ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

他人の感情は吾が身の鏡…北斗市~函館空港~丘珠空港~札幌大通

2008年10月14日 20時57分55秒 | Weblog
韓国人は「最も嫌いな国」も「最も見習うべき国」も日本と…
韓国紙「中央日報」に掲載された世論調査の結果では「韓国の最も嫌いな国の近隣3か国、対日感情は愛憎半々」と題する記事を掲載しています。

韓国人が選ぶ「最も嫌いな国」1位は日本で、2位中国、3位北朝鮮だったと伝えています。
一方「最も見習うべき国」でも日本は1位となっており、2位アメリカ、3位ドイツの順となっているそうです。
同世論調査は例年実施されていますが「最も嫌いな国」と「最も見習うべき国」の2項目で日本が同時に1位となったのはこれが初めてだと言います。

今回の世論調査は、韓国人の複雑な対日感情が現れていますが、竹島(韓国名:独島)問題をめぐって「最も嫌いな国」に日本を選んだものと思われます。それは一時的な現象であって、大きな懸念の必要は無いと結んでいます。しかし「最も見習うべき国」に日本を選んだ回答が前回調査から若干、減少した事にこそ留意せよと同紙は指摘しています。

日本も韓国も輸出主導型の経済で、少子高齢化問題、派遣労働や臨時雇用、格差問題など、同じような課題を抱えています。ソウル五輪以降のワールドカップ日韓大会などで、日本人の対韓感情は改善されつつありますが、まだ反韓・嫌韓感情が根強く残るのも事実です。また同紙は、日本人の韓国の見方を「好き」「嫌い」の二極化傾向を示しているとまとめています。

日本人に嫌韓感情が根付いている限り、韓国人の日本嫌いを責める事など無理なのでしょう。
他人の良いところを見つけ出して評価すると必ず好きなって貰えます。
これは他国も他人も同じ事のように思えるのです。自分が嫌な事は、他人も嫌なのです。
嫌な顔をされた時、自らの対応を省みられると良いのですが…

今日は本社で経営方針を協議したあと札幌に移動し、大企業の経営者と市場動向についての意見交換を行ないました。写真は札幌のホテルから撮ったものです。
沿道の街路樹が色を濃くし、チラホラと歩道に枯葉が散り始めました。

飛行機の中から見えた蝦夷富士(羊蹄山)半分が雪化粧を…
北海道の冬が間近のようですが寒い冬は、人が嫌いでも、好きでも必ずやって来ます…
明日は建材メーカーとシンクタンクを訪問後、北斗市の本社へ帰社します。

家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は
コメント