きたへふ(Cチーム)のブログ

ファミスタとは特に関係ありません。タブレット・スマホをご利用の方は、できればPCモードで御覧ください。

箱根駅伝の鶴見中継所を見に行ってみる(2018/1/3)

2018年01月03日 | 雑記
【記事作成日:2018/02/20】

 お正月のスポーツイベントといえばサッカー・ラグビー・駅伝等がありますが、ブログ主が好きなのは何と言っても箱根駅伝
 そんなブログ主は機会があれば鶴見中継所まで駅伝の応援に出かけることがあるのですが、今年(2018年)は嫁を連れて見に行ったこともありますので、今回は箱根駅伝と鶴見中継所のネタについて取り上げてみたいと思います。


1. ブログ主と鶴見中継所について(余談)

 ブログ主は1999年春に就職で大分から上京してきた人間ですが、会社の寮に居られる期限が迫ってきた2001年末に移住したのが、実はこの鶴見中継所付近のエリアでした(最寄り駅:京急線の鶴見市場駅)。
 当時のブログ主は勤務地が横浜で、よく行く出張先が川崎だったこともあり、川崎まで電車で3分&横浜へはラッシュと逆向きなこのエリアは通勤経路的に魅力でした。そうした理由で鶴見市場の新築ワンルームの賃貸マンションに住み始めたのですが、箱根駅伝の鶴見中継所がこの付近だと知ったのはその後のことでした。

 それ以来正月に帰省しない年はよく鶴見中継所まで箱根駅伝を見に行っていたのですが、その後さらに住処が鶴見市場から移ってからも、機会があれば鶴見中継所まで箱根駅伝を見に行っては、ついでに以前慣れ親しんだ街の風景や近所のお店がどうなったのかを見て回るということを楽しみにしていたのでした。


2. 鶴見市場駅~鶴見中継所付近の解説

 箱根駅伝は1月2日に往路(東京大手町→鶴見→戸塚→平塚→小田原→芦ノ湖)、1月3日が復路でその逆のルートを走るのですが、鶴見中継所は往路が1区から2区、復路は9区から最終10区への襷リレーが行われる場所であります。


鶴見市場駅と鶴見中継所付近の地図(google mapのデータ)

 その鶴見中継所の場所は、京急の鶴見市場駅から徒歩数分の国道15号にあります。
 箱根駅伝では国道1号(第二京浜)と15号(第一京浜)という超幹線道路を中心に走るのですが、そうした主要道路を長時間道路を占有しないようにするため、復路の各中継所ではトップの走者が通過してから20分で繰り上げスタートが行われます。特に最後の襷リレーポイントである復路の鶴見中継所(9区→10区)では、毎年ほぼ確実に繰り上げスタートが行われます。


復路での鶴見中継所付近の走路(青線が9区、紫線が10区の走者)

 復路9区の走者は鶴見中継所の160m程手前から側道に入って10区の走者にバトンタッチするのですが、この側道区間は結構長い直線であることから、走者が目の前まで来ているのが見えているのにも関わらず、強制的に一斉スタートとなってしまい、仲間の襷を繋ぐことができずに涙するようなドラマティックなシーンが生まれるところでもあります。

 そしてブログ主は箱根駅伝を何度も現地で見ているうちに「パーンという競技用ピストル音と周囲の観客の“あぁ^~”という悲鳴とも溜め息ともつかない歓声の中、後ろを見ずに真っ直ぐ駆け出していく若者の姿」が強く印象に残り、ついには「今年も繰り上げスタートのシーンを見なくちゃ1年が始まらないな (゚∀゚)」などという、性格の悪さ全開の嗜好を持つようになってしまいました。

 そして中継所付近には多くの観客が訪れるのですが、それ以外の大会関係者(ランナー含む)・報道関係者も多数おり、それらの方々を支える地元のボランティアの方も多くいます。現地を見に行くことで、テレビには映し出されない舞台裏の風景を見たり、非日常的なお祭りの雰囲気を味わうことができるのが個人的には好きなポイントだったりします。


3. 鶴見市場駅→鶴見中継所での応援

 ここからは実際に2018年1月3日に見に行ったときの光景となります。まずは鶴見市場駅から鶴見中継所まで向かいます。


01-鶴見市場駅にて(2018年)

 鶴見市場駅は優等列車が全く止まらない駅です。1個所しかない改札口を出ると、鶴見中継所(国道15号方面)は、右側の方の階段を降りていきます。毎年箱根駅伝の日だけは、写真にある「箱根駅伝中継所 ⇒ ⇒ ⇒」という横断幕が改札を出たところの店舗スペースに掲げられます。


02-鶴見市場駅にて(2011年)

 ちなみに2011年の時はこんな感じ。なお、この駅構内店舗スペースに入っている店は、長続きしているところを見たことがありません。(´・ω・`)


03-左側の道が封鎖されています

 駅を出てちょっと右に進むと、鶴市屋(ラーメン屋)とアルム(喫茶店)のある変則四つ角があるのですが、写真左側の道は緑のビブスを着用したボランティアさんによって塞がれています。ここで「駅伝の見学は右の道に回ってください」と案内されました。


大会関係者が集結する通り

 塞がれている道は上の地図の赤線部分になります。この通りは大会関係者やランナーが集まる場所で、関係者以外は入れないようにしているようです。(走り終わって倒れ込んだランナーが引き釣り込まれるのもこの一角)。


04-右側ルートを進みます

 しょうがないので右側の道を進んでいきます。付近の様子を見ると、古本屋がコインランドリーになったり、パチンコ屋がローソンになったりしていました。


05-読売新聞の手旗をもらいます

 国道15号と繋がる「市場交番前」の交差点付近で、応援用の読売新聞の小旗をもらいます。別の場所ではスポーツ報知の黄色の小旗が配布されていました。
 なお写真の左奥のお店は「ぐるめ寿司」という回転寿司屋さんなんですが、価格・味ともブログ主的には非常に大好き&お薦めなお店であります。


06-今回はENEOSのGS前に陣取ります(11時15分)

 今回は身長の小さな嫁が一緒なので、なるべく道路に近い1列目のスペースを狙います。そうしたところ1列目はほぼ埋まっていたのですが、嫁だけはご厚意で1列目に割り込ませていただけることができました。(´∀`)
 ブログ主はそのすぐ後ろ(2列目)での待機となりましたが、1列目の人の頭と頭の間から直接ランナーが見える位置なので、充分に満足なポジションが得られました。


今回の駅から見学場所までの移動経路

 駅からここまでの経路を示す地図は上の通りです。
 到着したのは11:15頃ですが、最初のランナーがやって来るまで、まだ1時間以上の時間があります。よく訓練された観客はラジオやワンセグで先頭ランナーがどの辺にいるのかを確認するものですが、大半の人はスマホをいぢって時間を潰している状態でした。


07-頒布されていた法政大学の新聞

 そうしたときに法政大学の関係者と思わしき方が観客に新聞を配っていたので、ブログ主も一部頂きます。
 一般スポーツ紙と見分けがつかないくらい良くできた紙面ですが、タイトルは(スポーツ報知ならぬ)「スポーツ法政」になっています。


08-お昼頃の状態(12時)

 この時点で道路から3列目くらいまで埋まった状態になっています。


09-最初のランナーが来る5分程前(12時12分頃)

 写真右に見えますが、交差点を完全封鎖してランナーの到着を待ちます。


10-白バイとパトカーのスタンバイキター!

 写真の白バイは1台ですが、4台ぐらいが並んでいることもあります。
 この辺で見かける白バイの車種はCB1300 (Honda)ばかりですが、箱根駅伝でも西の方のエリアになると、ブログ主のバイクと同じXJ6 Diversion (YAMAHA)の白バイがテレビに映ることがあります。


11-先頭の青山学院の選手が通過します(12時18分頃)

 そしてぶっちぎりのトップである青山学院の選手が、大歓声の中、目の前を通り過ぎていきます。ブログ主はここで腕時計のストップウォッチをスタート。これは20分後に控えた繰り上げスタートの時間の目安を確認するためです。

 数分して2位の走者が通り過ぎ、その後も飛び飛びに走者がやって来ます。
 箱根駅伝では監督が車で走者の近くを伴走して車載スピーカーで指示や激励を出しているのですが、中には「おい、しっかり走らんか、おら!」みたいなガラの悪い声かけをしているところもあれば、周囲の人がクスりとするような問いかけっぽい声かけをするような車もあって、なかなか面白いです。(テレビ放送ではほとんど聞こえない内容です)


12-繰り上げスタート手前の状況(12時36分頃)

 そして繰り上げスタートの数分前。周りの人はランナーがやってくる方向(横浜方面)を向いていますが、ブログ主は繰り上げスタートの行われる中継点の方が気になります。
 ここでブログ主はデジカメで動画撮影を開始し、そして15番目のランナーが目の前を通り過ぎたときに、その時がやって来ました。

2018/01/03 第94回箱根駅伝 復路鶴見中継所たすきリレー(2)


 こちらがYouTubeにうpされていた、テレビ放送の繰り上げスタートシーンです(繰り上げスタート付近は上記動画の15分頃から参照)。

2018年 箱根駅伝 鶴見中継所の風景(繰り上げスタート)


 そしてこれがブログ主が撮影していた繰り上げスタートシーンです。今回は中継点からちょっと離れていたのでピストル音が聞こえづらかったのと、周りの観客の「あ~あ」という声が薄かった感じです。

 その後も周りの観客は、最後のランナーが鶴見中継所に到着するまで温かく応援を続けます。


4. 寄り道しながら帰ってみる


13-ぞろぞろと帰り始める皆さん(12時44分頃)

 最後のランナーが鶴見中継所に到着すると、国道15号の交通規制はさっさと解かれ、周りの観客も一斉に撤収モードになります。
 せっかくなのでブログ主(+嫁)は、中継ポイントなどを見てから帰宅することにします。


14-テレビカメラ小屋

 まずは歩道橋近くの中継ポイント付近の場所。ここには高所に設置したテレビカメラがあります。透明ビニールに覆われていて、冷たい風は入って来なさそうな感じです。


15-奥の方の放送席(撤収中)

 日テレのスタッフの人が撤収作業を行っていました。


16-歩道橋の横断幕

 箱根駅伝の正式名称である「東京箱根間往復大学駅伝競走」の横断幕が出ています。次の写真にもありますが、歩道橋の上からは駅伝を観戦することはできません。


17-9区・10区の走者と歩道橋上の観覧禁止看板

 各大学の9区と10区のランナーの氏名が貼り出されています。


18-応援の禁止事項等 (KORR 関東学生陸上競技連盟からの掲示)

 「ガードレールや橋など、沿道公共物への横断、旗、のぼり等をくくりつけることはできません」や「(前略)混乱を避けるためスタート地点、フィニッシュ地点、中継所の前後100m以内では出場校を示す物は掲出できません」などといった禁止事項が記載されています。


19-駅に向かいます

 ここからは来るときに塞がれていた道を通って駅に戻っていきます。


20-取材クルーが片付けをしています

 大通り(国道15号)からちょっと入ったエリアです。20km超の9区を走り終えて倒れ込んだ選手が、同じ大学の仲間のところに引き釣り込まれてケアを受けるのがこのエリアです。このときはテレビ局のスタッフが片付けに入っていました。


21-ボランティアの方が集まっています

 「鶴見中継所 支援の会 市場地区連合会」という緑のビブスと帽子を着用した地元ボランティアさんたちが集まっていました。写真の左奥が郵便局、写真の中央の白っぽいものが選手用のテントとなっています。


22-選手のいるテント

 写真に見えるテントは1つですが、実際にはこのテントの奥にも更にいくつかのテントが設置されています。学生ランナーを見ようと見物客が集まっています。


23-選手とスタッフの人

 テレビインタビューでもやってるのかと思ったら、そうではありませんでした。


24-駅伝ファンにサインをする選手

 熱心な駅伝ファンの中には選手にサインを求める人もいました。選手の方も快く応じていたようです。


テントの場所

 テントのある場所は地図の★マーク付近です。


25-鶴見市場駅手前の踏切

 踏切の奥にあるお店は以前は「井戸屋」という地元の定食屋さんだったのですが、現在は百鶴源というお店に変わってしまったようです。
 この井戸屋さんはブログ主も以前は何度も通っていたところで、箱根駅伝のある1月2~3日は朝から営業していて、お正月時期のみのメニューであるお雑煮とかが好きだったのですが、なくなってしまったようで残念です。(´・ω・`)
 お店やってたおじちゃんとお兄さん、元気でやっていてくださいな。


26-鶴見市場駅の入口

 ここから階段を上がると駅の改札になります。
 写真には左手にヴィ・ド・フランス(パン屋)があります。この建物は(客が来ない意味で)鬼門らしく、大昔はケンタッキーがあったものの売上が関東ワーストクラスらしくて閉店、ブログ主がこの付近に移ってきた頃はマックだったのですがそれも閉店、その後このお店が入っていたのですが、今度閉店になってしまうとのことです。(´・ω・`)


5. 以前撮影した写真を引っ張り出してみる

 ブログ主が鶴見中継所に最初に見に行ったのが2004年ですが、そのとき以降撮影した写真がいくつか残っていたので、てきとーに晒します。


27-側道が見渡せるポジション(2004年)

 このときは中継所より東京寄りの場所で観戦していました。一斉スタートのシーンを見るのであれば、この位置がベストかもしれません。ただし早朝から並ばないと前の方は確保できないと思われます。


28-2004年のテレビカメラ

 このときはテレビカメラがぽつんと1台、吹きさらしの状態で設置されていました。


29-2004年のボランティア本部

 「箱根駅伝を支援する会本部」という立て看板が出ています。


30-選手用トイレ(2004年)

 これは近くの民家(マンション)の厚意で、選手用のトイレが開放されているところです。
 ちなみに中継所付近には観客用のトイレ(公衆便所)はありません。どうしてもの場合は、コンビニで借りることになるかと思われます。


31-2004年の鶴見市場駅前

 前述の通り、このときは駅の近くにマックがありました。奥に見えるデイリーストアは、現在は“まいばすけっと”(イオン系の小型スーパー)になっています。


32-2011年のボランティア本部

 2011年のボランティア本部はこんな感じ。ダンボールが並べられた、手作り感というか簡素な地元のお祭り感があります。


33-2011年の読売新聞の手旗

 今とあんまり変わっていない感じです。


34-大会関係者向けパン引換所(2011年)

 このときは「箱根駅伝 審判・補助員 パン引換所」なるものがありました。売り物ではないので、当然観客は買えません。ただし隣(写真左)の方ではガイドブックやプログラムが販売されていました。


35-2011年のテレビカメラ

 2011年のときもテレビカメラは吹きさらしの状態でした。


36-インタビュー風景(2011年)

 多分、区間賞を取った選手へのインタビューが行われているシーンだと思います。芝山内科の玄関先で行われていました。(ブログ主はこの病院には1回だけお世話になったことあり)


37-2011年のテント風景

 2011年の時のテントは、通り道にも設置されている状態でした。


38-2013年大晦日の風景1

 この写真は2014年の大会の直前になる2013/12/31に撮影したものです。ブログ主はこの頃はすでに鶴見市場の住民ではなかったのですが、たまたまバイクでこの付近を通りかかった際にテレビ局の人が事前準備を行っているのを見かけ、急遽バイクを止めて、これ幸いと勝手に撮影しました(汗)。
 なお、この年にはビニールカバーのある環境になっているようです。


39-2013年大晦日の風景2

 この日は1月2日の往路の放送で使用するテレビカメラのセッティングを行っていたようです。写真は東京向き(1区のランナーがやってくる方)です。


40-道路を挟んだ反対側から観戦(2015年)

 2015年は国道15号を挟んで反対側から観戦していました。反対側からだと、やはり選手が小さく見えることと、交通規制でなかなか国道15号を横断できないのが難点でした。

箱根駅伝 鶴見中継所にて


 前述の選手に声をかけている監督の伴走車ですが、沿線の観客から見ると上の動画のような感じです。「思いっきり行け!」などと檄を飛ばしています。伴走車というよりも街宣車のようです。


 箱根駅伝については、これからも機会があれば観戦したいと思っています。(^^)



あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド! 2018 (ぴあMOOK)
クリエーター情報なし
ぴあ


フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉
クリエーター情報なし
アスコム


第94回箱根駅伝速報号 2018年 02 月号 [雑誌]: 陸上競技マガジン 増刊
クリエーター情報なし
ベースボール・マガジン社

コメント

キムワイプ等のワイパー(拭き取り紙)を比較してみる

2017年12月31日 | 雑記
【記事作成日:2018/1/13、最終改版日:2018/09/26】

 このエントリでは、薬品の拭き取りや機材の清掃等で使用するワイパー(拭き取り紙)の使用感等の比較ネタを中心に記載しています。
 2018/5/13追記: JKワイパーの写真の更新と、キムタオルの項を追加しました。



01-今回使用したワイパー類の画像 (一部、普通のティッシュあり)


1. ブログ主の鏡の清掃に関するこだわり(どうでもいい話)

 ブログ主は2015年に今の住居である新築分譲マンションに引っ越したのですが、その前はと言いますと築20年以上のかな~りオンボロな木造アパートに住んでいました。
 アパート時代に唯一あった鏡はお風呂兼洗面台の一室にあったものですが、その鏡はブログ主が入居したときは白いウロコがとんでもなく付着しており、もはや鏡としての役割を果たしていない状況でした。(;´Д`)
 そのためホームセンターで買ってきたダイヤモンドうろこ取りで必死こいて磨き上げ、ようやく鏡としての役割を果たすようになった(←ただし綺麗な鏡になったとは言っていない)…という経緯がありました。

レック 鏡 の ダイヤモンド ウロコ取り
クリエーター情報なし
レック(LEC)


 ところが今のマンションに移り住んだときは衝撃でした。新築分譲マンションなので当然と言っちゃ当然なのですが、洗面台の鏡は大きく、そしてその鏡は曇りやホコリが1つもありません。その鏡を見てブログ主は、「非常に美しい」と見入ってしまったのでありました。


自宅の鏡を見たブログ主 (※イメージです)

 それ以降ブログ主は「この鏡の美しさは永遠に保っていかなきゃ(使命感)」と思うようになり、洗面台の鏡だけは神経質呼ばわりされても仕方がないレベルで綺麗さをキープすることに尽力するようになりました。
 具体的には、ブログ主的には鏡の表面に指紋や(水道水の)水滴跡や白い粒が残っているのは論外のNGで、鏡の表面にホコリが付いていることも、ティッシュやそこそこ綺麗な布で拭いた後に残る白っぽいものやスジが残るのもNGです。この辺に関しては、北斗の拳のユダさん並みに美に対して厳しいです。


美しくないものには厳しいユダさん

 そんなブログ主は鏡の美を保つために、当初はマイクロファイバーの布を使って拭いていたのですが、こやつは使っているうちに汚れやホコリが付いてしまい、布を丁寧に手洗いしても次第に使えなくなっていくのが難点でした。

レック 激落ちクロス 5枚入 ( マイクロファイバー ) S-285
クリエーター情報なし
レック


 そのためブログ主は「何度か使用可能で、かつ、使い捨て可能な代替品」がないものか探していたのですが、そこで思いついたのはキムワイプでした。
 キムワイプとは本来薬品や試験管とかビーカーとか電子部品とかを拭き取るための清掃用の紙(ワイパー)ですが、これは理工系の大学出身者であれば、何かしら実験室等で見かけたことのある「懐かしのグッズ」のようなもので、ブログ主もエンジニアの嗜みとしてネタ的に小サイズのキムワイプ(S-200)を保有していました。

 「これを使えば普通のティッシュのようにチリ状のカスや白いスジを出すことなく、綺麗に拭き取れる!」

 そう思ったブログ主は実際にキムワイプを鏡に使ってみて、求めていた通りの清掃が可能であることを確認。それからしばらくは手持ちのキムワイプを使っていたのですが、紙のサイズが小さくて不便に感じるところがあったので、新しいワイパーを追加購入する際に、他の類似製品もいろいろとまとめて購入していたのでした(それが1年前の話)。

 今回のエントリでは、それらの紙ワイパーを実際に使い比べてみた使用感等を記載しています。


2. 紙ワイパーを比較してみる(本題)

(1) 小サイズのキムワイプ (S-200)
キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア



02-キムワイプS-200(箱+紙)

 まずはブログ主が最初に買ったキムワイプのSサイズから。
 キムワイプはS・M・Lの3サイズがあるのですが、理工系の学生が大学で見かけていたものは、正方形(立方体)のような箱のこのSサイズになります。製造元は日本製紙クレシア(株)です。
 サイズは120mm×215mmで枚数は200枚。縦横の比率は横長で、半分に折ると正方形に近い形になります。


03-キムワイプS-200(箱の裏面)

 キムワイプは一般的なティッシュペーパーのような2枚1組みタイプではなく、箱から抜き取った1片が1枚になっています。どのサイズのキムワイプでも同じことですが、紙質はちょっとゴワゴワした固い感じがあり、眼鏡やカメラのレンズのような強く拭くと傷がついてしまう可能性のあるものには使えません。鼻をかむ用途にも向いていません。

 ちょっと水滴に付いた鏡を拭く際は紙を4つ折りにして使いたいところですが、Sサイズのキムワイプを4つ折りにすると、指先で押さえなきゃいけない大きさ(小ささ)になるため、ブログ主的にはこの点がちょっと不満でした。

(2) 中サイズのキムワイプ (M-150)
クレシア キムワイプ M-150 1BOX 150枚入
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア



04-キムワイプM-150(箱+紙)

 続いて一般的な箱ティッシュのサイズである、Mサイズのキムワイプです。
 キムワイプの型番はS-200、M-150、L-100の3つがあるのですが、頭の文字はS・M・Lはサイズ、後ろの数字は1箱に入っている枚数を示しています。なのでこのMサイズの箱は150枚入りとなります。


05-キムワイプM-150(箱の裏面)

 サイズは225mm×210mmと、一般的な箱ティッシュのサイズとなっています。
 ブログ主的にはティッシュと同じこのサイズが体に馴染んでいるので、Sサイズよりも使いやすいです。そのため個人的にはキムワイプを買う場合は、SサイズよりもMサイズをお勧めします。

(3) JKワイパー150-S (中サイズ)
クレシア JKワイパー150S (1箱・150枚入)
クリエーター情報なし
TKG



06-JKワイパー150-S

 JKワイパーはキムワイプの類似品(姉妹品?)です。JKワイパーの紙質はキムワイプと似ているのですが、手触りがちょっと異なります。ただしどう異なるのかを、文字で表現できるだけの語彙力をブログ主は持ちません。2つの差はそのくらいの違いでしかありません。


07-JKワイパー150-S(箱の裏面)

 JKワイパーは「S」の型番が付いていますが、サイズは225mm×215mmとMサイズのキムワイプとほぼ同じです(てゆーかJKワイパーの方が5mm程大きいです)。
 製造元はキムワイプと同じ日本製紙クレシア(株)です。

(4) ケイドライ132-S (中サイズ)
クレシア ケイドライ
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア(株)



08-ケイドライ132-S(箱+紙)

 続いてはケイドライ132-S。
 製造元はキムワイプやJKワイパーと同じ日本製紙クレシア(株)で、サイズはJKワイパーと同じ225mm×215mmです。



09-ケイドライ132-S(箱の裏面)

 ケイドライはキムワイプやJKワイパーとは全く紙質が異なります。どう異なるのかというとケイドライの紙質はティッシュのように柔らかく、紙もティッシュのように2枚組になっています。
 ブログ主がケイドライを使い始めたときの最初の感想は、「使用感はティッシュと変わらんな~」というものでした。
 気になっていたのは「紙自身からチリ(埃)が出ないか?」という点ですが、それに関しては特に気になるようなことはなく、鏡を拭く用途としては普通に使用できました。
 またこれまでブログ主がキムワイプやJKワイパーで水滴の残る鏡を拭く際は紙を4つ折りにして使っていたのですが、ケイドライは2枚組なので2つ折りにするだけでOKなのが使い勝手が良くてGoodです。 

(5) サイズ等を比較してみる

 続いてここからは、紙のサイズ等をちょっと比較してみます。


10-キムワイプのSとMの比較

 キムワイプのSサイズの面積は、概ねMサイズの半分程度であることが見て取れます。


11-キムワイプMと普通のティッシュとの比較

 キムワイプのMサイズと普通のティッシュ(エリエール)とを比較すると、紙のサイズはほぼ一緒ですがが、色合いが違って見えます。これはティッシュは2枚組ですがキムワイプは1枚なので、キムワイプは下のテーブルがうっすら透けて見える状態です。
 またキムワイプはティッシュと比べて目が粗い感じになっています。


12-キムワイプMとケイドライとの比較

 キムワイプのMサイズとケイドライとを比較すると、キムワイプとティッシュと比較した場合と同様の状態になっています。つまりケイドライの外見はティッシュに似ていることになります。


13-ケイドライと普通のティッシュとの比較

 実際にケイドライとティッシュとを直接比較してみると、箱がなければどっちがどっちか判別が付かない状態になっています。

(6) 特大サイズのキムワイプ (L-100)
クレシア キムワイプ L-100 62001-2048 【1261967
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア(株)


 最後にうっかりネタ的に買ってしまった、特大サイズのキムワイプです。


14-キムワイプL-100(箱)

 Lサイズのキムワイプは、Mサイズのキムワイプ(=普通のティッシュ箱)を横に2つ並べたのと同じ大きさがあります。


15-キムワイプL-100(箱の裏面)

 Lサイズのキムワイプのサイズは、470mm×425mmとの記載があります。


16-キムワイプL+M+Sサイズの比較

 Lサイズのキムワイプは、Mサイズ(普通のティッシュサイズ)の紙を4つ(縦横2つずつ)並べたサイズになっています。

 それでこのLサイズのキムワイプですが、使いどころを見つけることが難しいのが難点です。洗面所の鏡を拭く用途としては大きすぎ、使い捨てするにはもったいなく、水分を多く含むものを拭く場合はペーパータオルの方が使い勝手がよいという状況です。(;´Д`)
 一度これを8つ折りのぞうきん状態にして、リビングとベランダの境になるサッシのガラスを拭いてみたのですが、綺麗にはなるものの想像以上に滑りが悪くて骨が折れました。正直なところ窓ガラスを拭くには、インク成分を含む新聞紙の方が向いています。
 真面目な使い道としては、ウイスキーグラス等のガラス製コップを完全に透明になるまできっちり拭き上げたいときに、このサイズのワイパーだと拭きやすくて便利な点でしょうか。
 当面は小さな子が我が家に遊びに来たときに

 「おぢさんとこのティッシュは大きいんだぞ~ (^^)」

 といって見せつけるような使い方を予定していますが、そういう機会もあまり無いので、なかなか減らないのが難点です。

 もう1つ、Lサイズのキムワイプに関する注意点ですが、この紙は普通のティッシュ感覚で、勢いよく箱から取り出さないこと。ゆっくり丁寧に引っ張り出さないと、端っこの部分が破けてしまうので要注意です。

(7) キムタオル (2018/5/13追記)

キムタオル ホワイトポップアップシングル 150枚 61430
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)


 先日(紙ワイパー類がまだまだ自宅に残っているにも関わらず)うっかりキムタオルを追加購入してしまったので、その使用感等を追記します。


17-キムタオル(箱の側面)

 キムタオルはこれまで紹介した紙ワイパー類とはちょっと毛色の違う製品になります。端的に言うと「4枚組の厚手の大きな紙ワイパー」となっていて、箱のサイズも通常のティッシュ箱の2倍以上の高さがあります。
 枚数は150枚入りで、価格はヨドバシドットコムで税込み718円でした。ちょっとお高めです。


18-キムタオル(箱の上側)

 キムタオルの箱は段ボールのように厚くなっています。紙は上からティッシュのように取り出すことが出来ます。また箱のサイズは大きいため、数枚使ってからは横の持ち手(キャリングハンドル)を開け、指をそこに突っ込んで運べるようになります。


19-キムタオルとJKワイパーの紙の比較

 キムタオルのサイズは190mm×329mmとの記載があります。普通のティッシュよりも大きく、キッチンペーパーの一片に近い感じです。そして紙の表面がでこぼこしているところや手触りもキッチンペーパーに近いものがあります。


20-キムタオルの4枚の紙をバラしたところ

 キムタオルは薄い4枚の紙(プライ)を束ねて1枚のシートになっています。上の写真では意図的に下からバラバラに分離していますが、普段使う分には簡単には分離しない1枚のシートとなっています。キムタオルを鏡拭きに使ってみたのですが、他の紙ワイパーと同様に綺麗にはなるものの、ちょっと紙埃(チリ)が出やすいのかな…という感じがありました。
 キムタオルは、ブログ主の自宅で普段使いする分にはケイドライの方が手触りが良くて使いやすく、キッチンペーパー代わりに使うには高価すぎてもったいないため、これまた使用用途に困る状態となってしまいました。どうしましょ…。(´・ω・`)


3. 最後に (まとめ&ブログ主のお薦め)

 キムワイプ3サイズ・JKワイパー・ケイドライ・キムタオルの4種類の紙ワイパーを比較してみましたが、個人的な一番のお薦めはケイドライです。

クレシア ケイドライ
クリエーター情報なし
日本製紙クレシア(株)


 ケイドライはサイズが手触りがティッシュに近いため、まさにティッシュ感覚で使える点がGoodです。ブログ主が鏡を拭く用途としてはこれで十二分に満足しています。
 難点は箱のデザインが無骨(無機質)な感じがする点でしょうか。個人的には実験用備品のような感じがして逆に好きな方なんですが、気になる人は普通のティッシュケースに入れてしまえばOKでしょう。

JEMISUN ティッシュケース ティッシュカバー ティッシュボックス 木蓋付き 木目調 ナチュラル おしゃれ ホワイト インテリア(長方形)
クリエーター情報なし
JEMISUN


 最後にこれら紙ワイパーの購入方法についてです。上の方にAmazonのリンクをベタベタ貼っておきながらなんですが、個人的な一番のお薦めはヨドバシドットコムです。
 Amazonの店では20箱単位のような業務用の大量セットで売られているケースが多く、安価で1箱単位で販売しているところはほとんど見かけないので注意が必要です。それに対してヨドバシは1箱単位で安価に売っていますし、送料も無料なのがGoodです。ちなみにヨドバシドットコムのケイドライの販売ページはこちらです。

 ヨドバシのリンクを紹介したところで自分には1円も入りませんが、紙ワイパーは一家に1箱あれば何かと便利なので(清掃の選択肢が広がる)、ヨドバシドットコムで買い物される方は、ついでに1箱試しに買ってみてはいかがでしょうか。

【2018/09/26追記】
 このページで紹介した日本製紙クレシア社製の紙ワイパー類については、公式サイトにラインアップ・性能比較一覧表があります。詳細を確認されたい場合は前述のリンク先を参照ください。


コメント

TwitterでURL検索ができない件の代替手段

2016年12月31日 | 雑記
【最終改版日:2018/09/16】

 ブログ主は自分のブログがインターネット上でどのような使われ方(参照のされ方)をされ、どのような反応等があるのかについて興味があります。
 そのためブログ管理者が閲覧できるgooブログの統計ページを見たり、Google Search Consoleでうちのブログを見に来る契機となった検索キーワードを調べたり、Google Analyticsでリアルタイムのアクセス状況を見ているのですが、1つだけ困る点があります。それはTwitterの検索についてです。

 以前はTwitterでうちのブログを含むようなツイートを検索するには、検索窓から「cars-kitahefu」とでも打ち込んでおけば何かしら検索結果が返ってきたのに、昨夏から検索ができなくなってしまいました。(;´Д`)
 どうもTwitterの検索の仕組みが変わったようで、ツイートに含まれるURLの特定文字列を検索するには、Twitter検索用のAPIを叩くプログラムを書かないといけないみたいで、なかなか簡単に手を出せそうにありません…。

 どうにかならんものかと思っていたところ、代替検索手段を記載しているに非常にありがたいページがありました。

 Twitter の URL 検索が出来なくなっても、エゴサーチする方法がある (NJ-CLUCKER)
 https://nj-clucker.com/twitter-url-ego-search/


 こちらのページによるとTwitterの検索ウィジェットを利用するとよいとのこと。

 詳細手順は上記URLを参照頂きたいのですが、実際にこの手法で検索ウィジェットをブログに追加したところ(下記)、検索結果が無事に出るようになりました。
 NJ-CLUCKERさんには強く感謝する次第なのであります。ありがたや、ありがたや。(-人-)





【2018/09/16 改版分】

 このブログの上のところに貼り付けてあったTwitterの検索ウィジェットですが、9月に入った頃から表示されなくなってしまいました。恐らくTwitter側の仕様変更(検索ウィジェットのサービス停止?)に因るものだと思われます。(;´Д`)
 とはいえエゴサーチできないと困るので調べてみたところ、上記の検索ウィジェットの手法を紹介されてたNJ-CLUCKERさんが、新しい解決方法を紹介されていました。ありがたやありがたや、本当に感謝です。(-人-)

 Twitter の URL 検索が出来なくなった?正しいエゴサーチの方法を紹介します(Webllica)
 https://webllica.com/twitter-url-ego-search/


 その方法を端的に言うと、(きっちりオプション指定をすることで)Twitterの検索窓からURL検索ができるようになったのでそちらを使用するということになります。


うちのブログのTwitter検索事例 (2018/9/16取得)

 詳細は上記リンク先を参照いただきたいのですが、URL検索時の注意点(ミソ)は次の通りです。
 ・検索文字列の先頭に「url:」を付ける
 ・検索したいURL中の「http(s)://」の部分は不要
 ・検索したいURL中に“-”(ハイフン)が存在する場合は、すべて“+”(プラス)に置き換える


 そのためうちのブログのURLを例にすると、https://blog.goo.ne.jp/cars-kitahefu という文字列を含むツイートを検索させたい場合は、検索窓に「url:blog.goo.ne.jp/cars+kitahefu」と打ち込めば良いことになります。(上の画面コピー右上の赤枠部分)

 もう1点注意事項があって、検索する場合は「すべてのツイート」をクリックしておくことです。(上の画面コピーの緑枠部分)
 もしここをクリックせずにデフォルトの「話題のツイート」の状態で検索をかけると、検索にかかるツイートの順番がすっちゃかめっちゃかになります。これが「すべてのツイート」をクリックしておくことで、最新のツイートから日付順に検索結果が出てくるようになります。

 そしてこの検索結果の状態をブックマークしておくことで、次回以降は簡単に再検索できることになります。
 (うちのブログだと https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=url%3Ablog.goo.ne.jp%2Fcars%2Bkitahefu&src=typdというURLになります)

 同じことで困っている方がいらっしゃったら、ご参考までに。
コメント

新年一般参賀に参加してみる(2016年1月2日)

2016年01月02日 | 雑記
【記事作成日:2016/1/11】

 ブログ主の2015年末~2016年始は、珍しくほぼ暦通りの休みとなりました。こんな年は実家に帰るか鉄道旅行に出かけることが多いのですが、今年は半月前に北陸経由で九州の実家に戻るような鉄道旅行をしていたこともあって、今回はどこにも遠出しない年末年始になりました。
 とはいえ、ずっと家にいるのもナンなので「どこかに初詣にでも行こうかなぁ」と考えていたところ、いいことが思いつきました。

「せや! 皇居の一般参賀があるやんけ。我ら下々の人間がアポ無しで皇居に入れる数少ない機会や!」(←エセ関西弁)

 ということで今回は、毎年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀に参加してみることにしました。今回のエントリでは、そのときの状況について記載したいと思います。来年以降、一般参賀に初めて参加される方の参考にでもなれば幸いです。


1. 一般参賀の下調べをしてみる

 これまでブログ主は皇居なんて恐れ多くて近づいたこともなく、一般参賀に関してもテレビニュースで見て「日の丸の旗を持った人が大量におるな~」と思うくらいの状況でした。そういう無知に近いレベルの人間なので、一応事前に宮内庁のページで一般参賀のことを調べたところ次のような案内がありました。
 ・一般参賀(宮内庁)
   ・新年一般参賀要領(宮内庁)

 しかしそこの書かれている内容は「参入時刻は午前9時30分~午後2時10分」、「皇居正門(二重橋)から参入して坂下門・桔梗門・乾門のいずれかから退出する」、「手荷物検査があるので時間に余裕を持って来てね(意訳)」ぐらいのことしか書かれておらず、門の名前は聞いたことはあれど具体的な場所など判らない田舎者のブログ主にとっては、これだとさっぱり判りません。(;´Д`)

 とりあえず行き当たりばったりで、東京駅から地下鉄の二重橋駅の方に行ってみることにしました。


2. 東京駅から待機列に並ぶまで


東京駅~皇居付近の地図(クリックで拡大)
※ 青線が今回東京駅から進んだ経路、そこから先は指定された退出経路(3つの門)

 今回のとりあえずの目的地は皇居正門の二重橋ですが、地図を見ると場所的には東京駅と有楽町駅の中間から西の方に進んだところにあります。そのため東京駅の皇居側の出口で一番有楽町寄りの「丸の内南口」から皇居方面に進んでみることにしてみます。



01東京駅・丸の内南口(黄色で「↑皇居方面」の案内が出ています)

 東京駅では改札を出る前にトイレを済ませておきました。時間はちょうど10時頃です。



東京駅・丸の内南口の位置(★マーク)

 地図でいうと★マークの場所になります。



02東京駅南口交差点

 左側に東京中央郵便局があるところです。こちらも「↑皇居方面」の案内が出ています。



03右翼の街宣車がずらり

 この通りの路肩には、街宣車がずらりと集結して駐車されていました。恐らくここに車を置いて、歩いて皇居に向かっているのでしょう。大音量での街宣活動は行っていないので迷惑はかかっていないのですが、目にして気持ちよい光景ではありませんでした。



04日比谷通り(R1)に到着

 あっという間にお堀の近くまで来ました。ここで左右を見てみると、右手の方に人の流れができていたので、そちらに進んでみます。



05和田倉門交差点

 そして和田倉門の交差点に到着します。


★ 和田倉門交差点は地図的にはここです。

 東京駅の丸の内中央口からまっすぐ進むとこの交差点に着くので、ちょっぴり遠回りをしてしまった状態です。



06パトカー

 和田倉門交差点の皇居側の道は警察が封鎖していて、徒歩の人が歩道を通らないと先に進めない状態になっていました。なお、このパトカーには「次回のお出ましは11時00分ころです」の案内が出ていました。(この時の時間は10:06頃)



07二重橋駅6番出口付近

 横浜市在住のブログ主はJR線で東京駅に出るルートが一番近いのですが、地下鉄千代田線で来られる方は、二重橋駅の6番出口から地上に上がるといきなりここに出てきます。ここから人の流れに沿って、ひたすら先に進んで行きます。



08ペットボトル等の飲食物を持ち込むことはできません

 皇居内への飲食物の持ち込みは禁止になっているようです(ガソリンとかの危険物の持ち込みを防ぐためだと思われますが)。
 ちなみにブログ主は東京駅を出る前にペットボトルのお茶でも買っていこうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまっていました。そのことに気付いて「しまったー (>_<)」と思った矢先にこの看板を見かけて、結果オーライとなりました。



09日の丸の小旗を配布中

 ボランティアの人たちがここで日の丸の旗を配っています。当然、1つ頂きます。



10頂いた日の丸

 竿の部分は長さ45cm程度のストローのようなプラスティック製(ただし強く押しても潰れない)。日の丸の旗の部分は紙でできています。手荒に扱うと破れるので、他の人や荷物に当たらないように注意しながら手に持って先に進みます。



11内堀通りの交差点と順路の看板

 続いて内堀通りの交差点に到達します。(10:10頃)



★ 内堀通りの交差点は地図だとここになります。



12皇宮警察騎馬隊(と撮影中のおばちゃん)

 この交差点では皇宮警察騎馬隊のお馬さんとおまわりさんが警備を行っていました。この光景をカメラに収めようとする人がたくさんいたのですが、ぞろぞろ人が流れている状態なので「写真を撮る人は歩道で止まらずに、(交差点の)横に入ってから撮ってください」との案内がされていました。



13お願い事項の看板

 右の看板には「ペットをお連れの方 自転車にお乗りの方 は入苑できません」、左の看板には「参賀の皆様に迷惑の掛かる大きな旗、のぼり、幕、竿等や大きな荷物、他の方に危険を及ぼすような物は皇居内に持ち込めません (一時お預かりします)」と記載されています。



14皇居前の公園(広場)へ進んで行きます



15自撮り棒使用禁止

 「皇居内の自撮り棒使用禁止」との看板が出ています。



16荷物の有無での分かれ道

 この先で手荷物検査が行われるので、左側は手荷物の無い人向け、右側は手荷物ありの人向けのルートに別れます。



17ブログ主は手荷物ありの右ルートへ進みます



18ペットボトル廃棄場所

 これより先はペットボトルの持ち込みができないので、手持ちのペットボトルはここで破棄します。中身が残っていても破棄しなければなりません。
 なお写真中の看板には「手荷物検査を行っているので、予めかばんを開けておいてね」(意訳)のような記載がされています。



★ 手荷物検査場

 ペットボトルの廃棄場所と後述の手荷物検査・ボディチェックの場所は近くに固まっています。



19手荷物検査場前

 ここで10列ぐらいに別れてて荷物検査を受けます。
 写真の看板には「一般参賀に際してのお願い 天皇皇后両陛下始め皇族方がお出ましになられた際には、長和殿中央付近において、大きな旗やのぼり等を高く掲げないようお願いいたします。 宮内庁」と書かれています。



20荷物預り所 (手荷物検査場の右側)

 スーツケースなどを持ってきてしまった人は、ここで預かってもらいます。



21手荷物検査を抜けたところ

 手荷物検査は1列に付き4~5人くらいの警官が並列でチェックしていました。



22ボディチェックの看板

 「安全確保のためボディーチェックを行っています。あらかじめ、上衣のボタン等をはずし ポケットの中の物を出してお待ちください。」とのこと。



23ボディチェックの状況

 刃物等の持ち込みがないか、ここでチェックを受けます。ブログ主は事前にポケットに入っていた財布と小銭入れをカバンの中に移し替えて、ボディチェックを受けました。事前チェックは以上で終わりです。(10:18頃)



24ここから砂利道

 ボディチェックを出た先を左に進むと、ここから先は乾いた砂利道になります。



25正面は坂下門

 ちなみに真正面は坂下門で、午前10時10分頃の第1回目のお出ましを見学された方々が、この門から帰り始めているところでした。



26砂利道を進んで行きます

 砂利道は踏みしめると靴が埋まるぐらいの深さがあって、歩いていると砂埃であっという間に(おろして間もない新しい)靴が白くなってしまいました(涙)。また大勢の人が一斉に砂利道を歩くことで、辺りは白い砂煙が立ちこめていました。(;´Д`)



27仮設トイレ(奥は丸の内のビル群)

 進行方向左側に仮設トイレが用意されていました。これより先にトイレは無く、また待機列に長時間並ぶことになるので、トイレが近い人は列に並ぶ前にここで用を足すことを絶対的にお勧めします。



★ 仮設トイレの場所



28ブースに横5列で並んでください

 砂利道に入ってからまもなく、多くの人が集結しているエリアに近づきます。
 看板には「警察官の案内するブースに横5列で並んでください」と書かれています。



29先着ブースは人だかり

 ブースとは盆暮れ時期の東京ビッグサイトの駐車場における待機列と同じようなもので、並んだ人たちを来た順にエリアを分けて並べて区切っている固まり(集団)になります。
 どこのブースに入るのかは入場者が考える必要は無く、進んで行けば勝手に決められた場所に誘導されて、その場で待機となります。



30ブログ主は4番ブースへ

 ブログ主はほぼ真正面の並び位置の4番ブースに振り分けられました。列が動き出すまでは、しばらくここで小休止となります。(10:22頃)



★ ブログ主の待機列



31皇居正門の方を眺め見る

 この日の皇居は、見渡す限りの人!人!人!。すでに出来上がっている待機列より順に皇居正門へ進んで行っているのですが、あまりにも人が多いので、ブログ主のいた列がいつ動き出すのかについては、全く予想も付かない状態でした。

 この日の都心はとても正月時期とは思えないような陽気で、着てきたジャンパーを脱ごうかどうか迷うほどの気温でした。日差しも何か遮る物が欲しくなるほどのまぶしい日差しで、ブログ主は光合成をしながら日光を体に取り込んでいました(誤)。


3. 皇居の中に入ってみる


32正門に向かって移動開始

 そして待機列に並んでから25分程経過した10:45過ぎに、ブログ主のいた列がようやく動き出しました。



33わんこ

 お利口そうな警察犬とおまわりさんがいます。



34皇居正門石橋前

 列が動き出すと、間もなくして皇居の正門に到達します。(10:52頃)



★ 皇居正門石橋



35正門石橋から見る二重橋

 ちょっと先にある二重橋を見ると、こちらも凄い人の列になっています。



36門番さん

 皇居の門番(守衛)さんが台の上に立って、微動だにせずに目を光らせています。相当に大変なことだと思います。お疲れ様でございますと声をかけたくなりました。

 皇居の正門は黒くて大きな門ですが、屋外に設置されているにも関わらず、まるで屋内に設置されているオブジェのように、埃のついていないピカピカな状態でした。



37カーブの坂道を登っていきます(自撮り棒禁止の看板)

 正門から二重橋までは半円状ルートの坂道になっています。ロープの右側は関係者が通るための通路になっています。



38二重橋に到着(10:55頃)

 坂を登り切るとすぐに二重橋になります。



★ 二重橋



39二重橋から正門の方を見る

 先程までいた待機列の場所には、以前と変わらない大行列ができていました。自分の後ろに、これだけの人たちが追加で集まってきたことになります。



40中門より宮殿東庭に入ります

 二重橋を過ぎてすぐにある門が中門で、この門の中に入ると2万人が収容できるという宮殿東庭になります。そして左に見える長い廊下の大きな建物が長和殿になります。
 ※ 参考: 長和殿と宮殿東庭(皇居参観ガイド)



41宮殿東庭に入った直後

 宮殿東庭には、日の丸を片手に陛下の次のお出ましを待つ人たちが大集結していました。



42水飲所の看板

 長和殿の反対側(右側)を見てみると「水飲所」の看板が出ていました。これ幸いと、ブログ主は喉を潤わさせていただくことにします。(10:57頃)



★ 水飲所



43水飲所にて

 水飲所には台所のようなシンクと湯飲みがありました。砂埃の中を歩き続けてきたブログ主は、うがいをしてお水を一杯いただきます。


44皇居案内図(クリックで拡大)

 また、宮殿東庭に入ってすぐ右側には皇居案内図がありました。



45長和殿とお出ましを待つ人々

 水飲所で一服したブログ主は少しでも奥の方(中心部分)に進もうとしますが、すでに先着の人でいっぱいで、これ以上先には進めません。そうしているうちに11時の2回目のお出ましタイムになってしまいました。



46旗で前が見えません

 皇族の方が長和殿の中央にお出ましすると、宮殿東庭にいる人たちが一斉に頭の上で日の丸の旗を振り始めたため、先が見えない状況になりました。



47-11時のお出まし

 しかし天皇陛下のお言葉が始まると、旗を降ろして静聴モードに入ります。そうするとブログ主の位置からも陛下がお出ましになられる長和殿中央部がなんとか見えました。ただしカメラの望遠を使ってもこの有様で、肉眼で見ると米粒のような大きさにしか見えませんでした…

 陛下のお言葉が終わってもしばらくの間は、皇族の方々が日の丸を振っている観衆に応えてお手を振っておられました。



48報道席

 お出ましが終わると、周りの人たちは一斉に帰宅モードになります。帰りは来た道を戻るのではなく、順路方向に進んでいきます。進んでいると右側にテレビカメラや、三脚に固定された大きな一眼レフカメラがずらりと並んだカメラマン席がありました。



49掲げられた天皇陛下万歳の旗

 お出ましの際に一般ピープルが日の丸の旗を振って歓声をあげているときに、「てんのーへーかー、ばんざーーいーー!!」と大きな声で叫んでいる人が何人かいました。ブログ主は皇室を敬愛している者でありますが、こういうのは何だかなぁ…と思いました。(;´Д`)
 なお、こうした大きな旗はお出ましの際には掲げないように案内が出ており、それは守られているようでした。



50お出まし場所に近い方へ移動

 宮殿東庭は入れ替え制ではなく、希望者は引き続き居残ることも可能です。次回のお出ましをより近い場所で見たいと思う人は、長和殿の中央付近に集まり始めている状況でした。
 ブログ主も当初はすぐに帰るつもりでいたのですが、次回お出ましは50分後の11:50ということもあり、せっかくなので近くで次回のお出ましを待つことにしました。(11:50の次のお出ましは1時間半以上空く13:30なので、もしこの時間だったら帰っていたと思います)



★ ブログ主が2回目のお出ましの際にいた場所

 その後ブログ主は週刊誌などを読みながら40分程度待ち続けますが、その間に続々と人が集まってきて、次回のお出ましの直前には右も左も人でびっちりの状態になりました。



51-11時50分のお出まし

 次回のお出ましでは、ブログ主から見て奥側(左側)から雅子様、皇太子様、天皇・皇后両陛下、秋篠宮様、紀子様、眞子様、佳子様のお姿がばっちりと見えました。待った甲斐がありました。(´∀`)


2016年・新年一般参賀にて(天皇陛下のお言葉)


 第3回のお出ましの際の動画がこちら。なお陛下のお言葉は、先程と変わらなかったようです。


4. 皇居の中を通って帰ってみる(乾門・九段下経由)

 第3回のお出ましが終わった後、ブログ主は帰宅の途に就きます。一般参賀で宮殿東庭に入った人は、東京駅に近い坂下門(さかしたもん)・桔梗門(ききょうもん)、もしくは竹橋/九段下方面の乾門(いぬいもん)のいずれかから退出することになります。
 ブログ主の帰宅ルート的には坂下門か桔梗門が駅に近いのですが、今回は皇居の中を少しでも歩いてみたいという欲望があったため、迷うことなく乾門経由で帰ることにします


東京駅~皇居~乾門~九段下駅付近の地図



52ここから坂道です

 宮殿東庭は小高い場所にあるので、お堀付近の各門に行くには一旦坂道を下ることになります。人の波で足下など見えない状況なので、下り坂が始まる付近では「これから坂道です。ゆっくりお進みください。」や、「Slowly and cautiously」と書かれた看板を持った警官が立っていました。



53坂下門と東京のビル群

 木々に囲まれた古風なお城の門と、大都会の巨大なビル群とのコントラストが面白いです。



54来た道を振り返ると…(特に奥の方に注目)

 とにかく、びっちり詰まった人!人!!人!!!
 毎日新聞の記事によると、この日の一般参賀には平成に入って2番目に多い8万2690人が訪れたとのこと。



55桔梗門・乾門方面(左)と坂下門(右)への分岐

 最初の出口に当たる坂下門の近くに到着します。



★ 坂下門との分岐点

 東京駅へはこの坂下門が一番近いのですが、「坂下門は混雑しているので、東京駅方面は桔梗門もご利用ください」とのアナウンスがありました。



56乾門(左)と桔梗門(右)への分岐

 続いてまもなく桔梗門との分岐点に到達します。



★ 桔梗門との分岐点

 乾門経由で帰る人は少数派なのでここから先の人の数はぐっと減りますが、それでも途切れることのない人の流れがずっと続いていきます。



57落とし物・迷子案内所

 手荷物検査でスーツケース等の大きな荷物を持ってきてしまった人の預かり荷物の返却も、この付近で行われているようでした。



58皇居内のトイレ (12:05頃)

 列に並ぶ前に見かけた仮設トイレ以来、1時間45分振りのトイレ発見です。ブログ主はまだ我慢できそうだったことと、ジジ・ババたちが並んでいたのでスルーします。
 


59お濠沿いの道を進みます

 乾門へ続く道の右手は蓮池濠や乾濠になっていて、土手に近いところは立派な松の木が植えられています。



60左側の建物

 なんという建物なのか判りませんが、古風な木造家屋や蔵のようなものがありました。



61乾門が見えてきました

 ちなみに乾門に至る道には、制限時速30kmの標識が立っていました。



62乾門を出たところ(12:15頃)

 ここでようやく広い皇居から出たことになります。



63首都高都心環状線の代官町ランプ

 乾門の目の前は高速道路の出入口になっていて、実質的に皇居直結のインターチェンジといったところでしょうか。



64北の丸公園を抜けます

 ブログ主はその後、北の丸公園を抜けて九段下駅に向かいます。皇居は昔江戸城があった場所ですが、この北の丸公園も「北の丸」という江戸城の一部だったところとのこと。



65日本武道館前

 北の丸公園を抜けると、柔剣道の大会やコンサートの会場で知られる日本武道館に到達します。この日はDISH//というグループの公演があったようで、中高生ぐらいの若い女の子がたくさん集まっていました。



66田安門

 そして田安門を抜けると、旧江戸城から完全に出たことになります。



67九段下駅

 田安門を出てお堀に架かっている橋を越えると、靖国通りに出ます。突き当たったすぐ左が靖国神社に通じる参道ですが、靖国神社には一度行ったことがあるのと今日は歩き疲れたこともあるので、今回はすぐ右の九段下駅からそのまま電車で帰ることにしました。(終)


最後に. 今後一般参賀に参加される方へのアドバイス

 ・皇居は厳重な警備体制で手荷物検査も行われるので、不審物(薄い本等を含む)は決して持ち込まないこと

 ・スーツケースや大きなカバンを持ってきてしまった人は手荷物検査場で強制預かりになってしまうので、事前に駅のコインロッカーに預けておいた方がよいでしょう。

 ・ペットボトルを含む飲食物は持ち込み禁止なので、事前に食事と(尿意が近くならない程度の)水分を取ってから列に並ぶことを推奨します。

 ・トイレが近い人は、列に並ぶ前に仮設トイレに行っておきましょう。一度列に並ぶと抜けて戻ってくることはできないので、団体で来た人は全員トイレを済ませてから一緒に列に並びましょう。

 ・砂利道があって靴が汚れるので、新しい靴や草履・下駄は避けた方がよいでしょう。歩く距離も長いので、履き慣れた靴がベストです。

 ・すごい砂埃なので、マスクがあると便利です。

 ・待ち時間が長いので、重くなくて時間を潰せるもの(スマホや文庫本)があるとよいでしょう。

 ・駅を出てから戻ってくるまで1時間以上立ちっぱなし・歩きっぱなしになるので、足腰の弱い人(特に年寄り)は要注意。もし足腰の悪い年寄りと若い衆とで一緒に向かわれる場合は、若いのがイスとしても使えるリュックを持ってきてあげると良いかもしれません。

 ・宮殿東庭では男女の区別なく密集して立って並ぶので、かなり前方に陣取っていない限り、一般的な身長の女性の方が皇族方のお出ましを肉眼で見ることは相当に困難だと思われますので覚悟しましょう。

 ・今回は温暖な日だったのですが、寒い日だと屋外の吹きさらし環境で長時間待機して辛いことになると思うので、防寒には注意しましょう。

コメント

神宮球場まで日本シリーズを見に行ってみる

2015年10月31日 | 雑記
【観戦日:2015/10/28】

 横浜市在住のブログ主は、関東で行われるホークスの試合を年に何回かは見に行くような大のホークスファンであります。そんなブログ主は長年ホークスが出場する日本シリーズの試合を是非とも見に行きたかったのですが、2011年はせっかく福岡出張が頻繁に入っていた時期だったのにも関わらずシリーズのときだけ出張がなかったり、去年は対戦相手が関西の阪神だったので、さすがに見に行けない状況でした。(;´Д`)

 ところが今年はホークスが早々に日本シリーズ出場を決め、対戦相手も巨人かヤクルトかで確定したのを機に見に行くのを決意。そして抽選によるチケットも無事に取ることができて、2015/10/28に行われた日本シリーズの第4戦を見に行ったのでありました。

 この日は午後半休を取って早めに神宮球場入りする予定だったのですが、仕事が忙しくてとても早期帰宅できる状況ではなく、横浜の事務所を出たのがほぼ定時の17:30前。(;´Д`)
 こんな時間から神宮に向かったこともありまして、試合前のイベント(始球式)はおろか、18:15のプレイボールにも間に合いませんでした。



01外苑前駅にて

 東海道線から新橋乗り換えでぎゅうぎゅう詰めの銀座線に乗って、神宮球場最寄りの外苑前駅に着いたのが18:30頃でした。球場に向かう人が多くいます。



02合羽の購入に失敗

 地下鉄の駅から地上に出ると、傘が欲しくなるレベルの雨が降っていました。しかし目の前の出店で傘や合羽(各500円)が販売中とのこと。これ幸いと合羽を購入しようと思ったのですが、ラスト1個を直前に並んでいた人にGETされてしまい買うことができませんでした。
 ただし雨は球場に行くまでに上がり、その後降ることはなかったので結果オーライでした。



03おつまみを購入

 球場までの道沿いには球場持ち込み用の食べ物や飲み物を路上販売している店がいろいろ出ているのですが、その中で1品220円の良心的価格で販売しているお店で今夜の夕食(焼きそば、唐揚げ、枝豆)をゲットします。



04神宮球場に到着

 ワーワーとした歓声が聞こえてきます。早く入場したくなります。



05一塁側スタンドより1

 今回ブログ主が取れた座席のエリアは三塁側内野指定席で、座席番号は9番入口が最寄りの38列38番でした。場所的には一塁線をそのまま三塁側ベンチ方面まで伸ばした先に付近になります。入場券の価格は約9000円でした(高い…)。



06一塁側スタンドより2

 ブログ主の席は横一列に続く座席列の一番左端でした。自分が席を立つ分には問題ないのですが、奥の席の人が通る度に自分も立ち上がって席を道を空ける必要があるのが面倒です。しかも1,2イニング毎に席を立つような2人連れが3組程いたおかげで、頻繁に通路を空けねばならず、辟易しました。(;´Д`)



07一塁側スタンドより3

 ホークスファンは3塁ベンチ~レフトスタンド側に陣取っているのですが、ブログ主の席はヤクルトファンとホークスファンが混在しているような状況でした。



08畠山選手

 畠山とうちの中村晃の打撃フォームはきもい(独特)です。


畜ペン@神宮球場2015/10/28(日本シリーズ第4戦)


 イニング間(グラウンド整備中)のファンサービスとして、スワローズのマスコットキャラであるつば九郎がバズーカを持って出てきました。



09 観客席にバズーカを撃ち込むつば九郎

 バズーカは結構離れたスタンド上部まで届くのでびっくりしました。



10 ハリーホークにバズーカを撃ち込むという畜生行為を行うつば九郎

 畜生ペンギン(略して畜ペン)の愛称を持つだけのことがあります(笑)。ちなみにバズーカを人に向ける場合は、ちょろっとした威力でしか球は排出されません。



11 ヅラ(ヘルメット)が飛んだ瞬間のつば九郎



12トイレ行列

 ブログ主は3回表の攻撃が終わった時点でトイレに向かいますが、大行列ができていました。(ただしすぐに捌ける)



13男子トイレの畜ペン



14山田哲人ハイボール

 トイレに行った戻りに売店に寄ってきたのですが、このような商品が売られていました。



15うどんをゲット

 事前に買い込んでいた食い物だけでは物足りず、温かい山菜なめこうどん(600円)を買って席に戻ります。屋外球場なこともあり、温かい食べ物が美味しかったです。



16東京音頭

 ヤクルト側に点が入ったり、7回裏の攻撃前にはヤクルトファンが東京音頭を歌いながら傘を広げて応援する光景が見られます。なかなか壮観でした。あと見てて楽しそうでした。

 試合はホークスが序盤で5点を先制するものの楽勝感は全くなく、6回裏に3点を取られて2点差に追いつかれたときは逆転されることも十分にあり得る展開となり、ホークスファンとしては胃が痛くなりそうな緊迫した終盤となりました。



17ゲームセット

 そして9回の裏は守護神サファテが登場するものの、ぼてぼて内野安打を皮切りにランナーを溜められて一打同点or逆転サヨナラもあり得る状況に。しかし最後は雄平を三振に仕留めてゲームセットとなりました。(´∀`)


サファテvs雄平 (2015/10/28)




18工藤監督インタビュー

 インタビューはブログ主がいた席を降りてすぐの三塁側ベンチ前付近で行われました。



19ヒーローインタビュー

 今日のヒーローは、文句なしで4打点を挙げたイ・デホ選手。近くで見るとデカイです。



20神宮球場から帰宅

 この日の試合終了は22:30頃。人混みの中を抜けて駅に着いたのが23時前。この日は座って帰りたかったので、一旦銀座線で末広町まで出て、秋葉原の電気街を抜け、秋葉原駅から京浜東北線に乗って帰宅。帰りの京浜東北線では車内トラブルうんぬんで警察を呼んでいるとかで、20分程の無駄な停車が発生。結局自宅に帰り着いたときは0時を越えていました。

コメント (2)

セントラル浄水器に手を出してみる

2015年03月31日 | 雑記
【初回作成日:2015/3/31、最終改版日:2018/7/2】

 ブログ主はこの3月にオンボロ木造アパートから新築分譲マンションに引っ越しました。\(^O^)/
マンションを買うまでの顛末については別途ブログにしようかと思っていますが、このエントリではその後マンションに取り付けた家に供給される水全体を綺麗にするセントラル浄水器について、その使用感等を記載していきたいと思います。


1. セントラル浄水器を導入するきっかけ

 新居に移って間もない3月半ばの休日の夕方、アポ無しの訪問者が家の玄関のチャイムを鳴らします。普通の来客はマンション入口のオートロックから呼び出すので、「誰やねん?」と思いつつ玄関に出たところ、水道業者風のおばちゃんがいました。

 「突然の訪問で済みませんが、マンションに入居した人の皆さんに水道や給湯器のメンテナンス個所について説明していますので、時間があれば聞いてください。」

 とのことで、マンションの入居者向けのメンテナンスマニュアルを持ってくるように言われ、給湯器の注意点(入浴剤とか)を指導してもらった後で、屋外にある給湯器や水道・ガス・電気メーターの入ったメーターボックスのところで続きの説明を受けました。


メーターボックス外観

 その中で給湯器に入る前の水を清掃するフィルターに関する説明がありました。この小さな粉ふるいのようなフィルターは見づらい場所にあり、清掃の際は水の元栓閉めた上でフィルターの留め具を手でねじ回して取り外して清掃する必要があります。また取り外しの際にコップ3杯分ぐらいの水が漏れ出てしまうところも厄介です。


給湯器を下から覗いたところにあるフィルター(赤枠部分)

 おばちゃんの話によると、ここのフィルターは水道の品質に左右されるものの、数ヶ月~半年に1回は清掃した方が良く、長期間清掃しないとフィルターが詰まって水(湯)の出が悪くなる恐れがあるとのことでした。(特に途中の水道管が老朽化してサビだらけの環境だと、速効でフィルタが詰まってしまうとのこと)

「あかん。こんな面倒なことやりたくないし、それ以上にここのフィルターの存在を絶対に忘れるわ。(;´Д`)」

と思っていたところ、
現在、家庭用の水全体を綺麗にするセントラル浄水器があります。それを取り付けると水が美味しくなることに加えて、屋内配管に入る前からサビや塩素を取り除くので先程のフィルター清掃も不要になりますし、5年に1回はやった方が良い配管清掃も不要になります。」と。

 なんでも長期間水道を使っていると水道管の中にサビ等が付着するのは避けられないため、5年に1回ぐらいは水を止めて高圧空気を打ち込んで配管中の汚れを取ることを推奨しているとのこと(10年以上放置していると、配管清掃を行っても汚れは取れなくなってしまうとのこと)。マンションでは何年かに一度、希望者を募って割安で集中清掃を行うものの、それでも数万円の費用が掛かってしまうとのこと。
 そしてセントラル浄水器を取り付けると先程のフィルターの清掃や配管の清掃も不要になるが、数年に一度、浄水器用のフィルター(数万円)を交換する必要はありますとのことでした。

「なんや、このおばちゃんマンションの関係者かと思うたら、水道業者の回し者かい。(゜д゜)」

 と思ったのですが、水道部分がメンテナンスフリーになる点や、将来今のマンションを売り払うことになった場合にマンションの資産価値を下げずに済むことは捨てがたい点です。ただし浄水器の肝心のお値段は、一括払いで34万円、長期縛りのリース契約だと月額3千数百円(総額が1.5倍ぐらい)にもなります。
 おばちゃんからも「値段がするものなので、ごゆっくりご検討ください。パンフレット置いておきます。」と言われたのですが、3月中であれば同じマンションの他の購入者とまとめて設置工事を行うので、工事料金は不要になりますとのことでした。
 ・浄水器本体のパンフレット(表)
 ・浄水器本体のパンフレット(裏)
 ・業者が持ってきたパンフレット1 (←効能が書かれたもの)
 ・業者が持ってきたパンフレット2
 ・業者が持ってきたパンフレット3

だったら即決で決めたるわい!…ということで、その場の勢いで一括払いの契約書にサインをしてしまったのでありました。\(^O^)/


2. メーカーに確認してみる

 浄水器を注文した週明けのことになりますが、会社の同僚に浄水器を買ってしまったことを話したところ、「なんかそれ、うさん臭くね? うちの町内の集中水道管清掃費用は1~2万円ぐらいだし、元取れないんじゃないの? クーリングオフしたら?」と、手厳しいツッコミが。

 先日説明にやって来たおばちゃんは株式会社プレステージという販売店の人で、勧められたセントラル浄水器はフォーチュンナイン株式会社のプリンセスアクアシリーズのPA-400という装置になります。
 ・株式会社プレステージの公式サイト
 ・フォーチュンナイン株式会社の公式サイト
 ・PA-400の仕様(ページ下)

 とりあえずネットで検索してみて、悪い評判が立っているようだったらクーリングオフしようかと思ったのですが、とにかくイイも悪いも情報がありませんでした
 先日のおばちゃんの話を聞いて「ホンマかいな?」と内心疑ってかかっているのは「浄水器を付ければ、今後屋内配管のメンテナンスが不要になる」という点で、最低限この点だけは浄水器のメーカーに確認して、間違いだったらクーリングオフしようと思いました。
 そしてフォーチュンナイン(株)の問い合わせ先に電話をしてみたのですが、担当の人からは「セントラル浄水器を入れても元々汚れていた配管が綺麗になることはありませんが、これ以上配管が汚れなくなる効果はあります。」とのことだったので、言っていたことは嘘ではないようです。
 そのため浄水器のキャンセルはせずに、そのまま購入することにしました。


3. 浄水器を取り付けてみる

 雑コラならぬ雑パワポで作った、セントラル浄水器の設置(配置)のイメージは次の通りです。


浄水器の設置イメージ(前)

 マンション内の各戸に給水する縦の太い配管から分岐した配管に水道メーターが繋がっていて、そこから二手に分岐して片側が給湯器へ、残りが給湯器を使用しないトイレや洗濯機などに繋がります。(他にも床暖房等の配管がありますが、図中では割愛)


浄水器の設置イメージ(後)

 そこから水道メーター直下に浄水器を入れることで、宅内で使用する水を一括して浄水するのが今回の作業イメージです。


浄水器設置前の水道管の状況

 網タイツを履いたような銀色の太い配管が水道管の本管で、青くて丸っこいのが水道メーター。そこから二股に分かれる金具(パイプ)を挟んで、青い管に繋がっています。


これから取り付ける浄水器の本体

 浄水器は高さが43.4cm、通水前の重さが3.4kgということで、片手で持てるぐらいの大きさです。取り付けに当たっては一旦水道の元栓を閉めた上で、太いパイプを取り外して再接続する必要があります。素人のブログ主には無理な作業となります。

 取付工事はプレステージから委託を受けた(テレビCMでも有名な)クラシアンの人が行いました。ところが今回工事にやって来た人はイケてなくて、「今日は繁忙期で本来の担当者が来れないため、代わりにやって来ました」と自ら言っちゃうような、現場からしばらく離れているような管理職級のおやっさんでした。

 それでもてきぱき作業してくれれば全然問題なかったのですが、携帯電話を片手に作業手順を問い合わせながら、慣れない手つきで作業を進めているのを見ると不安になってきます。今回の工事予定は午前中だったのですが、やって来たのがお昼の直前で(事前連絡無し)、作業が終わったのは13時半を回っていました。おかげで午後一から出かける予定が遅くなってしまいました(憤怒)。


浄水器取付後の状況(ぽん置き状態)…浄水器本体は銀色パイプの裏に隠れています

 そして作業後の確認の際に浄水器の設置状況を確認したところ、パイプは繋がっているものの、浄水器はコンクリートの床の上にそのまま置かれた状態になっています。これだと大地震が起こった際に浄水器が飛び跳ねてパイプが外れたりするようなトラブルが起きないか心配になります。
 そのため「浄水器は固定設置できないんですか?」と聞いたのですが、作業者からは「浄水器にはボルトを付ける穴はあるけど、コンクリート床に穴を開けなければならないので、すぐにはできまへん」との返答がありました。

 とりあえずこの日の作業はこれでお開きになったのですが、さすがにこのまま使い続けるのは怖いと思い、販売店のプレステージに対して
 ・浄水器には何かしらの固定措置を行って欲しいこと
 ・作業者の技量が気になるので“普段現場に出ている人”を連れてきて、施行結果を確認して欲しい

旨を当日中に伝えました。

 そうしたところ翌日には日曜の夜だったにもかかわらず、お詫びとすぐに対応しますとの連絡があって、翌週末には対応してもらえることになりました。またその電話の際に、この浄水器は純日本製でPL法の保険にも入っているので、もしこの製品が原因で水漏れ事故が発生してもこちらの費用負担で対応しますので安心してくださいとのことでした。(なお賠償額はMAX5,000万円とのこと)


浄水器の設置状況(ベルト固定での耐震設置後)

 その後、浄水器をベルトでの固定を行ったことと、パイプやパッキン回りのチェックを行って問題は無かった旨の報告がありました。


取り外した分岐のパイプ(金具)

 それと取り外した金具は当初はそのまま置かれていたのですが、その後袋に入れてもらえました。


メーター室の状況(最終形態)

 こうしていろいろと“すったもんだ”はあったものの、我が家のセントラル浄水器は無事に稼働を開始することになりました。それと、うさん臭いと思っていた販売店のプレステージという会社も、今のところ誠意を持ってしっかり対応してくれることは判ったので、この点は安心しました。


4. セントラル浄水器の使用感

 比較対象は浄水器導入前の2週間と導入後の2週間でしかありませんが、ブログ主が感じた点を列挙してみます。

 ・水の出は特に変化はありません。(浄水器を入れてから水の出が悪くなったor勢いが弱くなった等の感覚はありません)

 ・最も変化を感じたのはお風呂で、一番風呂に入る際に風呂の蓋を外したときの塩素臭が全くしなくなったことです。

 ・洗面所や洗濯機で使う水については、浄水器に替えて体感的に感じるような変化はありませんでした。

 ・トイレで使う水については、今のところ特に変化はありません。当初は「ウ○コ流す水に浄水器の水を使うなんてもったいねーよ!ヽ(`Д´)ノ 」などと思っていたのですが、トイレのタンクは常時水が溜まっているところで、水道水中の塩素やサビがタンクに溜まってガビガビになりやすいところでもあるので、長期的な視点で見ると、実はセントラル浄水器の利点が一番目に見えて判る個所になるんじゃないかと思っています。今後に注目です。

 ・台所/飲食で使う水については、確かに美味しくなりました。蛇口から出る水をそのままコップに入れて飲んでも全然イケます。

 ・個人的に助かっているのは、蛇口をひねって出た水でコーヒーを入れても、十分に美味しくいただけることです。


浄水器の水で淹れたコーヒー(スタバのハウスブレンド)+ミスドのドーナツ

ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 【カップ約1~5杯】 EC-KS50-RA レッド
クリエーター情報なし
象印(ZOJIRUSHI)


 ブログ主はコーヒーメーカーを使ってマグカップ2杯分(容量にして500mm)のコーヒーを一度に淹れることが多いのですが、これまでは水道水で作ると今市で、だからといってミネラルウォーターを使うと2Lのペットボトルの1/4が一度になくなってしまうのが難点でした。ところが普通の水でもイケるようになったので、とても助かっています。
 ただしウイスキーの水割りを作る水は気分的には水道水を使いたくないので、ここだけはミネラルウォーターを使っています。

<2015/7/26 追記>
 セントラル浄水器を使用し始めて丸4ヶ月になるのですが、使用感について追記します。

 ・電気ケトルについては、明らかに湯垢(白くこびりつく固まり)が付かなくなりました。今までは、数ヶ月に1回はクエン酸洗浄を行わないと内部に白いもの(多分塩素とかの不純物)がこびりついたのですが、セントラル浄水器を使うようになってからは、全くといってよいほど付かなくなりました(喜)。

TIGER 電気ケトル わく子 ベージュ 1.0リットル PCI-G100-C
クリエーター情報なし
タイガー(TIGER)


 ・お風呂に関しては、上に記載した通り明らかに塩素臭がなくなりました。皮膚の弱い人はこれが喜ばしいかもしれませんが、ブログ主にとっては逆に塩素臭のしない水の方が「細菌とか繁殖しないんやろか?」と気になってしまいます。そのため最近は、追い炊きで入る2日目風呂は↓のような錠剤を買って入れるようになりました。なんか本末転倒のような気がします…。

花王 ふろ水ワンダー 翌日も風呂水キレイ 20錠
クリエーター情報なし
花王


 なお、今回導入した浄水器のフィルターの寿命は400キロリットル (400,000L)で、使用量が400KLに達していなくても4年経過したら交換して欲しいとのこと。次回このエントリを更新するのは4年後になるかもしれませんが、その後の状況についても記載していきたいと思います。このブログがステマサイトになるのか告発サイトになるのかは、浄水器次第です(笑)。


<2018/7/2 追記>
 セントラル浄水器を使用し始めて3年3ヶ月少々が経過した2018/7/2に、1回目の浄水器フィルターの交換を行いました。
 セントラル浄水器導入後の総水道使用量がフィルターの寿命(400KL)に近づいていたこともあって、元々今夏中にフィルターを交換するつもりであったのですが、それよりも前にフィルターの破損が原因と思われる活性炭カスが風呂に流入するというトラブルがあり、急遽交換することになりました。(;´Д`)

 迅速に復旧対応してもらった販売店のプレステージさんには何ら不満は無いのですが(感謝)、製品の寿命・信頼性についてはちょっと疑問符が付いてしまいました…。この件については現在進行中なこともあり、落ち着いたら追記したいと思います。


コメント (8)

JR東日本の新幹線にスーツケースを載せてみる(東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線)

2015年02月28日 | 雑記
【最終改版日: 2017/9/24】

 ブログ主はこれまでに新幹線の網棚(正確には荷物棚)にスーツケースが載せられるかどうかの検証ネタページを作ってきました。

<過去のエントリ>
 ・N700系新幹線の網棚(荷物棚)にスーツケースを載せてみる
 ・E5系新幹線の網棚(荷物棚)にスーツケースを載せてみる
 ・山形新幹線(E3系)の網棚(荷物棚)にスーツケースを載せてみる

 その後新しいスーツケースを買ったことや、出張等で他の新幹線車両に乗れたこともありますので、JR東日本の新幹線車両にスーツケースを載せてみたページとしてリニューアルしたいと思います。

 ※ 東海道・山陽・九州新幹線におけるスーツケースの搭載状況については、こちらのエントリを参照ください。


1. はじめに…JR東日本の新幹線車両について

 その前に、引退済みの分も含めて、JR東日本の新幹線車両(形式)について簡単に説明します。写真はWikiPediaに直リンクさせてもらったり縮小コピーして転用させてもらっています(リンク先もWikiPedia)。JR東日本の新幹線はいろんな種類があって、荷物棚の状況もそれぞれ異なるので注意が必要です。

200系・・・緑色で団子っ鼻の初代東北・上越新幹線車両。引退済み。


400系・・・初代山形新幹線車両。銀色のやつ。引退済み。


E1系・・・初代2階建て新幹線。引退済み。


E2系・・・東北・上越・長野新幹線で活躍中の車両。東北新幹線では送達列車「はやて号」に使われるエース車両だったが、新型のE5系が増備されたため、お下がりになったE2系が上越新幹線に移転して活躍中。各駅停車型の「たにがわ」や「なすの」にも使われます。


E3系・・・現在の山形新幹線の車両。元々は初代秋田新幹線の車両だが、秋田新幹線からは引退済み(後述のE6系に更新)。


E4系・・・2代目の2階建て新幹線MAX号。現在は上越新幹線でのみ運行中。(遠からず引退予定)


E5系・・・はやぶさ号で使われる現在の東北・北海道新幹線のエース車両(JR北海道の同型車両はH5系)。エメラルドグリーンでグランクラスの車両もついたやつ。


E6系・・・現在の秋田新幹線車両。320km運転に対応した赤い新幹線。


E7系・・・北陸新幹線の車両。長野新幹線区間で先行して運行を開始。JR西日本の同型車両はW7系。



2. 使用したスーツケースについて

 今回のブログで使用しているスーツケースは、下の写真のようなものです。
 型名は忘れましたが、サイズは横幅35cm・高さ58cm・厚さ25cmぐらいで、2泊程度の旅行に使用するものです。飛行機内への持ち込みはできません。ファスナーを開けば厚さを広くして容量を大きく出来ることと、前開きの大きなポケットにノートパソコンや本などを入れられるために使い勝手が良く、愛用しています。


スーツケースの幅35cmぐらい
※ 突起部分を含めると37cmぐらいあります


スーツケースの厚さ25cmぐらい(最小状態)
※ 幅を広げると30cmぐらいにはなります

以降、実際に新幹線車両に載せてみた状況です。


3. E2系新幹線に載せてみる

(1) 長野新幹線のE2系 (2014年10月乗車)


E2系長野新幹線の荷物棚の状況


E2系長野新幹線にスーツケースを載せた状況

E2系は標準的な新幹線車両ですが、35cm幅のスーツケースであれば御覧の通り普通に搭載することが出来ます。

(2) 上越新幹線のE2系 (2014年2月乗車)


新潟駅に停車中のE2系新幹線

このときに乗車した新幹線は、新潟を出ると途中大宮にしか停車しない最速達タイプの列車でした。


E2系上越新幹線の荷物棚の状況



E2系上越新幹線にスーツケースを載せた状況

こちらも普通に搭載できました。天井までの空きスペースもあります。


冬の上越新幹線の車窓

冬の上越新幹線は、越後湯沢~浦佐辺りの風景がとても綺麗で大好きです。

(3) 東北新幹線のE2系 (2016年3月乗車)
 今回ブログ主はスーツケースを載せることを目的に、北海道からの帰りに“わざわざ”E2系の新幹線を選んで乗り継いだのでありました。


E2系東北新幹線の普通車の車内


E2系(東北新幹線)の普通車でのスーツケース搭載状況

 当然のごとく普通に搭載できました。高さも十分にあります。


E2系東北新幹線のグリーン車の入口


E2系東北新幹線のグリーン車の車内

 残念なことにE2系はグリーン車でも電源コンセントがなくて、ノートパソコン使いには残念な状況です。


E2系(東北新幹線)のグリーン車でのスーツケース搭載状況

 E2系の荷物棚はグリーン車も普通車も変わらないようです。


E2系(東北新幹線)のグリーン車で足下にスーツケースを置いた状況

 このときは前の座席の人がシートを最大限に倒していたのですが、グリーン車だとこの状態で足下にスーツケースを置いても全然イケます。


E2系の共用スペース

 E2系東北新幹線には写真のような荷物置き場がデッキ付近にあります。幅が45~50cmぐらいあるような大きなスーツケースも置くことができますが、広くはないので上段と下段で先着1名様しか置けないようです。個人的には目の届かない場所に荷物を置くことは避けたいので、ここを使うのは最後の手段かなぁ…と思っています。


4. E3系新幹線に載せてみる(山形新幹線)

 2016年3月に今使っているスーツケースを持ってE3系に乗車しました。それに合わせて記載内容を更新しています。


E3系2000番台の山形新幹線@福島駅

 これからやまびこ号と連結するため、連結器のカバーが開いています。


E3系2000番台の普通車の荷物棚にスーツケースを搭載したところ

 E3系は元は秋田新幹線、現在は山形新幹線で使われる車両ですが、在来線区間を通るためフル規格の新幹線よりも小さな車両サイズになっています。しかし荷物棚のサイズは他の新幹線車両と変わらない状況で、横幅35cmのスーツケースであれば載せられる状態になっています。後述のE6系(新しい秋田新幹線車両)よりも、高さに余裕があるようです。


E3系2000番台の普通車の足下にスーツケースを置いたところ

 足下に置けなくはないものの、ちょっと狭くなります。


E3系グリーン車の車内

 グリーン車は黒をベースにしたシックな内装です。E3系2000番台は新しい車両ということもあり、グリーン車には各座席に電源コンセントがあるのが有り難いです。


E3系2000番台のグリーン車の荷物棚にスーツケースを搭載したところ

 荷物棚は普通車と変わらないようです。


E3系2000番台のグリーン車で足下にスーツケースを置いた状況

 さすがに普通車よりも余裕で置けます。


車内のご案内

 E3系には11号車と13号車以外の車両東京側デッキに荷物室があるようです。せっかくなので見てみます。


E3系の荷物室

 荷物室といっても、スキー板やスノーボードのような長くて薄い荷物を置くことを前提にしている小スペースで、スーツケースを置くには不向きな状態でした。(´・ω・`)


5. E4系新幹線に載せてみる(上越新幹線)

 続いて2階建て新幹線のMAX号です(2014年2月乗車)。この日は急遽決まった新潟出張のため、夕方に飛び乗った新潟行きの新幹線がたまたまE4系でした。ちなみに新潟までの各駅停車でした。(´・ω・`)


E4系MAXとき号(東京駅にて)

 E4系は2階建てのため当然2階席の方が景色が良いのですが、E4系の2階自由席は大半が3人掛け×2列の横幅が狭いシートになっています。今回はその座席の車両に乗ったのですが、時間帯が夕方の帰宅ラッシュ時間だったため、本庄早稲田まではぴっちり狭苦しい満席状態でした。(´・ω・`)


E4系 MAXとき号の2階自由席の荷物棚

 それで本題のスーツケースの搭載状況ですが、E4系は2階建て車両のため天井の高さが低く、荷物棚の高さも低く抑えられています。


MAXとき号の荷物棚に無理矢理スーツケースを搭載したところ

 それで実際に搭載したところが上の写真です。結論から言いますと、ぎちぎちに押し込んだ末に、何とか詰め込むことが出来ました。従って棚の高さは25cm程度しかなく、これより厚いサイズのスーツケースは搭載不可ということになります。


下から覗いたところ

 スーツケースがちょっとはみ出しています。つまり棚の幅は32~33cmぐらいしかないことになります。本来なら横にはみ出す場合は(落ちると危ないので)棚に載せたくたいのですが、今回は高さがぴちぴちで実質的に固定されていたことと、満席でスーツケースを置く場所も無かったことからこのままにしておきました。


6. E5系/H5系新幹線に載せてみる(東北・北海道新幹線)

 ブログ主は2017年9月に久しぶりの仙台出張が入り、初めてH5系に乗れました。\(^O^)/
 帰りはE5系に乗ったので、記載内容を更新・追記しています。(2017/9/24)

(1) E5系の普通車両


E5系新幹線の側面

E5系の車体は、帯の部分がピンク色である点に注目してください。(後述のH5系と比較します)


E5系普通車の荷物棚にスーツケースを載せたところ

持ち込んだスーツケースがぴったりはまったので、棚のサイズはE2系と同じ35cm幅のようです。

(2) E5系のグリーン車両


E5系グリーン車の入口(新青森駅にて)


E5系グリーン車の車内


E5系グリーン車の荷物棚にスーツケースを搭載したところ

E5系グリーン車の荷物棚のサイズは、普通車と変わらないようです。


E5系グリーン車の足下にスーツケースを置いたところ

グリーン車だと、このサイズのスーツケースであれば、足下に置いても余裕です。

(3) E5系のグランクラス車両


E5系グランクラスの入口(新青森駅にて)

専任のアテンダントさんがいらっしゃいます。


グランクラスの客室入り口

人生初のグランクラスです(どきどき)。


グランクラスの車内

 一人一人の座席が独立したような、ゴージャスな車内です。


グランクラス座席の足下にスーツケースを置いたところ

 スーツケースは足下に置けなくはないのですが、せっかくグランクラスに乗ったのなら海老反りするぐらいシートを倒してフットレストを上げてまったりしたいもの(←成金根性)。そのためスーツケースは上の棚に置くことにします。


グランクラスの荷物棚(扉オープン状態)

 グランクラスの荷物棚は飛行機のような扉付きの収納棚になっています。一人席だと専用で使える状態です。


グランクラスの荷物棚(扉クローズ状態)

 幸いにしてブログ主のスーツケースを搭載した状態で扉を閉めることが出来ましたが、これより大きいサイズ(特に横幅が大きいもの)は、扉が閉められなくなるものと思われます。この点は、多少はみ出しても搭載が出来るオープン型の荷物棚よりも使い勝手はよくないかもしれません。
 ただしスーツケースが棚に載らない場合は、アテンダントさんに言って預かってもらえないか聞いてみるとよいでしょう。

(4) H5系の普通車両


H5系新幹線の側面

 H5系新幹線は北海道新幹線の開業に合わせて運行を開始したJR北海道製の車両です。基本的にE5系の派生形ですが、外見や座席はE5系とはびみょーに異なる点があります。外見面では、H5系の車体は帯の部分が紫(ラベンダー色)である点に注目してください。(E5系はピンク)


H5系普通車の荷物棚にスーツケースを載せたところ

持ち込んだスーツケースがぴったりはまったので、H5系の棚のサイズはE5系と同じ35cm幅のようです。


H5系の普通車の座席部分(背面)

 H5系は、後述のE7系(北陸新幹線)と同様に普通車でも各座席用の電源コンセントがあります。E5系の普通車は、2015年度以降の増備車には各座席用の電源コンセントがありますが、まだまだ窓側にしかコンセントがない車両が多いので注意が必要です。
 なおH5系は運行本数が少ない上に、大人の都合上JR東日本管内で出稼ぎしているので、東京⇔北海道間の直通列車で使われる本数はさらに少なくなります。今のところH5系の定期運航便は、はやぶさ10・17・22・29・32・95号とやまびこ223号になっています。(参考:WikiPediaの新幹線E5系・H5系電車)


7. E6系新幹線に載せてみる(秋田新幹線)

 E6系新幹線はE3系に替わる新しい秋田新幹線の車両です。山形新幹線と同様に在来線区間を走る関係で、フル規格の新幹線より小さな車両サイズになっています。


E6系普通車の車内


E6系の荷物棚にスーツケースを搭載したところ

 搭載は出来ましたが、高さの余裕があまりないようです。


下から覗いたところ

 横幅は十分です。


E6系の足下にスーツケースを置いたところ

 こちらも足下に置けなくはないという感じです。


E6系新幹線のグリーン車の車内

 今度はグリーン車です(2016年3月乗車)。こちらもE3系と同様の黒ベースの内装になっています。


E6系グリーン車の荷物棚にスーツケースを搭載したところ

 グリーン車も普通車と同様に、搭載することはできたものの高さに余裕はない状態となっています。


E6系グリーン車の足下にスーツケースを置いたところ

 こちらは余裕で置けている状況です。


E6系新幹線の車内のご案内

 7両編成(11号車~17号車)の中の車両に当たる、13号車と14号車の秋田寄りデッキに荷物置き場があるようです。


E6系新幹線の荷物置き場(下のバーのみ使用中)

 E6新幹線の荷物置き場は先着2名様のみ使用可能なスペースになっています。背が高くて横幅の大きなスーツケースも置けること、及び、キャスター付きのスーツケースが転がり出さないように上下2段のバー(仕切棒)が設置できるようになっています。この荷物置き場だと非常に使い勝手がよくてGoodです。(´∀`)
 

8. E7系新幹線に載せてみる(北陸新幹線)

(1) E7系の普通車

 E7系新幹線は3月に開業予定の北陸新幹線で使われる車両ですが、先行して長野新幹線で運転を開始しました。ブログ主は2014年10月に東京から上田駅まで乗車しました。


E7系新幹線入線 (東京駅にて)

 初のE7系なのでどきどきものです。


E7系新幹線の普通車の車内

 E7系は普通車でも全ての座席に電源コンセントがあるので、ノートパソコン使いのブログ主にとっては、とても助かる車両です。


E7系新幹線の荷物棚


E7系新幹線の荷物棚にスーツケースを載せてみたところ

 E2系と変わらない感じで、問題なく搭載できました。


足下に置くとこんな感じ

 他の新幹線と同様に普通に置けました。

(2) E7系のグリーン車両(2016/1/1追記)

 2015年12月にブログ主は東京から金沢まで北陸新幹線のかがやき号のグリーン車に乗車しました。その時のスーツケースの搭載状況は次の通りです。


E7系新幹線 グリーン車(11号車)の乗車口


E7系新幹線 グリーン車の客室内

 西洋風のおされな車内です。


E7系新幹線 グリーン席の足下にスーツケースを置いたところ

 普通車でも足下に置ける状態なので、座席間の広いグリーン車だともっと楽に置けます。


E7系新幹線 グリーン車の荷物棚にスーツケースを置いたところ

 棚の幅は普通車と変わらないようでした。上のスペースもちょっと余裕があります。
 

今後も、乗ったことの無い車両に乗る機会があれば、追記していきたいと思います。



(ビータス) Beatas スーツケース BH-F2000 中型 Mサイズ エンボスライトブルー【2000 M/E-LB】
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


新幹線撮影ハンドブック (カーナビ・スマホ連動型・新幹線撮影地ガイド)
クリエーター情報なし
イカロス出版


DVD付き 新幹線大集合!スーパー大百科
クリエーター情報なし
成美堂出版


徹底ガイド! 北陸新幹線まるわかりBOOK
クリエーター情報なし
マイナビ

コメント (8)

『孤独のグルメ』巡礼ガイドを購入してみる

2014年08月24日 | 雑記
 ブログ主は異色のグルメ漫画である“孤独のグルメ”が大好きでして、孤独のグルメの漫画本に関しては単行本・文庫本・新装版をフル装備していたりしますし、ドラマCDなんかも持っています。
(詳細は、「孤独のグルメ」の単行本・文庫版・新装版を比較してみた孤独のグルメのドラマCDについてのエントリ参照)

 そんなブログ主は近年テレビ東京で放送されているドラマ版の孤独のグルメ(公式サイトはこちら)も大好きでして、このドラマが放送されているときは毎週楽しみにしています。(´∀`)

 特に中でも原作者の久住昌之氏が撮影に使われた店舗を実際に訪問する「ふらっとQUSUMI」のコーナー(某所での通称:本編)が大好きでして、明るいうちから“麦スカッシュ”や“井戸水”などをすごく美味しそうに飲んでいる久住氏を見て、「くっそ、白々しいwww」などとツッコミを入れながら、よだれを垂らしつつ見入っています。


撮影の都合上“仕方なく”明るいうちから島ソーダ (麦スカッシュ、麦入り炭酸飲料、麦ジュースとも)に手を出す久住氏



同様に島の井戸水に手を出す久住氏

 そんなドラマ版の孤独のグルメで取り上げられたお店に関する情報が詰まった巡礼ガイド本が、2014年7月に発売されました。無論ブログ主もこの本をGETしたのですが、これがなかなか良かったので、このエントリではその本の内容について簡単にご紹介したいと思います。



本の詳細

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)
クリエーター情報なし
扶桑社


 今回出版された本の詳細は次の通りです。

・タイトル: 「孤独のグルメ 巡礼ガイド」
・著者  : 週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班
・発行所 : 株式会社 扶桑社
・初版発行: 2014/7/24
・本体価格: 907円 (消費税8%で980円)

 本のサイズはA5で、ページ数は128(表裏の表紙除く)です。



手持ちの孤独のグルメ 巡礼ガイド

 実物はこんな感じです。



心に残るあの店

 最初は久住昌之氏による「心に残るあの店」のコーナーで、ふれっとQUSUMIで訪れた中で特に思い入れのあるお店について触れられています。この中で、ドラマ版孤独のグルメに出てくるお店は(リサーチ会社を使わずに)スタッフが直接探していることなどが述べられています。



Season1~3のお店のページ例

 本の大半はSeason1~3に登場した店が中心で、一部原作に出てきた(モデルになった)お店も取り上げられています。ただしドラマに登場したお店の全てが取り上げられている訳ではない点に注意する必要があります
 ドラマは1シーズンにつき各12話が放送されていますが、この本で取り上げられているお店は1シーズンにつき8店ぐらいです。



孤独のグルメ制作秘話

 本の後ろの方には、テレビドラマで主人公の井之頭五郎を演じている俳優、松重豊さんのインタビューがあります。

面白かった内容としては、

 ・最初は原作を読んで「これがドラマになっていいの?」と思っていたこと。
 ・ドラマ中の五郎と違い、松重さんは食が細い(かつ酒飲み)であること。
 ・撮影に当たっては前夜から食事を制限し、当日は朝から何も食べず、お腹が空いた状態で本気で食べていること(食事シーンの撮影が15~16時になることもあり)。
 ・撮影は試食無しの一発録りであること。

などが触れられていて、なかなか興味深かったです。

 本全体の感想ですが、カラーページが多いし(料理の写真はどれも美味しそう)、文章も読み応えがあって、なかなかよかったです。孤独のグルメファン(特にドラマで好きになった人)には、是非手にして欲しい本だと思います!


【2015/9/28 追記】
 この本の第2巻が発売されました。詳細はこちらの紹介記事を参照ください。



孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)
クリエーター情報なし
扶桑社


孤独のグルメ Blu-ray BOX
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


孤独のグルメ Season2 DVD-BOX
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


孤独のグルメ Season3 DVD-BOX
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


孤独のグルメ Season 4 DVD-BOX
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

コメント

セブンイレブンのなめらか塩バニラ(アイス)を買い占めてみる

2014年06月01日 | 雑記
 生粋の九州男児であるブログ主は幼少の頃から抹茶やバニラのアイスが大好きでして(←文脈の繋がり不明)、特に100円台のカップ入りバニラアイスは、中年おっさんとなった今でも、通年で買っちゃ食ってるような状況です。
 そんなブログ主が久しぶりに「うめぇwww」とVIPPER並みのハイテンションになったのが、去年(2013年)の春頃にセブンイレブンで売られていた「なめらか塩バニラ」というアイスになります。


なめらか塩バニラ(2013)

 初めて口にしたときに「こいつは当たりだ!」と思って以降、最初に2つ買って、1つ食っては会社帰りに1つ補充するような生活を送っていたのですが、ところが間もなくしてこのアイスは全く手に入らなくなってしまいました。
 その後、このアイスを求めて手当たり次第に近くのスーパーやコンビニを探し回ったのですが、全く見あたりません。(;´Д`)
 それもそのはずで、実はこのアイスはセブンイレブンで期間限定で販売されていた商品で、それに気付いたときは時すでに遅しの状態でした…。
 以来、「また塩バニラ出ねーかな~」と思っていたところ、今年も同じようなアイスが発売されて大歓喜となりました。\(^o^)/


なめらか塩バニラ(2014)

 前年は白を基調としたパッケージでしたが、今年は青を基調としています。価格は1つ158円で、確か去年も同じような価格(150円ぐらい)でした。


なめらか塩バニラ 2013年版(左)と2014年版(右)との比較

 冷凍庫の中に後生大事に保管していた2013年度版の塩バニラと比較してみます。
 メーカーは前年と同じく森永乳業で、容量は150mlでこちらも前年と変わり無し。パッケージの大きさはほぼ同じですが、2013年版の方がちょっと高さがあります(その代わり2014年版の方が広めです)。カロリーは229kcal→223kcalとほぼ変わらずの状態になっています。

最大の違いは使っている塩が違うようで、
 2013年版=“室戸沖海洋深層水塩「天海の塩」を使用”
 2014年版=“富山湾海洋深層水塩 吉祥塩使用”
と書かれています。


なめらか塩バニラ(2014)を食してみる

 ブログ主の家には「バニラアイスは周りが溶けるまでちょっと待った上で、コンビニの木のスプーンで食べるべし」という先祖代々伝えられる家訓があるので(嘘)、その作法に従って食します。
 2013年版の味は細かいところまで覚えていないのですが、2014年版も同系統の正統派バニラ味でした。うまいです(感涙)。

 問題なのは、このアイスは今年も限定販売であるということ
会社帰りによく立ち寄っているセブンイレブンで販売されなくなったのを見かけたブログ主は、昨年の惨劇を繰り返すまいと自宅近辺(数km以内)のセブンイレブンを自転車でひたすら巡っては、残っている塩バニラを大人買いしてくるという暴挙に出ることにしました。


なめらか塩バニラ(2014)のコレクション状況(一部)

 そうしたところ、5月末時点で30数個の塩バニラをゲットすることに成功しました(←アホ)。これだけあれば、来年の販売まで月2個以上のペースで食べても、食いつないでいけそうです。てゆーか、こんなことしなくてもいいように、セブンイレブンはこのアイスを定番商品として通年販売して欲しいです。いやマジで。



【2014/09/17 追記】

 終電でとぼとぼ帰宅していたブログ主がいつものセブンイレブンに立ち寄ったところ、アイスクリームのコーナーを見てびっくり。
  なんとそこには、なめらか塩バニラが並んでいるではないですか!
 再発売されて当然嬉しいのですが、自宅の冷凍庫にはまだ春先に買いだめした塩バニラが20個近く残っている状況のため、ちょっとびみょーな感じでもあります。
 今回の発売が一時的な再発売なのか、定番商品として通年で売られるようになったのか判らないため、たったの6個だけですが、とりあえず買い増ししておきました。
 さて、今後どうなることやら。。。



おまけ. その他バニラアイスネタ


北海道旅行の際にセイコーマートで購入したバニラアイス

 去年(2013年)北海道に旅行した際に、セイコーマート(北海道のコンビニ)で売られていたバニラアイスです。価格は100円と安価ながらも、とても美味でした。ブログ主が欲しているバニラアイスはまさにこの価格・容量・味で、このアイスが常時入手可能な北海道民が羨ましいです。



SIO VANILLA (シチリアの塩使用)

 これはセブンイレブンで売られていたアイスで、上に書いた塩バニラと同じ森永乳業の製品です。塩バニラアイスの禁断症状が出ていた頃に、いくつか買ってしまったものです。このアイスはバニラビーンズが多目で、味も美味しいと言えば美味しいのですが、価格が250円もする割に容量は120mlと少なく、逆にカロリーは上の塩バニラより高い(281kcal)というシロモノのため、「俺が求めている塩バニラは、これじゃねーんだよ!」と、八つ当たりしてしまった製品です。(←逆ギレ)

 こんなブログを書いてると、久しぶりに「丸い紙カップに厚紙で出来た蓋が載せてある、昔ながらのバニラアイス」が食べたくなりました(雪印製かな?)。どこかで売ってないかな~。



業務用 アイスクリーム バニラアイスクリーム 業務用アイス
森永乳業
森永乳業


お店のための アイスクリーム バニラ 2L  冷凍
お店のための
UCCフーヅ


ハウス GABAN バニラビーンズ 2本
GABAN(ギャバン)
ハウス食品


大塚製薬 ザ・カルシウム バニラクリーム (10.5g×5袋)×4箱
ザ・カルシウム
大塚製薬

コメント (6)

福袋の中身を晒してみる

2014年01月01日 | 雑記
【購入日:2014/1/1、記事作成日:2014/1/4】

ブログ主は普段福袋を買うことは、滅多にありません。
特に電化製品やコンピュータ類は外れた場合が怖いので、
スペック等を見て必要なものばかり買うようにしていました。

しかしながら今使っている安物に近いコンパクトデジカメ
(NICON COOLPIX S6400)はイマイチな点があったことから、
今回はちょっと奮発(&覚悟)の上で、あまりハズレがないと
言われるヨドバシカメラの「デジカメの夢 プレミアム」の
福袋 (2万円也)に手を出してみることにしました。

またその帰りにスタバでも福袋を買ってきてしまったので、
その中身を晒してみたいと思います。


1. デジカメの夢 プレミアム を購入してみる

ブログ主は元旦のお昼前にヨドバシカメラ川崎ルフロン店に到着。

ヨドバシカメラの福袋は早朝から並んで買い求める人も多いので、
売り切れになることも覚悟していた(買えないなら買えないで、
仕方ないわと思っていた)のですが、私がお店に着いたときには、
なんとか2つ残っていました。\(^o^)/

それに延長保証(5年)を付けて購入します。


福袋はこんな箱に入っています

早速近くのスタバで箱の中身を開封します。



デジカメの夢 プレミアムの中身

開封すると次の中身が入っていました
 ・デジカメ本体: FUJIFILM XF1
 ・SDカード: 駅8GB (Sandisk社のExtreme 8GB)
 ・汎用品のデジカメ用ポーチ
 ・ペットボトルに付ける三脚代わりの小物ツール

SDカードとそのたオマケはあってもなくても良いのですが、
XF1はヨドバシカメラの店内で30,500円のポイント10%還元で
売られている最中の商品なので、かなりお得感はあります。

またカメラの質としても、自分用途では申し分ないもので、
ブログ主の賭は大勝利になりました!(狂喜)

スタバを出た帰りに、XF1専用のケースと予備バッテリーを
買い込んで、その夜からさっそくこのカメラを持って、
東北旅行に出かけることになりました。

FUJIFILM デジタルカメラ XF1 光学4倍 ブラウン F FX-XF1BW
クリエーター情報なし
富士フイルム


Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター FUJIFILM XF1用 KLP-FXF1
クリエーター情報なし
ケンコー


日立マクセル 【2個セット】富士フイルム FinePix XP200 F900EXR F820EXR F50fd F100fd F60fd の NP-50 NP-50A 互換 バッテリー
クリエーター情報なし
ロワジャパン



2. スターバックスの福袋を購入してみる

カメラが辺りだったことに気を良くして、スターバックスで
5000円の福袋を思わず買ってしまいました。


スターバックスの福袋(5000円)の中身

入っていたのは、
 ・コーヒー豆(250g) ×2本
 ・インスタントコーヒー(12本入り) ×2箱
 ・タンブラー×1つ
 ・マグカップ (2個入り)
 ・何でも飲める、いわゆる「タダ券」のカード×2枚
 ・スターバックスのコースター(2枚入り)
 ・以上のものがすべて入ったトートバッグ
でした。

確かに売っている額を合計すると5000円を軽く超えますが、
タンブラーとか持っているものあったし、5000円出すのは
ちょっともったいなかった感があった気がします…。

スターバックス ヴィア[VIA](5本入り) イタリアンロースト 6個
クリエーター情報なし
AGF

コメント

大滝詠一さんの死を悼む

2013年12月31日 | 雑記
年の瀬の迫った大晦日、非常に残念なニュースを耳にしました。
ミュージシャンの大滝詠一さんがお亡くなりになられた
(しかも急死された)ということで、ただただ驚くばかりであります。

ブログ主は大滝詠一さんの全盛期の頃は知らないのですが、
姉がよく聞いていた「A Long Vacation」をきっかけに
大滝詠一ワールドにはまっていたクチでして、学生時代の
90年代後半の頃には各種CDを買っては聴き漁っていたものでした。

そして現在もよく聴いているミュージシャンだったので、
とくかく残念です。

音楽プレーヤーに入っている「A Long Vacation」を聴きながら
追悼ブログを起こすとともに、ご冥福をお祈りいたします。(-人-)

P.S.
今調べて判ったのですが、「A Long Vacation」って2011年に
高音質版の30th Editionなるものが発売されていたんですね。
後でちょっくら買っとくかな。

A LONG VACATION 30th Edition
クリエーター情報なし
SMR

コメント

「できるかな」とゴン太くんについて語ってみる~井村淳さんの訃報に接して~

2013年11月30日 | 雑記
【記事作成日:2013/11/30】

団塊ジュニア世代であるブログ主は、NHK教育の番組である「できるかな」が
幼少の頃から大好きでして、小学校高学年どころか中学生になってからも、
夏休みなどでは「できるかな」の本放送をよく見ていたものでした。

「できるかな」は番組そのものもそうですが、私は特に番組内に出てくる
どこか不思議で愛らしいキャラクターの「ゴン太くん」がお気に入りでして、
社会人になってから発売された「できるかな」のDVD-BOX(後述)は速攻で
入手しましたし、ゴン太くんのグッズなども売り物やゲーセンの景品も含めて
いろいろとかき集めたりしたものでした。

このゴン太くんの“中の人”は、井村淳さんという人形劇俳優の方で、
「できるかな」以外でもプリンプリン物語などの人形劇で活躍されていた
人形劇界の重鎮でもあります。

その井村淳さんが2013年11月21日に81歳でお亡くなりになられたとの
悲報を聞き、ゴン太くんファンとしては非常に悲しい思いになりました。

このエントリでは井村淳さんご冥福をお祈りするとともに、
井村淳さんとの思い出や、できるかな・ゴン太くんに関することについて
いろいろと語ってみたいと思います。


1. 井村淳さんにお会いしたお話し

私が就職で上京して間もない1999年6月のこと。
当時住んでいた会社の寮の近くの電柱に、できるかなのゴン太くんの人形劇が
近くの幼稚園で行われるとの案内(張り紙)がでていました。
当時からゴン太マニアであった私は、迷わずに見に行くことにしました。

しかしこの劇を見るためには、地域の子供会(のようなもの?)の会員である
必要があるとのことで、結局この日のためにだけに3000円ほどの年会費を
払った覚えがあります。

3000円ぐらいの金は別に大したことはないのですが、実際に見に行ったところ、
周りの観客は幼稚園児~小学校低学年のちびっ子達とその保護者ばかりで、
その中に混じって一人だけ20代半ばの“大きいお友達”(←私)がいるという、
何ともこっぱずかしい状態になったのをよく覚えています(汗)。


井村淳さん (1999年)

劇の後ではスタッフの方に会って、お話しすることができました。
その際に井村淳さんとも会話することが出来ました。

私が井村淳さんに「小さい頃からできるかなとゴン太くんの大ファンで、
是非見たいと思って見に来ました。お会いできて嬉しいです」と
お話ししたところ、井村淳さんからは

「そうですか、よく来てくださったね。」

と、にっこり返していただいたのを良く覚えています。
その際に写真撮影にも快く応じていただいて、
上の写真を撮らせて頂きました。

井村淳さんにお会いできたのは、これが最初で最後だったのですが、
一度お会いすることができて、とてもよかったと思っています。


販売されていたポストカード(100円なり)

ちなみに人形劇の会場では、このようなカードが売られていました。



2. 本物のゴン太くんを見に行ったお話し

「できるかな」の番組で使われていた本物のゴン太くんは、
現在は小平市の白梅学園短期大学に保管されています。

私は2003年秋の学園祭の際に実際に見に行ってきたのですが、
そのときに撮影した写真をいくつか載せたいと思います。


ゴン太くんは造形室という倉庫っぽいところに保管されていました。

横にある紙はゴン太くんの身上書になります。
全財産とかの面白い情報がかかれてあるので、
興味のある方は別ウインドウで開いて読んでみてください


写真のぱっと見では判りづらいのですが、ガラスケース内に保管されています。


中を覗くとこんな感じ


でっかいあんよをしています


顔面どあっぷ!

ゴン太くんは常時見せてもらえるのかどうかは判りませんが、少なくとも
学園祭の時には造形室に入ってゴン太くんを見せて頂くことができますので
興味のある方は是非見に行ってみてください!
※ そして別の着ぐるみを着た、動いているゴン太くんとキャンパス内で
  遭遇することもあります。


3. 「できるかな」のDVD-BOXについて

「できるかな」に関しては、昔から何話かが収録されたビデオやVideo-CDが
発売されていたのですが、2009年にファン待望のDVD-BOXが発売されました。

ノッポさんが選んだ完全保存版 できるかな ベスト30選(5枚組) [DVD]
クリエーター情報なし
コロムビアミュージックエンタテインメント


さすがに全話収録という訳には行きませんが、のっぽさんがしゃべった
最終回が収録されているなど、ファンであれば必ず入手しなければならない
貴重な映像が収録されています。


DVD-BOXの中身(表)

DVD×5枚と「できるかなのひみつ」というノートが入っています。


DVD-BOXの中身(裏)


「できるかなのひみつ」の表紙

この中の小冊子が、貴重な情報が満載された特典になっています。


「あの頃の僕たち」

冊子の最初の部分は、「あの頃の僕たち」という
 ・ノッポさん役の高見映さん
 ・ゴン太くんの中の人の井村淳さん
 ・制作スタッフの枝常弘さん
による思い出話となっています。


「あの頃の僕たち」より(ノッポさん)

この中で高見さん・井村さん・枝常さんは、できるかなの前身である
「なにしてあそぼう」の頃から40年を超えるつき合いであること、
そして3人が揃ったのは久しぶりであったことなどが語られています。

この中で「できるかな」に関する各種エピソードが語られているのですが
井村さんは、スタッフ以外の人がいる場所で着ぐるみを脱いで、中の人が
見られるようなことは徹底して避けていたことなどが語られています。


全699タイトル

「できるかな」の19年(足かけ20年)の全サブタイトル一覧があります。


ノッポさんのひみつ


ゴン太くんのひみつ

私は「できるかな」は現在及び未来の子供達に伝えていきたい
(是非見せてあげたい)コンテンツだと思っていますので、
このDVD-BOXは大切にしていきたいと思っています。
コメント (2)

静かな洗濯機を探し求めてみる

2013年04月29日 | 雑記
1. はじめに

ブログ主は今年の3月下旬に新しい住処に引っ越しました。
昔住んでいたところは、
 ・駅から徒歩1分
 ・1Kの新築マンション(オートロック・宅配ボックスあり)
 ・建物の1階が早朝から夜遅くまでやっているスーパー
 ・夜に洗濯を回しても迷惑でない防音仕様
という、至便な今時の単身者向け賃貸マンションでした。

しかしながら線路があまりにも近すぎてうるさいということと、
敷地内にバイクが置ける場所がなく、徒歩10分も離れている駐輪場に
毎月5000円も払って止めているのが難点でした。

それに対して、今度移り住んだところは、
 ・駅から徒歩7分の住宅街でそこそこ静か
 ・敷地内にバイクも自転車も置ける
 ・独り者には有り余る広さ(台所だけで旧住居のスペース並!)
 ・しかも、これでいて家賃+駐輪場代が旧住居と同額!
という好環境です。

しかしながらこれだけの物件が安いのにはワケがあって、今度の建物は
昭和と平成の境目頃に出来た木造ボロアパートになります。(゜∀゜)

学生時代はこれよりも超絶にぼろい風呂・トイレ共同の木造アパートに
住んでいたのでボロ屋での生活に免疫があることと、広さ・安さ・バイクの
ことを考えると割にあった物件だと思うので、全然許容範囲でした。

建物が古いということに大きな不満は無いのですが、唯一気になったのは
防音がしっかりしていない木造アパートなので、隣や下の住人に洗濯機の
騒音・振動で迷惑をかけないか…ということになります。

昔使っていた洗濯機は、2002年に購入したシャープのES-WD741(関連サイト)
というドラム型乾燥洗濯機だったのですが、世の中に家庭用ドラム型
洗濯機が出回り始めた頃の製品だったためか作りがいまいちで、
脱水処理の際はひどい騒音と振動を発生させていました。(;´Д`)

今度の住居は騒音や振動がモロに隣家に伝わりそうな貧弱な環境のため、
そのような洗濯機は使うことが憚られます。そのため転居に併せて
新しい洗濯機を新規に購入したのですが、機種の選定に当たっては
より静かなタイプを探していました。

今回のエントリでは静音型の洗濯機を実際に木造アパートで使ってみた
場合の感想を記載したいと思います。
私のように静音優先の洗濯機を探している方の参考になれば幸いです。


2. 洗濯機を選定・購入してみる

とりあえず引越に併せて洗濯機を調達すべく、ヨドバシカメラに行って
いろいろと見比べてみます。私としては乾燥機能のことを考えると
少々高くてもドラム型洗濯機の方が欲しかったところではありますが、
店内のポップを見たところパナソニックと東芝の縦型洗濯機がカタログ値
上では一番運転音が静かなようでした。(今回は静かさ最優先)

また、ヨドバシの店員さん曰く、「音や振動を気にされるのであれば、
少々値段が高くなるものの、インバータ付きの機種の方が良い」

とのことだったので、最終的には一度に洗える容量面も加味して、
パナソニックの縦型洗濯機のNA-FR80S6(公式ページ)なるものを
購入することにしました。

パナソニック 洗濯乾燥機 NA-FR80S6-S シルバー 洗濯・脱水 8.0kg 乾燥 4.5kg
クリエーター情報なし
パナソニック


この洗濯機の運転音のカタログ値は次の通りです。

  洗濯時 約26dB
  脱水時 約37dB
  乾燥時 約45dB



3. 洗濯機が動いている様子を見てみる


現在の洗濯機の設置環境

この洗濯機が実際に洗濯を行う様子と騒音・振動の発生状況を
テキストで書き起こすと下記のような状態になります。

1. 衣類の重さの計測
 ・洗濯する衣類を入れて電源ON+スタートボタンを押すと、
  洗濯槽が軽く数回回って止まり、使用する水の量が表示されます。
  (私の普段の洗濯だと41Lになることが多いです)

 ・その後、洗濯槽の壁面にある洗剤入れに洗剤を投入して中蓋を閉じ、
  中蓋と上蓋の間にある柔軟剤入れに投入して、上蓋を閉じます。
  その後、自動的に洗濯が開始されます。

 ・この処理での騒音や振動は、大したことはありません。


2. 注水と衣類のならし
 ・注水⇒洗濯槽を揺するという動きを2~3回繰り返して、洗濯槽の中の
  衣類を片寄りが無いように平らにならしている見たいです。

 ・この際、注水音と後述の脱水処理のような振動があります。


3. 洗い処理
 ・再度注水して、洗剤を使った洗い処理を行います。

 ・洗い中は、「ウィーン、キュッ、ウィーン、キュッ」という感じの
  運転音が微妙にしますが、音も振動もほとんどありません。
  洗濯機の外見は動かず、中の洗濯槽だけがひっそり動く感じです。

 ・洗い処理が終わった後に排水処理が行われますが、このときに
  ゴーという水の音がします。

 ・排水後に短時間の脱水処理が行われます。(脱水処理欄参照)


4. すすぎ処理
 ・これは上の洗い処理と同様の処理が行われます。


5. 脱水処理
 ・脱水処理ばかりはさすがに無音・無振動とはいかず、
  これが一番騒音と振動がありました。

 ・具体的には「コン、コン、コン」という音とともに洗濯槽が徐々に
  高速で回り出しますが、速度アップ中も安定高速回転中も洗濯機の
  外見が揺れて判るレベルの揺れと「ゴゴゴゴ」という音がします。

 ・とはいえ騒音や振動のレベルは、昔の縦型洗濯機や以前使っていた
  ドラム型洗濯機と比べると随分抑えられているように感じます。


6. 乾燥処理
 ・乾燥処理は、カタログ値的には脱水処理よりも騒音が出ることに
  なっていますが、実際のところはそれほど気になりませんでした。

 ・騒音としては、乾燥用のヒーター(になるのかな?)がゴーゴー音を
  立てて、洗濯機の外までその音が漏れているような感じですが、
  脱水処理のような振動が無いので不快感はありません。

 ・うちの家の場合、洗濯機は台所と同じ室内にあるのですが、
  乾燥機能の時の騒音よりも、換気扇の音の方が大きいです。


4. 全体的な感想(まとめ)

 ・この洗濯機は、全体的にはとても静かだと感じます。
  特に洗い・すすぎ処理は極めて静かです
  (ドアを挟んで)風呂場横の脱衣所に洗濯機を置くような環境では、
  脱水処理も含めて夜中に動かしても全く問題ないと思います。

 ・脱水処理は、中の衣類の状態によって音が変わる感じがします。
  特に厚手のズボンを洗っている場合は片寄りが発生するためか、
  下着類+タオル+ワイシャツだけを洗濯する場合と比べると、
  振動と騒音が大きくなるように感じました。

 ・逆に言うと、下着類+タオル+ワイシャツだけを最大洗濯量の
  半分程度で洗う場合は、脱水処理の場合でも騒音や振動はそれ程
  気にならず、隣家の迷惑になるような状況にはならないと思います。

 ・実際に木造ボロアパートで洗濯機を使ってみて気になった騒音は
  実は給水ON/OFF時の音と排水音でした。

 ・特に洗濯機が給水を(一気に)止める際に、蛇口~洗濯機間のホースの
  部分が大きめの「ドン」という気になる音を立てます。
  「ドン!」と音を立てられると「なん…だと…!?」と思わざるを
  得ない訳で(鰤ネタ)、この点はメーカーの改善を期待したいです。

 ・この「ドン」はこれは蛇口をひねるように少しずつ給水を止める仕様に
  してくれれば、この騒音も軽減されるかと思うのですがね…

 ・結局のところ、「この洗濯機を木造ボロアパートで使った場合に、
  隣家に迷惑をかけずに済むかどうか」
という命題については、
  水道とかの環境に左右されるので一概に言えないという、
  結果になるかと思います。

 ・この洗濯機の乾燥機能についてですが、下着やタオル類を乾かすのは
  全然問題ありません。ただし一旦洗濯完了後に取り出しを行わずに
  洗濯⇒すすぎ⇒乾燥で自動処理を行うと、ズボンやワイシャツは
  アイロンをかけただけでは取れそうにないような頑固なしわの入った
  乾燥衣類が出来上がりますので注意が必要です。(;´Д`)


5. おまけネタ


防水パンとL字型のパイプ(エルボー)

私がこの部屋に入居したとき、洗濯機を置く防水パンには、写真にある
プラスチック製のL字型パイプ(エルボー)がありませんでした。
このエルボーがないと洗濯機と排水パイプを繋ぐことが出来ません。

このエルボーは、本来は防水パンとセットになっている備品なのですが、
どうも前住人が退去時に誤って持って行ってしまった模様です(憤怒)。

私はそのことを知らず、洗濯機を運んできたヨドバシの宅配屋さんから
指摘を受けて初めてこのことに気付きました。幸いにして宅配屋さんが
エルボーの備品を持っていたので、その場で購入・取付をお願いして、
事なきを得ました。(エルボーの部品代は600円なり)。

これから中古物件に転居予定の方は、防水パンにエルボーがあるかどうかを
下見の段階で確認し、無ければ入居前に取り付けるように管理会社に依頼
することをお勧めします。

以上、ご参考までに。



過炭酸ナトリウムで洗濯槽まるごと除菌 (TJMOOK)
クリエーター情報なし
宝島社


【完全ガイドシリーズ004】白物家電完全ガイド (100%ムックシリーズ)
クリエーター情報なし
晋遊舎


洗濯機防水パン 樹脂タイプ(800mm)
クリエーター情報なし
SPG


三栄水栓 【洗濯機ホース・排水口接続部品】 洗濯機排水トラップエルボ
クリエーター情報なし
三栄水栓

コメント

ラーメン二郎に脚を踏み入れてみる

2013年02月09日 | 雑記
【店舗訪問日:2013/2/7、記事作成日:2013/2/9】

「ラーメン二郎」というと、非常にボリュームの多い独特のラーメンを
出す店で、注文方法にも独特な作法があり、ジロリアンと呼ばれる
熱狂的な信者(リピーター)が多いことでも有名です。

そして2chでも
「こいつら、絶対頭おかしーだろwww」(←褒め言葉)
と思うようなユニークな二郎コピペに出くわして、
思わず吹き出してしまうこともたまにあります。
※ 参考リンク: ラーメン二郎コピペ集 (ハムスター速報)

そんな私ですが、実際に二郎に行ったことはありませんでして、
常々、話のネタに一度は二郎を食べてみたいと思っていました。

そうしたところで先日、川崎でのお仕事が終わった後になぜか
「みんなで二郎に行くか!」という話になり、結局スーツ姿の
おっさん5人組で近くの二郎に行ってみることになりました。

今回のエントリでは、初めて二郎に行って食ってきた感想を
書き連ねていきたいと思います。

二郎の店舗が身近にある人にはなんてことの無い内容かもしれませんが、
「二郎って噂には聞くけど、実際にどんなところよ?」と思っている方の
参考になれば幸いです。


1. 店に入って席に着くまで

今回行ったのは「ラーメン二郎 京急川崎店」で、
食べログのリンクは↓になります。
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14000765/

JR川崎駅からは10分以上歩くので、ちょっと遠い感じがあります。
(散歩がてらには丁度よい距離かもしれませんが)

ちなみに今回のメンバー5名中、私を含む3名が初二郎で、1名が2回目、
そして言い出しっぺの先導者が駆け出しジロリアンという状態でした。
二郎に関しては著しい素人集団です。



ラーメン二郎 京急川崎店

お店に到着。黄色い看板がいい味を出してます。
お店に着いたのが19時前ぐらいだったのですが、そのときは
ぴったり満席でした。(つまり5人待ちの状態)

その後、間もなくして入店待ち人数は10人ぐらいに増えました。



店の前の自販機(左上が黒烏龍茶)

ここで黒烏龍茶を買っておいた方が良いことは予習していたため
きっちり購入。170円なり。



店内の券売機

並んでいる間に、先に食券を購入します。
今回は初二郎ということで、注文するのは基本中の基本となる
「小ラーメン・そのまま」(追加トッピング無しのデフォルト状態)に
することに決めていました。700円なり。



店内の券売機(下の方)

ここの券売機は高額紙幣は使えないようです。
100円玉が不足しているとのことなので、お店思いのジロリアンであれば
購入分の100円玉を持参すべきでしょう。



小ラーメンの食券

食券は使い回しが可能なプラスチック板を使用していました(エコですね)。
食券は小ラーメンが青で、大ラーメンが黄色。

そしてブタ(厚切りチャーシュー)をトッピングする場合は、
第1段階の小ブタなら1枚、第2段階の小ダブルなら2枚の白ラベルが
食券のプラスチック板に貼られている模様です。
これだと一目で分かるので、よくできているなと感心します。

並んでいる最中に購入したサイズの確認がありました。



店の壁1

ラーメン二郎三田本店のタオルと「技量不足の為、固めは出来ません」
との案内書きが壁にありました。



店の壁2

出口の方の壁には、認定証と写真がありました。

店内は8名程度で満席となってしまうL字型のカウンター席のみでした。
上記食べログのカウンター席の写真ページへのリンク

烏龍茶を買っていない人は、店内の冷水器より自分でコップに水を入れて
席に着きます。

席に着いたら先程の食券をカウンターの上の段に置きますが、
追加ニンニク等の希望トッピングは提供直前に確認されるので、
この段階でコールしてはならない
と先導者からの指導がありました。



2. ラーメンを食してみる

今回の私たち5人の注文は、4人が小ラーメンで、先導者が大ラーメン。
厨房を見ていると5人分のラーメンがほぼ同時に出来上がったようで、
提供直前に「トッピングはどうしますか?」との確認がありました。

野菜(もやし+キャベツ)やニンニクの追加トッピングを希望する場合は、
この段階で「ヤサイ」とか「ニンニク」とか「ヤサイニンニク」
(両方の追加希望)とかを伝えます。私は「ソノママ」でお願いしました。

先導者によると、このコールを的確な内容でタイミングよく行わないと
店によっては店員から舌打ちされることがあるので注意が必要

とのことでした。

なお、今回行った京急川崎店の店員さんはとても優しそうな方で、
全然そういったところはありませんでした。
(先導者曰く、二郎の中でもこのお店の接客はよいとのこと)

先程のコールが終わった後、それに応じたトッピングが追加されて
同僚5人分のラーメン(1ロット分)が一気に配膳されます。



基本中の基本: デフォルトの小ラーメン (そのまま)

私が注文したのは、追加トッピングなしの「小ラーメン・ソノママ」ですが
どうみても普通のラーメン屋の大盛り以上のボリュームがあります。
(100円玉や奥の烏龍茶のペットボトルとサイズを比較してみてください)

「ヤサイ」をコールした同僚のラーメンには、これにさらに山盛りの
野菜が追加されます。



大ラーメン・ヤサイ

先導者は大ラーメン+ヤサイのトッピングだったのですが、大ラーメン用の
白くてでっかい丼に、山盛りになったラーメンが出てきました。
とんでもないボリュームがあります。



麺をひっくり返す

早速ラーメンを頂いてみます。
二郎は麺がスープを吸ってしまうと重たくなってしまうので、
麺ともやしの上下を入れ替えて、麺をもやしの上に載せるように
した方が良いとの話があったため、それに従います。

二郎の麺は「細めのうどんか?」という程の(ラーメンにしては)
かなりの太麺です。しかも柔らかいです。

九州出身の私は、ラーメンというと細め・固めの博多ラーメンが
思い浮かぶのですが、二郎のラーメンはこの対極にある感じがします。



卓上調味料

「3口目までは、むちゃくちゃ美味しい」とは同僚の言葉ですが、
二郎のラーメンは最初は確かに美味しく感じるのですが、次第に
体も口の中も重くなってきます。
(そして、食っても食っても減らない感じがあります)

そんな場合に、卓上調味料で味にアクセントを付けることができます。
このお店には、コショウ、パウダー状の唐辛子粉、そして鷹の爪を
輪切りにして砕いたような唐辛子、そして醤油だれがありました。



無事に完食

二郎のスープは非常に脂濃いため、途中黒烏龍茶で口をすっきりさせつつ、
麺や野菜についたスープを軽く落としつつ食べ進め、ついに完食。
おかげで(脂ぎとぎとの)スープがたくさん残ってしまいました。



裏口から退出

食べ終わった後は、器をカウンターの上に載せ、布巾でテーブルを拭いて
裏口の方から退出します。
(裏口から出るのは、券売機のある表口は人が並んでいて出にくいため)



店を出たところ

私たち5人組みは、大ヤサイの先導者も含めてほぼ同時期に完食し退店。
「2ロット(約12分)以内に食い終わって店の外に出るべし」という
隠れたお約束は守れたようで、安心しました。

その後、吐きそうになるくらいの満腹状態で家路に戻ります。
そのまま電車に乗ると気分が悪くなる可能性があったので、
駅までのちょっとした道のりが逆に好都合な感覚でした。



3. 全体的な感想&食った後

初めて二郎のラーメンを食べてみた率直な感想ですが、

 ・やっぱりボリュームが多い。私は小ラーメンで本当に腹一杯。

 ・太めのやわらか麺は、これはこれでイケてると思う。

 ・スープは脂っこい醤油ベースで、正直なところきつかった。

 ・ヤサイに関しては「水と油」ではないが、スープと噛み合っている
  ような感じはなかった気がする。(スープの脂っこさを薄めてくれる
  清涼剤のようなものではありますが)

 ・ブタ(チャーシュー)は、お世辞抜きで本当に美味しかった。

という感じでした。あと、

 ・二郎で飲む黒烏龍茶がこんなに美味しいものだとは思わなかった。

というところでしょうか(笑)。

なお、食べた後は脂っこいものを食べ過ぎた影響で胸焼けがし、
口の中になんとなく脂の膜が残ったような違和感が残りました。

特に口の中の違和感は、食事中の黒烏龍茶や、その後口にした500mmの
カロリーゼロ系炭酸飲料を1本飲んだ程度では全然消えず、家に帰って
歯磨き粉で歯を磨いて、ようやくすっきりした感じになりました。

また、今回の二郎後は口の中がヒリヒリ・ピリピリする(ちょっと麻痺する)
感覚がありました。これは後で追加した唐辛子が影響してるのかなぁ…とも
思ったのですが、博多ラーメンで辛子高菜を多く入れてしまった場合でも
こんな風になったことはないので、二郎のスープが影響してるのかなぁと
思っています。

また、料理の感想ブログに書くような内容ではないですが、実は二郎を出た
1時間後ぐらいから下痢気味になってしまい、お腹の調子がよくない状況が
翌日まで続きました。(これに関しては二郎が原因とは断言できませんが)。

最後に全般的な感想を言うと、
 「これはラーメンではなく“二郎”という食い物だ」
という名言(迷言?)がありますが、これは判った気がします。

また、食った後の感覚は決して気持ちよくはないのですが、
「なぜかまた食いに行きたくなる」というリピーターの感覚は
なんとなく判る気がします。
(判ってしまったらデブ&成人病一直線になりそうな気がするので、
判りたくもない気もしますが)

ただし次に川崎二郎に行くことがあれば、お腹を空かせた状態で
「小ブタ」+「ヤサイニンニク」で頼んでみたいなと思っています。

以上、レポっす。



私の好きな二郎
クリエーター情報なし
密林社


おうちで二郎のお話。
クリエーター情報なし
密林社


○○は二郎のあとで
クリエーター情報なし
密林社


ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣
クリエーター情報なし
東洋経済新報社


札幌の名店ブタキング 味噌ラーメン 10食セット【みそ味】二郎系らーめん店 ラーメン王国札幌
クリエーター情報なし
北海道特産品 吉粋(きっすい)


コメント (2)

親父を火葬して墓に入れてみる

2013年01月01日 | 雑記
【記事作成日:2013/1/1】

 私は2012年の年末は大晦日まで仕事となり、出張先で独り寂しく年越しと新年を迎えることになりました。(大きなシステム入替があると、年末年始とゴールデンウイークが潰れるのはシステム屋の宿命でもありますが…)

 そうした中、1年半前に亡くなった親父のことをふと思い出したことと、元旦は近場待機のため遠出はできないけど仕事をする必要もないというびみょーな空き時間となったことから、これまでブログに書こうと思ってそのままになっていた親父の葬儀や火葬やお墓に関して、よりにもよっておめでたい新年早々に、しかもお洒落なカフェで書き連ねていくというワイルドな行為(暴挙)に出たいと思います。

 今回の内容は、親父が病院で亡くなってから今のポジション(お墓の中)に落ち着くまでに遺体(遺骨)がどのような経緯を辿っていったのかを中心に、亡くなって納骨が終わるまでにどんな出来事があったのかを思い出しつつ、書き連ねていきたいと思います。

※ グロい写真はありませんが、以下棺桶とか骨壺とか火葬場とかの写真が出てきます。こうした話が苦手な方はご注意ください。


1. 病院で亡くなってから葬儀が終わるまで

2011年7月5日 11時過ぎ、親父が息を引き取る。
 ↓
アイバンクに検眼するため、医大の先生が親父眼球の摘出と義眼の挿入手術を行う。(詳しい経過はこちらのエントリ参照)
 ↓
エンゼルケア(ひげそりや体中の穴に詰め物をしたりとかの看護師作業)の後、親父がもっと着たかったであろうゴルフウェアに着替えさせる。
 ↓
病院からは早期に遺体を引き取るように依頼されるので、速攻で葬儀屋を手配する。(概ね半日ぐらいしかおかせてくれない)
 ↓
14時過ぎに葬儀屋が親父を迎えに来るが、この日は親父が入院していたホスピスに見学者がいたため、親父はキャスター付きのベッドに載ったまま15時近くまで出立待機となる。
 ↓
親父は布団のままリムジン型の霊柩車に乗せられて自宅に出発。病院を出て行く際、こっそり裏口を出されるようなことはされず正門を堂々と出て、病院の関係者に見送られる。(病院側のこういう対応は、私としてはとても満足でした)


親父の乗せられたリムジン型の霊柩車
 ↓
おかんの依頼では、親父は直接斎場に運ばれる予定だったのが、葬儀屋さんの気遣いにより、一旦自宅に立ち寄ることになる。そして親父を一度自宅の中に運んで、短時間ながら座敷で寝かせてあげる。親父ももう一度家に帰りたかったであろうから、最後にもう一度家に戻すことができてよかったと思う。ちなみに病院から葬祭場までの搬送費用は5~6万ぐらいでした(高い)。
 ↓
夕方頃、葬祭場に到着。親父はゴルフウェアのまま、綺麗な白い布団の上でお休みとなる。
本来ならここで枕経という死後最初に聞かせるお経があるのだが、行きつけのお寺の(一人しかいない)和尚さんが遠地に出かけていて不在のため、枕経は明日に延期となる。
 ↓

親父の入る棺桶

 その後、親父の入る棺桶や納棺セットが届く。親父はエアコンの効いた部屋の中にいるものの、そのままだと遺体が傷んでしまうので、ドライアイスを入れて親父を冷やすことに。

 納棺セットには着せ替え用の白装束等が入っているが、親父はゴルフウェアのまま最後まで行くことにしたので、大半は使わないことに。なお、うちのおばあちゃんが亡くなったときは、この白装束を着せて、すね当てや手甲を装着しました。ただし頭につける三角形の白い布(天冠)は仰々しいので最近は付けないことが多いとのこと(葬儀屋談)。また、三途の川の渡り賃である六文銭は、紙で代用します。
 ↓
・7月5日 夕方、葬儀屋との打ち合わせ。葬儀に使う会場(収容人数)の選定や骨壺のガラを決めたりする。納棺・通夜・葬儀の日時がここで決定する。

 基本的に葬儀屋への支払いは全てが終わった後でまとめて精算するが、火葬場の使用料1.5万円はこの場で先払いとなる(要印鑑)。また、会葬礼状に記載する親類の氏名を確認したり、通夜や葬儀での挨拶の例文集をもらったり、焼香順の記載するための紙をもらう。


骨壺サンプル(葬祭場の中にて)
※ ちなみに親父の骨壺は左の31,500円のタイプ。
 ↓
7月6日AM 枕経と納棺が行われる。
 納棺はその名の通り親父を棺桶の中に入れる。納棺の時の写真もあるのだが、さすがにブログに載せるのは自重。その後、親父入りの棺桶は台車に乗せられて控え室の祭壇前に置かれる。


控え室の祭壇+親父入り棺桶
 ↓
7月6日16:30 実家に戻っていたときに朝日新聞から電話がある。
 おくやみ欄に名前を載せるに当たり、人間違いでないか、また氏名(漢字)に誤りがないかどうかの問い合わせを受ける。(相手のオペレータさんからは、申し訳なさそうに丁寧に対応頂きました)
 ↓
7月6日17:30 葬儀屋と通夜のリハーサル。
 どの挨拶の時に誰が起立するかとかの打ち合わせを行う。親父入りの棺桶はこの段階で式場に移動。


本葬儀での親父入り棺桶(守り刀付き)
 ↓
通夜のスタートは19時からだが、それより先に弔問客がぞろぞろとやってくるので、喪主(私)やおかんはずっと式場で挨拶対応。
 ↓
19時から通夜があり、続けて通夜振る舞いがある。
親父の棺桶はここでまた控え室に移動。通夜振る舞いには、親父が会社勤めをしていた頃の同僚が多く集まり、話が色々と盛り上がる。
 ↓
7月7日 この日は13時から葬儀だが、それに先立って11時半頃より故人との最後の食事となるお斎(とき)がある。おときはご飯とお味噌汁に煮付け等がついたシンプルな食事ながら、値段は1食1800円と結構イイ値段がするため遺族的には痛い出費。(>_<)
余らせるともったいないが、足りないと恥なので計算が難しいところ。


うちの田舎のお斎(これで1800円也)
 ↓
その後、親父入りの棺桶は再び式場に移動。
 13時より葬儀が行われ、読経→焼香→挨拶の後、最後に棺桶に花を入れ、生前親父が好きだった酒がかけられた後、棺桶が閉められて出棺となる。


花が詰められた親父の棺桶
 ↓
その後、親族は火葬場に直行。遺影を持った私はリムジン霊柩車の助手席に乗り、他の親族は車数台に分乗して近くの(山奥にある)火葬場に向かう。


2. 火葬場から納骨まで

火葬場に着いたら、棺桶ごと棺桶用の台車に乗せられ、近くのミニ礼拝場に一旦運ばれます。
※ この間、葬儀屋が火葬許可書を火葬場の事務員に提出。


火葬場への棺桶搬入

ミニ礼拝場では、最後にもう一度短いお経と念仏を唱えて、本当に最期のお別れの時となります。


火葬場のミニ礼拝場+棺桶搬送用の台車

 そして最後のお祈りが終わった後で、棺桶を焼却炉用の電動台車に載せ替えて、火葬場の職員さんが炉の中にセットします。


棺桶を炉の中に入れるところ(写っているのは和尚さん)

 そして炉の扉が閉められた後、喪主の私が点火のボタンを押すことによって火葬が始まります。今までは目に見える形で故人の亡骸があったのですが、火葬後は本当に姿形が亡くなってしまうので、この火葬用の炉の中に身内を送り込むときが、本当の別れの刻を向かえる感じがして辛いです。

 一番初めに近い親類(祖父)が亡くなったときは、この火葬開始の時がかなり辛かったのですが、なぜか今回の親父のときは「ようやくこれで終わりか…」と安堵感とも言えない、なんともさばさばした感覚がありました。


火葬中(2番目の炉が使用中)

 その後、焼き場の職員さんにお心付けという名の賄賂(相場:数千円)を渡して控え室へ。その際に炉の鍵を渡されます。


預かった炉の鍵

 うちの田舎の火葬場だと、焼き上がりまで90分ほどかかるので、その間和室やロビーでティータイムとなる。


収骨室の入口

 焼き上がる10分程前に館内放送で「そろそろ焼き上がり」の連絡があるのでそれを受けてバタバタとお茶セットや持ち込んだお菓子類の片付けを開始。その後、収骨室に集合します。


収骨室の中

 収骨室は吉野家のカウンターチックなU字型になっていて、ここに棺桶を載せていた熱々の台車が運び込まれます。


骨拾いの箸(黒い箸と白い箸を1本ずつ使用)

 その後、火葬場の職員の話を聞きながら台車上に残った熱々の骨を箸で拾って骨壺に収納していきます。なお、うちの身内の間では、前述のお心付けの有無(と金額の上下)によってこのときの対応が丁寧になるかぞんざいになるか差が出てくるということが定説となっています。


骨壺・箸・すりこぎ

 うちの田舎だと、骨は足から頭の方にかけて回収していきます。途中、大腿骨のような骨壺に入らないくらいの長い骨は、すりこぎで半分に折ったりして強引に骨壺に入るようにします。初めて骨上げに参加したときは、この行為に抵抗感があったのですが、(人生の)ベテランクラスになると
「はい、ぼんやりせんで、ちゃっちゃとやるで~」
みたいな感じで、てきぱきと済ませていきます。

 私も「父ちゃん、ごめんな~」と心の中で思いつつ、骨を折り潰して骨壺の中に入れてきます。

 その後、「生前の本人の面影がある」と言われるのど仏の骨(※)に関して火葬場職員の説明があった後、最後に頭蓋骨(頭頂部)の骨をトップに載っけて骨壺の蓋を閉めて骨上げは完了となります。
※ のど仏の骨と言われていますが、実際には首の骨の一部です。

 また、火葬場職員によると太い骨の骨髄を見ると亡くなる前に闘病生活を送っていたか、事故等で急に亡くなられたのか、薄々判別がつくとのこと。理由は闘病生活が長いと、薬の影響で骨髄に茶色等の色が残るが、健康だった人の場合は白い骨になるとのことらしい。
 なお、うちの親父は食道癌で亡くなる2年前から薬漬け状態だったので、やっぱり骨髄に色がついていました。

 その後、親父の骨壺は四角いケースに入れられ、白い布に包まれて、喪主(私)の手に抱えられて再度葬祭場に戻ってきます。ちなみにこの段階の骨壺は、骨が熱を持っている関係で、長時間触れていられないくらいに熱くなっていました。


精進落としでの親父の骨壺・位牌・遺影・卒塔婆(そとば)

 うちの田舎だと、亡くなってから1週間後に行われる最初の法要(初七日)は焼き場から戻ってきたときに行われます。そこで若干手短に最後お経を上げてもらった後で、精進落としの食事会となります。これでようやく長い長い一日が終わります。



自宅の後飾り壇

 精進落としが終わった後、親父の骨壺は自宅に戻ってきます。うちの田舎では、納骨は基本的に四十九日法要の後で行われるのですが、それまでの間は、自宅の白い後飾り壇(ダンボール製)に置かれます。写真では骨壺に白い布がかかったままになっていますが、これは取らないといけないということを後で知って(知ってる人から怒られて)、その後慌てて外しました。



うちのお墓

 そして約1ヶ月半後の四十九日法要のときに、自宅から親父の骨壺と白木の位牌と卒塔婆を持ってお寺に行って法要を行います。その後続いてお墓に行って納骨となります。場所によっては、火葬場でもらう埋葬許可証を納骨時に霊園に提出する必要があるかと思いますが、うちの実家の墓地では不要でした。


墓の扉をオープン

 納骨の際、表の重たい石を退かせて、骨壺を中に置きます。なお、この作業を私が実施しようとしたところ、入口のスペースが私の肩幅より狭くて中に入ることができなかったため、代わりにおかんにいれてもらうことになりました…



墓の中

親父は、先客の婆さんと一緒に墓に入ることになりました。


3. 最後に

 葬儀や火葬や埋葬(納骨)は、誰しも長いこと生きていれば経験せざるを得ないイベントですが、送り出す方の身内は悲しんでいる暇もないくらいにバタバタしているものです。また親族以外の人が葬儀関係の写真を撮影したりすることは失礼になるので、あまりやらないものです。

 葬儀関連のイベントは、何度か一連の流れを実体験をしないと理解することは難しい部分がありますが、今回は喪主が私で対象がうちの親父だったということもあり、幾分不謹慎な部分があるかもしれませんが、一連の流れや体験をブログにしてみました。

 このブログを通じて、今後身内を送り出す側になった方の(少しでも)参考になってくれれば、うちの親父も喜んでくれるんではないでしょうか。



親父を癌で亡くしてみる【インデックスページ】に戻る
コメント (6)