DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

今週末の試合予定

2021年05月08日 05時43分07秒 | 世界ボクシング

2021年5月第二週末の主な試合予定です。

8日 土曜日
米国・テキサス州
3団体スーパーミドル級王座統一戦:
WBA/WBC王者サウル アルバレス(メキシコ)対 WBO王者ビリー ジョー ソーンダース(英)

WBOライトフライ級戦:
王者エルウィン ソト(メキシコ)対 挑戦者高山 勝成(寝屋川石田)

*上記の2つの世界戦に出場する4選手は揃って前日計量を無事に終えています。

今週末から来週にかけて行われる「大きな」興行は今回挙げた2大世界戦のみのようです。ただ世界各地では、数多くの中小規模の興行が行われる予定です。

コメント

チュー2世、19戦目が決定(スーパーウェルター級/ミドル級)

2021年05月07日 05時26分07秒 | 世界ボクシング

7月7日、豪州で予定される試合です。
スーパーウェルター級(ミドル級?)戦:
ティム チュー 対 マイケル ゼラファ(共に豪)

*2016年師走にプロデビューを果たしている元統一スーパーライト級王者コンスタンチン チュー(露/豪)の実子ティム。ここまで18戦行い全勝(14KO)を記録。順調に成長してきました。

チュー2世はこれまでに、2017年10月に獲得したWBCの下部組織であるABCO王座を、昨年は2月に獲得したWBAオセアニアの暫定王座を獲得。5月には豪州国内王座を獲得し、8月にはIBF豪州王座とWBOグローバル王座もそのコレクションに加えます。昨年8月には同胞の元世界王者ジェフ ホーンを、そして今年の3月には3度の世界挑戦を経験しているデニス ホーガンを撃破。世界ランキングではWBOの指名挑戦権。IBFでは3位、WBCでは5位にランクイン。今回は何故だかWBAのランキングに名前が見当たりませんでしたが...。何はともあれ現在は揺るぎない世界ランカーの地位を獲得し、世界初挑戦間近の印象しかありません。

今年2度目の試合出場となるチューの対戦相手ゼラファは、28勝(17KO)4敗(1KO負け)の戦績の持ち主で、これまでに豪州の強豪ホーンやアンソニー マンディン、そして元IBFウェルター級王者ケル ブルック(英)と拳を交えてきた中々骨のある選手です。現在のチューの実力を勢いを考慮すると、チューの有利が予想されますが、油断は禁物。ここは確実な勝利を収め、年内、又は来年早々に予想される世界初挑戦に向け前進して貰いたいですね。

このゼラファとの一戦がプロ19戦目となるティム。実父コンスタンチンは、プロ14戦目で初の世界王座であるIBFスーパーライト級のベルトを獲得。その初防衛戦では、フロイド メイウェザー(米)の叔父にあたるロジャーに大差判定勝利を収め、初防衛に成功しています。果たしてティムの世界挑戦は、何戦目になるのでしょうか。

コメント

パーカー、ルイスが共に勝利(ヘビー級x2)

2021年05月06日 05時25分07秒 | 世界ボクシング

先週末1日・土曜日、英国で行われた試合結果です。
WBOインターコンチネンタル・ヘビー級王座決定戦:
元王者ジョセフ パーカー(ニュージーランド)判定2対1(116-111、115-113、113-115)デリク チソラ(英)

*元WBO王者パーカーが英国のリングに登場。常にヘビー級のトップ選手と拳を交えている荒武者チソラに初回、ダウンを喫するなどして大苦戦。結局は最後まで自分のボクシングが出来なかったパーカーですが、僅差の判定勝利を収める事に成功。2018年に英国でアンソニー ジョシュア、ディリアン ホワイト(共に英)に連敗して以降、5連勝を飾っています。

昨年10月末にオレクサンデル ウシク(ウクライナ)と対戦し、その試合でも僅差の判定負けを喫しているチソラ。今後も大物選手を苦しめる存在であり続けそうです。

 

同日、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
ヘビー級12回戦:
元王者アンディー ルイス 判定3対0(118-109x2、117-110)クリス アレオラ(共に米)

*2019年師走にジョシュアとの再戦に敗れて以来の再起戦となったルイス。前半戦は打ち合い好きなアレオラのボクシングに合わせてしまった感がありましたが、中盤戦以降は、コンビネーションを駆使した本来のボクシングを展開。3回に不覚のダウンを喫しましたが、大差の判定勝利を収め再起に成功。勝利を収めると共に、WBA王座への挑戦権を獲得しました。

偶然でしょうか、2試合とも元世界王者が善戦マンにダウンを奪われるなどして苦戦。そしてパーカー、ルイス共にジョシュアに敗れています(ルイスはジョシュアと1勝1敗)。また、パーカーとルイスは2016年師走に対戦しており、その時はニュージーランド人が2対0の判定勝利。当時空位だったWBO王座を獲得しています。

コメント

パッキャオ、次戦決まらず(色々:05‐05‐21)

2021年05月05日 05時34分13秒 | 世界ボクシング

最近(2021年5月5日ごろ)のニュースです。

1)アジアが世界に誇る主砲マニー パッキャオ(比)。2019年7月に強豪キース サーマン(米)に勝利を収めて以来、実戦から遠ざかっています。WBOウェルター級王者テレンス クロフォード(米)との対戦の話しもでたようですが、現時点では「パッキャオ対クロフォード」戦はないとの事。

2)1月にWBAヘビー級のレギュラー王者に昇格したトレバー ブライアン(米)。現在のヘビー級のトップ2であるアンソニー ジョシュア(英)、タイソン フューリー(英)との対戦を熱望しています。その英国勢に加えて、何とマイク タイソン(米)とも拳を交えたいとの事。相変わらず凄いですね、本家タイソンの商品価値は。ただWBAからは、この時期(5月ごろ)までに、休養王者に移行したマヌエル チャー(独)との対戦が科せられていたと思うのですが...。

3)WBCが訳の分からない階級をヘビー級とクルーザー級の間に設けようとしています。それで思い出したのですが、以前そのような階級があったと。調べてみたところ見つかりました。2001年まで遡るのですが、マイナー団体IBAが「スーパークルーザー級」のタイトル戦を実施していました。その試合にはジェームス トニー(米)が出場し、サウル モンタナ(米)を2回で撃破。王座を獲得しましたが、その後、そのタイトルの行方は不明です。多分、自然消滅したんでしょうな。

4)先月25日から東京都や大阪府などで緊急事態宣言が執行されています。そのため、5月初旬に予定されていたいくつかの興行が若干延期されています。

13日に後楽園ホールで予定されていたOPBF(東洋太平洋)フェザー級王者清水 聡(大橋)対WBOアジア太平洋王者森 武蔵(薬師寺)による王座統一戦は、21日に変更となっています。この興行では、井上 拓真(大橋)が返上したOPBFバンタム級王座決定戦、中島 一輝(大橋)対千葉 開(横浜光)戦も行われる予定です。

5)当初の予定だと、今日5日にエディオンアリーナ大阪で2019年7月以来の実戦を行うはずだった元WBOバンタム級、WBCスーパーバンタム級暫定王者の亀田 和毅。この試合を含めた興行も延期となっています。三宅 寛典(ビックアーム)と8回戦で対戦する予定だった和毅ですが、この興行がいつ再スケジュールされるかはまだ発表されていません。

6)先月24日に米国・テキサス州のリングで試合を行う予定だった前WBOスーパーウェルター級王者のハイメ ムンギア(メキシコ)。マチエ スレツキ(ポーランド)、ディミトリアス バラード(米)と対戦相手が次々に怪我のため脱落。結局はその日に試合を行う事な無くなってしまいました。どうやら6月19日に、スレツキを相手に再スケジュールされたようです。その試合には、ムンギアが保持しているWBOインターコンチネンタル・ミドル級王座が争われる見通しです。

コメント

井上 尚弥、再びラスベガスに登場(2団体バンタム級)

2021年05月04日 05時13分28秒 | 世界ボクシング

6月19日、米国・ネバダ州で予定される試合です。
2団体バンタム級戦:
IBF/WBA(スーパー)王者井上 尚弥(大橋)対 挑戦者マイケル ダスマリナス(比)

*以前よりIBFの指名挑戦者であるダスマリナスとの防衛戦が予定されていた尚弥。試合開始のゴングまで2ヶ月。正式に試合が発表されています。

日本での防衛戦を希望していた井上陣営でしたが、昨年10月に行われたジェイソン マロニー(豪)との防衛戦に続いて、今回もボクシングの聖地であるラスベガスでの試合となりました。

井上に挑戦するダスマリナスは30勝(20KO)2敗(1KO負け)1引き分けの好成績の持ち主ですが、モンスターの相手としては、「かなりの役不足では?」という声が聞かれている選手です。

ダスマリナスにノニト ドネア、WBO王者ジョン リエル カシメロにWBC暫定王者のレイマート カバリョと比国勢が上位を尚弥と二分している感のある現在のバンタム級戦線。この状態はしばらくは続くのではないでしょうか。

コメント

ムタラネ、英国で王座から転落(IBFフライ級)

2021年05月03日 05時24分25秒 | 世界ボクシング

先週30日・金曜日、英国で行われた試合結果です。
IBFフライ級戦:
挑戦者サニー エドワーズ(英) 判定3対0(120-108、118-111、115-113)王者モルティ ムタラネ(南ア)

*過去3戦、坂本 真宏(六島)、黒田 雅之(川崎新田)、そして八重樫 東(大橋)と日本人挑戦者を連破して防衛回数を伸ばしていたムタラネ。今回は渡英し、これまでスーパーフライ級を主戦場としてきたエドワーズの挑戦を受けました。

八重樫を代表されるように、ファイタータイプには強さを見せてきたムタラネでしたが、今回の挑戦者はフットワークを駆使するボクサータイプ。回を重ねてもその動きが衰えないエドワーズに対し、王者はお手上げ状態。結局は英国人を捕まえる事が出来ずに大差判定負けを喫したムタラネ。3年前の夏にマレーシアのリングで獲得した王座を手放すことになりました。相手のボクシングスタイルが変わると、ここまで対処ができない選手とは想像していませんでした。

本来なら昨年の師走の20日、母国南アフリカで指名挑戦者ジェイソン ママ(比)の挑戦を受ける予定だったムタラネ。その試合は現地のプロモーターがファイトマネーを準備出来たいというとんでもない理由で、直前になって中止となっています。

16戦全勝で世界の頂点に立つことに成功したエドワーズ。これまで規定ラウンド内(KO又はTKO)で終わらせたのは僅かに4試合と軽量級でも珍しい軽打の持ち主。しかしこういう選手は王座に就くと、安定政権を築く事があります。日本でもお馴染みな階級なだけに、気になる存在ではありますね。

 

中谷 潤人(MT)に新たな対抗王者が誕生したがフライ級戦線。2021年5月3日現在の、同級王者たちの顔ぶれを確認しておきましょう。

WBA(レギュラー):アルテム ダラキアン(ウクライナ/防衛回数4)
WBA(暫定):ルイス コンセプシオン(パナマ/0)
WBC:フリオ セサール マルティネス(メキシコ/2)
IBF:サニー エドワーズ(英/0)
WBO:中谷 潤人(MT/0)
OPBF(東洋太平洋):ジェイアール ラキネル(比/2)
WBOアジア太平洋:山内 涼太(角海老宝石/0)
日本:ユーリ 阿久井 政悟(倉敷守安/1)

コメント

意見番(05‐02‐21)

2021年05月02日 05時35分19秒 | ボクシングネタ、その他雑談

*まさかのマービン ハグラー!素晴らしすぎですね、この選択は。これぞまさにマーベラス、と言ったところでしょう!両誌の比較云々ではないですよ、今月は!

   

コメント

今週末の試合予定

2021年05月01日 05時14分44秒 | 世界ボクシング

2021年5月第一週末の主な試合予定です。

1日 土曜日
英国
WBOインターコンチネンタル・ヘビー級王座決定戦:
元王者ジョセフ パーカー(ニュージーランド)対 デリク チソラ(英)

WBAライトヘビー級戦(スーパー王座):
王者ドミトリー ビボル(キルギスタン)対 挑戦者クレイグ リチャーズ(英)

ミドル級強10回戦:
WBA暫定王者クリス ユーバンク 対 マーカス モリソン(共に英)

米国・カリフォルニア州
ヘビー級12回戦:
アンディー ルイス 対 クリス アレオラ(共に米)

WBAミドル級王座決定戦(レギュラー王座):
エリスランディ ララ(キューバ)対 トーマス ラマーナ(米)

WBAフェザー級王座決定戦(暫定王座):
エドュアルド ラミレス 対 イサック アベラル(共にメキシコ)

*上記に挙げた興行の他にも、今週末から来週にかけ、米国を中心に世界の各地で様々な規模のボクシングの興行が決行されます。

コメント

初回KO男、初の判定勝利を経験(色々:04‐30‐21)

2021年04月30日 05時32分55秒 | 世界ボクシング

最近(2021年4月30日ごろ)のニュースです。

1)プロデビューから行ってきたすべての16試合を、すべて3分以内に終わらせてきたエドガル ベルランガ(プエルトリコ)。先週末24日、デモンド ニコルソン(米)と8回戦で対戦。4度のダウンを奪い、判定勝利。連続KO、連続初回KO記録共に16でストップ。しかし全勝記録は継続中です。

2)今月21日、幻の元WBAヘビー級王者ルーカス ブラウン(豪)が、元豪州のラグビー選手で、僅か11戦のキャリアしかないポール ガレン(Gallen)に115秒でTKO負けを喫するという波乱がありました。

3)昨年2月にタイソン フューリー(英)に敗れ、WBCヘビー級王座を失ったディオンティー ワイルダー(米)。再起に向け、本格的なトレーニングを始めたようです。

4)先日25日から3度目の緊急事態宣言が執行されている東京都。それに伴い、5月初旬に後楽園ホールで予定されていた2つの興行が半月ほどスライドされています。

明日5月1日に予定されていた日本ミドル級戦、王者竹迫 司登(ワールドスポーツ)対 挑戦者国本 陸(六島)の一戦は、5月19日に再予定されました。

5)5月6日に予定されていたOPBF(東洋太平洋)ウェルター級王者豊嶋 亮太(帝拳)対 WBOアジア太平洋同級王者別府 優樹(久留米櫛間&別府優樹)による王座統一戦は、5月20日に延期となっています。

6)7月9日にハビエル フォルトゥナ(ドミニカ)との防衛戦が決まっていたWBCライト級暫定王者のライアン ガルシア(米)。自身の健康状態を理由に、その試合を突如キャンセルしています。

コメント

ロマチェンコ対中谷戦が正式に決定(ライト級)

2021年04月29日 05時30分18秒 | 世界ボクシング

6月26日、米国・ネバダ州で予定される試合です。
ライト級12回戦:
元世界3階級制覇王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)対 WBOインターコンチネンタル・ライト級王者中谷 正義(帝拳)

*以前より実現が噂されていた注目のライト級戦が正式に発表されています。両選手共に、現3団体王者テオフィモ ロペス(米)と対戦し、判定負けを喫した経験があります。出来れば世界戦として、王者ロマチェンコに中谷が挑戦するという形で見たかったです。

中谷は現在、WBAミドル級王者村田 諒太と同じく帝拳ジムに所属しています。ひょっとすると、村田の防衛戦がこの試合と同じ興行に組み込まれるかもしれませんね。

コメント