福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

生まるるも阿字(梵字)より来れば死ぬとても本の不生に帰りこそすれ」。

2022-11-28 | 法話

印融法印の時世の歌

高野春秋に「(永正十六年)秋は八月十五日夜、印融闍梨、武州烏山観護寺(また三會寺)に入寂。融師とは武州久保の人也。幼若に登山。事教業成。無量光院に入る。開講撓はず。議論玄に入る。筆記勝計すべからず。晩年関東に遊説。談林を興し論場を創る。平生書籍を捨てず、恒に烏山三會寺に居し時々隣里他山講義の毎に小牛に乗る。而して其の牛角に巻帙を架し行々熟覧焉。辞世歌に曰く「生まるるも阿字(梵字)より来れば死ぬとても本の不生に帰りこそすれ」。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 佛説大輪金剛總持陀羅尼經 | トップ | 「神皇正統記」には「真言第... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法話」カテゴリの最新記事