Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

グッドワイフ 第10話(最終回)  *感想*

2019-03-18 | 冬ドラマ(2019)感想
* 「最後の審判」 *

気持ちのいい最終回だったわ。

多田(小泉孝太郎)の裁判の行方も、
壮一郎(唐沢寿明)の強い意志も、
杏子(常盤貴子)の決断も、
どれも納得できるものとなっていて、
視聴後感は気持ちがいい。


多田が守ろうとしていた真実も、
壮一郎の並々ならぬ意志も、
どちらも面白いエピソードだっただけに、

もう少し、じっくり楽しんでみたかったという思いもあるのだけれど、
最終回として上手いことまとまっているなぁという思いも強く、
満足感があったよ。



壮一郎の策略が良かったわ。
浮気発覚の上に、
しょうもない私情を持ち込んでいたとあっては、
あまりにも情けなさ過ぎるからさ、、
そうじゃなかったコトが分かって良かったわ。

いや、、私情も絡んでいるか。
私情も絡めて、多田を懲らしめつつ、
己の目的を果たすというのが面白かったわ。

壮一郎はホント策士だねぇ。
あまりの策士っぷりに、信用しにくいトコロもあるけれど、
浮気したり、嫉妬したり、夫婦喧嘩をしたり、
人間味のあるトコロも見られて、キャラクターとしても面白かったわ。



杏子の決断も印象的。
壮一郎を認めつつも、
夫としてては受け入れられない感情のようなものが、
杏子から感じられて良かった。

良好な関係は続いているようだし、
前向きな決断として受け入れられたし、
気持ちのいい最終回として受け止められたよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしてくださると嬉しいです♪ 
 <ドラマ感想>

コメント (2)