DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

アルセ、次はジョニゴン?(色々:06‐30‐14)

2014年06月30日 22時48分19秒 | 世界ボクシング
最近(2014年6月30日ごろ)のニュースです。

1)一応世界5階級制覇という肩書きを持っているホルへ アルセ(メキシコ)が今月14日、これまでに4階級で4度の世界挑戦経験を持つ同国人ホルへ ラシエルバと対戦し8回TKO勝利を収めています。何でもアルセは6階級制覇も目指し、WBCフェザー級王者ジョニー ゴンザレス(メキシコ)への挑戦を目論んでいるようです。



2)その一週間後に元WBA/WBCスーパーフライ級王者クリスチャン ミハレス(メキシコ)がアルゼンチンのセバスチャン ロドリゲスに7回TKO勝利を収めています。ミハレスもまた、ジョニゴンへの挑戦を目指しているようです。ミハレスもアルセもバンタムが上限だと思いますが...。

3)1月3日に今年初の世界戦として行われたIBFスーパーフェザー級戦、王者アンヘル メンデス(ドミニカ)対 挑戦者ランチェス バルテレミ(キューバ)。試合自体は挑戦者が一方的なリードで王者をKOするも、放ったKOパンチが2回終了ゴング後のパンチだったために、結果は無効試合となっています。両者の再戦が来月10日、米国フロリダ州で決行されることになります。

4)ライトヘビー級の注目株の一人であるWBO王者のセルゲイ コバレフ(露)が8月2日、豪州のブレイク カパレロを相手に3度目の防衛戦を行う予定です。

5)今月21日、米国ペンシルバニア州でIBFライトヘビー級1位決定戦が行われ、フランスのナジブ モハメディがウクライナのアナトリー ドルドチェンコを一方的な7回TKO勝利で下しています。現在同階級のIBF王者にはご存知の通りバーナード ホプキンス(米)が君臨中。今秋にも「ホプキンス対モハメディ」が決行されるのではないでしょうか。

6)今度の日曜日、ロシアで予定されているWBAヘビー級レギュラー王座決定戦、ルスラン チャガエフ(ウズベキスタン)対フリス オケンド(プエルトリコ)。この試合の前座には元WBCクルーザー級王者のファン カルロス ゴメス(キューバ)も出場。ゴメスはゴーラン デリク(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と空位のWBAインターナショナル王座を争うことが決定しています。
コメント

楽勝?苦戦?天笠がV2

2014年06月29日 10時46分50秒 | 世界ボクシング
先週24日火曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)フェザー級戦:
王者天笠 尚(山上)TKO8回1分51秒 挑戦者マクサイサイ シットサイトーン(タイ)

*15センチ短身で守りに専念するタイ人。そんな挑戦者を捕まえるのに一苦労も二苦労もした王者。最終的に8回で試合を終わらせ2度目の防衛に成功しています。

この試合に関しBoxing Beat(日本語)では「楽勝」、Fight News(英語/ジョー小泉氏)では不甲斐ない王者の戦いぶり「So poor, so inaccurate, and so terrible」が書かれていました。同じ試合結果でもこうも対照的に書かれるというのは面白いですね。

コメント

今週末の試合予定

2014年06月28日 11時36分37秒 | 世界ボクシング
2014年6月最終週末の試合予定です。

28日 土曜日
米国ネブラスカ州
WBOライト級戦:
王者テレンス クロフォード(米)対 挑戦者ユリオルキス ガンボア(キューバ)



ドミニカ
WBAライト級暫定王座決定戦:
アルヘニス ロペス(ドミニカ)対 ダルレイ ペレス(コロンビア)

メキシコ
WBCミニマム級戦:
王者オスワルド ノボア(メキシコ)対 挑戦者アルシデス マルティネス(ニカラグア) 
コメント

モロッコでの世界戦結果

2014年06月27日 00時13分38秒 | 世界ボクシング
先週末21日土曜日、モロッコで行われた試合結果です。
WBAミニマム級戦:
王者ヘッキー ブドラー(南ア)KO8回1分6秒 挑戦者ピグミー ゴーキャットジム(タイ)

*マイナー団体IBOの王座も保持するブドラー。今回が61戦目(52勝22KO7敗2引き分け)のベテランから4回、7回、そして8回にダウンを奪い快勝。保持する王座の2度目(IBOは6度目)の防衛に成功しています。

WBAクルーザー級暫定王座決定戦:
ユーリ カレンゴ(コンゴ/仏)判定2対1(116-112、115-113、113-115)マテウス マスレルナク(ポーランド)

*デビュー当初からフランスを主戦場にしているカレンゴが2対1の判定で暫定王座を獲得。昨年9月に行った唯一の黒星の試合では、何故だかラトビアの国内王座決定戦に出場しています。カレンゴが当地で試合を行ったのは、後にも先にもこの試合のみ。

モロッコでの世界戦といえば、1997年7月にフランスを主戦場にしていたモロッコ人、当時のWBAスーパーライト級王者カル ライルーが初防衛戦を行っています。同国はフランスとの関係がそれなりにあるようですね。

   
コメント

対ダニー ガルシアは誰に?(色々:06‐26‐14)

2014年06月26日 20時33分56秒 | 世界ボクシング
最近(2014年6月26日ごろ)のニュースです。

1)現在、WBAとWBCの2団体の王座をウェルター、スーパーウェルターの2階級で保持しているフロイド メイウェザー(米)。次戦を9月13日、米国ネバダ州ラスベガスで予定しています。対戦者候補には、スーパーライト級でWBA+WBCの2冠王ダニー ガルシア(米)の名前が挙がっていたようです。

2)しかしそのガルシア、8月9日に米国ニューヨーク州での防衛戦が決まりつつあるようです。ガルシアの対戦者は当初、ロッド サルカ(米)という無名選手の名前が挙がっていました。しかし数日後にはプエルトリコ人カブリエル ブラセロの名前も挑戦者の一人として挙がっています。また別の情報源では、同じカードでIBFスーパーライト級の防衛戦を行う予定のラモント ピーターソン(米)との統一戦!?という噂まで流れる始末となっています。個人的には9月に対メイウェザー戦を実現してほしいのですが...。

3)上記のピーターソンは、強打のエドガー サンタナ(米)との防衛戦になりそうだとか。また、この8月の興行では空位のWBAミドル級レギュラー王座決定戦が組まれており、ジャロッド フレッチャー(豪)とダニエル ジェイコブス(米)によりその王座が争われます。

4)11月22日に中国のマカオで保持するWBOウェルター級王座の初防衛戦を行う予定のマニー パッキャオ(比)。アミア カーン(英)との対戦が実現する可能性があるようです。

5)米国期待のジェシー バルガス(米)が8月2日、保持するWBAスーパーライト級のレギュラー王座の初防衛戦に臨みます。バルガスに挑戦するのはロシア人アントン ノビコフ(Novikov)。

6)試合間隔が空く傾向にあるIBFクルーザー級王者のヨアン パブロ エルナンデス(キューバ)が8月16日、元WBA王者の激戦王フィラット アルスラン(独)を相手に4度目の防衛戦を行います。
コメント

細野、逆転TKOで初防衛に成功

2014年06月25日 10時22分37秒 | 日本ボクシング
一昨日23日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本フェザー級戦:
王者細野 悟(大橋)TKO6回終了 挑戦者関 豪介(角海老宝石)

*2ヶ月半前に同王座に返り咲いている細野。その試合を含め、どうも前半戦に対戦相手にペースを奪われがちのようです。結果的には体力、パンチ力で対戦者を上回ることに成功しているようですが、4度目の世界挑戦を目指すには何らかの変化が必要なようですね。

コメント

さあ、八重樫対ロマゴン戦だ!

2014年06月24日 04時03分16秒 | 世界ボクシング
9月5日、代々木第二体育館で予定される試合です。
WBCフライ級戦:
王者八重樫 東(大橋)対 挑戦者ローマン ゴンザレス(ニカラグア/帝拳)

*ファン待望のカード実現ですね。しかしロマゴン、よくWBAを捨てた!あなたは偉い!

WBCライトフライ級戦:
王者井上 尚弥(大橋)対 挑戦者サマートレック ゴーキャットジム(タイ)

コメント (4)

プロポドニコフ、まさかの陥落

2014年06月23日 16時09分04秒 | 世界ボクシング
先週末14日、米国ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBOスーパーライト級戦:
挑戦者クリス アルジェリ(米)判定2対1(114-112x2、109-117)王者ルスラン プロポドニコフ(露)

*挑戦者は初回に2度ダウンを喫する苦しい立ち上がり。しかし右目を大きく腫らしながらも逆転に成功。論議を呼ぶ2対1の判定ながらも王座奪取に成功しています。

プロポドニコフ、今後ビックマッチ出場が噂されていた選手なだけに、意外な敗戦ですね。

まだ見ぬ激闘だったこの試合。早く見たいです。



WBOスーパーウェルター級戦:
王者デメトリアス アンドラーデ(米)TKO7回1分19秒 挑戦者ブライアン ローズ(英)

*初回、3回にダウンを奪ったアンドラーデ。快勝で昨年末に手に入れた王座の初防衛に成功しています。 
コメント

意見番(06‐22‐14)

2014年06月22日 10時38分59秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2014年6月22日ごろの意見番です。

   

*今月も予想通りの表紙になりました。しかし来月号は予想が難しい筈です。期待しましょう!
コメント

今週末の試合予定

2014年06月21日 10時06分18秒 | 世界ボクシング
2014年6月第3週末の試合予定です。

21日 土曜日
モロッコ
WBAミニマム級戦:
王者ヘッキー ブドラー(南ア)対 挑戦者ピグミー ゴーキャットジム(タイ)

WBAクルーザー級暫定王座決定戦:
マテウス マスレルナク(ポーランド)対 ユーリ カレンゴ(コンゴ)

米国カリフォルニア州
WBOウェザー級王座決定戦:
ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)対 ゲリー ラッセル(米)

ウェルター級12回戦:
ロバート ゲレロ(米)対 亀海 喜寛(帝拳)




23日 月曜日
後楽園ホール
日本フェザー級戦:
王者細野 悟(大橋)対 挑戦者関 豪介(角海老宝石)




24日 火曜日
後楽園ホール
OPBF(東洋太平洋)フェザー級戦:
王者天笠 尚(山上)対 挑戦者マクサイサイ シットサイトーン(タイ)

コメント