事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

DeNA 2-3 巨人

2019-09-21 | スポーツ

この試合でもっとも意外だったのは、勝利監督の涙だった。

9回オモテに山崎が出てきた時点で、優勝は神宮でだろうなとあきらめていたのに、若手たちが粘り、小林のヒットで追いつく。

そして10回はなんと増田の決勝打。ドラフト6位のルーキーが先発したことといい、底力を思い知らせてくれた試合。

逆に言えば、ほとんど余裕のない勝ち方の連続でもあった。決して強くて仕方のないチームではなかったのは、ファンであるわたしだって重々承知しています。だからこそ、原は泣いたのだろう。重圧もすごかったんだろうな。

彼の采配にも、実は首をかしげたくなるときが多かった。若手を育てるため、ということを抜きにしてもね。継投はことごとく外れ、救援陣は疲弊しきっていた。それでも優勝できたのは、きのうの中川の連続四球に目を真っ赤にして怒っていた彼のパワーによるものだったかも。

さてクライマックスシリーズ。ペナントレースと違い、絶対のエースをもっているチームが有利。その点で巨人は菅野が不調、そして丸の絶不調と不安要素でいっぱい。あと3週間でどれだけ仕上げてこれるだろう。

でも今日は優勝の夜。ああ禁酒がこんなにつらい夜もないっす。

コメント

記憶にございません!ふたたび

2019-09-21 | 邦画

PART1はこちら

「総理と呼ばないで」が、いかに「記憶にございません!」と設定が似ているか列挙してみましょうか。

・支持率最悪(消費税~オンエア当時に5%へ~を下回る)。前回は1.8%。今回も2.8%

・妻と不仲(鈴木保奈美と石田ゆり子が無邪気な上流階級夫人を演じていて素敵)

・官房長官がキーポイント(筒井道隆と草刈正雄では方向性が真逆だが)

・誰しも、政治家を志したときは国民のためになにかしようと考えている

・大臣たちが無能

・官邸の使用人たちに首相は軽蔑されている

……ね?わたし、このドラマ大好きだったんだよなあ。

テレビ史的には「総理と呼ばないで」は失敗作とされている。それはなぜかといえば、あまりにも三谷幸喜がネタをつめこみすぎたと。

政治的発言をまったくしない三谷幸喜だけれども、彼が政治に無頓着なわけではないことが両作品でよくわかる。ただ、官邸という一種の王宮の設定に三谷が淫してしまったのが原因だったろうか。今回も料理人斉藤由貴、SP藤本隆宏にいい芝居をさせております。

さて、この作品をどう評価するかと言えば、シンプルに「おすすめ」です。うしろの方から(たいがいの場合、わたしは映画館でいちばん前に座ります)笑い声がたえず、タイトルの意味を二転三転させる脚本の冴えはおみごと。

首相の小学校の担任役で山口崇をもってきたのは「天下御免」ファン古畑任三郎にもそんな回がありましたらしくてうれしい。わたしは全く知らなかった宮沢喜一元総理の孫、宮澤エマが無表情の通訳を演じていて爆笑。

真田丸そのまんまの草刈正雄、新選組そのまんまの佐藤浩市と大河ドラマも泣かせてくれます。そしてなにより小池栄子!この人は本当にうまい役者なんだねえ。わたし、好きなタイプです。わたし、好きな映画です。お見逃しなく。

ところで、天海祐希ってどこに出てたんだろう。あのキャスターが誰かは気づいたんだけどなあ。

コメント

「記憶にございません!」(2019 東宝=フジテレビ)

2019-09-20 | 邦画

金と女に汚く、好きな言葉は「当店からのサービスでございます」な最低の男(中井貴一)。彼は実力者の官房長官(草刈正雄)にすり寄ることで総理の座を手に入れた唾棄すべき人間だった。彼は投石を頭にうけて記憶を失い、しかしそのことで政治を……

脚本・監督は三谷幸喜。紹介するまでもなく、例によってフジテレビを中心に初日から宣伝のために出まくり。劇場挨拶に命をかける人だから、確かに彼が出ているだけでチャンネルを変える気にはならない。大ヒットの何パーセントかは彼自身の宣伝活動のおかげじゃろ。

大好きな三谷作品だから楽しみで楽しみで、というわけでは残念ながらなかった。彼の監督作品はすべて見ているというタランティーノ状態ではあるけれど、前作「ギャラクシー街道」が、気が遠くなるほど笑えなかった記憶はしっかりとございますので。

ついでだからランキングしておくと、彼の作品で誰にでもおすすめできるのは

THE 有頂天ホテル

「ラヂオの時間」

清須会議

多少なりとも異議があるのは

ステキな金縛り

ザ・マジックアワー

「みんなのいえ」

できればなかったことにしたいのが「ギャラクシー街道」といったところだろうか。

それでは「記憶にございません!」はどのレベルだったろう。

ストーリーはふたつの核から成っている。まずは「クリスマス・キャロル」。ディケンズのあれね。守銭奴スクルージが改心するお話。人間の心の中には善なるものが存在することをうたい上げた名作。

スクルージそのものである首相が、どのように改心するかが妙味。強引だけど首相をとりまく秘書官(ディーン・フジオカ、小池栄子、いつも笑っていて無責任な感じがすばらしい迫田孝也)が“3人のゴースト”と言えるだろうか。

そしてもうひとつの柱があの「総理と呼ばないで」(フジ)だ。古畑任三郎の余勢を駆って田村正和が不人気な総理を演じたドラマ。その不人気を逆手にとって彼は……そうなの、今回とまったくいっしょなの。以下次号

コメント

明細書を見ろ!2019年9月号 先生になりたくない

2019-09-19 | 明細書を見ろ!(事務だより)

2019年8月号「速報人事院勧告2019」はこちら

先月号で、人事院総裁が優秀な人材獲得に向けてハッパをかけていることをお伝えしました。公務員志望者の減少に危機感をもっている様子が見てとれます。

で、話はこの業界に。学校こそがその危機感を共有しなければならないのではないかと。

令和2年度採用の山形県立公立学校教員選考試験の志願者数および倍率はこうなっています。



……なるほど、総体的に減っている。というか小学校にいたっては、“危険水域”と呼ばれる3倍をすでに切っています。

もちろんこの「3倍」というラインには学術的な裏付けがあるわけではなく、採用担当者の経験則にすぎないとも言えます。志願者数減に大騒ぎするなとする論者のなかには

「倍率が10を超えていた時代がおかしいのであって、求人倍率と比較すれば十分にレベルを維持できる数字」

と説明する人もいます。しかしこれは一種の強弁で、免許が必要である(取得するためにかなりのコストがかかっている)職の倍率が3以下なのはやはり異常事態。しかもこれは山形県だけでなく、全国的な傾向です。どうしてこんなに教員志願者は減ってしまったのでしょう。以下次号

画像は記憶にございません!

監督・脚本 三谷幸喜 出演:中井貴一、佐藤浩市

史上最低の首相が記憶を失い、だからこそ政治を変えていく……これ、クリスマスキャロルのスクルージだよね。人は心に善なるものを持っていると。怒濤の特別出演もあって大ヒット。天海×希がどこに出てたかなんてわからないってば(笑)。にしても小池栄子はうまい。

コメント

追悼リック・オケイセック The Cars - heartbeat city

2019-09-18 | 音楽

The Cars - heartbeat city

訃報欄を読むのは地方公務員にとって必須の作業だが、新聞の片隅でリック・オケイセックの死が伝えられているのには心底おどろいた。

ベンジャミン・オールはずいぶん前に亡くなっているので、これでカーズのフロントはどちらも逝ってしまったことになる。

乾いた彼らの曲はもちろん好きだったけれど、大ファンです!という声はなかなか聞かない。日本ではあまりうけないタイプだった。

ところが、湯川れい子がメイン・パーソナリティだった時代の「全米トップ40」(まだやってるのかな。わたしは全英トップ20まで聴いていましたが)で、いっしょにやっていたラジオ関東(当時)のアナウンサーに

「で、あなたは誰が好きなの?」

と、なんのはずみか湯川さんが訊くと

「……カーズです。すごく好きなんです」

日ごろ自己主張しないタイプの人だったので意外。しかもカーズとはまた渋い。“わかっている”人向けのバンドでもあった。メインストリームになんか絶対に行かないという意地みたいなものが。

デビューアルバムや「キャンディ・オーに捧ぐ」など名盤数あれど、わたしはやはり「ハートビート・シティ」が好き。特にタイトル曲。リックのソロアルバムも渋かったー。ご冥福をお祈りします。

コメント

検診結果2019

2019-09-17 | 健康・病気

2018年版はこちら

すごいぞおれ!

身長2ミリ増加、体重3.6キロ・腹囲3.3センチ減、そしてなんとなんと懸案の中性脂肪が急降下。

正常値になるなんて十数年ぶりだろう。えらいなあ……と喜んでいたけれど、あいかわらず慢性胃炎だからピロリ菌検査を医者にすすめられるだろうし、心臓がなあ。なんか、あまりうれしくない結果のような気も。

コメント

芋煮と鮎とシシトウ?と……アユパーク舟形

2019-09-17 | まち歩き

お地蔵様篇はこちら

日曜日はお客様をお迎えしてアユパーク舟形。小国川の河川公園で、芋煮も楽しめる設備が用意されている。

何年か前にここで食べた鮎の塩焼きがそれはもう絶品で、この日もいそいそと刈屋の梨を持って向かったのだった。

今年もうまかった。ほんとにうまかった。味噌田楽にしたのもひたすらうまかった。いいわーここ。

そして内陸風の芋煮もけっこう。女性4人に男2人で20人前ぐらいつくったのには目がくらんだけれど。

んで、問題はこの写真に写っている青いやつ↓

「え?シシトウだよ。あぶって食べるとおいしいんだ」

なるほど。しかしどう見ても唐辛子。目をこらして見ても唐辛子。匂いをかいだも唐辛子。ちょっと食べたらやっぱり唐辛子。その辛いこと辛いこと。涙がとまらない。

「そうかあ?おれはいつも食べてるけど」

わたしは結局内陸の人たちのことは理解できずに終わるのかもしれません。山梨県の人は理解できましたか(笑)

 

 

コメント

「メリー・ポピンズ リターンズ」Mary Poppins Returns(2018 ディズニー)

2019-09-16 | 洋画

「伍長、今度は『メリー・ポピンズ』の続篇、『メリー・ポピンズ リターンズ』です」

「ちょっと待て。近ごろこの“伍長とその部下”ってやたらに出番が多くないか。ひょっとしてディズニーの映画しか観てないのかあいつ」

「あいつ、って誰ですか」

「根幹を揺るがすような発言をするな。それはともかく、さすがにメリー・ポピンズは見たことあるだろうな」

「……」

「おいおい」

ジュリー・アンドリュースが空から傘もっておりてくるんですよね?んでアニメといっしょに踊るんだ。世界でいちばん長い単語スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス (Supercalifragilisticexpialidocious)とかチム・チム・チェリーとか、断片ではわかるんですけど」

「あきれたもんじゃい………………いや実はまたしてもわしもよく覚えてなくてな」

「まあ伍長の場合はまだらボケですから」

「うっさいわ。でもネットでチェックしたら、オリジナルをかなりリスペクトしたストーリーやキャスティングになっておる」

「脚本はおみごとだと思いました。大砲の使い方とか」

「でも、ロブ・マーシャルが監督したにしては、群舞とかにあまり魅力が……前作に匹敵する曲も見当たらんしのぉ。しかし、じゃ」

「なんですかいきなり。やたらチカラが入ってますけど」

「永遠の優等生ジュリー・アンドリュースがうちにやってくるのはちょっと勘弁してほしいけど、あのエミリー・ブラントがそばにいてくれるとすれば、おれは張りきっちゃうな」

「あー、そういうことだと思いましたよ」

コメント

いだてん 第38回 民族の祭典

2019-09-15 | 大河ドラマ

第37回「226」はこちら

オリンピックと政治は関係ない、と田畑が願いながらも、しかし翻弄される姿をあからさまにした回。

ベルリンで行われたIOC総会で、次期開催都市の投票スタート。政治的に日本と険悪な状態にある中国がキーポイントとなる。

開票の結果は予想外の大差だったが、そのために会長のラトゥールは「ヒトラーに感謝したほうがいい」と告げる。

つまりTOKYOの勝利は、ムッソリーニとヒトラーという、当時の二大独裁者の後押しがあったという皮肉。そしてベルリン・オリンピックはナチス色が強く、国威発揚の場として機能していた。そのために、日本に併合された朝鮮人であるランナー二人は君が代と日章旗に複雑な思いで表彰台に立つ……

2020東京オリンピックのマラソン日本代表を、ほぼ一発勝負で決めるMGCと同じ日にオンエアされたこととの符合。中国とアメリカが覇権を競い、日本と韓国の関係が最悪な状況下でこの回が放送されたことは、計算などしていなかった(だと思います)にしても考えさせられる。

そして、もうひとつの主役は記録映画だ。

ベルリンにおいて監督したのは、かのレニ・リーフェンシュタール。亡くなったのは気持ち的にはついこの間(2003年)。大騒ぎでした。その「オリンピア」がナチス礼賛映画となったことで批判され、彼女のキャリアは地に落ちるが、作品の完成度は高く、再公開されるたびに賞揚はされたと記憶する。芸術として最高級だったからだ。

同じ騒ぎは64年の東京オリンピックの記録映画にも言えて、鬼才市川崑が撮った芸術に文句をつけたのが河野太郎のおじいさん、河野洋平のお父さんである河野一郎だったのは有名な話。このドラマでは桐谷健太がやっているので、そのあたりの事情もやるのかなあ。

さて、来週は前畑がんばれの回。どんなにシニカルにオリンピックをとらえる人も、ああいう展開になると血が燃えるのは、日本人という民族のお祭り好き体質でしょうか。

コメント

「生還」 小林信彦著 文藝春秋

2019-09-15 | 本と雑誌

週刊文春連載「本音を申せば」の年1回の単行本化が途切れているなあ……と思ったらこんな経緯だったのか。脳梗塞で小林信彦は倒れていたのである。

その回復の過程と、無茶をして骨折するなどした私生活が静かに語られている。しかし、その内容は奇怪なもので、“信用できない語り手”によるミステリのようにも読める。

もう四十数年にわたって彼の著作に親しんできた身からすると、むしろ彼の小説としての最高傑作になっているのではないかと本気で思う。露悪的に性的倒錯を隠そうともせず、家族関係についてもうっすらと邪悪なこともしのばせている。

彼の本を読むたびに、もしもこの世に小林信彦がいなかったら、はたして自分はどんな人間になっていたろうと思う。彼の不在が、否応なしに近づいていることを思い知らせてくれる本でもある。

オヨヨシリーズから幾星霜、わたしたちは彼の不在に備えなければならず、そしてこれだけ長いこと小林信彦的言辞を発し続けてくれたことへの感謝を……あ、まだ亡くなってません(このように、意地でもオチをつけたくなるのは明らかに小林信彦の影響)。

コメント