Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「家族ノカタチ」  第3話 *感想*

2016-02-01 | 冬ドラマ(2016)感想
番組HP

陽三(西田敏行)が大介(香取慎吾)の生活をかき乱していく、、
この流れに飽きてきたなぁ。
大介が陽三にガツンと言ったその内容と、陽三の変化の理由は、まあ、それなりに面白く観られたんだけどさ。

父や母の身勝手な行動に不満を募らせる大介と葉菜子(上野樹里)が、
息の合った愚痴の言い合いをするというカタチ自体は面白いとは思うのよ、、。
律子(風吹ジュン)のピアノのクダリも、まだ、新鮮さはあったようには思うのよ、、。
だけどさ、、あの火事騒ぎって二度目なんだもん。
ただでさえ不愉快な行動を重ねてくるコトには抵抗があったなぁ。
面白くなかったなぁ。
大介をキレさせるためのエピソードなのだと理解してはいるのだが、
もう少し違うアプローチはなかったのかなぁ、、と思っちゃうんだよなぁ。
このカタチ、これからも続けられていくのかなぁ。
もっと多様なエピソードで、父と息子や母と娘の対立を見せていってほしいなぁ。

今回は、合コンエピソードが一番楽しめたかも。
佐々木(荒川良々)や莉奈(水原希子)、和弥(田中圭)らが、どのように絡んでいくのか、、
そこは楽しみ。

浩太(高田彪我)のエピソードのオチも好き。
陽三や律子の身勝手っぷりよりも、このエピソードをもっと見せてほしかったよ。

 チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「家族ノカタチ」  第1話 *感想*
ドラマ 「家族ノカタチ」  第2話 *感想*
コメント

ドラマ 「逃げる女」  第4話  *感想*

2016-02-01 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「危ない道連れ」 *
番組HP

西脇梨江子(水野美紀)の冤罪事件は、彼女の家族だけじゃなく、
斉藤(高橋克典)にも重大な影響を及ぼしていたのねぇ。

っていうか、梨江子と斉藤の関係は、世間で言われていたものとは違ったのね。
その事実に驚かされたよ。
しかも、梨江子が出所できたのも斉藤のお陰だったとはねぇ。
「俺は、やっと君から離れられる。」
こう呟く斉藤が印象的だ。
斉藤が、長く、深く、苦しんできたことが感じられたよ。

佐久間(遠藤憲一)ら警察にしても、あずみ(田畑智子)にしても、
あのような状況を作り出した彼らの罪は重いと感じてしまうわねぇ。

無罪が確定してもなお、梨江子に注意を向ける佐久間や、
梨江子に関して、あらゆる可能性を常に提示してくる安藤(賀来賢人)の姿に、
刑事の性のようなものが感じられるのも印象的。
梨江子が逃げ出してしまうのも無理もないわ。

美緒(仲里依紗)とあずみの背景も見え始めてきたし、
よりいっそう、興味を引かれるストーリーだったなぁ、今回って。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「逃げる女」  第1話  *感想*
ドラマ 「逃げる女」  第2話  *感想*
ドラマ 「逃げる女」  第3話  *感想*
コメント