DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ベルチェル、古豪に快勝(WBCスーパーフェザー級)

2018年06月29日 00時59分00秒 | 世界ボクシング
先週末23日・土曜日、メキシコで行われた試合結果です。
WBCスーパーフェザー級戦:
王者ミゲル ベルチェル(メキシコ)TKO3回1分53秒 挑戦者ジョナサン バロス(亜)

*2010年から2011年にかけてWBAフェザー級王座に君臨していたバロスを迎えたベルチェル。その後もそれなりの実績を積んでいたアルゼンチン人でしたが、現在の実力、そして体力でベルチェルに圧倒的に劣っていました。

初回からベテランを圧倒していったベルチェル。2回にはコンビネーションからの左フックでダウンを奪うと、3回には立て続けに2度のダウンを付け加えます。試合継続を望んでいたバロスですが、彼の陣営がそれ以上の試合続行を許さず。ベルチェルのワンサイドマッチはそこで終了しています。

古豪を苦も無く破り、昨年1月に獲得した王座の3度目の防衛に成功したベルチェル。次戦では、しぶとい同国人ミゲル ローマンとの防衛戦が予定されています。ちなみにこのローマン、2011年3月(震災の翌日)に、当時バロスが保持していたWBAフェザー級王座に挑戦し大差判定負け。その1年後には、2階級上のWBC王者アントニオ デマルコ(メキシコ)に5回TKO負け。その後18連勝し、昨年1月に元WBC同級王者三浦 隆司(帝拳)と大激戦を演じ、最終的には半殺し状態にあっています。三浦はローマンに勝利した後、世界王座への返り咲きを目指してベルチェルに挑戦。判定負けを喫しています。

ボクシングには相性というファクターが勝敗に大きな影響を与えます。ベルチェルとローマンの相性というものが、どういうものかというのは、両者が拳を交えてみるまで分かりません。しかしローマンのこれまでの経歴を振り返ってみると、ベルチェルの勝利はよほど固いものだと思われます。

現在のスーパーフェザー級で、他団体王者たちと比べても実力が抜きんでた存在のベルチェル。ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)との対戦が見てみたかったです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 三代、6戦目で王座奪取に成功... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相性って言うと?! (中野吉郎)
2018-06-30 00:48:02
坂本博之さんリックさん畑山隆則さん巴戦を思い出します(^-^;…!?
Unknown (Corleone)
2018-07-02 00:48:42
坂本、リックの両氏には世界のベルトを腰に巻いてほしかったです(あと葛西裕一さん)。

現在の日本ボクシング界ですが、井上兄、村田と世界に誇れる選手がいますが、どうも今一つ盛り上がっていない気がします。彼らにもし、日本国内でのライバルが存在すれば、世間一般の注目度がグッと上がると思います。
たしかに盛り上がってないかもです?! (中野吉郎)
2018-07-05 12:48:48
これから村田選手,井上選手が本物路線に挑んでってくれたら盛り上がってくと思います!!
願ってます!!

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事