事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ナナメの夕暮れ」若林正恭著 文藝春秋

2020-09-15 | 本と雑誌

“正論が持て囃されている。

多様化された世の中では自分の中の正解に自信が持てなくなる。なんとなく正しいことを言ってそうな、有名人のコメント、Twitterのアカウント、誰かの正論に飛びついて楽をする。自分の中の正解と誰かの正論は根本的に質が違う。”

“なぜ相談もされていないのに、「野心や欲望が無いとダメ」と他人に言いたくなってしまう人がいるのだろうか。

自分の生き方に自信が有り過ぎるのだろうか?

それとも、無さ過ぎるのであろうか?”

うおおおお、なんという冷静さ。確かにオードリーの絡みを見ていて、尋常な才能ではないんじゃないかと(ちょっと)思わせてくれる若林だが、内面にこんな屈託や邪悪さや知性を抱えていたとは。しかも、だ。

“前作のエッセイで、スターバックスで注文の時に「グランデ」と言えないと書いた。

何か自分が気取っているような気がして、恥ずかしかったのである。

「L」は言えるのだが「グランデ」は言えない。

自意識過剰である。

自意識過剰なことに対して、「誰も見てないよ」と言う人がいるがそんなことは百も承知だ。

誰も見ていないのは知っているけど、自分が見ているのだ、と書いた。”

ここから若林はもうひとつ別の展開まで持っていく。並みの力量ではない。すごい

ベストセラーになったことが素直に納得できる。多くの人が、自分に若林的なものが内在しているに違いないし、もちろんわたしもその一人です。また言わせてもらおう。すごいです若林。にしてもダ・ヴィンチの連載だったのに文藝春秋から単行本が出たとは。ぬかったなー角川。

コメント (2)

「はぐれくん、おおきなマルにであう」シェル・シルヴァスタイン作 村上春樹訳 あすなろ書房

2020-09-14 | 本と雑誌

The Missing Piece Meets the Big Oの翻訳。村上春樹のあとがきによれば、倉橋由美子が訳した「ぼくを探しに」The Missing Pieceの続篇ということのようだ。過剰なほどの寓意と教訓。しかしそれが嫌味にならないのは、きわめてシンプルな線で描かれているためだろう。

自分に足りないものを探すはぐれくん(Missing Piece)が、自分にぴったりの相手を見つけたのに“自分が大きくなっていく”ために別れざるをえなくなるあたり、渋い。これはうちの中学校の蔵書。渋い。中学生はこれを読んでなにを思うかなあ。

コメント (2)

「いるの いないの」京極夏彦作 町田尚子絵 東雅夫編

2020-09-10 | 本と雑誌

うちの学校恒例の先生お薦め本、わたしは2020年にこれを選択しました(去年は高野文子のるきさん)。こんな感じ。

うらまれるといけないので最初に警告しておきます。もんのすごく怖いです。

気の弱い人は決して読んではいけません。

古い日本家屋。天井の上の方になにかがいる(いないかもしれない)。

正面を向かないおばあさん、機嫌の悪そうな猫たち。

そして……

大人になったら京極夏彦の「嗤う伊右衛門」という四谷怪談(お岩さんのお話)ものをぜひ。

いやはやほんとに怖いので、絶対にトラウマになるやついるな。絶対に恨まれるな(笑)。監修の東雅夫さんは

「幼いころから怪談に親しむことによって、子どもたちは豊かな想像力を養い、想定外の事態に直面しても平静さを保てる強い心を育み~」

と親たちに買えと強要していますが(笑)、それ以上のショックをうけるんじゃ。

「これをお薦め本にしたの?ダメでしょこれだけは!」

図書主任にめちゃめちゃ怒られる。でも司書が(自分は怖がりだから絶対に読めないと言いながら)「京極夏彦さんの絵本があるんですけど読みますか?」と誘ってくれたんだから断るわけにもいかない(#^.^#)。

読んでいた本を途中で放り出したくなるのは小野不由美の「残穢(ざんえ)」以来かも。中学生たちがわたしのリクエストどおりにこの本を気に入って「嗤う伊右衛門」に到達してくれればいいのだけれど。あの、民谷伊右衛門とお岩の壮絶な純愛物語に。

コメント

「ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち」ブレイディみかこ著 筑摩書房 Still Wandering Around The WILD SIDE

2020-08-12 | 本と雑誌

遠い極東の島国から眺めていると、イギリス人たちは近ごろどうかしてしまったのかと思う。例の、レグジット(EU離脱)の件だ。

経済がどうの移民がどうのとか不満たらたらなのはわかるにしろ、あの組織の究極の目的が、血塗られたヨーロッパの戦争の歴史に終止符を打つためなのは、極東だからわかることなのだろうか。岡目八目で。

そして、国民投票で離脱に賛成票を投じた人たちが、労働者階級の頑固な白人たちであることは簡単に予想できる。アメリカの赤首たちがトランプを支持するのに似て。

でも、EU残留派であるブレイディみかこは、しかし離脱派のおっさんたちにも仕方のない面もあったと説明してくれる。

この本に出てくるおっさんたちの愛すべき行状や発言(よく70年代や80年代のロックミュージシャンが引き合いに出されるので、ニッポンのおっさんであるわたしにもわかりやすい)を味わえば、結局悪いのは緊縮財政だし、バカなのは国民投票をやろうとしたあいつだろという気になる。イギリスの機能していない医療制度を、離脱することで解決できるとデマをとばした頭のいい連中が離脱派にはいたわけだし。

しかし、ブレイディみかこに代表されるリベラルの弱さは、そのものわかりの良さにあるんだと思う。保守派ガチガチの連中は、なかなか

「リベラルにも都合ってものがあるよなあ」

なんて忖度してくれないもの。その意味で、彼らは強い。

そんなイラッとくる状況で、しかし「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」のあの少年が、実にいいところでいい感じの発言をかましてくれるのがうれしい。

コメント

「鬼を待つ」 あさのあつこ著 光文社

2020-08-09 | 本と雑誌

弥勒シリーズ9作目。

普通、作家は歳を重ねれば不要な装飾がそぎ落とされていくものだが、あさのあつこの場合はどんどん増えていきます。そこまで登場人物の胸中を説明しなくていいんじゃないかなあ。遠野屋と信次郎の解説は、親分がきっちりやってくれてるわけだし。

そこを我慢すれば、遠野屋の妻に瓜二つの女性の登場によって話はいきなり面白くなるのでご心配なく。にしても、どっかでこのシリーズを映像化するって話はないのかな。

剣呑な同心と殺し屋だった商人という設定は、役者はみんなやりたがると思うけどなあ。

教場が当たったので調子こいてまた勝手にキャスティングすると……信治郞は松坂桃李、遠野屋は山下智久でどうでしょう。あーおれは当てにいっちゃってるな。逆だともっと面白いか。親分役は大杉漣がぴったりだったのに。

コメント

「教養としての世界宗教史」 島田裕巳著 宝島社

2020-08-04 | 本と雑誌

前書きにコロナへの言及があるくらい、バリバリの新刊です。

世界の宗教情勢がどんなものなのかを概括。いかに自分が外国の宗教について知らないかを痛感。カトリックとプロテスタントの違いは(なんとなく)知ってはいても、ヒンドゥー教が仏教を丸のみにすることでインドで広がったなんて話はまったく知りませんでした。

一神教と多神教のもっとも大きな違いが偶像崇拝を認めるか、だとか(だから仏教は仏像つくり放題)、スクのなかには“神”を示すものが何もないとか、たいがいの日本人は知らないのではないか。

思えば高校生のころに、大乗仏教と小乗仏教の違いなんて授業は受けたけれども、さっぱり理解できなかった。いまなら、歴史と宗教が密接に結びついていることが(さまざまな事件によって)想像はできる。

島田裕巳はオウムがらみで毀誉褒貶が激しい人だけれども、長寿化によって人間に宗教は不要になっていくのではないかという考察にはうなった。明日をも知れないからこそ人は神にすがるのであり、その覚悟がなくなれば確かに宗教を人は捨てるようになるのかもしれない。

わたしは最初から無宗教?島田はこうも指摘する。日本人は確かに一神教のたぐいには無縁な人が多いけれども、神道と仏教が奇妙に混合するこの国では、初詣や盆帰りなど、季節の習俗が密接に宗教とからんでいるのだと。

だからこそ、世界人口の30%を占めるキリスト教徒が、日本ではわずか1.5%しかいないし、イスラム教徒にいたっては、その信者と結婚でもしないかぎり入信する人はいないだろうというわけだ。

宗教が政治とも無縁ではない事情も語られる。モンゴル人による国家、元がなぜあれほど版図を広げることができたかの一因が、彼らが原始的な宗教しかもっていなかったので、他民族に自分の宗教を押しつけなかったからだと。そして、広大な国家のなかで、東西の宗教は混じりあうことになった……ああ本当にお勉強になったのでした。

コメント

「グッドバイ」 朝井まかて著 朝日新聞出版

2020-07-30 | 本と雑誌

大浦慶、という幕末から明治期の商人が主人公。女性がメインロールなのに(すでにセクハラ)恋愛要素まったくなし。

油屋を継承しながら、ある偶然から外国人相手に茶葉貿易に乗り出すことになる。どう考えても密貿易(笑)。いくら長崎でも抜荷です。ここから細腕繫盛記が開始されるんだけど、彼女はある事件に連座して没落してしまう。しかし……

なるほど女傑です。大隈重信坂本龍馬近藤長次郎らとの交流も必然なのがよくわかる。勤王の志士たちをバックアップしながら、明治の世にその伝手をほとんど頼らなかったあたりも渋い。

そして、彼女がさよならを告げたものとは……朝井まかては相変わらず絶好調です。

コメント

「猫を棄てる」 村上春樹著 文藝春秋

2020-07-21 | 本と雑誌

父親と息子が猫を棄てに行く、そんなきわめて昭和な経験を村上春樹は思い出し(その猫は父子より先に自宅に帰りついていたというオチがついている)、そこから父親との関係を静かに語り始める。

二十年以上も没交渉だったり、村上が父親の期待を裏切り続けた不肖の息子であるとみずからを規定していたり、ああどこの父子もいっしょなんだとしみじみ。

ねじまき鳥クロニクル」などでうっすらと父親の戦争体験にふれていたけれど、このエッセイ集ではそのあたりをむき出しに描いている。一度は、そうしなければならないと作家としての本能が書かせた作品だろう。

読み終えて粛然とする。村上春樹ファンは必読です。

コメント

「旅のつばくろ」 沢木耕太郎著 新潮社

2020-07-20 | 本と雑誌

わたしは遊佐町に計10年間勤務した。その最後の最後に遊佐町の図書館のカードをつくったの。それ以来幾星霜、二週間に一度、コンスタントに5冊づつ借りております(ごめんなさいよく返却が遅れます)。こんなメルマガやブログを続けていられるのは、遊佐の図書館のおかげ。

で、この沢木耕太郎の新作もさっそく。

「深夜特急」のイメージがいまだに強い彼の、これは初の国内旅行記なのだった。

そしてそして、そのオープニングがなんと遊佐だったんですよ!

なぜ彼が遊佐に来たかといえば、字面がよかったから(笑)。そして遊佐を絶賛してくれている。泊まったのはどう考えても西浜の遊楽里(ゆらり)。そう、わたしは遊楽里のある学区にも勤務したのでした。うれしかったなあ。

遊佐の図書館の綺麗な司書の人たちは、この書で遊佐のことが語られていることを知っているかなあ。いや別にお姉さんたちが綺麗だから遊佐の図書館に通ってるわけじゃないぞ。違うよ。違うってば。

コメント

「縁」 小野寺史宣著 講談社

2020-07-03 | 本と雑誌

ゆかり」というタイトル。人と人はどこかでつながっていると。この連作の登場人物たちも連関している。それはもちろん6人の人間を介せば世界中の人間はつながっているという楽天的なケビン・ベーコンの法則とは違った意味で。

心温まるお話をつむぐことで有名な人のようだけれども(それはもうものすごく支持されているらしい)、今回はちょっと計算が狂ったんじゃないだろうか。無理が見えるの。

醒めたサッカーのコーチという魅力的な存在をもっとフューチャーしたほうがよかったのでは?

コメント