事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

マジック 巨人 VS DeNA in 東京ドーム

2019-08-24 | スポーツ

見ていない人も多いでしょうから(っていうかみんな日テレ?ドームの外には黄色いTシャツの人たちがいっぱいいたんじゃないの)、巨人VS DeNAの11回裏をご紹介。スコアはいろいろあって6-6。

重信がライト前にヒット。無死一塁。次打者はきのう3イニングを投げた田口を前回からそのまま。東京ドームにいる全員がバントのためだと思う。ピッチャーは日ハムから移籍したエスコバー。速球は150キロ台後半でビュンビュン来る。スライダーでも140キロ台中盤。

田口は今季から中継ぎに回っているので打席にほとんど入っていない。そんな打者にエスコバーの球は怖いに決まってる。田口は三塁コーチャーの元木を何度も見てサインを確認。カウントは1-0

ここでなんと重信が単独スチール。成功。

試合後に解説の梨田さんは

「原マジックですね。マジックも点灯したし」

とボケをかましてくれたが、本当にこれ、原マジックだったの?単なるサイン違いじゃないの(笑)

そして2-0からピンチヒッターとして石川。彼も日ハムから。

思い切り振り切った打球はセンターを越え、観客席へ。サヨナラ2ラン。

ふう、疲れた。やってくれる子だと思っていたよ石川。しかも、彼の美点はヒーローインタビューが面白いこと。さすが関西人。

「(坂本)勇人さんから3球振って帰ってこいと言われてて、でも初球を見逃したんでもう勇人さんの方を見れなくて」

あははは。4時間たっぷり楽しめました。丸の完璧なホームランや三嶋のコントロール、そしてもうみんな気づいてましたか国吉と石川の美貌も鑑賞できてお得な試合でした。

実は投手交代が一拍ずつ早すぎた監督のミスを、選手がカバーした試合と言えるかもしれない。その意味ではマジック。

コメント

日本の警察 その108 「福家警部補の考察」大倉崇裕著 東京創元社

2019-08-24 | 日本の警察

その107「殺人鬼がもう一人」はこちら

警視庁版コロンボ、福家警部補シリーズ第5弾。例によってわたしはこの女性刑事が苦手です(笑)。

コロンボの場合は“犯人にとってのみ”悪魔のような男だけれど、視聴者にとっては天使のような存在でもあった。

でもねー、この警察とは思えない装いと、冷たいお汁粉&お酒の大好きな女性は、単に意地悪な権力者にしか見えないんだよなあ。

特に犯人が魅力的である場合にそれは顕著。罪悪感を感じることのできない主婦や、バーテンダーであることに誇りをもっている女性相手だと、格が違うとしか。この二人は実にいいですよ。

フジテレビ版の檀れいと必死で脳内変換しながら読み終えました(笑)

コメント

勝手に人生相談Vol.27「いつもふたりで」 I Miss You - Klymaxx (Lyrics)

2019-08-24 | 日記・エッセイ・コラム

I Miss You - Klymaxx (Lyrics)

Vol.26「夢見る六十代」はこちら

30代女性会社員。母の束縛がひどく、自分の将来が不安です。

毎日職場まで母に送迎され、タイムスケジュール通りの行動が要求されます。スマートフォンを使う時間も制限されています。

母が知っている範囲の友人にしか会うことができず、もちろん彼氏もいません。許可なく外出はできません。

休日は母と買い物に行きます。そこで、母が気に入った私の服を購入しています。また、家では母の服を着ることもあります。服のコーディネートをしてもらうこともあります。

最近、週休2日の職場に転職するよう、口出ししてくるようになりました。私との時間がもっと欲しいようなのです。

私は人付き合いもなく、みんなが話す話題もわからなくなってきました。逆に母はイキイキしています。束縛されながらも自分らしく生きるには、どうすればいいのでしょうか。
(大阪・O子)

……うおおおおお。久方ぶりに歯ごたえのある相談。でもよく考えてみれば、スマホの制限、送迎、コーディネートなど、すばらしいお母さんだな、娘が小中学生なら

相談者のO子さんもなかなかの人物で、母親の束縛から本気で逃げようとはしていない。束縛があること前提でどう生きるかを相談している。

この相談に父親の存在がまったく出てこないのはむしろ自然で、もしもいるのだとしても、よほど存在感のない人物か、あるいは妻を娘のように溺愛し、コントロールしているのかもしれない。あ、怖いことを考えてしまった。

世の中には仲のいい母娘は数多い。にしてもこの事例が異常であることは確かだ。そしてO子さんは三十代になってようやくその異常さに気づいたのである。母親の圧制はスマートに行われたので気づけなかったのかもしれないが、それにしてもすごい。

この調子で進めば、あと二十年後にこの母と娘がどうなっていることか。だってことここに至っても家を出ることすら考えられない娘なんですよ。まあ、そんなことを言い出せば母親がどのようなリアクションをとるか、容易に想像できます。あ、また怖いことを考えてしまった。

本日の1曲は、これが母と娘の歌だとしたら怖いKlymaxxのI Miss You

コメント

うまい店ピンポイント 夏休みラーメン祭り2019総集篇

2019-08-23 | 食・レシピ

ということで夏休みラーメン祭り2019は終了。どんな具合だったかと言うと

01.華煌(げっこう)煮干し中華篇

02.麺屋さかた冷やしラーメン篇

03.花や2nd辛つけ麺300g篇

04.照月普通のラーメン篇

05.火山食堂普通のラーメン篇

06.米沢屋あとがけソース焼きそば篇

07.とみ将チャーシュー麺篇

08.寿々来太麺篇

09.五十嵐製麺サッポロ味噌篇

10.花火煮干し太麺篇

11.月輪(がちりん)濃厚つけ麺篇

12.川柳冷やしラーメン篇

13.馬場にく中華篇

14.大来軒上安町店冷やし中華篇

15.文下食堂初恋篇

16.田村食堂タンメン篇

17.味好本店焼肉ラーメン篇

けっこう食べたなあ。今年も市役所に外勤に行く機会が多かったので、本町周辺のお店が中心になった。いつもはほとんど出かけない場所(中心街なのに)なので、火山食堂と寿々来に初めて行くことができたのはうれしい。

実はなかにはいかがなものかという店もあったけど(読み取ってください)、いつも行っているお店の実力を実感できて、それはそれでいい感じ。まもなくこんなバカなお祭りはやれなくなるわけだし、記念にアップしておきました。それではまた秋篇でお目にかかりましょう。

コメント

「カササギ殺人事件(上・下)」アンソニー・ホロヴィッツ著 創元推理文庫

2019-08-23 | ミステリ

作品の中に作品が仕込んである、という趣向は珍しいものではない。でも、その作中作が現実(という名のもうひとつの作品)とどうからむか、という点においてものすごく考えてある。昨年末のミステリランキングトップを独占しただけのことはある。

仕掛けが周到であることだけでこれだけの評価はなかなか。それ以上に作中作のクリスティっぷりがすばらしくて、まもなく命が燃え尽きようとしている名探偵が、ポワロの個性をもうひとひねりしてあるあたりもうれしい。

ミステリの中でなら容疑者は限定できる。でも現実はそうはいかない……というもう一人の名探偵の嘆きを挿入するあたり、うまいなあつくづく。

コメント

「草々不一」 朝井まかて著 講談社

2019-08-22 | 本と雑誌

朝井まかての武家もの短編集。文句なく傑作。

決戦!忠臣蔵」で既に読んでいた「妻の一分」は、大石内蔵助の妻りくのそばにいた“彼”が語る忠臣蔵の真実。これが平均作に思えるほどにすばらしい作品が並んでいる。

宮仕えから離れて、ふくよかな年上の芸者と静かに暮らしている浪人、そこへ彼が藩をはなれることになった事情がまとわりつき……ラストの女の顔と声がやるせない「紛者(まぎれもの)

ミステリとしても有効な料理番のお話「一汁五菜

二刀流の遣い手に心を寄せる女剣士が、ふたたびその男に会ったとき……「春天

格上の家に入り婿に入った男に、新妻は三つの約束を守ってくれという「蓬莱

そしてそして、タイトルどおりラストに置かれた「草々不一」が泣かせるんですよ。人が学ぶとはどんなことか、亡妻の仕掛けにうなる。いやー朝井まかては今さらながらにいいですわ。

コメント

「アラジン」 Aladdin (2019 ディズニー)

2019-08-21 | 洋画

「伍長!」

「またやるのか。今度はなんだ?」

「鶴岡まちなかキネマで自分でハシゴしておいてとぼけないでくださいよ。次は大ヒット『アラジン』じゃないですか」

「まさか興行成績が日本で100億突破とは予想しなかったぞい。おそらくディズニーの日本支社だって想像もしていなかったと思う」

「なにがよかったんでしょう」

「主演のウィル・スミスを予告篇でもあまり見せなかったのがよかったんじゃないかな。ほんのちょっとだけ“Showtime!”って言うだけなのは周到だと思った。彼の興行価値はいま微妙なところだし」

「この10年ほど、キャリアは迷走しっぱなしでしたからね」

「それがこのランプの魔人ジーニー役はぴったり。アラジンに恋愛指南しながら、自分もちゃっかり王女の侍女といい仲になるあたりの図々しさがいい。あ、それから今回もライオン・キングにつづいてアニメ版は見てないから」

「あーそうですか」

「ゲームはちょっとやったけど、これがつまんないんだ(笑)。まあ、ジャッキー・チェン活劇をいただいたアクションシーンはよかったな。魔法の絨毯の飛翔は今ひとつだったけど。全体に画面が弾んでいたのは、なにしろ監督がスナッチのガイ・リッチーだったからじゃろ。」

「ああ、マドンナの元亭主ですよね」

「その言われ方はいやだろうなあきっと(笑)。シャーロック・ホームズのような大作でも彼特有のユーモアとリズムは健在。吹替も山寺宏一大先生だから面白かった。にしても、ヒロイン役のフェリシティ・ジョーンズは働くのお」

「あの、伍長。彼女はフェリシティ・ジョーンズじゃないです。ナオミ・スコットっていう、英印のハーフです」

「ええええっ」

コメント

明細書を見ろ!2019年8月号 速報人事院勧告2019

2019-08-20 | 明細書を見ろ!(事務だより)

2019年7月号「時給900円PART2」はこちら

今月7日、人事院総裁が首相に人事院勧告を“手交”しました。まあ、どんなものにもお役所言葉というのはあるものだと感嘆。もちろんそれは建前で、事前に内容は知らされていたでしょうし、手交の現場には常に首相のそばにいる官房長官の姿も。

さて、それではその内容とはどんなものだったか。人事院総裁の談話とともに紹介しましょう。あ、これはあくまで国家公務員についてのものですからお忘れなく(県の人事委員会勧告は10月あたりに出ます)。

「官民を問わず人材確保をめぐる状況が厳しい中、引き続き、校務に多様な有為の人材を確保することが重要になっています」

→民間給与との格差(0.09%)を埋めるため、初任給及び若年層の俸給月額を引き上げ

「特別給(ボーナス)についても、民間事業所における昨年8月から本年7月までの直近1年間の支給割合が公務を上回ったことから、年間4.5月分に引き上げることとしました。」

→支給月数を0.05月分引上げ

「公務員宿舎使用料の上昇を考慮し、手当の支給対象となる家賃額の下限を引き上げるとともに、その原資を用いて、民間事業所における住宅手当の支給状況等を踏まえた手当額の上限の引上げを行うこととしました。」

→手当の支給対象となる家賃額の下限を引き上げ(12000円→16000円)

→手当額の上限を引上げ(27000円→28000円)

……「しました」と総裁は断言しているけれども、国会を通らなければ意味がない話なのはもちろんです。他にも総裁は

「公務に対する国民の信頼を損なうような事態が続いていることは極めて遺憾です。」

あの公務員あの公務員のことを言っているのでしょう。確かに、信頼を損なったなあ。でも必死の思いで“上を守る”ために忖度するあたり、公務員の理想像ではないかと(冗談です)。

このご時世ですから、人事院だって以下の三点についてはかなり具体的に踏みこんだ勧告を行っています。

・働き方改革

・障害者雇用

・定年の引上げ

……しかし再任用者のボーナスは引上げが見送られるなど、本腰を入れて取り組むという感じではないのが残念なところ。

さて、今回の勧告でもっとも特徴的なのは、初任給、および若年層の給与だけが引き上げられる点。民間との人材獲得競争に勝たなければならない以上に、公務員の志望者がどんどん少なくなっていることへの危機感がここで感じられます。

ん?どこかで聞いたような話だな。そうです。むしろ学校の方がよほど危機的な状況で、特に小学校教員の志望倍率の低下は驚くほどです。

加えて、全国の多くの学校で実は「教員が足りていない」ことが報じられました。ほんとに、この問題は根が深い。次号もやります

画像は「天気の子」(2019 東宝)

アニメ、という存在への予断を思い切り裏切る展開。主人公の家族は一瞬たりとも登場せず、ふるさとへの哀惜も語られない。そしてなにしろ彼はラストにいたって東京を……わたし、支持します。こういうアニメがあっていい。そしてこういうアニメが大ヒットするのは健康なことだと思います。ヒロインが簡単に脱ぐのもいい(笑)

コメント

うまい店ピンポイント 夏休みラーメン祭り2019最終回 味好本店焼肉ラーメン篇

2019-08-20 | 食・レシピ

田村食堂タンメン篇はこちら

さあ最終回。夏休みが終わってしまった。生徒諸君、始業式が憂鬱で憂鬱で仕方がないのは君たちだけじゃないぞ。

平日に行けるのは最後ということで、人気店にやはり特攻しようと思ったの。新月に行ったら……おお、駐車場も空いてるし行列もないぞっ!

本日終了の看板が。

それじゃあ、と頭を焼肉ラーメンに切り替えて味好本店へ。駐車場が狭くなったのはほんとうに痛い。客数も減っている。でも、おかげでゆっくりとカウンターで味わうことができたのでした。定番の味。安心安心。なんと言っても、ここがわたしのフランチャイズですし。

さあ今年の夏休みは何杯いただけたかしら。

総集篇につづく(笑)。

コメント

「ライオン・キング」 The Lion King (2019 ディズニー)

2019-08-19 | アニメ・コミック・ゲーム

 

「伍長!」

「誰だその伍長というのは」

「なに言ってんすか。Facebookにおけるあなたのキャラじゃないですか。伍長とその部下シリーズ。今回はブログ版に出張だと聞いて来たんですが」

「うわ。めんどくさいことやってんなあ」

「ということでライオン・キングです」

「最初に言っとくけど、わしはオリジナルのアニメ見てないから」

「おや、そりゃまたなんで」

「うーん、あの頃のディズニーのことをあまり信用してなかったのと、なによりわしは劇団四季が大嫌いだし」

「?」

「ほら、浅利慶太って存在がどうにも」

「作品に罪はないけどなあ。で、今回の超実写版はいかがでした」

「『アイアンマン』の、というより『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のジョン・ファヴローの新作だと思えばよかったんだよな。ストーリーは貴種流離譚そのもの。故郷を放逐された主人公が、成長して帰ってくると。ジャングル大帝の盗作云々はあまり気にしなくていいみたい」

「映像はすごかったですよね。オープニングに叩きつけられる太陽とか、カブトムシを捕まえられない子ライオンとか。どこまで微細に描けるんだと」

「シンバ(主人公)がまだ赤ちゃんだったときの可愛さは、全世界の猫好きがため息ついただろう。わしもノックアウトをくらったぞい。名曲『ライオンは寝ている』の使い方もいい」

「ただ、吹替版の佐藤二朗のコメディリリーフは笑えるにしても、やはりここはビヨンセジェームズ・アール・ジョーンズセス・ローゲンの字幕版の方が……」

コメント