DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

テテ、カシメロなど(WBOバンタム級ほか)

2019年04月26日 03時20分24秒 | 世界ボクシング
今週末27日、米国・ルイジアナ州で予定されていた試合です。
2団体バンタム級王座統一戦:
WBA王者ノニト ドネア(比)対 WBO王者ゾラニ テテ(南ア)

*現在同級では、現役最強のバンタム級選手を決めるトーナメントが行われています。本来ならこの試合が、準決勝の第一戦となる予定でした。しかし先日、テテが自身の怪我のため戦わずしてトーナメントから離脱。ドネアは代役であるステフォン ヤング(米)との防衛戦を行うことが発表されています。その試合は引き続きトーナメントの一環として行われますが、当然テテの保持しているWBO王座は争われません。

しかし残念ですな、『ドネア対テテ』戦が中止となってしまったのは。



先週末20日、米国・カルフォルニア州で行われた試合結果です。
WBOバンタム級王座決定戦(暫定王座):
ジョンリエル カシメロ(比)TKO12回44秒 リカルド エスピノサ(メキシコ)

*WBOは同団体のWBO世界ランカーたちの長期に渡る世界挑戦『待ち時間』を回避するために、暫定王座設置に踏み切りました。結果的には不必要な暫定王者誕生となってしまいましたね。しかしテテ、残念でしょうね。現在のドネアなら勝利を収めることも可能だったでしょう。それに加え、ドネア戦で得られる報酬と、将来的に予定されるカシメロ戦での報酬には雲泥の差が出てくるでしょうね。

試合の方は一進一退の攻防が続く中、元IBFライトフライ級、フライ級王者のカシメロが6回にダウンを奪い、最終回にレフェリー・ストップを呼び込むことに成功。試合自体は競った内容でしたが、苦しみながらも自身3つ目の王座獲得に成功しています。


WBAスーパーバンタム級王座決定戦(暫定王座):
ブランドン フィゲロア(米)TKO8回終了 ヨンフレス パレホ(ベネズエラ)

*現地時間の今日26日、WBAスーパーバンタム級の正規王座保持者であるダニエル ローマン(米)が、IBF王者TJ ドヘニー(アイルランド/豪)が王座統一戦を行います(この対戦カード自体、王座統一戦としては拍子抜けですが)。WBAの事ですから、この王座統一戦の勝者はスーパー王者に昇格させるでしょう。空位となるレギュラー王者をその前に決めておこうという事ですね。でも昨年でしたっけ、WBAは「各階級1人の王者体制にしていく」と公言していたのは?

試合の方は注目株のフィゲロアが中盤TKOで勝利。暫定王座を獲得すると共に、全勝記録を19(14KO)に伸ばしています。ちなみにIBF同級戦線では、前王者となる岩佐 亮佑(セレス)がすでに指名挑戦権を獲得しています。
コメント

齊藤、王座統一に成功(日本バンタム級)

2019年04月25日 00時13分51秒 | 日本ボクシング
先週18日・木曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本バンタム級王座統一戦:
王者齊藤 裕太(花形)TKO5回2分8秒 暫定王者木村 隼人(ワタナベ)

*一昨年8月を最後に、昨年の9月まで同タイトル戦が行われていなかった日本バンタム級。その間、何度も何度も試合が決まりながらも中止が繰り返されました。秋口にようやく齊藤が王座に就いたと思いきや、自身の体調不良でダウン。齊藤が休養中に暫定王座を獲得していた木村との王座統一戦が、ここに来てようやく実現しました。

暫定王者が好スタートを切ったこの一戦。しかし2回には齊藤がペースを引き寄せると同時に、木村の左目下を腫れさせるなどして逆転に成功。その後コツコツとパンチを当てていった王者は、木村にダメージを加えていきレフェリーストップを呼び込むことに成功。日本王座内での統一戦に勝利すると共に、昨年9月に獲得した王座の初防衛に成功しています。

現在OPBF(東洋太平洋)王座には栗原 慶太(一力)が、WBOアジア太平洋王座にはベン マナンクィル(比)が君臨中。栗原は来月10日にワーリト パレナス(比/森岡)と、マナンクィルは同26日に小林 佑樹(六島)との防衛戦を予定しています。まずは齋藤には日本王座の防衛に専念し、今年の後半から来年にかけ、これらの王座へ触手を伸ばしていって貰いたいですね。
コメント

また延期に!(WBCミニマム級戦)

2019年04月24日 01時28分49秒 | 世界ボクシング
5月31日、タイで予定される試合です。
WBCミニマム級戦:
王者ワンヘン メナヨーシン(タイ)対 挑戦者福原 辰弥(本田フィットネス)

*本来なら3月1日にタイで行われる予定だったWBCミニマム級戦。この試合はまず、3月29日に延期されました。そして試合直前になって、今月25日にまたまた延期に。しかしこの一戦は今月行われる事なくもう一月順延となっています。しかも当初、5月24日に決行という情報が流れていました。本当に行われるのでしょうかね、この一戦は?
コメント

クロフォード、あっけない勝利(WBOウェルター級)

2019年04月23日 00時05分29秒 | 世界ボクシング
先週末20日・土曜日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBOスーパーライト級戦:
王者テレンス クロフォード(米)TKO6回47秒 挑戦者アミア カーン(英)

*初回からダウンを奪うなどして有利に試合を進めていたクロフォード。4回からボディーに攻撃を集中させ、カーンにダメージを与えていきました。問題の6回、勢い余って低打を放ってしまった王者。当然の如くカーンには休息の時間が与えられました。

クロフォードの放った低打が故意ではなかったため(しかもこの試合を通じて初のローブロー)、減点は勿論、失格の対象にはなりませんでした。レフィリーは試合続行を促しましたが、カーンはそれに応じられず。そこで試合は終了してしまいました。


(試合を決定づけたクロフォードの低打)


試合終了直後から、カーン陣営から何ら抗議もなかったこの幕切れ。何となく(というかかなり)消化不良感の残る試合となってしまいました。

何はともあれ、圧倒的な試合内容で保持する王座の2度目の防衛に成功したクロフォード。全勝記録も35(26KO)に伸ばしています。


実力王者たちが顔を並べている現在の世界ウェルター級戦線。その王者たちは下記のようになります(2019年4月25日現在)。

WBA(スーパー):キース サーマン(米/防衛回数8)
WBA(レギュラー):マニー パッキャオ(比/1)
WBC:ショーン ポーター(米/1)
IBF:エロール スペンス(米/3)
WBO:クロフォード(2)

もう王者たちの防衛戦はいいでしょう。早く統一戦実現に向け、動き出して貰いたいですね。
コメント

ゴロフキン、再起戦が決定(色々:04‐22‐19)

2019年04月22日 00時55分45秒 | 世界ボクシング
最近(2019年4月22日ごろ)のニュースです。

1)昨年9月に2010年8月から保持していた王座から決別してしまった前ミドル級3団体統一王者のゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)。6月8日に米国・ニューヨーク州で再起戦を行うことが決定しました。この試合でゴロフキンが対戦するのは、昨年師走にUSBAミドル級王座を獲得している19戦全勝(10KO)の戦績の持ち主であるスティーブ ロール(カナダ)。

2)その一週間前の1日に同じくニューヨークで試合を予定していた3団体統一ヘビー級王者アンソニー ジョシュア(英)。当初対戦を予定していたジャーレル ミラー(米)が薬物検査に引っかかったために今回の対戦/挑戦は不能に。近々、ジョシュアの新たな対戦相手が発表される見通しです。

3)昨年11月、ノニト ドネア(比)と対戦した時、自らの背中の痛みで自滅した元IBF/WBAバンタム級王者ライアン バーネット(英)。来月17日に、比国のジェルバート ゴメラを相手に再起戦を行います。この試合には現在空位のWBCスーパーバンタム級インターナショナル王座が争われる模様です。

4)20年ほど前になりますが、世界王者候補として挙げられていたヘクター カマチョ2世(プエルトリコ)。肝心な所で敗戦を重ね、世界獲得はおろか、世界挑戦する経験しないまま40歳を迎えています。彼が現役でいることすら驚きですが、このカマチョが来月18日、2017年7月以来の試合を行います。カマチョが対戦するのは9勝(5KO)5敗(4KO負け)の戦績を持つドミニカ人ビクトル マルティネス。まずはカマチョが無事勝利を収めることに期待しましょう。

5)年齢ではカマチョの一歳年上の元スーパーライト級、ウェルター級王者ザブ ジュダー(米)。ジュダーは昨年1月に10回戦に登場し判定勝利を収めて以来、実戦から遠ざかっています。このジュダーが6月7日、約1年半ぶりの実戦を行います。今回ジュダーが対戦するのはクリテゥス セルディン(Cletus Seldin/米)。セルディンはジュダーに限らずかなり危険度の高い相手で、ここまでの戦績が23勝(19KO)1敗と高いKO率の持ち主。結構ポカをやる癖のあるジュダーなだけに、特に前半戦の戦い方に注目が集まります。

6)WBAフライ級王者アルチュム ダラキャン(ウクライナ)が6月15日、指名挑戦者デンナパー キャット二ワット(タイ)を迎え、保持する王座の3度目の防衛戦を行います。
コメント

森、ライバルを返り討ち(WBOアジア太平洋フェザー級)

2019年04月21日 00時07分50秒 | 世界ボクシング
今月14日、熊本・合志市総合体育館で行われた試合結果です。
WBOアジア太平洋・フェザー級戦:
王者森 武蔵(薬師寺)判定2対1(115-113x2、112-116)挑戦者リチャード プミクピック(比)

*昨年11月、愛知で対戦した両者。その時は前王者となるプミクピックが傷を負ったため、森が負傷判定で勝利を収めるというラッキーな戴冠劇を演じています。

立場を変えて再び拳を交えた森とプミクピック。両者とも昨年のうっ憤を晴らそうとKO狙いで幕を開けました。前半戦を優位に進めたのは王座返り咲きを目指す比国人。しかし攻撃の手を緩めない森が徐々に、徐々にとペースを引き寄せ逆転に成功。僅差ながらもライバルの返り討ちに成功すると共に、王座の初防衛にも成功しました。

試合後の戦績を9戦全勝(5KO)とした森はまだ19歳の若者。今後の飛躍が大いに楽しみです。王座奪回ならなかったプミクピック。今回が33戦中、7度目の日本での試合となっています(2勝4敗1引き分け)。今後も日本人選手との対戦を繰り広げていくのではないでしょうか。

現在の日本フェザー級戦線はというと、OPBF(東洋太平洋)王座に清水 聡(大橋/防衛回数4)が君臨しています。そして日本王者は源 大輝(ワタナベ/1)。源は5月1日、指名挑戦者阿部 麗也(KG大和)の挑戦を受けます。ちなみにOPBF1位には源が、2位には阿部がランクイン。そして3位にはWBA1位の大沢 宏晋(オール)が続いています。若武者森がこれらの選手にどれだけ近づくことが出来るかが今後の注目点となりますね。
コメント

今週末の試合予定

2019年04月20日 02時22分07秒 | 世界ボクシング
2019年4月第三週末の試合予定です。

20日 土曜日
エディオンアリーナ大阪・第2競技場
WBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座決定戦:
ジョー ノイナイ(比)対 坂 晃典(仲里)

フライ級8回戦:
前日本ライトフライ級王者久田 哲也(ハラダ)対 ステバヌス ナナ バウ(インドネシア)

米国・ニューヨーク州
WBOスーパーライト級戦:
王者テレンス クロフォード(米)対 挑戦者アミア カーン(英)

米国・カルフォルニア州
WBAスーパーバンタム級王座決定戦(暫定王座):
ブランドン フィゲロア(米)対 ヨンフレス パレホ(ベネズエラ)

WBOバンタム級王座決定戦(暫定王座):
リカルド エスピノサ(メキシコ)対 ジョンリエル カシメロ(比)


21日 日曜日
エディオンアリーナ大阪・第2競技場
日本ウェルター級戦:
王者矢田 良太(グリーンツダ)対 指名挑戦者永野 祐樹(帝拳)

日本スーパーフライ級戦:
王者奥本 貴之(グリーンツダ)対 ユータ 松尾(ワールドスポーツ)


26日 金曜日
米国・カリフォルニア州
WBCスーパーフライ級戦:
王者シーサケット ソー ルンビサイ(タイ)対 挑戦者ファン フランシスコ エストラーダ(メキシコ)

2団体スーパーバンタム級王座統一戦:
WBA王者ダニエル ローマン(米)対 IBF王者TJ ドヘニー(アイルランド/豪)
コメント

WBA...(色々:04‐19‐19)

2019年04月19日 01時38分56秒 | 世界ボクシング
最近(2019年4月19日ごろ)のニュースです。

1)今週末20日、米国・カリフォルニア州で不必要なタイトルであるWBA暫定王座戦が行われます。腐敗団体のスーパーバンタム級王座が争われるこの一戦。出場するのはブランドン フィゲロア(米)とヨンフレス パレホ(ベネズエラ)。

2)来月4日にもスーパーミドル級でWBA暫定王座決定戦が決行される予定です。その試合に出場するのはデビット レミュー(カナダ)とジョン ライダー(英)。幸いにもこの一戦は、レミューが自身の負傷のため辞退。事なきを得ています。

しかしWBAは最近、WBCのシルバー王座に対抗処置とでしょうか、ゴールド王座なるものを新設。スーパー、レギュラー、暫定、統一、休養、そして今度は金ですか。よくもまあ、次から次に新しいアイデアが湧くものです。近い将来、WBA世界・中国王座なるものが誕生すると思いますよ、かなりの確率で。

3)そしてWBOまでも突如として不可解な暫定王座決定戦を決行する様子。その一戦はバンタム級で今週末20日、米国・カリフォルニア州で行われます。出場するのはリカルド エスピノサ(メキシコ)とジョンリエル カシメロ(比)。

4)クルーザー級でその地位を確立したアレクサンデル ウシク(ウクライナ)。カルロス タカム(カメルーン/仏)を相手に行うヘビー級転向第一戦が正式に決定。その試合は来月25日、米国・メリーランド州で行われます。

5)3月に引き分けている日本ミドル級王者竹迫 司登(ワールドスポーツ)と加藤 収二(中野サイトウ)による再戦が8月3日、後楽園ホールで行われます。

6)その興行には1月に、米国でWBOスーパーウェルター級王座に挑戦し、大差判定負けを喫している井上 岳志(ワールドスポーツ)も登場。対戦相手は未定ながら、再起戦を行う予定です。
コメント

一翔、4階級制覇なるか?(WBOスーパーフライ級)

2019年04月18日 01時34分01秒 | 世界ボクシング
6月19日、千葉・幕張メッセイベントホールで予定される試合です。
WBOスーパーフライ級王座決定戦:
アストン パリクテ(比)対 井岡 一翔(Reason大貴)

*半日ほど前にFightnewsに載せられていました。以前から実現が噂されていた一戦が実現するようです。

パリクテは昨年9月、同胞のドニー ニエテスと当時空位だった同タイトルを争いますが引き分け。昨年の大晦日に、ニエテスとその空位のままの王座を争ったのが一翔。一翔は1対2の判定で敗れ、王座奪取なりませんでした。

今年に入りニエテスがこの王座を返上し、またまた空位となった同王座。それを争うのがパリクテと一翔になります。ニエテスを中間に考えてみると、パリクテと一翔の戦力差はほとんどなし。接戦になるでしょうね、6月の試合は。

ここまでの両者の戦績は、パリクテが25勝(21KO)2敗(1KO負け)1引き分けと、75%というスーパーフライ級では高いKO率を保持。それに加えて173センチという長身の持ち主(一翔は165センチ)。パンチ力、体格に焦点を当てると、初めて獲得した世界王座が最軽量級という一翔より、スーパーフライ級を主戦場にしてきた比国人が有利に映ります。

一翔の戦績は23勝(13KO)2敗。この内16戦を世界戦として戦ってきました。昨年9月に同級での初陣を果たしている一翔。このパリクテとの一戦が、スーパーフライ級での第3戦目になります。一翔の体が同級に順応してさえいれば、勝利を収めることが出来るでしょう。

梅雨真っただ中の大阪で、日本人史上初の世界王座4階級制覇達成となるのでしょうか。ちなみに現在のWBOスーパーフライ級戦線には、下位ではありますが八重樫 東(大橋)もランキングに顔を覗かせています。その辺りにも注目が集まります。
コメント

ムンギア、苦しんでV4(WBOスーパーウェルター級)

2019年04月17日 00時36分00秒 | 世界ボクシング
先週末13日・土曜日、メキシコで行われた試合結果です。
WBOスーパーウェルター級戦:
王者ハイメ ムンギア(メキシコ)判定2対0(116-112、115-113、114-114)挑戦者デニス ホーガン(豪)

*昨年5月に現在保持している王座を獲得したムンギア。今回が早くも4度目の防衛戦となりました。今回ムンギアが迎えたのは、2017年10月に現OPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋ミドル級王座保持者の野中 悠樹(井岡弘樹)に大差判定勝利を収めているホーガン。ホーガンは2015年師走に、当時のWBA暫定王者だったジャック クルカイ(独)に明確な判定負けを喫しています。それに加えてホーガンは、23パーセントというこのクラスでは非常に低いKO率の持ち主。試合前の掛け率が50対1で大きく王者がリードというのも頷けました。

しかし試合というのはやってみなければ分からないものです。いつものように前に出て手を出し続けるムンギア。しかし南太平洋からの刺客にはそれが当たらない。逆にホーガンのパンチがコツコツとメキシカンに当たる場面が試合全体を通じ見られました。

最終回を終わった出された判定は僅差で王者の防衛を支持。しかしリングサイドからは、挑戦者の勝利を支持する声がかなり聞こえていた様子です。

何とか4度目の防衛に成功したムンギア。まだまだ22歳。学ぶことは多々あるようです。王者より一回り年上のホーガンですが、3度目の世界挑戦の機会は近々訪れるのではないでしょうか。
コメント