DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

松永が初の判定防衛に成功(日本スーパーウェルター級)

2021年04月22日 05時30分28秒 | 日本ボクシング

現地時間の昨夜21日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本スーパーウェルター級:
王者松永 宏信(横浜光)判定3対0(97-93x2、96-94)挑戦者中島 玲(寝屋川石田)

*33歳でこの試合が19戦目となる松永と、王者より11歳若く、これまでに4戦のプロでの実戦がない中島の対決。新旧対決となったこの一戦は、王者がテンポの良いボクシングを展開して試合をリード。挑戦者も時折好打をヒットしますが、試合の流れを引き寄せる事は出来ず。松永がキャリアの差を見せつけ、保持する王座の3度目の防衛に成功しています。

この試合が4度目の日本王座戦出場となった松永ですが、今回の試合が日本王座戦で初めての判定決着となりました。

この辺りの階級となると、日本と世界の距離が絶望的に遠くなります。同王座を20連続防衛に成功した上山 仁(新日本木村)ですら、世界の牙城には手も足も出ませんでした。しかしそれでも重量級。一発一発のパンチの重みが中軽量級とは違ってきます。世界云々ではなく、日本国内レベルでも盛り上がりを見せてもらいたいですね。

 

2021年4月22日現在のスーパーウェルター級王者たちの顔ぶれ下記のようになります。

WBA(スーパー):ジャーメル チャーロ(米/防衛回数0)
WBA(レギュラー):エリスランディー ララ(キューバ/1)
WBC:ジャーメル チャーロ(米/1)
IBF:ジャーメル チャーロ(米/0)
WBO:パトリック テシェイラ(ブラジル/0)
OPBF(東洋太平洋):空位
WBOアジア太平洋:井上 岳志(ワールドスポーツ/1)
日本:松永 宏信(横浜光/3)

コメント

小原、競り勝つ(日本ウェルター級)

2021年04月09日 05時59分15秒 | 日本ボクシング

現地時間の昨夜(8日・木曜日)、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本ウェルター級戦:
王者小原 佳太(三迫)判定3対0(96-94x3)挑戦者坂井 祥紀(横浜光)

*昨年2月に日本王座の2階級制覇達成に成功している小原。コロナウィルスの影響で、王座獲得から14ヵ月目にしてようやく初防衛戦を迎えました。

小原の初防衛戦の相手となった坂井は、2010年にメキシコでプロデビュー。同地、そして米国のリングを拠点にし、そのキャリアのほとんどを日本国外で行ってきました。昨年8月に日本でのデビュー戦を行っていますが、今回が初の日本王座挑戦に加え、ボクシングの聖地である後楽園ホールでのデビュー戦ともなりました。

23勝の内、21もの試合をKO/TKOで終えてきた強打の小原。その強打がいつ爆発するかに注目が集められました。しかし坂井は、海外で培った技術をいかんなく発揮し王者に対抗。中盤までは一進一退の攻防が繰り広げられましたが、王者がポイント獲得を重視したボクシングに切り替え試合の主導権を握ることに成功。挑戦者も最後まで粘りましたが、王者が若干のリードを保って試合終了。小原が苦しみながらも初防衛に成功。敗れた坂井もその評価を落としてはいないでしょう。

日本では重量級にあたる同級。日本国内ランキングを見渡すと、選手層の薄さが顕著になってきます。そんな中、来月6日には、OPBF(東洋太平洋)同級王者豊嶋 亮太(帝拳)とWBOアジア太平洋タイトルホルダーである別府 優樹(久留米櫛間)がお互いのベルトを賭け対戦します。その試合の勝者と小原による3つのベルトを賭けた一戦を実現し、日本ウェルター級戦線を盛り上げていって貰いたいですね。

なおジョー小泉氏がFightnewsに提供した情報によると、763人の観衆が後楽園ホールに詰め掛けたそうです

 

2021年4月9日現在のウェルター級の世界王者、そして日本関連のチャンピオンたちの顔ぶれを確認しておきましょう。

WBA(休養):マニー パッキャオ(比/防衛回数3)
WBA(スーパー):ヨルデニス ウガス(キューバ/0)
WBA(レギュラー):ジャマル ジェームス(米/0)
WBC:エロール スペンス(米/0)
IBF:エロール スペンス(米/4)
WBO:テレンス クロフォード(米/4)
OPBF(東洋太平洋):豊嶋 亮太(帝拳/0)
WBOアジア太平洋:別府 優樹(久留米櫛間/0)
日本:小原 佳太(三迫/1)

コメント

LEGEND開催、そして無事終了

2021年02月16日 05時17分14秒 | 日本ボクシング

先週11日、東京都代々木第1体育館で下記7つのエキシビションマッチが行われました。

・WBAスーパー/IBFバンタム級王者井上 尚弥(大橋)対 元WBCフライ級/現WBOアジア太平洋バンタム級王者比嘉 大吾(Ambition)

・元WBAスーパーフェザー級王者内山 高志(ワタナベ=引退)対 日本スーパーフェザー級王者坂 晃典(仲里)

・東京五輪ウエルター級日本代表岡沢 セオン(鹿児島体育協会)対 日本スーパーライト級ユース王者佐々木尽(八王子中屋)

・東京五輪ライト級日本代表成松 大介(自衛隊体育学校)対 スーパーライト級世界ランカー 平岡 アンディ(大橋)

・東京五輪ミドル級日本代表森脇 唯人(自衛隊体育学校)対 WBOアジア太平洋スーパーウエルター級王者/世界王座挑戦経験者井上 岳志(ワールドスポーツ)

・WBAライトフライ級スーパー王者京口 紘人(ワタナベ)対 元世界3階級制覇王者八重樫 東(大橋=引退)

・元WBOフライ級王者木村 翔(花形)対 元K-1スーパーバンタム級王者武居 由樹(大橋)

*現役世界王者、元世界王者、世界ランカー、オリンピック代表選手などプロ、アマチュアの選手たちが集い、拳を交えました。エキシビションマッチとはいえ、各試合とも熱戦が繰り広げられた様子。コロナ云々に関わらず、このような興行を定期的に行って貰いたいですね。

今回の興行には、2548人もの観衆が集まったそうです。何かうれしいですね、これだけの人がボクシングの会場に足を運んでくれたというのは。

コメント

丸田、圧勝で日本の頂点に(日本フェザー級)

2021年02月15日 05時26分14秒 | 日本ボクシング

先週11日・木曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本フェザー級戦:
挑戦者丸田 陽七太(森岡)TKO7回2分57秒 王者佐川 遼(三迫)

*2015年のデビュー当時から、将来の活躍が期待されていた丸田。しかし2017年10月に行われたOPBF(東洋太平洋)スーパーバンタム級王座への挑戦、対大竹 秀典(金子)では、一回り以上年上の大竹の老獪さに完敗。キャリア不足を露出してしまいました。その後タイや比国、そして丸田にとって敵地である後楽園ホールで経験を積みながら今回の挑戦まで漕ぎつけました。

今回、丸田が挑戦した佐川も、一戦一戦評価を高めてきた強豪選手。挑戦者はそんな王者を相手に、得意の右パンチを中心としたシャープなパンチで圧倒。最後は7回、ダウンを奪うなどして豪快に日本タイトル奪取に成功しています。

新スター誕生の雰囲気に包まれた今回の興行。ジョー小泉氏がFightnewsに提供した情報によると、770人の観衆が後楽園ホールに詰め掛けたそうです

 

2021年2月15日現在の、フェザー級王者たちを確認しておきましょう。

WBA(スーパー):レオ サンタ クルス(メキシコ/防衛回数3)
WBA(レギュラー):徐 燦(シュ チャン/中国/2)
WBC:ゲリー ラッセル(米/5)
IBF:空位
WBO:エマヌエル ナバレッテ(メキシコ/0)
OPBF(東洋太平洋):清水 聡(大橋/5)
WBOアジア太平洋:森 武蔵(薬師寺/3)
日本:丸田 陽七太(森岡/0)

*世界王者の動向もそうですが、近い将来の同級での注目と言えば5月に行われる「清水対森」の一戦ではないでしょうか。

コメント

尚弥、3年連続でMVP

2021年02月07日 05時57分01秒 | 日本ボクシング

先月末、昨年2020年の年間表彰選考会が行われ、各賞受賞が下記のように決定しています。

最優秀選手:
IBF/WBAバンタム級スーパー王者井上 尚弥(大橋):年間戦績 世界戦1勝(1KO)

技能賞:
WBOスーパーフライ級王者井岡 一翔(Ambition):年間戦績 世界戦1勝(1KO)

殊勲賞:
WBOフライ級王者中谷 潤人(M.T):年間戦績 世界戦1勝(1KO)

KO賞:
IBF/WBAバンタム級スーパー王者井上 尚弥(大橋)

努力/敢闘賞:
OPBF(東洋太平洋)ライトフライ級王者堀川 謙一(三迫):年間成績 タイトル戦1勝(1KO)

日本/OPBF/WBOアジア太平洋スーパーフライ級王者福永 亮次(角海老宝石):年間成績 タイトル戦2勝(2KO)

新鋭賞:
OPBFスーパーフェザー級王者三代 大訓(ワタナベ):年間戦績 無冠戦1勝(ゼロKO)

優秀賞:
無し?

年間最高試合:
WBOスーパーフライ級戦:井岡 一翔(Ambition)対 田中 恒成(畑中)
WBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦:中谷 正義(帝拳)対 フェリックス ベルデホ(プエルトリコ)

*昨年までは数多くの世界戦が行われたためか、各部門、数名の選手が選出されていました。今回は世界戦はもちろん、ボクシングの興行自体が激減したため、かなりスリムなものとなりました。本来はこうあるべきです。コロナによる怪我の功名というのでしょうか、外国人選手の招聘が難しいこのご時世の中、日本人同士によるライバル対決が増えたというのはプラスに考えるべきでしょう。まあ、増えたと言っても実数が増えたかどうかは分かりませんが、割合は確実に増したことでしょうね。

今年2021年、だれがどれだけ活躍するのでしょうか?特に2020年に試合出場がならなかった選手たちの巻き返しにも期待しています。

コメント

3度目の正直!古橋が日本王座獲得(日本スーパーバンタム級ほか)

2021年02月04日 05時51分40秒 | 日本ボクシング

先月22日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本スーパーバンタム級戦:
挑戦者古橋 岳也(川崎新田)TKO9回24秒 王者久我 勇作(ワタナベ)

*これまでに2度、日本王座に挑戦してきた古橋。しかしどちらの挑戦とも、引き分け、最終回TKO負けを結果を出すことは出来ませんでした。4年ぶりの大舞台に立った古橋ですが、今回の挑戦試合でも、実力者久我の前に厳しい戦いを強いられる事になりました。

タフネスに不安がある王者は、時折挑戦者の攻勢に怯む場面も見られました。しかし全般的には試合をリードする形で後半に突入。迎えた9回、古橋の右で久我がついにダウン。久我は必死に立ち上がろうとしましたが、主審はそれ以上の試合継続を許しませんでした。

3度目の正直で念願の日本王座を腰に巻くことに成功した古橋。8回終了時までの採点では、0対3(74-78、75-77x2)でリードを許していました。前戦となる2019年師走の試合でもKO負けを喫している久我。肉体的ダメージはもちろん、精神的ダメージも気になるところです。

 

日本スーパーフェザー級戦:
王者坂 晃典(仲里)TKO6回2分45秒 挑戦者渡邉 卓也(DANGAN AOKI)

*勝っても負けても、そのほとんどの試合をKO/TKOで終えてきた坂。2019年師走に獲得した王座の初防衛戦の相手は、これまでにWBOアジア太平洋やOPBF(東洋太平洋)シルバー王座などを獲得してきた実戦豊富な渡邉。この渡邉も上記の古橋同様、今回が3度目の日本王座挑戦となりました。

そんな実力者を相手に、坂は常に試合をリード。最後は持ち前の強打で渡邉を仕留め、王座の防衛に成功しています。

今回もジョー小泉氏がFightnewsに載せられている情報からです。この2大日本王座戦には、650人のお客さんが会場に足を運んでくれたそうです。先月行われたOPBF(東洋太平洋)バンタム級戦の時は679人。OPBFウェルター級戦の時は633人でした。確か後楽園ホールは1500人ぐらいまでの観客動員数があったかと思います。満員御礼とは言いません。ただ近い将来に、1000人前後の観衆で埋まって貰いたいですね。

それではいつものように、今日現在(2021年2月4日)のスーパーフェザー級の王者たちの顔ぶれを確認しておきましょう。

WBA(スーパー):ジェルボンテ デービス(メキシコ/防衛回数0)
WBA(レギュラー):ロジャー グティエレス(ベネズエラ/0)
WBA(暫定):クリス コルバート(米/1)
WBC:ミゲル ベルチェル(メキシコ/6)
IBF:ジョセフ ディアス(米/0)
WBO:ジャメル ヘリング(米/2)
OPBF(東洋太平洋):三代 大訓(ワタナベ/4)
WBOアジア太平洋:ジョー ノイナイ(比/2)
日本:坂 晃典(仲里/1)

コメント

矢吹、大差判定で初防衛に成功(日本ライトフライ級)

2021年01月18日 05時20分02秒 | 日本ボクシング

先月26日、愛知県刈谷市あいおいホールで行われた試合結果です。
日本ライトフライ級戦:
王者矢吹 正道(緑
)判定3対0(100-90、99-91x2)挑戦者大内 淳雅(姫路木下)

*昨年7月に、当時空位だった王座を僅か175秒で獲得している矢吹。初防衛戦に迎えた大内は、今回が3度目の王座挑戦となる強豪。王者はそんな実力者を相手に、ほぼワンサイドの判定勝利を収め防衛に成功。この試合前までに、築き上げてきた11のすべての白星をKO/TKO勝利で収めてきた矢吹。これが初の判定勝利となりました。

矢吹が主戦場とするライトフライ級は、ここ数年、日本勢を主体にトップ戦線が動いています。ミニマム級で4団体の王座を獲得してきた高山 勝成(寝屋川石田)も加わり、今年はその状況がさらに続いていくでしょう。2021年1月18日現在の王者たちの顔ぶれは下記のようになります。

WBA(スーパー):京口 紘人(ワタナベ/防衛回数2)
WBA(レギュラー):カルロス カニザレス(ベネズエラ/2)
WBA(暫定):ダニエル マテロン(キューバ/0)
WBC:寺地 拳四郎(BMB/7)
IBF:フェリックス アルバラード(ニカラグア/1)
WBO:エルウィン ソト(メキシコ/2)
OPBF(東洋太平洋):堀川 謙一(三迫/0)
WBOアジア太平洋:加納 陸(大成/0)
日本:矢吹 正道(緑/1)

コメント

三代、前世界王者を退ける(ライト級)

2021年01月15日 05時20分02秒 | 日本ボクシング

先月26日、東京都墨田区総合体育館で行われた試合結果です。
ライト級10回戦:
OPBF(東洋太平洋)スーパーフェザー級王者三代 大訓(ワタナベ)判定 前WBOスーパーフェザー級王者伊藤 雅雪(横浜光)

*コロナウィルスの恩恵とでもいうのでしょうか、海外の選手の招聘が難しい反面、日本国内の実力者同士の対戦実現が続いています。この「三代対伊藤」も、そんな好カードの一つと言っていいでしょう。

10勝の内、KO/TKO勝利が僅かに3という三代ですが、持ち前の左ジャブで一度は世界の頂点に立った伊藤に対抗。後半戦はその左ジャブを起点としたワン・ツーで最後まで主導権を握り続けゲームセット。僅差ながらも明白な判定勝利を収め、ねんがんの世界初挑戦に向けて大きく前進しています。

 

無冠のライト級戦として行われた今回の一戦。しかし三代、伊藤はスーパーフェザー級を主戦場にしている選手たちです。そこで、両者が活躍している2020年12月26日時点でのスーパーフェザー級の王者たちの顔ぶれを確認しておきます。

WBA(スーパー):ジェルボンテ デービス(メキシコ/防衛回数0)
WBA(レギュラー):レネ アルバラード(ニカラグア/0)
WBA(暫定):クリス コルバート(米/1)
WBC:ミゲル ベルチェル(メキシコ/6)
IBF:ジョセフ ディアス(米/0)
WBO:ジャメル ヘリング(米/2)
OPBF(東洋太平洋):三代 大訓(ワタナベ/4)
WBOアジア太平洋:ジョー ノイナイ(比/2)
日本:坂 晃典(仲里/0)

コメント

高山、4年4ヵ月ぶりの勝利(ライトフライ級)

2021年01月13日 05時50分16秒 | 日本ボクシング

先月末27日、大阪府大阪市エディオンアリーナ大阪・第2競技場で行われた試合結果です。
ライトフライ級6回戦:
高山 勝成(寝屋川石田)判定3対0(60-54、59-55x2)小西 伶弥(SUN-RISE)

*これまでにミニマム級の世界主要4団体の王座を順次獲得してきた高山。本来なら昨年夏に行われる予定だった東京五輪への出場を目指し、プロ・ボクシングから身を引いていました。残念ながら五輪出場を果たせなかった高山は、ぷろ・ボクシングへの再転向を決意。昨年春から再起戦への出場を試みていました。

当初の予定では、5月10日に森 青葉(泉北)と対戦する予定だった高山ですが、その試合はコロナウィルスの影響を例外なく受け中止に。今回まで復帰戦が延期となっていました。

本来なら11月23日に対戦を予定していた高山と小西。その時は小西が前日計量後の、コロナウィルスのPCR検査に引っかかってしまい、試合直前になって中止に。しかも小西はその後の検査で、陰性判定でだという事が判明しています。

何はともあれ実現した両者の対戦。実力者同士の一戦は、高山がその技術を駆使して、ほぼワンサイドの判定勝利を収めています。しかし凄いですね高山は。オリンピックへの出場を目指し、アマチュアのリングで活動していたとはいえ、プロのリングに登場したのは2016年8月以来、実に4年4カ月ぶり。それでも世界ランカーをいとも簡単に退けてしまうのですから。

堂々とプロのリングに復帰した高山。戦績を32勝(12KO)8敗(1KO負け)としています。今後高山は、以前主戦場としていたミニマム級ではなく、ライトフライ級で世界のベルト獲得を目指していくとの事。また、標的をWBAスーパー王者の京口であることを明らかにしています。「京口対高山」ですが、案外、春早々にも実現するかもしれませんね。

 

日本勢が幅を利かせているライトフライ級トップ戦線。今年もその状況が続くと予想されます。2021年1月12日現在の王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA(スーパー):京口 紘人(ワタナベ/防衛回数2)
WBA(レギュラー):カルロス カニザレス(ベネズエラ/2)
WBA(暫定):ダニエル マテロン(キューバ/0)
WBC:寺地 拳四郎(BMB/7)
IBF:フェリックス アルバラード(ニカラグア/1)
WBO:エルウィン ソト(メキシコ/2)
OPBF(東洋太平洋):堀川 謙一(三迫/0)
WBOアジア太平洋:加納 陸(大成/0)
日本:矢吹 正道(緑/0)

*本来なら京口は昨年11月に、そして寺地とカニザレスは師走に防衛戦を予定していましたが、そのすべての試合が中止となってしまいました。今年はライトフライ級に限らず、一つでも多くのタイトル戦(もちろん無冠戦も)が実現してほしいものです。

コメント

浪速のリングで続けて番狂わせ‼(ウェルター級ほか)

2021年01月08日 05時43分17秒 | 日本ボクシング

先月27日、大阪市・エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われた試合結果です。
ウェルター級8回戦:
出田 裕一(三迫)判定2対0(78-74、77-75、76-76)元日本ウェルター級王者矢田 良太(グリーンツダ)

*もう一昨年となってしまいましたが、その年に矢田は日本王座から転落し、WBOアジア太平洋王座王座の獲得にも失敗していました。しかし同級の日本を代表する選手であることには変わりありません。昨年8月に再起を果たていた矢田が迎えたのは、13勝(7KO)15敗(5KO負け)1引き分けという戦績の出田。2011年2月に勝利を収めた後の戦績は、何と1引き分け12敗。その負け犬ボクサーが、コツコツとジャブを放ちながら元日本王者に肉薄。大番狂わせを演じてしまいました。私(Corleone)のとってまったくノーマークだった試合なだけに、年末にこの試合結果を聞いた時には正直耳を疑ってしまいました。

出田は今はなきヨネクラジム出身の36歳。今後、どのような路線が引かれているのでしょうか。注目です。

 

当日、同じ興行で行われた試合結果です。
スーパーフライ級8回戦:
古谷 昭男(六島)判定2対0(77-75x2、76-76)元日本スーパーフライ級王者奥本貴之(グリーンツダ)

*共に有効打を奪えなかった一戦。常に先手を取っていた古谷が、僅差の判定勝利。日本ランキングに顔を見せたばかりでしたが、2019年末まで日本の頂点に立っていた奥本を破るという殊勲の勝利を収めています。

ボクシングに番狂わせというものはつきものですが、同じ興行で立て続けに起きるとは。これもボクシングの醍醐味の一つと言って良いでしょうな。

コメント