Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「スペシャリスト」  第5話  *感想*

2016-02-13 | 冬ドラマ(2016)感想
番組HP

試写会の会場に宅間(草なぎ剛)と姉小路(南果歩)が閉じ込められてしまう、、
犯人の身勝手なゲームに一般の観客もろとも巻き込まれてしまう、、
という、今までとは異なる設定に新鮮さを感じたよ。
閉鎖された空間や、制限された時間、犯人の煽り、、などなど、
緊張感があったし、謎解きもあって、楽しめたよ。

それにしても、複雑になるように、こねくり回されてたストーリーだよねぇ、今回って。
「真実は斜め左に隠れている!」のキメポーズだとか、、
宅間に負け犬と言わせて喜んでいるような幼稚な犯人が、実は踊らされていたという真実だとか、、
映画の中で左手しか使っていない女優だとか、、
イロイロと工夫が凝らしてあって、面白いっちゃ面白いのだが、
無理矢理に複雑なストーリーに作り上げた感も強いんだよなぁ。
ま、楽しめたからいいけど。

一番興味深かったのは、毒ガスを仕掛けた犯人の過去のエピソード。
アレ、好き。
ああいう感じ、好きなのよ。
宅間の絡ませ方も良かったし、
宅間に自分勝手な憎しみを募らせる犯人の思考も面白かったし、
何より、結構なオモシロエピソードを、サラッと惜しげもなく回想シーンとして使っちゃているトコロがいいわ。
あの大盤振る舞いな感じ、、
制作陣の余裕を感じさせていいわぁ。
これくらいのオモシロエピソード、どんだけでも作れますよ、、的な余裕をさ、感じたなぁ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

土曜ワイド劇場 スペシャリスト4  *感想*
ドラマ 「スペシャリスト」  第1話  *感想*
ドラマ 「スペシャリスト」  第2話  *感想*
ドラマ 「スペシャリスト」  第3話  *感想*
ドラマ 「スペシャリスト」  第4話  *感想*
コメント

ドラマ 「ちかえもん」  第5話 *感想*

2016-02-13 | 冬ドラマ(2016)感想
NHK 木曜時代劇  * 「標的、忠右衛門」 *
番組HP

「赤穂義士の場合」のミュージカルテイスト、、
「出世景清」の面白さを訴える映画予告チックな感じ、、
「わしの出世景清、観て、胸打たれて、台詞まで覚えてくれとる女子がおるもんねー。おるもんねー。」の幼稚さ、、
序盤っからコミカルテイストかっ飛ばしてたよねぇ。

この、お遊び、あの、おふざけ感、、
近松(松尾スズキ)を叱り、遊女の想いを説くお袖(優香)、、
遊女の気持ちに切なくなっちゃう近松(松尾スズキ)、、
竹本義太夫(北村有起哉)の想い、、
お初(早見あかり)の告白、、
作家魂に火がついちゃう近松、、
お初に同情する万吉(青木崇高)、、
お初の決意、、などなどなどなど、、
まさに、 “すごいオモロイ。盛りだくさんや。” 状態だわ。

しかも、まさか、
義太夫から逃げ回っていた近松が、お初の告白を聞くことになるなどとは思わなかったし、
万吉がお初をけしかけて、
皆が顔をそろえた場で、お初が決意を新たにするカタチになっていくなんぞ、思いもしなかったわ。

「すごいオモロイ。盛りだくさんや。けど、どない展開させたら?」
「どないにさせたらええのか分からん!」
などと、産みの苦しみに悶々とする近松を見せてもらってるからね、、
このオモロイドラマを生み出した制作陣への敬意も、さらに上がってくるわ。

さて、お初の仇討ちはどうなるのか。
「安心しなはれ。いまにちかえもんが傑作人形浄瑠璃書きますさかい。」
この万吉の予言はいつ叶うのか。
続きが楽しみじゃ~っ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「ちかえもん」  第1話 *感想*
ドラマ 「ちかえもん」  第2話 *感想*
ドラマ 「ちかえもん」  第3話 *感想*
ドラマ 「ちかえもん」  第4話 *感想*
コメント