DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

リーゼント、まさかのTKO負け!(フェザー級)

2019年10月16日 04時23分57秒 | 世界ボクシング

先週11日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
フェザー級8回戦:
ジュンリエル ラモナル(比)TKO3回2分59秒 和氣 慎吾(FLARE山上)

*6年前、OPBF(東洋太平洋)スーパーバンタム級王者としてラモナルの挑戦を受け一蹴している和氣。今回の再戦でも和氣が圧倒的な力量差を見せつけながら試合を進めていきました。

「さあ調整試合も終わり、あとは世界再挑戦を待つのみ」と思われた3回、比国人の左を貰ってしまったリーゼントがダウン。その回終了間際にもダウンを追加され、まさかのTKO負けを喫してしまいました。

思わぬところで敗戦を喫してしまった和氣。肉体的ダメージはもとより、精神的ダメージが気になります。


OPBFミドル級王座決定戦:
細川 チャーリー 忍(金子)TKO8回1分21秒 太尊 康輝(角海老宝石)

*7月に同王座を賭け対戦している両者。その時は痛み分けで新王者誕生はなりませんでした。3ヶ月のインターバルで再び拳を交えた両者ですが、前回同様競った内容で試合を進めていきました。最終的には8回、太尊の右目の腫れが酷くなりレフィリー・ストップ。細川が今年2月に失った王座への返り咲きに成功しています。

すでに次の試合が内定している細川。来年早々にも、日本王者竹迫 司登(ワールドスポーツ)とそれぞれの王座を賭け対戦する予定です。

コメント

ケンシロウ、京口のライバルが登場(色々:10‐15‐19)

2019年10月15日 03時29分18秒 | 世界ボクシング

最近(2019年10月15日ごろ)のニュースです。

1)拳 四郎(BMB/WBC王者)、京口 紘人(ワタナベ/WBAスーパー)の対抗王者であるエルウィン ソト(メキシコ)。今月24日に日本でもお馴染みのエドワルド ヘノ(比)を迎え、6月に獲得したWBOライトフライ級王座の初防衛戦を行います。

2)米国・カリフォルニア州のリングで行われるWBOライトフライ級戦。その同じリングに、ソトに王座を奪われたアンヘル アコスタ(プエルトリコ)も登場。比国の中堅選手レイモンド タブゴンを相手に再起戦を行います。

3)今年3月にアコスタに挑戦し、9回KO負けを喫している元WBCライトフライ級王者ガニガン ロペス(メキシコ)。先日11日、かつて日本のリングを主戦場としていたアルマンド トーレス(メキシコ)と対戦し初回KO負け。WBCラテン・フライ級王座の獲得に失敗しています。

4)同日、約10年前にライトヘビー級で一時代を築いていたチャド ドーソン(米)が米国・コネチカット州のリングに登場。デニス グラチェフ(露)に大差判定勝利を収めています。この試合は8回戦で行われましたが、WBC米国王座(USNBC)王座が争われています。

5)来月9日に米国でのデビュー戦を予定しているWBOスーパーミドル級王者ビリー ジョー ソーンダース(英)。初防衛戦の相手がマルセロ コセレス(亜)に決定しています。

6)2004年にプロ・デビューを果たして以来、日本、OPBF(東洋太平洋)、WBOアジア太平洋王座を獲得し、暫定ながらもWBCライト級王座に挑戦した経験を持つ荒川 仁人(ワタナベ)。先日、現役からの引退を発表しています。お疲れさまでした。

コメント

ワーリントン、初のKO防衛に成功(IBFフェザー級)

2019年10月14日 04時26分53秒 | 世界ボクシング

先週末12日・土曜日、英国で行われた試合結果です。
IBFフェザー級戦:
王者ジョシュ ワーリントン(英)TKO2回2分54秒 挑戦者ソフィアン タコウシュ(仏)

*10年前の10月31日にプロデビューを果たしているワーリントン。この試合がちょうど節目の30戦目となりました。そのためか、試合開始のゴングからエンジン全開だった英国人。23%とという低KO率の選手とは思えない積極ぶりを見せます。

2回中盤、見事な右をジャストミートさせタカウシュを吹っ飛ばす形で先制のダウンを奪ったワーリントン。きれいなワン・ツーでダウンを追加した後、同回終了間際に連打でレフィリーストップを呼び込むことに成功。3度目の防衛に成功すると同時に、自身初の世界戦でのKO/TKO勝利を収める事に成功しました。

 

ワーリントンが一角を担っている世界フェザー級戦線。2019年10月14日現在の同級の世界王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA(レギュラー):徐 燦(シュ チャン/中国/防衛回数1)
WBC:ゲリー ラッセル(米/4)
IBF:ジョシュ ワーリントン(英/3)
WBO:空位

*同級実力No1と思われた板WBAスーパー王者レオ サンタ クルス(メキシコ)はスーパーフェザー級に転向。実力はありながらも1年に1度しか試合を行わないラッセルの状況に変化なし。徐も中々戦力が整っている選手で、中国マーケットを考えると今後が期待できそう。他団体の王者たちと比べても、ワーリントンがそれほど劣っているとは思えません。ただ存在が地味なだけに、今回の防衛戦のような試合を続けていくことが何よりものアピールとなるでしょう。

コメント

左一発!吉野が2つのベルトを吸収(OPBF/WBOアジア太平洋ライト級)

2019年10月13日 04時23分34秒 | 世界ボクシング

先週10日・木曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋ライト級王座決定戦:
吉野 修一郎(三迫)TKO初回130秒 ハルモニト デラ トーレ(比)

*2017年10月に日本同級王座を獲得して以来、出場した日本タイトル戦のすべてをKO/TKOで終えてきた吉野。日本国内実的状態の吉野はステップアップをはかり、空位のOPBFとWBOアジア太平洋王座の決定戦に出場しました。

好戦的なデラ トーレ相手に後手気味だった吉野ですが初回後半、左一発でライバルをKO。僅か130秒でこれまで保持していた日本王座に加え、2つのベルトを吸収することに成功しました。

当然の如く更なる上のベルト奪取を目論んでいる吉野。今後は日本、アジア圏を含め強豪選手たちとの対戦を望んでいるようです。

 

日本ライトフライ級戦:
挑戦者高橋 悠斗(K&M)判定2対0(97-93、96-94、95-95)王者堀川 謙一(三迫)

*2015年9月に、タイトル戦7度目の挑戦で念願のベルトを獲得した堀川。しかしその王座は、現WBC王者ケンシロウに判定負けを喫し手放してしまいました。その後2017年4月に久田 哲也(ハラダ)とケンシロウが世界挑戦のために返上した同王座を争いますが判定負け。しかしその後6連勝(5KO)を飾り、この2月に日本王座返り咲きを果たしています。

堀川が迎えた2度目の日本王座の2度目防衛戦、今回がタイトル初挑戦となった高橋と接戦を演じた結果僅差の判定負け。王座決別となってしまいました。

デビューが2000年4月までさかのぼる堀川の戦績は40勝(13KO)16敗(3KO負け)1引き分け。初陣以来、これといったブランクもなく定期的に試合をこなしてきたベテラン王者。試合地も比国、タイ、メキシコ(2度)と海外遠征の経験もあります。日本国内も東西のリングに何度も登場しており、まさに叩き上げの選手。こういう選手が活躍する姿を見るのはいいものです。これまでに2度の日本王座と、WBOアジア太平洋王座を1度獲得してきました。残念ながらタイトルを失ってしまいましたが、3度目の日本王座獲得を目指し張って貰いたいですね。

コメント

今週末の試合予定

2019年10月12日 05時16分06秒 | 世界ボクシング

2019年10月第二週末の試合予定です。

12日 土曜日
英国
IBFフェザー級戦:
王者ジョシュ ワーリントン(英)対 挑戦者ソフィアン タコウシュ(仏)

米国・イリノイ州
ヘビー級12回戦:
アレクサンデル ウシク(ウクライナ)対 チャズ ウィザスプーン(米)

WBAライトヘビー級戦:
王者ドミトリー ビボル(キルギスタン)対 挑戦者レニン カスティージョ(ドミニカ)

18日 金曜日
米国・ペンシルバニア州
2団体ライトヘビー級王座統一戦:
IBF王者アルツロ ベテルビエフ(露)対 WBC王者アレクサンデル ゴズディク(ウクライナ)

コメント

一翔、初防衛戦が決定(WBOスーパーフライ級)

2019年10月11日 05時23分13秒 | 世界ボクシング

今年の大晦日、東京都大田区総合体育館で予定される試合です。
WBOスーパーフライ級戦:
王者井岡 一翔(Reason大貴)対 挑戦者ジェイビエール シントロン(プエルトリコ)

*一翔の4階級目の王座の初防衛戦が大晦日に決定。一翔が一年の最終日に試合を行うのは8度目になりますが、同日、日本のリングに立つのは2016年以来となります。一翔が迎えるのは、江藤 光喜(白井・具志堅)を破り指名挑戦権を獲得したシントロン。これまで11戦のプロキャリアがないシントロンを相手に、一翔がキャリアの差を見せつけることが出来るのでしょうか?注目です。

コメント

内藤、敵地でV3(OPBFスーパーライト級)

2019年10月10日 05時24分43秒 | 世界ボクシング

現地時間の昨夜(9日・水曜日)、韓国で行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)スーパーライト級戦:
王者内藤 律樹(E&Jカシアス)判定3対0(117-111、116-111、116-112)挑戦者ジョン ギュボム(韓国)

*数度の試合延期があり、1年のブランクを作ってしまった内藤。しかし8回にダウンを奪うなどして挑戦者を圧勝。昨年1月に獲得した王座の3度目の防衛に成功しています。

同級に転向するまでは2階級下のスーパーフェザー級で戦っていた内藤。スーパーライト級に主戦場を変えて以来、試合で勝利は収めるものの体重の壁に直面していた感がありました。しかし1年のブランクによる好影響でしょうか、以前よりも新しい階級の水に慣れてきたようです。

コメント

ウシク、対戦相手が変更(色々:10‐09‐19)

2019年10月09日 05時18分16秒 | 世界ボクシング

最近(2019年10月9日ごろ)のニュースです。

1)今週末12日に米国イリノイ州でヘビー級でのデビュー戦を予定している元4団体クルーザー級王者アレクサンデル ウシク(ウクライナ)。対戦が予定されていたタイロン スポーン(オランダ)が薬物検査に引っかかりアウト。代わってウシクは、チャズ ウィザスプーン(米)と対戦することが発表されています。

2)ウシクがクルーザー級に去った後、いつの間にやらWBAスーパー王者に昇格していたアルセン グラムイリアン(あアルメニア/仏)。来月15日、ランキング下位のケイン ワッツ(豪)を迎え、保持する王座の防衛戦を行います。昨年3月にWBA暫定王座を獲得していたグラムイリアン。防衛戦すら行わず、レギュラー王座を飛ばしてスーパー王座に昇格。腐敗団体とはいえ、スーパーチャンピオンに認定されるほどの実績も実力もない選手に思えますが。

3)今月19日、ボクシングとは縁の薄いベルギーでWBAクルーザー級暫定王座決定戦が行われます。その試合に出場するのはリャド メルウィー(コートジボワール/ベルギー)とイムレ ツェロ(ハンガリー)。

4)スーパーと暫定の中間に位置するのがレギュラー王座。現在のクルーザー級レギュラー王者はベイビュート シュメノフ(カザフスタン)。昨年7月から試合を行っていません。

5)腐敗団体のクルーザー級以上に始末が悪いのが最重量級。スーパー王座戦は定期的に行われているものの、レギュラー王者であるマヌエル チャー(独)は一昨年11月に同王座を獲得して以来試合を行っていません。そして暫定王者トレバー ブライアン(米)も、昨年8月以来リング活動が停止中となっています。また、いまだにWBAヘビー級王座への挑戦権があると思われるフレス オケンド(プエルトリコ)。2014年7月から実戦を行っていませんが、同団体の15位に顔を見せています。

6)今年の夏、マニー パッキャオ(比)がキース サーマン(米)を下しスーパー王者に昇格したWBAウェルター級戦線。来月30日に、空位となったレギュラー王座決定戦がモナコで行われます。その試合に出場するのはアレクサンデル ベスプーチン(露)とラジャブ ブタエフ(露)。両選手ともロシア出身で、現在はアメリカを本拠地としてリング活動を行っています。

コメント

中谷、世界に大前進(フライ級強)

2019年10月08日 05時14分05秒 | 世界ボクシング

先週末5日・土曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
スーパーフライ級10回戦:
前日本フライ級王者中谷 潤人(M.T)TKO6回2分2秒 元IBFライトフライ級王者ミラン メリンド(比)

*早くからその才能を高く評価されていた中谷。今回は日本でもお馴染みの元ライトフライ級王者メリンドを迎え、世界への試金石となる一戦に臨みました。

過去2戦で連敗を喫している相手とは言え、メリンドは元世界王者。そんな実力者を相手に中谷は、試合を通じて主導権を握り続けました。

試合の方は6回、一方的な展開になったところで主審が両者の間に入りゲームセット。中谷がピークは過ぎているとはいえ元世界王者を下し、世界は初挑戦に向け存在感を示すことに成功。同時にデビューからの連勝記録を20(15KO)に伸ばしています。

 

中谷が世界挑戦を狙うフライ級。2019年10月8日現在の同級の世界王者たちの顔ぶれは次のようになります。

WBA(レギュラー):アルテム ダラキャン(ウクライナ/3)
WBC:空位
IBF:モルティ ムタラネ(南ア/2)
WBO:田中 恒成(畑中/2)

中谷は現在、WBAとWBOで2位にランクイン。WBCは3位でIBFでは結構下の方にその名を連ねています。現時点での田中との日本人対決は避けてほしいですね。変則的な強打者ダラキャン、または地味ながらも総合力の高いムタラネに挑戦か。それともWBCの王座決定戦に割って入るのか。早ければ来週にも中谷が世界の舞台で上がる可能性があると見ます。

コメント

ゴロフキン、強豪に競り勝ち王座に復帰(IBFミドル級)

2019年10月07日 05時16分42秒 | 世界ボクシング

先週末5日・土曜日米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
IBFミドル級王座決定戦:
ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)判定3対0(115-112x2、114-113)セルゲイ デレイビャンチェンコ(ウクライナ)

*昨年9月に宿敵サウル アルバレス(メキシコ)に敗れ、長年保持していた世界王座から転落していたゴロフキン。強豪デレイビャンチェンコに僅差の判定を収め、約1年ぶりに再び世界のベルトを腰に巻くことに成功しました。

初回にダウンを奪い、2回にはその強打でライバルの右目上を切り裂いたゴロフキン。しかし3回以降、デビュー当初から専門家からの評価が高かったウクライナ人のエンジンがかかり始めます。

中盤からゴロフキンに肉薄したデレイビャンチェンコ。後半は完全にペースを握るも、前半戦の失点を挽回できず。昨年10月に行われたダニエル ジェイコブス(米)戦に続いて惜しくも世界王座奪取なりませんでした。

苦しみながらも世界のベルト奪回に成功したゴロフキン。今回の試合が接戦に加え好試合だっただけに、デレイビャンチェンコとの再戦もありうるかもしれません。

 

ゴロフキンがトップ戦線の一角に復帰したところで、現在(2019年10月7日)のミドル級世界王者の顔ぶれを見てみましょう。

WBA(スーパー)サウル アルバレス(メキシコ/防衛回数1)
WBA(レギュラー):村田 諒太(帝拳/0)
WBC:ジャモール チャーロ(米/2)
IBF:ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン/0)
WBO:デメトリアス アンドラーデ(米/2)

実力拮抗者が顔を並べていますね。

コメント