ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

自分が目指す人生価値観って…浅虫温泉~平内町~むつ市

2008年10月01日 23時56分55秒 | Weblog
普通の生活って今朝も目覚まし時計に起こされカミさんの用意したトーストの朝食を終え、いつものように満員電車で出社します。次々に流れてくる仕事をこなして何とか無事に業務を終了して帰路につくのです。駅前の居酒屋で近所に住んでいる友達と落ち合って、おでんの竹輪を抓みながら互いに愚痴を述べ合ってから帰宅するのでしょう。

友達と居酒屋で愚痴を述べ合ってストレスを発散する事で機嫌よく帰宅できるのは、極めて一般的なサラリーマンの幸せな家庭の姿ではないでしょうか。
平素の仕事を平々凡々とこなして、家庭でも、交友関係でも、可もなく不可もなく坦々と過せる生活を、多くの方々はどのように思うのでしょう。

特別美人の奥さんでもなく、特に優秀な子供でもなく、そう言う自分も名門学校の学歴が在る訳でなく、容姿体形も自慢できる事もなく、それでも郊外に家を持ち、贅沢は出来ずとも人並みの生活が出来ているとしたら、それ以上の何が必要なのでしょうか。
もっと美人の奥さんだったら…もっと優秀な子供だったら…もっとたくさんの給料だったら…などと考える人が多くいるようです。自分自身の容姿や才覚を知らずして…

多くの人は、普通の生活、普通の家族を保持できる事が幸福な事だと思えるのでしょう。
この普通と言う基準が一人ひとり異なります。美人の奥さんだって、何と比べて美人なのかで異なります。一流女優を尺度にしたら一生、嫁さんなんか来ませんよ…

私の知っている人で、天童と言われた幼年時代を過し、進学校から一期校の大学を卒業して一流企業に就職して管理職まで昇進した人がいます。このような人は、数千人に一人の割合だそうです。確かにかなり美人の嫁さんを貰い、二人の子供に恵まれたその人は、幸福な人生だったかと問えば、奥さんの不貞が要因で離婚し、二人目の奥さんと一人引き取った子供と馴染めずに家庭不和が続き、決して幸せそうでありません。

今日は青森県平内町のファース工務店、一戸住宅さんと、むつ市のシーエスホームさんを訪問しました。写真は午前に訪問した一戸住宅さんで代表の一戸繁行さんと妹さんでお客様担当の飯田志織さんと撮りました。一戸さんは昨年、創業者のお父さんを亡くして失意のうちに代表に就かれましたが、それも自分達の運命だと前向きに捉え、兄妹が力を合わせて懸命に頑張っていました。

午後に訪問したシーエスさん(明日ご紹介)も、様々な状況下でも次世代経営の形態を模索しながら奮闘している姿を見ました。人生いろいろ、企業もいろいろ、人生価値観もいろいろです。
明日は大間からフェリーで海峡を渡り帰社を…
家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は
コメント