DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

意見番(2018年/海外編)

2019年01月16日 04時45分27秒 | ボクシングネタ、その他雑談
昨年2018年にその活躍が顕著だった選手を5名選んでみました。今回は日本国外の選手5名になります。

IBF/WBA/WBO23団体+IBOヘビー級王者アンソニー ジョシュア(英)/2018年の年間戦績・2勝(1KO)



*春にジョセフ パーカー(ニュージーランド)に大差の判定勝利を収め、WBO王座を吸収。秋にはWBAとWBOの指名挑戦者だったアレクサンデル ポベトキン(露)に圧勝。安定感抜群の所を見せつけています。まだまだ可能性があるタイソン フューリー(英)や、勝負強さを見せつけているディオンティー ワイルダー(米)より現時点では上と見ます。

4月に王座の防衛戦を予定しますが、一体誰と拳を交えるのでしょうかね。


4団体統一クルーザー級王者アレクサンデル ウシク(ウクライナ)/3勝(1KO)



*2018年の初めにはWBO王座のみ保持していました。しかし1月にはWBC王座を、7月にはWBAとIBF王座の吸収に成功。11月にはWBCの名誉王者を退けています。その3戦、全て敵地で行っています。2018年最優秀選手と言って過言ではないでしょう。


WBOスーパーウェルター級王者ハイメ ムンギア(メキシコ)/5勝(4KO)



*年の初めには、「凄い勢いで試合回数を伸ばしている新鋭選手がいる」、という噂を聞いていました。その噂は事実である事を証明し、実力も伴っていることを実証。今年もまだまだ暴れそうです。


WBA/WBOライト級王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)/2勝(1KO)



*スーパーフェザー級を卒業し、ライト級に進出。早々と2つのベルトを獲得。最強度は薄らぎましたが、強いことに変わりありません。


WBCライト級王者ミゲル アンヘル“マイキー”ガルシア(米)/2勝(2判定勝利)



*3月にIBFスーパーライト級王座を獲得し、4階級制覇に成功。7月にはライト級に戻り、IBF王座を吸収。本当はロマチェンコとの対戦が見たいんですが、3月にはIBFウェルター級王者エロール スペンス(米)に挑戦します。


選出した選手たちの順番は、日本国内選手同様、重いクラスからの順となります。昨年選出した選手は、当時そして現在もWBCスーパーフライ級王座に君臨しているシーサケット ソー ルンビサイ(タイ)、当時はWBAとIBFバンタム級の2冠王だったライアン バーネット(英)、WBOスーパーフェザー級からWBAライト級王者に移行したワシル ロマチェンコ(ウクライナ)、4団体統一スーパーライト級王座から、WBOウェルター級王者に移ったテレンス クロフォード(米)、そしてジョシュア。バーネットは腰痛のために自滅。ジョシュアを含めたその他の4選手は、2018年も活躍し、今年もボクシング界の中心的存在で居続けるでしょうね。

果たして、2017年、2018年に活躍したこれら強豪選手たちの中に割り込んでくる選手はいるのでしょうか。2019年の見どころはその辺りになるでしょう。
コメント

意見番(2018年/日本国内編)

2019年01月13日 02時54分34秒 | ボクシングネタ、その他雑談
昨年2018年にその活躍が顕著だった選手を5名選んでみました。まずは日本国内の選手5名からになります。

日本ミドル級王者竹迫 司登(ワールドスポーツ)/2018年の年間戦績は3勝(3KO)



*ここまでの戦績は10戦して全勝、しかも全KO勝利。経験した最長ラウンドは7。昨年の今頃はまだ無冠でした。かなり先物買いになってしまいますが、今後の期待を込めて選出してみました。まずは3月に指名挑戦者加藤 収二(中野サイトウ)との防衛戦が控えています。その試合に勝利した後は、OPBFとWBOアジア太平洋のベルトを保持している細川 忍(金子)へ標的を定めて貰いたいです。


OPBF(東洋太平洋)ライト級王者中谷 正義(井岡)/3勝(3KO)



*4年前に同王座を獲得して以来、防衛回数を伸ばすこと11。これまでに日本人選手が記録したOPBF王座の最多防衛記録に並ぶまであと一つと迫っています。年内にその記録を破り、さらなら上のベルト獲得に向け動いて行ってもらいたいですね。


WBOスーパーフェザー級王者伊藤 雅雪(伴流)/3勝(2KO)



*7月に米国(しかもほぼ適地)で空位だった王座を獲得し、年末には指名挑戦者をストップ。今後の日本のエース格に昇格する可能性がある選手に急成長した1年でした。


WBAバンタム級レギュラー王者井上 尚弥(大橋)/2勝(2KO)



*2017年に続いて、対戦相手が可哀想に見せてしまったモンスター。両試合併せて費やした合計時間は3分2秒。


WBAライトフライ級スーパー王者京口 紘人(ワタナベ)/3勝(2KO)


(今年は、両世界王者の対戦が見たい!)

*5月のミニマム級卒業試合で大差の判定防衛にしたあと、秋口には無冠戦ながらもライトフライ級の世界ランカーに快勝。大晦日にはマカオで強豪ヘッキー ブドラー(南ア)をギブアップさせてしまいました。同級のWBCタイトル保持者である拳 四郎(BMB)も素晴らしい活躍を見せましたが、試合の印象度で上回ったと思います。今年は是非両者の一騎打ちを実現させて貰いたいですね。


選出した選手たちの順番は、昨年は軽いクラスからの順だったので、今年は重いクラスからの順となります。昨年選出した選手は、当時の日本ライトフライ級王者久田 哲也(ハラダ)、WBOフライ級王者木村 翔(青木)、WBOスーパーフライ級王者井上 尚弥(大橋)、WBAライト級王者ホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)、そしてOPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋/日本スーパーウェルター級王者井上岳志(ワールドスポーツ)。

来年、どの選手が残っているのか。今から楽しみです。
コメント

2019年、謹賀新年

2019年01月01日 00時00分11秒 | ボクシングネタ、その他雑談
皆様、新年明けましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。今年で15年目を迎えるDAISPO WORLD BOXING EXPRESSですが、今年もこれまで通り更新を続けていく予定です。今年もこのサイトご愛顧いただきますようよろしくお願い申し上げます。



昨年2018年は、サッカーのワールドカップが行われたにも関わらず、日本国内、海外、そして軽量級から最重量級まで非常に活気があり、同時に数々の問題が浮き彫りになった年でした。新年2019年もすでに、今月から春先までにいくつかの好カードが予定されています。今年も良いボクシング年になるでしょう。
コメント

意見番(12‐28‐18)

2018年12月28日 06時43分24秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2018年12月28日ごろの意見番です。

   

*両誌とも非常に新鮮味のある表紙となりました。日本のボクシング雑誌の表紙に、ヘビー級の写真が載せられたのは何時以来になるのでしょうか。そういえば、自分が初めて購入したボクシングマガジンはヘビー級が堂々と飾られていました、「タイソンがラドックを返り討ち」と。

次号の表紙には、是非「日本人初の世界4階級制覇達成!」というものが来てほしいものです。
コメント

井上、世界の表紙に

2018年12月05日 01時37分11秒 | ボクシングネタ、その他雑談
1922年創刊という歴史あるボクシング雑誌リング。WBAバンタム級レギュラー王者の井上 尚弥(大橋)が、日本人選手として同誌の表紙を飾る事になりました。凄いですよね、まさに「世界のモンスター」と言っていいでしょう。 

   
コメント

意見番(11‐26‐18)

2018年11月26日 00時52分53秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2018年11月26日ごろの意見番です。

   

*今年の初めに期待されていた選手の明暗を分けた表紙になりましたね。井上フィーバー、いつまで続くのでしょうか。
コメント

この階級、この選手(竹原 慎二:ミドル級①)

2018年10月30日 04時28分35秒 | ボクシングネタ、その他雑談
1990年代初頭からこれまでの約四半世紀、それぞれの階級で印象に残った選手を各階級3人ずつ挙げていっています。記載上のルールは各選手、登場するのは1階級のみ。また、選んだ選手がその階級の実力№1とは限りません。個人的に思い入れのある選手、または印象に残った選手が中心となります。

今回からミドル級になりますが、その第一弾を飾るのが日本ボクシング界で初めて同級の世界戦に出場し、そして世界王座を獲得した竹原 慎二(沖)になります。世界的に見れば竹原の実力は「並」、しかし「印象」からすれば強烈のものがありました。


(今回の主人公、竹原 慎二)

竹原が世界王座を獲得してから20年以上経ちますが、その王座奪取劇は今でも鮮明に覚えています。竹原が世界の檜舞台に立ったのは1995年12月19日。それまで世界ミドル級王座を獲得した日本人選手はゼロ。竹原以前に世界ミドル級戦に出場した日本人選手もゼロ。まさしく竹原は、前人未到の記録に挑戦しました。

竹原が挑戦したWBAミドル級王者は、日本から見て地球の反対側に位置するアルゼンチン出身のホルヘ カストロ。竹原が挑戦した時までの戦績は、98勝4敗2引き分けというお化けみたいなレコードを引っ提げていました。その後2007年まで戦い続けたカストロですが、終身戦績は何と130勝(90KO)11敗2引き分け。その長大なキャリアの後半には、ミドル級の3つ上のクルーザー級王座にまでその触手を伸ばしています。当初ボクシングマガジンでは、世界戦出場する選手の全記録が載せられていました。カストロ挑戦前までの竹原は23戦全勝という素晴らしい記録を持っていましたが、カストロのそれと比べると4分の1。二人のボクサーの記録があれほど小さく掲載されているのを見たのは「カストロ対竹原」戦以外、記憶にありません。

当時の世界ミドル級王者の顔触れはというと、WBAがこのカストロ。WBCはKOマシーン・ジェラルド マクラレン(米)に2度ボコボコにされた前KOマシーンのジュリアン ジャクソン(バージン諸島)が、マクラレンがスーパーミドル級に転向していった後釜争いに勝利し王座返り咲き。IBFにはあのバーナード ホプキンス(米)が王座獲得。WBOはまだまだマイナー団体だったため対象外。再びWBAになりますが、当時は一階級一人の世界王者しか認めない素晴らしい団体でした。

分かりきったことですが、単純計算してみると竹原が世界ミドル級王座に挑戦し、獲得した時のミドル級王者は3人。現在はというとWBA、WBC、IBFの3団体に加えてWBOが主要団体の一つに数えられ、WBAのみならずWBCにも世界王者が2人ずつ君臨しています。最近、ある日本人選手がWBAミドル級の第2の王座から転落しましたが、竹原の時代と比べると、世界ミドル級ベルトの質は断然と落ちるでしょう。

「広島の粗大ゴミ」と言われていた竹原が上京し、プロデビューを果たしたのは1989年5月15日。身長186センチ、リーチは187センチと非常に恵まれた体格を武器に、順当に白星を重ねていきました。

1991年10月、11戦目で日本ミドル級王座に挑戦した竹原は、そのチャンスを見事に生かし王座奪取。以後4度の防衛に成功しました。日本王座の初防衛戦では、後に日本ミドル級、東洋太平洋ライトヘビー級王座を獲得した寺地 永を2回でKO。日本ミドル級の第一人者としての地位を固めていきました。ちなみにこの寺地は現WBCライトフライ級王者拳 四郎(BMB)の実父になります。


(日本王者時代の竹原)

1993年5月には一つステップ・アップして当時空位だったOPBF王座戦に臨んだ竹原。2年半後に再び拳を交えた李 成天(韓国)との激しい打撃戦に打ち勝ち勝利。確実に階段を一段上がることに成功しました。この王座は1995年9月に行われた李との再戦を含め6度の防衛に成功。特に李との再戦では8回にダブルノックダウンするという非常に激しいもの。世界王座挑戦の声が聞かれていた竹原なだけに、「これで大丈夫?」という声も聞かれていたのも事実でした。

竹原が獲得した王座(獲得した順):
日本ミドル級:1991年10月28日獲得(防衛回数4)
OPBF(東洋太平洋)ミドル級:1993年5月24日(6)
WBAミドル級:1995年12月19日(0)

日本ボクシング界に新たな歴史が加わった1995年12月19日。場所は日本ボクシングの聖地・後楽園ホールでした。何か運命的なものを感じがしますね。しかしこの試合、日本人選手が世界ミドル級王座に初めて挑戦したにもかかわらず、何とテレビでの生中継なし。私(Corleone)はその試合、深夜放送を録画し翌日見ました。試合前、不利が予想されていた竹原ですが、世界初挑戦という大舞台での無駄な緊張感はなく、試合開始から百戦錬磨の王者と堂々と打ち合いを演じました。

3回、何と竹原は見事な左ボディーで怪物カストロからダウンを奪ってしまいます!そのダウンはアマチュア・プロ通算200戦以上のカストロが喫した初のもの。竹原がこの試合に勝ったことに驚きましたが、テリー ノリス(米)やロイ ジョーンズ(米)といったボクシング史に残る名選手達ですらダウンを奪えなかったタフガイ・カストロ。竹原がその選手をリングに這わせた事にも驚かされました。


(超タフガイ・カストロからダウンを奪った竹原)

ダウンを奪われながらも、ジワジワと反撃体制に入り、竹原に肉薄していったカストロ。1年前にメキシコのリングで、元王者ジョン デビット ジャクソン(米)を相手に、その試合の興行者だったドン キング氏に、「まるでハリウッドの映画のようだ」と言わしめた大逆転劇を演じていたカストロだけに、見ている側は最後までドキドキ状態でテレビにくぎ付けでした(録画にもかかわらず)。しかしファンの不安をよそに、フル・ラウンドに渡りカストロと打ち合い、そして打ち勝った竹原。文句のない判定勝利を収め、世界ミドル級のベルトを日本のリングにもたらすことに成功。

   
(百戦錬磨のカストロ相手に、最後まで見事な打ち合いを演じた竹原)

カストロ戦から半年後、正式決定まで時間がかかった指名挑戦者ウィリアム ジョッピー(米)との初防衛戦(たしか竹原にWBAからベルトが届くのも時間がかかっていたという記憶があります)。初防衛戦の緊張からか、カストロ戦に比べて動きが固く、加えて初の本場アメリカのミドル級選手との対戦。9回にストップされるまで、自身のボクシングを展開することは出来ませんでした。このジョッピー戦、試合終了時までポイントでも大きくリードされていた竹原ですが、先日この試合を見直してみましたが、そこまで悪い出来ではありませんでした。まあこのジョッピー、竹原戦前までは「地味な世界1位」という選手でした。しかしその後同王座を3度獲得。フェリックス トリニダード(プエルトリコ)やバーナード ホプキンス(米)とも拳を交え(両試合とも完敗)、キャリア後半には、IBFスーパーミドル級(ルシアン ブテ)、WBAライトヘビー級(ベイビュート シュメノフ)に挑戦。世界重量級のトップ戦線で戦い続けた実力者でした。


(初防衛戦、対ジョッピー)

ジョッピー戦後、網膜剥離が判明し、現役からの引退を余儀なくされた竹原。日本人初の世界ミドル級王者という肩書とともに、24勝(18KO)1敗という素晴らしい終身戦績を残しています。

日本ボクシング界の歴史にその名を残した竹原。本来ならもっともっと評価されていい選手ではないでしょうか。そのキャリアを振り返ってみると、「しっかりと育てられた」痕跡が伺えます。11戦目に日本王座を奪取し、その王座を4度防衛。16戦目に獲得したOPBF王座は、東洋太平洋圏の選手と拳を交えながら6度の防衛に成功。その間、日本王者時代には経験できなかった12回戦を経験することも出来ました。そして最後は世界戦出場+王座奪取。まさに理想的なキャリアと言っていいでしょうね。

私は今でも竹原が日本ミドル級史上最強の選手だと思います。なぜならばその実力、そして「日本人初の世界ミドル級王者」という業績はもちろん、世界戦で戦ったカストロ、ジョッピーは、ハッサン ヌジカム(仏)やロブ ブラント(米)ではとても相手にならない実力者だったからです。しかし竹原がカストロ、ジョッピーと拳を交えていた1990年代、一人一人のボクサーが特徴的で、試合自体も面白かったです。
コメント

意見番(09‐30‐18)

2018年09月30日 00時05分03秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2018年9月30日ごろの意見番です。



*まだまだ続く井上フィーバー。来月号も続きそうです。年間最高試合候補のWBOフライ級戦がその対抗馬になるでしょうね。

一翔のスーパーフライ級での世界挑戦がいつになるのか?気になるところです。
コメント (4)

スーパーフライ級(09‐13‐18)

2018年09月13日 00時21分15秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2018年9月13日現在のスーパーフライ級王者たちです。

WBA:カリ ヤファイ(英/防衛回数3)
WBC:シーサケット ソールンビサイ(タイ/2)
IBF:ジェルウィン アンカハス(比/5)
WBO:空位
OPBF(東洋太平洋):アンドリュー マロニー(豪/0)
日本:奥本 貴之(グリーンツダ/0)

*先週末8日、米国・カリフォルニア州で同級のトップ選手による試合が3試合行われ、シーサケットへの再挑戦権を保持するファン フランシスコ エストラーダ(メキシコ)、同級で4階級制覇を狙う井岡 一翔(Sankyo)が強豪相手に勝利。空位のWBO王座をドニー ニエテスとアストン パリクテの比国勢が争いましたが引き分け。井上 尚弥(大橋)の後継者はいまだに決まっていません。

エストラーダとの再戦が予定されているシーサケットですが、その前にイラン ディアス(メキシコ)と防衛戦を予定。その試合は来月6日にタイで決行されます。同級での世界王者としての実績ナンバーワンのアンカハスは今月28日、3試合続けて米国のリングに登場。メキシコのアレハンドロ バリオスの挑戦を受けます。ニエテスとバリクテ陣営は再戦に乗り気なため、ひょっとしたら年内にも両者によるリマッチが実現するのではないでしょうか。

個人的に一番の注目は一翔の今後の進路。先週勝利を収めたマックウィリアム アローヨ(プエルトリコ)戦を見る限り、まだまだスーパーフライ級に体格が適合していません。一年とは言いませんが、少なくとも一試合はスーパーフライ級での世界挑戦前に挟むべきでしょう。


前回、2013年1月29日のフライ級王者の面々は下記のようになります。

WBA:河野 公平(ワタナベ)
WBA(暫定):リボリオ ソリス(ベネズエラ)
WBC:佐藤 洋太(協栄)
IBF:ファン カルロス サンチェス(メキシコ)
WBO:オマール ナルバエス(亜)
OPBF(東洋太平洋):アーサー ビジャヌエバ(比)
日本:帝里 木下(千里馬神戸)


こちらはその前、2011年1月13日のスーパーフライ級王者たちです。

WBA:ウーゴ カサレス(メキシコ)
WBA(暫定):ドリアン フランシスコ(比)
WBC:トーマス ロハス(メキシコ)
IBF:クリスチャン ミハレス(メキシコ)
WBO:オマール ナルバエス(亜)
OPBF:粉川 拓也(宮田)
日本:佐藤 洋太(協栄)


2010年1月27日のスーパーフライ級王者たちの面々はどのようになるでしょうか。

WBA(スーパー):ビック ダルチニアン(豪)
WBA(正規):名城 信男(六島)
WBA(暫定):ノニト ドネア(比)
WBC:ダルチニアン
IBF:シンピウェ ノンクアイ(南ア)
WBO:空位
OPBF:河野 公平(ワタナベ)
日本:中広 大悟(広島三栄)


最後は10年と1月前、2008年8月19日まで遡ります。

WBA(レギュラー):クリスチャン ミハレス(メキシコ)
WBA(暫定):ラファエル コンセプション(パナマ)
WBC:ミハレス
IBF:ビック ダルチニアン(豪)
WBO:フェルナンド モンティエル(メキシコ)
OPBF:冨山 浩之介(ワタナベ)
日本:河野 公平(ワタナベ)

*常に日本人選手が世界王座に絡んでいたという印象を持っていましたが、決してそうではないんですね。
コメント

意見番(09‐10‐18)

2018年09月10日 01時10分33秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2018年9月10日ごろの意見番です。



*伊藤が米国で世界王座を獲得した事は快挙以外の何ものでもありません。しかしそれと同時に木村の中国での世界王座防衛ということも偉業だと思うのですが...。
コメント