福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

万人幸福のしおり

2021-04-15 | 法話

何年か前の歩き遍路のとき、土佐街道沿いの民家になかなかいい看板がありました。 まったく普通の事務所のような家なのですがなかなか読ませる文句を張り出してあります。
万人幸福の栞17条  
1、今日は最良の日、今は無二の好機。 
2、苦難は幸福の門。 
3、運命は自ら招き、境遇は自ら造る。
4、人は鏡、万象は我が師。 
5、夫婦は1対の反射鏡。
6、子は親の心を実演する名優。 
7、肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号。 
8、明朗は健康の父、愛和は幸福の母。 
9、約束を違えれば己の幸を捨て、他人の福を奪う。 
10、働くことは最上の喜び。 
11、物はこれを生かす人に集まる。 
12、得るは捨てるにあり。 
13、元を忘れず、末を乱さず。 
14、希望は心の太陽である。
15、信ずれば成り、憂うれば崩れる。 
16、己を尊び、人に及ぼす。 
17、人生は神の演劇、その主役は己自身である。」

どういう方が造ったのか知りませんがいい文句です。一々わが身にひきくらべて納得させられます。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 天地万物と和解せぬときは神... | トップ | 写経の誓と家族の供養により... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法話」カテゴリの最新記事