ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

様々な人が居て成り立つ企業…北斗市

2008年10月21日 18時21分57秒 | Weblog
20リッタータンクがあるから10リッタータンクは要らないと言う事はありません。
小さな方が便利で使い易い場合もあるのでしょう。
企業にも利発で優秀な社員だけが揃っていれば良いとも言い切れないと思います。
企業貢献度と言うのは、必ずしも数値的な成果の見える社員ばかりを言いません。

目に見える成果には繋がらないけど「周りの人を明るくしたり、自信を与える」などの役回りの社員も必要なのでしょう。
二八の原理と言う格言がありますが、企業を現実に引っ張っている社員は20%程度と言われますが、それなら80%の社員が不要かと言うとそうではありません。

その20%の優秀な社員ばかりを集めますと、やっぱり組織を引っ張るのはその中の20%になってしまい、駄目社員と言われる80%の社員だけで組織をつくれば、やはりその中の20%が組織を引っ張る社員になるものだと言います。

社員をその気にさせる社員も必要で長期的には、其々の特性を整合しながら企業は成長して行くのでしょう。しかし、中には企業、組織の完全な足引っ張り社員も存在し、本人がその事に全く気付いていない場合があります。これは断じて気付かせる必要があります。

人其々の取り柄を探し出し、それを生かしてあげる事と、そのような社風をつくる事が大切なのでしょう。同じ視点、一つの尺度だけで人を評価するのは、大切な部分まで削除するように思えてなりません。人を様々な角度から、深く観察しなければ、相手の本当の良いところは見えて来ないように思います。

人が、人に関心を寄せるには、その人に対する深い愛情が無ければ不可能であろうと思われます。企業は人なり…企業とは1リッター、5リッター、10リッター、20リッターなど様々なキャパの人の集団なのです。1リッターキャパの社員が20リッターキャパの社員を越える事も充分に在り得るのでしょう。

企業は難しい人の集団だからこそ味わいがあり、ロマンがあるのかも知れません。
今日も快晴の北斗市でしたが、写真は会社前の田んぼから夕日をセルフで撮ったものです。
今月は出張業務を抑えて社内業務に没頭いたします。
家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は

コメント