DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

実現するのか!?(WBOフライ級)

2020年05月27日 18時30分04秒 | 世界ボクシング

8月1日、後楽園ホールで予定される試合です。
WBOフライ級王座決定戦:
中谷 潤人(MT)対 ジャーメル マグラモ(比)

*本来なら4月4日に後楽園ホールで行われる筈だった一戦。その戦いはコロナウィルスの影響で延期となっていました。現在のところ、8月1日開催というのは決定ではありませんが、その方向で話が進んでいるようです。

中谷の戦績が20戦全勝(15KO)なら、マグラモのそれは24勝(20KO)1敗。この両者が対戦すれば好試合になることは間違いない筈。ボクシングファンとしては、これ以上は待てません!是非2ヶ月後に実現してほしいですね。

コメント

「Best I faced」:ウラジミール クリチコ(05‐26‐20)

2020年05月26日 18時18分15秒 | ボクシングネタ、その他雑談

米国のリング誌が不定期的に行っている「Best I faced」というコーナーがあります。これまで自分が対戦した相手で誰が一番強かったか、というインタビュー形式のものです。今回は一昨日「この階級、この選手」で登場したウラジミール クリチコ(ウクライナ)が2014年師走に同誌に回答したものになります。

(母国ウクライナの国旗を背負うウラジ。右は実兄ビタリ)

ジャブの名手(Best Jab):
クブラト プーレフ(ブルガリア)。武骨なイメージがあるプーレフですが、ジャブの名手ウラジから「一番のジャブの使い手だった」と称されています。そのジャブで、予定されるアンソニー ジョシュア(英)を撃退出来るのでしょうか。

防御の技術(Best Defence):
トニー トンプソン(米)。2008年と2012年に対戦し、両試合ともウラジがTKO勝利を収めています。ウラジが快勝したにも関わらず、「とてもパンチが当てづらかった」とコメントを残しています。

頑丈なアゴ(Best Chin):
サムエル ピーター(ナイジェリア)。2005年にウラジが世界王座に返り咲く前に対戦。ウラジのパンチでグラつきながらも、最後までダウンを拒んだ後のWBC王者。

パンチのスピード(Fastest Hands):
エディ チェンバース(米)。2010年春に対戦し、最終回にチェンバースを仕留めたウラジ。他にデビット ヘイ(英)や、スルタン イブラギモフ(露)の名前を挙げています。

足の速さ(Fastest Feet):
ヘイ。ヘイのフットワークの速さと技術を評価。

賢さ(Smartest):
イブラギモフ。このイブラギモフはシャノン ブリッグス(米)から世界王座を奪い、イベンダー ホリフィールド(米)を破り、王座の防衛に成功しています。

強さ(Strongest):
ピーター。「まるでレンガのようだった」とコメント。

パンチ力(Best Puncher):
コーリー サンダース(南ア)。2003年にウラジの第一次政権を打ち崩した選手。「25年間戦ってきて、サンダースほどパンチのある選手はいなかった」、との事。

技術者(Best Skills):
イブラギモフ、ヘイ、トンプソン。

総合(Overall):
この項目については、引退後に答えたいそうです。

*このインタビューから2年半後に引退を表明したウラジ。彼は一体誰を総合力№1の対戦者として選ぶのでしょうか。

コメント

やっと終わった...。

2020年05月25日 18時48分57秒 | ボクシングネタ、その他雑談

「1990年代初頭からこれまでの約四半世紀、それぞれの階級で印象に残った選手を各階級3人ずつ挙げていっています。記載上のルールは各選手、登場するのは1階級のみ。また、選んだ選手がその階級の実力№1とは限りません。個人的に思い入れのある選手、または印象に残った選手が中心となります。」

という序文で始まる「この階級、この選手」。昨日のウラジミール クリチコ(ウクライナ)をもって、ようやく全17階級で各階級3人ごとの紹介が終わりました。この企画を始めたのが2014年7月24日。初回は当然の如くリカルド ロペス(メキシコ)に登場して貰いました。その第一回から6年近くの歳月を費やして最終回を迎える事が出来たんですね。ヤレヤレです。

さあ一段落したところで、次の企画をボチボチと始めましょうか。

コメント

この階級、この選手(ウラジミール クリチコ:ヘビー級③)

2020年05月24日 09時36分23秒 | ボクシングネタ、その他雑談

1990年代初頭からこれまでの約四半世紀、それぞれの階級で印象に残った選手を各階級3人ずつ挙げていっています。記載上のルールは各選手、登場するのは1階級のみ。また、選んだ選手がその階級の実力№1とは限りません。個人的に思い入れのある選手、または印象に残った選手が中心となります。

イベンダー ホリフィールド(米)、レノックス ルイス(英)と続いたヘビー級。最後を締めるのは、ホリフィールド、ルイスの後の時代に活躍したウラジミール クリチコ(ウクライナ)になります。

(ヘビー級最期を飾るのはウラジミール クリチコ)

ホリフィールド、ルイス同様にオリンピックに出場し、メダルを獲得したウラジ。プロ入り後は69度の実戦を行い、敗れたのは僅か5度。世界王座に就く事2度。2度目の王座時代には3団体の王座を統一し、2つの王座時代合わせて23度もの防衛に成功。記録だけ見ると、ホリフィールドやルイスのそれを上回っていると言っても過言ではないでしょう。しかし私(Corleone)にとって、なぜだか負けた試合の方が強く印象に残っている選手です。

1996年11月から2017年の4月までリングに上がり続けたクリチコですが、敗れたのは5度で、その内4度はKO/TKO負けを喫しています。その内訳を見てみると、まずは世界王者になる前の1998年12月、無名のロス ピュリティ(米)を相手にスタミナ不足をさらけ出し、11回逆転TKO負け。その後、兄ビタリからWBOヘビー級王座を番狂わせのTKO勝利で獲得していたクリス バード(米)から王座を奪ったウラジ。フランソワ ボタ(南ア)、レイ マーサー(米)、ジェイミー マククライン(米)等強豪を退け安定王者の風格が漂い始めていました。そんな矢先、強打のコーリー サンダース(南ア)の強打の前に3分27秒で沈められたウラジ。またしてもセットバックを余儀なくされてしまいました。

 

(格下ピュリティにまさかの不覚を取ったウラジ)

サンダースに撃沈されてから13ヵ月、WBO王座決定戦に出場したウラジは、強打のレモン ブリュースター(米)と対戦。不用意な打ち合いに応じてしまったウラジは、中盤戦でストップ負けを喫してしまいました。

(サンダースに沈められたウラジ)

スタミナ不足、打たれ脆さと弱点を突かれ敗戦を重ねていったウラジ。しかしエリートボクサーの外見とは裏腹に、精神的にはタフなようでした。負けても負けても再起戦のリングに上がり、それまで以上にボクシングを向上させていき、遂に世界王座返り咲きを果たしました。2006年の春に再びバードと対戦し、その時は前戦以上にライバルを圧勝。IBF王者として2度目の世界ヘビー級王座の座に就くことに成功。

(ウラジが世界王座に返り咲いた一戦、対バードとの再戦)

話は前後しますが、ウラジはバードとの再戦の前に、後のWBC王者、強打とタフネスを備えたサムエル ピーター(ナイジェリア)と世界王座への挑戦権を賭けて対戦しています。この試合では3度のダウンを喫したウラジですが、ピーターをダウン寸前に追い込むなどして明白な判定勝利を収めています。この試合を見た私は、「スタミナもつき、倒れても立ち上がってくるウラジには、もう怖いものはないだろう」と確信しました。

2006年4月に世界王座に返り咲いたウラジ。その王座を何と2015年11月までを守り続けまし。ウラジを王座から引きずり降ろしたのは、現WBC王者のタイソン フューリー(英)。198センチと長身のウラジですが、フューリーはそれを上回る206センチ。中盤戦まではその長身選手のアウトボクシングに戸惑いを見せたウラジ。終盤戦に追い上げるも事既に遅し。僅差の判定負けを喫したウラジは、長きに渡り守り続けた王座と遂に決別することになりました。

(大型フューリーの前に、最後までペースを握れなかったウラジ)

本来ならフューリーとの再戦が即行われる予定でした。しかし情緒不安定なフューリーは戦わずして世界王座を返上。その王座を受け継いだのは、フューリーの同胞で、現在3つのヘビー級王座を保持しているアンソニー ジョシュアになります。標的が変更となったウラジがジョシュアに挑戦したのは2017年の4月。ウラジも素晴らしいボクシングを見せましたが、時の勢いというのでしょうか、ジョシュアがウラジを若干上回り勝利。クリチコ弟はその試合を最後に現役から退くことになりました。

(ウラジ対ジョシュア。ヘビー級世代交代の瞬間)

ウラジミール クリチコが獲得した王座(獲得した順):
WBCインターナショナル・ヘビー級:1998年2月14日獲得(防衛回数2)
WBAインターコンチネンタル・ヘビー級:1999年7月17日(3)
欧州ヘビー級:1999年9月25日(1)
WBCインターナショナル・ヘビー級:2000年3月18日(0)
WBOヘビー級:2000年10月14日(5)
WBAインターコンチネンタル・ヘビー級:2003年8月30日(1)
NABF/NABOヘビー級:2005年9月14日(0)
IBF/IBOヘビー級:2006年4月22日(18)
WBOヘビー級:2008年2月23日(14)(2団体統一ヘビー級)
WBAヘビー級:2011年7月2日(8)(3団体統一ヘビー級)

ウラジが負けた試合ばかり挙げてきましたが、その実力と実績は歴代ヘビー級王者たちと比べても決して劣らないものでした。一度敗れているブリュースターにもきっちりと借りを返し、ロシアの技巧師スルタン イブラギモフやフューリーやジョシュアの先輩にあたるデビット ヘイを問題にせず次々に王座を吸収。カルビン ブロック、レイ オースティン、ハシム ラクマン、エディ チェンバース、トニー トンプソン等当時の米国の一線級を次々に撃破。ジョシュアの王座への挑戦が決まっているクブラト プーレフ(ブルガリア)や、WBC暫定王座へ挑戦するアレクサンデル ポベトキン(露)もウラジの軍門に下っています。

 

(フューリー、ジョシュアの一世代前のヘイには快勝)

その体格と活かした頭脳的なボクシングは、「安定度は抜群だか試合がつまらない」と長らく非難されていましたが、それこそは逆にウラジにとり最大限の誉め言葉だったのではないでしょうか。

ウラジはいくつかのヘビー級の記録も更新しています。2つの王座時代を合わせると、その政権はヘビー級史上最も長く、合計防衛回数23も、ジョー ルイス(米)の打ち立てた25度に次ぐもの。ウラジは29度世界ヘビー級戦に登場しましたが、それはヘビー級史上最多。試合自体はファンの納得するものではなかったかもしれませんが、ウラジの築いた記録は、彼が超一流であったという何よりもの証でしょうね。

(元WBO、WBC王者で現在はウクライナの首都キエフの市長である実兄ビタリと)

引退してまだそれほど立っていないため、ちょくちょくと現役復帰説が流れます。近い将来、またウラジが「現役復帰へ向け再始動」というネタが飛び交うでしょう。しかしないでしょうね、彼が再び正式な試合を行うという事は。

コメント

今週末の試合予定

2020年05月23日 14時25分41秒 | 世界ボクシング

2020年5月第四週末の主な試合予定です。

*今週末には何らかのボクシングの興行が行われるかと思っていたのですが。先週に引き続き、まだまだボクシング関係者、ファンにとり寂しい週末が続きそうです。

コメント

「Best I faced」:リディック ボウ(05‐22‐20)

2020年05月22日 18時14分45秒 | ボクシングネタ、その他雑談

米国のリング誌が不定期的に行っている「Best I faced」というコーナーがあります。これまで自分が対戦した相手で誰が一番強かったか、というインタビュー形式のものです。

イベンダー ホリフィールド(米)、レノックス ルイス(英)、マイク タイソン(米)と、ボクシング史に残るヘビー級の名選手が続きました。今回の主人公は、タイソンとの対戦はありませんでしたが、ホリフィールドとは3度拳を交え、ルイスとはアマチュア時代に対戦したリディック ボウ(米)。一度は統一ヘビー級王座の座に輝きながらも、精神的弱さのために未完の大器に終わってしまったボウ。果たしてボウは、それぞれのカテゴリーに誰を選んだのでしょうか。

ジャブの名手(Best Jab):
ピンクロン トーマス(米)。ボウが世界王者になる前に対戦した元WBC王者。

防御の技術(Best Defence):
イベンダー ホリフィールド(米)。1990年代前半に3度対戦し、どの試合でも大激戦を演じた好敵手を選出。ヘビー級としては体格で劣るホリフィールド。ホリフィールドと言えば気持ちで戦う選手と思われがちですが、確かな防御技術がなければ、最重量級であれほど長い間戦い続けられなかったでしょうね。

頑丈なアゴ(Best Chin):
ホリフィールド。この事は、ボウとホリフィールドの三部作をご覧になれば嫌でも分かります。

パンチのスピード(Fastest Hands):
ホリフィールド。ホリフィールドはパンチのスピードに加え、放つ力にも強弱をつけ、なおかつ多彩なコンビネーションを放ってきたそうです。

足の速さ(Fastest Feet):
この項目で、特に印象に残った選手はいなかったようです。

賢さ(Smartest):
ここでもホリフィールド。

強さ(Strongest):
やはりホリフィールド。

パンチ力(Best Puncher):
ハービー ハイド(英)。1995年に、まだまだマイナー団体だったWBOの王者ハイドに挑戦したボウ。この試合でボウは、英国人をバッタバッタと倒しまくりましたが、ハイドを倒しきらなければ、自分が倒されたと述べています。

技術者(Best Skills):
ホリフィールド。プロで44試合行ったボウですが、技術でホリフィールドを上回った選手はいなかったそうです。

総合(Overall):
当然の如く、ホリフィールドを挙げています。

 

(ボウ対ホリフィールドの第一戦のポスター)

*ボウがホリフィールドをここまで評価したことは、当然のような気がします。そういえばタイソンもルイスもホリフィールドを高く評価していましたね。

コメント

「タイソン対ブリッグス」が決定!?(色々:05‐21‐20)

2020年05月21日 22時07分48秒 | 世界ボクシング

最近(2020年5月21日ごろ)のニュースです。

1)元WBOヘビー級王者シャノン ブリッグス(米)によると、マイク タイソン(米)とのエキシビションマッチが正式に決定したとの事。ブリッグスのコメントに、どれだけの信憑性があるかは定かではありません。

2)先週末16日には、あのリカルド ロペス(メキシコ)の好敵手だったロセント アルバレス(ニカラグア)率いるバッファロー・プロモーションが、ニカラグアで先月末に続いて2度目の興行を行う予定でした。しかし結局は何らかの理由で開催されなかったようです。

3)今週末23日、メキシコで予定されていた元IBFスーパーウェルター級王者カルロス モリナ(メキシコ)が行う予定だった無観客興行。どうやら一週間伸び、30日に行われるようです。

4)同日カリブ海に浮かぶドミニカで予定されている2つのWBAラテンアメリカ戦は、現在のところ予定通り行われる見通しです。

5)WBOスーパーバンタム級王者エマニュエル ナバレッテ(メキシコ)が6月6日、メキシコシティーで無冠戦のリングに登場を予定しています。その試合はスーパーバンタム級ではなく、フェザー級、もしくはそれ以上の契約ウェートで行われるようです。対戦相手は現在までに決定していません。

6)来月12日、ポーランドでボクシングの興行が予定されています。世界ヘビー級王座への挑戦経験を持つマリウス ワッフ(ポーランド)が、こちらも世界挑戦の経験を持つケビン ジョンソン(米)と対戦します。ワッフは2012年にウラジミール クリチコ(ウクライナ)に挑戦し大差判定負け。ジョンソンは2009年に、ウラジの実兄ビタリに挑戦し、こちらも大差判定負けを喫しています。

コメント

何を書こうか、「ボクシング10年」の続編には?

2020年05月20日 18時36分32秒 | ボクシングネタ、その他雑談

以前記載していた「ボクシング10年」というものの続編を書き始める予定ですが、何から書き始めようか正直悩んでします。「ボクシング10年」を始めたのは2004年5月。もう16年も前になります。改めて書くこともないでしょうけど、16年って、かなりの年月の事ですよね。

偶然でしょうが、その月には衝撃的な試合が2つありました。まずは8日、当時のフェザー級王者だったファン マヌエル マルケス(メキシコ)に、まだまだ世界的にはビックネームではなかったマニー パッキャオ(比)が挑戦。マルケスが初回に3度ものダウンを喫しましたが、そこから徐々に徐々にと挽回。結果は引き分けというものでした。両者はその後、3度もの死闘を繰り広げ、共にその名をボクシング史に加えています。そしてマルケスはスーパーライト級まで、パッキャオはスーパーウェルター級までの世界王座を獲得。しかもパッキャオはまだ、ウェルター級の世界王者として君臨しています。

「マルケス対パッキャオⅠ」から一週間後の15日、当時超無敵だったロイ ジョーンズ(米)が、アントニオ ターバー(米)にまさかのKO負けを喫し、スーパースターの座から陥落。それと同様ぐらいに驚くべきことは、そのジョーンズが一昨年まで現役選手だった事です。まだジョーンズが正式に引退したというニュースは入っていませんが...。

まあ、先を急ぐことはないので、少しずつ続編を書き始める事にします。

コメント

今日は「ボクシングの日」

2020年05月19日 13時43分07秒 | 日本ボクシング

今日は日本ボクシング史にとって、一番重要な日と言っても差し支えないでしょう。

1952年5月19日、白井 義男(シライ)が世界フライ級王者ダド マリノ(ハワイ)に挑戦し、見事王座奪取に成功。日本人として初の世界チャンピオンの座に就きました。その歴史的偉業から70年近くも経つんですね。

(日本人として初の世界王者白井 義男氏と、白井氏を支えたアルビン カーン博士)

今年はコロナウィルスの影響で、ファン感謝イベント等は行われないでしょうが、来年の今日は是非、今年の分まで盛り上げてもらいたいものです。

コメント

「ボクシング10年」続編へ

2020年05月18日 15時59分23秒 | ボクシングネタ、その他雑談

このブログを始めた当初、短い期間ではありましたが「ボクシング10年」というものを連載していました。

ちょうど2004年の5月18日に下記のような記事を書きました。

「昨年2003年から今年にかけボクシング界では色々な出来事が起こっている。
1)レノックス ルイスのヘビー級王者のままでの引退
2)ロイ ジョーンズのヘビー級制覇、苦戦、そしてKO負け。
3)フロイド メイウェザー、エリック モラレス、アセリノ フレイタス等スター選手の階級転向。
4)圧倒的強さを見せ付けるバーナード ホプキンス、日本の誇り徳山の安定政権
他にも色々と。

ジョー 小泉氏に言わせれば、「新陳代謝の激しいスポーツ」
浜田 剛史氏では、「戦国時代」
そして我がボクシング狂友SPA氏は、「連鎖反応」

たしか自分が初めて見た世界戦はレパード 玉熊の王座転落試合、その次が畑中 清初防衛失敗試合である。
そして初めて購入したボクシング マガジンの見出しは、「タイソン、ラドックを返り討ち 」である。

何をここで言いたいのか?ボクシングを見てきて10数年、この世界は約10年位で大変化、世代交代があるのでは?と言う事だ。
1993ー1994年も現在のような激動の時代だったと思う。

そこで「ボクシング10年」と言うタイトルで階級ごとの変動、中心選手の活躍、交代等をシリーズで追っていきたい。

Corleone」

上記の記事を書いてから16年も経つんですね。そろそろ、その続編的なものを書きだそうかと考えております。

コメント