話だと思ったらバブルといっしょじゃん!

やけにサブプライムという単語がひとり歩きしているのを不思議に思っていたら、サブプライムと言っておけば「悪かったのはアメリカ。日本の経営者はこれだけのクライシスを想像できるはずもないし、責任も当然ありません」と主張できるわけだ。これから春闘があるんだけど、トヨタはベースアップどころか定期昇給幅の削減までもくろんでいる。史上空前のもうけのときは「国際競争力のため」、金融危機のときは「出せるはずがない」……よくもまあ(笑)。

こんな経営者たちが、ついこの間までホワイトカラー・エグゼンプションとやらを提唱していたんだよ。自律的な労働?時間外手当を削減したかっただけなのがこれでよーくわかった。同じ口が今度はワーク・シェアリングときた。この制度自体はしごくまっとうなものだと思うけど、正規雇用社員のコストも流動化したいだけなんだろうと既に透けて見える。もう、だまされないようにしなければ。

最後に、これだけは言っておこう。こんな事態にまきこまれたのは、文句なく前回の衆院選で小泉が大勝したことが影響している。改革!改革!と、実はたいした問題ではなかったはずの郵政改革(いちばん喜んだのは個人資産を引き入れるチャンスができたアメリカ)だけを声高に叫んだ小泉純一郎率いる自民党に、誰よりも若い有権者たちが熱狂したことを思い起こしてほしい。結果として誰よりもその世代がいま苦しい思いをしているのだ。

“わかりやすさ”や“情緒的報道”に踊らされず、少しでもましな政治にもっていこう。わたしも怒ってばかりいないで、冷静に考えることにします。

【わたし怒ってます~派生需要・おしまい】

コメント

わたし怒ってます~派生需要PART3

2009-02-25 | 社会・経済

519kwzpqspl   PART2はこちら

 ちかごろわたしが気になっているフレーズに「前年比」あるいは「前年同月比」がある。売り上げ、利益の大幅な落ち込みを形容するのによく使われる。「100年に一度の経済危機ですねー」と再確認するのにまことに便利。でもちょっと待って。肝心のその“前年”というのは、企業が空前の利益を上げていた年じゃなかったっけ?下の共同通信の記事を読んでもらおう。

大手製造業、株主重視で人員削減 内部留保、空前の33兆円
2008年12月23日 22:08

大量の人員削減を進めるトヨタ自動車やキヤノンなど日本を代表する大手製造業16社で、利益から配当金などを引いた2008年9月末の内部留保合計額が、景気回復前の02年3月期末から倍増し空前の約33兆6000億円に達したことが23日、共同通信社の集計で明らかになった。過去の好景気による利益が、人件費に回らず巨額余資として企業内部に積み上がった格好。08年4月以降に判明した各社の人員削減合計数は約4万人に上るが世界的な景気後退に直面する企業は財務基盤の強化を優先、人員削減を中心とするリストラは今後も加速する見通し。

 08年度の純利益減少は必至の情勢だが配当水準を維持、増やす方針の企業が目立ち株主重視の姿勢も鮮明だ。派遣社員などで組織する労働組合は「労働者への還元が不十分なまま利益をため込んだ上、業績が不透明になった途端、安易に人減らしに頼っている」と批判している。

 集計によると内部留保の合計は01年度末の約17兆円から08年9月末に98%も増加。この間に米国の金融資本主義が広がり「株主重視」の経営を求める風潮が日本でも強まった。増配や自社株買いなどで市場での評価を高める経営手法がもてはやされた。

……ね?明らかに儲かっているんですよ。で、この積み上がった内部留保がありながら、どうして雇用確保に使わないんだという論議は当然出てくる。わたしだってそう思った。

でも構造改革派は「これだから経済を知らない人間は困る。内部留保といったって企業が現金をかかえているわけがないじゃないか。」てな感じ。おいおい違うだろ。

以下次号

コメント

わたし怒ってます~派生需要PART2

2009-02-25 | 社会・経済

Shimadaharuo01 PART1はこちら

 さて、雇用とは生産の派生需要にすぎない、と主張した島田晴雄とはどんな人物だろう。前にプリウスのCMに出ていたし、コメンテーターとしても売れっ子だったから、顔はご存じの読者も多いと思う。小泉内閣のときに内閣府特命顧問として、もっとはっきり言うと小泉文化人として構造改革を支えてきた人なのだ。

 そう考えれば、「100年に一度の経済危機」(このフレーズはさまざまな人の責任逃れに最適)のなかで、小泉構造改革への批判が高まっているからといって簡単に“転向”はできまい。むしろ竹中平蔵と同じように構造改革をもっと推進することで成長に転ずることができると主張し続けなければならないわけだ。

 確かに彼の意見は、小泉ワンフレーズ首相と同じようにひたすらわかりやすいし、責任は評判の悪い麻生政権にあると主張することで耳に心地いい。

 しかし。

 彼の路線の行き着いた果てがこの始末だ。小泉政権下、規制緩和の名のもとに製造業への派遣労働が認められ、確かに“雇用の場”は増えた。素晴らしいことだ。が、それではなぜ、今までこんな素晴らしいことが行われなかったのだろう。それは、この国が“歯止めのきかない国”だからではないのか。せめて製造業への派遣を認めない旧制度が、かろうじてこんな最悪の事態への道をふさいでいたのではないか。おかげでもっと古い『口入れ屋の搾取』の世界に舞い戻ってしまったのだ。いったい旧制度はどっちだ。

 しかも、島田の論に決定的に欠けているのが、労働者もまた消費者であるという発想。「雇用は生産の派生需要」をつきつめていけば、終着点は「民が滅んで企業が残る」であり、民が滅ぶ以上、企業が生き残れるはずもない。まして、格差社会の到来で治安の悪化、生活保護受給者の増加といった社会的コストが増大していることを考えれば、国も滅ぶことは自明ではないか。あ、そうか。グローバルカンパニーたちはそれでかまわないってことなんだね?

以下次号

コメント

わたし怒ってます~派生需要PART1

2009-02-24 | 社会・経済

Hakennmura01  休日の午後、わたしはひとりでラーメン屋に入り、ワンタンメンの大盛りに食らいついていた。“何かを読みながらでないと食べられない”悪癖をもつわたしは、相席なので朝日新聞を小さく折りたたんで読む。『耕論』という特集ページで、派遣切りについて、労組代表者、会社経営者、経済学者の三者がそれぞれ主張を。

 そのなかで、島田という千葉商科大学学長の主張を読みながらわたしは目を疑った。こんな論旨だったのだ。

・企業は経済環境の変化に対応し、必死に生き延びるために雇用調整を急いでいるのであって、その経営判断は全く適切だ。

・世界規模でコスト競争を迫られている企業にとって、非正社員の存在は、経営の柔軟性を確保するために欠かせない。

・企業が蓄えている内部留保を雇用維持にあてることにも反対だ。雇用維持に使われるようなことがあれば、成長性を疑われ、株価が下がってしまうだろう。

・生産があるから雇用が生まれるのであり、雇用というのは生産の「派生需要」に過ぎない。つまり企業にとって最大の社会的責任と使命は、生産性を上げて競争に勝つ以外にない。それができなければ生き残れず、新たな雇用創出もできない。

・企業が今やるべきなのは、雇用調整と同時に、競争に勝つ戦略を立てることだ。

・雇用問題の矛先を企業に向けるのは筋違いで、政府の施策が生ぬるいことが最大の問題だ。 企業の生産基盤を強化するのも国の責務なのに、法人税率引き下げや、海外からの投資が入りやすい環境整備は一向に進んでいない。政府の怠慢は目を覆うばかりだ。

わかりやすっ!つまり経営者たるもの、企業の社会的責任などという戯言に耳をかたむけるな、どんなタクティクスを使ってもいいからとにかく競争に勝て!今がひどい状況なのは“規制緩和がまだ中途半端だから”だ、つくれ!売れ!成長しろ!……派遣切りに対する世間の怒りや、派遣村への同情的な報道にいらついていた層は、この主張に溜飲の下がる思いだったろう。

実際、ネットでは「当然のこと」「やっとまともな論議になる」と歓迎する向きが多い。しかしちょっと待て。

以下次号

コメント

古畑任三郎を全部観る Vol.27「黒岩博士の恐怖」

2009-02-24 | テレビ番組

Ogataken03 第26話「古畑任三郎 VS SMAP」はこちら

 サードシーズン開始。歴然と、今までよりも金がかかっている。画面に深みがあるというか。演出も気合い入りまくり。ただ、これまでのチープさも失礼ながら捨てがたいのだが。

 オープニングで西園寺刑事登場。今泉と違い、みんなから愛されていることがよくわかる。彼が招集されたのは、いまは現場を離れている古畑任三郎を呼び戻すこと。

え、古畑が現場を離れている?

ご心配なく。悪のりしたスタッフが、単に古畑にハンニバル・レクターのパロディを演じさせたかっただけなので。今回は、そのハンニバルばりの猟奇犯罪。死体の肛門に、おみくじが挿入された“殺人”事件が連続する。犯人はどんな意図があって、そして“どの時点で”おみくじを仕込んだのか……

 犯人が検死医の緒形拳であることで、この犯罪の“WHEN”は視聴者にもすぐわかる仕組み。問題は“WHY”と、古畑がどうやって立証するかだ。

 実はこれがちょっと弱い。“最後の殺人”で、なぜ殺す前におみくじを入れなかったかの理由が「衝撃ではずれるかもしれない」は苦しいし(見せかけの犯人の立場からすればそれでもかまわないはず)、立証も偶然に頼りすぎている。ただ、だからこそ今泉慎太郎が古畑には必要なのだという理由に持っていったあたりはしぶとい。今泉は湘北高校における桜木に該当する不確定要素だったわけだ。

 しかし、多くの欠点を内包しながらも、緒形拳と田村正和のかけ合いがすべてを吹き飛ばす。研究室で、アルコールランプでスルメをあぶる黒岩博士と、茶々を入れる古畑。全シリーズを通してのベストシーンだ。

黒岩:たいした男だよ古畑。ただ、刑事にしては少し頭が切れすぎる。

つくづく、惜しい役者を亡くしたものだと思う。
タイトルどおり恐怖映画の手法をふんだんに使い、それだけでは息苦しいので古畑の推理はひたすら明るいファミレス(マネージャーの八嶋智人が絶妙の合いの手を入れる)で行われるなど、気配りの回でもある。おみごと。

第28話「若旦那の犯罪」につづく

コメント

「おくりびと」アカデミー賞ゲット!

2009-02-23 | ニュース

Okuribito13_3 作品の特集はこちら

なんとなんと、アカデミー賞外国語映画賞受賞。
“地元民”として素直にうれしい。ロケーションに参加した人たちはまして大喜びだろう。徹底してローカルにこだわったつくりが、結果としてインターナショナルにつながるとは示唆に富んでいる。

日本アカデミー賞を総どりした関係もあってか、週末に行われた旧平田町のシアターOZでの上映会は(上映回数を増やしたにもかかわらず)立ち見まで出たそうだ。シネコンがとりこぼしている観客はやはり数多いということなのだろう。そのシネコンにしても、本家を受賞したことでますます動員は伸びるはず。県内で8万人が観たそうだが、まだ100万人以上が観ていないんだしね。

それにしても運が強い。本命視されていたイスラエルのアニメは、このご時世だからなかなか票が集まらなかった(ハリウッドがユダヤ人社会であるがゆえに)こともあるだろう。しかしその運をいかすことができるのも作品の力だ。

もちろん、こんな僥倖(と言っては失礼だが)はそう存在しない。でも、誰が『納棺師』という縁起でもない題材の映画が興収30億をかせぎ、しかもアカデミー賞をゲットすると想像しただろう。映画というメディアには、まだまだ奇跡が存在するキャパシティがある。そのことが、なによりもうれしい。近所で撮られていた、あの映画がねえ。

「たそがれ清兵衛」につづくノミネート、そして今回の受賞と、庄内ロケはゲンがいい。さて、次の地元映画で期待できるのは……「山形スクリーム」(ギャガ)と「リトルカントリー」(松竹)っすか!

※「ヒロスエ、負けてねぇ。」アカデミー賞関係のニュースで、レッドカーペットを歩く「おくりびと」チームを見てつくづく。って誰と比べてるんだオレは

コメント

「28日後…」&「28週後…」

2009-02-22 | 洋画

28weekslater02_2  「28日後…」28 Days Later…(2002 FOX)
監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ クリストファー・エクルストン ナオミ・ハリス

スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞確実な(勝手に断定)ダニー・ボイルのゾンビ映画。とんがった監督が嬉々として(のように見える)ショッカーを撮る気持ちはわからないでもない。確かによく出来ているし。しかしもっと撮らなければならないものがあったのでは?ゾンビ化はきっと何かのメタファなんだろうけどねぇ……。

劇場公開版とDVDではエンディングが違う。ハローの意味が……☆☆☆★★★

「28週後…」28 Weeks Later…(2007 FOX)
製作総指揮:ダニー・ボイル 監督:ファン・カルロス・フレナディージョ 出演:ロバート・カーライル キャサリン・マコーマック

ボイルが製作にまわった続篇は、子どもが主人公であることで地獄っぷりが前作を上回る。ひょっとしたら撮りたかったのは『英国沈没』だったか、とも思う。無人のイングランドの美しさは息を呑むほどだ。それにしても、イギリスの国家的災害においてやってくるのはNATOじゃなくて米軍が前面に。そりゃ、西部劇っすか。騎兵隊ってことすか。

なぜあの家系だけが感染しないか……ヨーロッパ人たちはちゃんと納得したのだろうか☆☆☆★★

コメント