きたへふ(Cチーム)のブログ

ファミスタとは特に関係ありません。タブレット・スマホをご利用の方は、できればPCモードで御覧ください。

ナイター観戦記(2006/6/1横浜ベイスターズvsホークス戦)

2006年06月02日 | 雑記
昨夜はナイター観戦をしてきたので半年ぶりにブログを書いてみます。

見に行ったのは横浜ベイスターズvs福岡ソフトバンクホークスの交流戦。
このカードは、横浜在住のホークスファンとしては、横浜で見ることが出来る
数少ないホークスの試合なので、楽しみにしていました。
(この点は交流戦さまさまです)

ちなみに去年も見に行ったのですが、昨年横浜に負けた唯一のゲームを
見るハメになったことをよく覚えています。(負けゲームでしたが、多村の
ビューチフルなホームランやクルーンの剛速球が見れたので楽しめました)

今日の先発は、横浜がエースの三浦、ホークスが西山。
西山って誰?と思ったら育成枠の選手だったんですね。残念ながら西山選手は
3回もたずに降板となってしまいました。正直なところ横浜打線を押さえられる
気配が全くなく、早期降板も致し方ない状況でした。

辛口な評価をすると、まだまだ2軍クラス。1軍クラスにはほど遠いように
感じました。次のチャンスがあればガンバって欲しいところです。

試合の経過と結果はここ(Yahooプロ野球サイトより)の通りなんですが、
最後の最後に変な判定で後味の悪い結末になってしまいました。

ホークス1点リードで向かえた9回裏1死1塁のシーンで、横浜は強打者の多村。
ホークスファンの私は「ホームランだけは打たれないでくれ~(>_<)」
「点取られずに佐伯まで回せばなんとかなるから~(失礼)」と思いつつ、
手に汗を握りながら見ていました。

そして馬原が投じた150km/h超のストレートを打った多村の打球は、
3塁線ぎりぎりのぼてぼてのサードゴロ。その打球を3塁手(松田選手)が
取ったところで3塁塁審の鈴木審判はファールのジャッジ。
しかし主審の渡田審判の判定はフェアのジャッジ。

そのとき多村選手は(ファールのジャッジがあったためか)1塁に向かって本気で
走っておらず、その間にホークス側は5→4→3とボールを回してゲッツー完成。
(この時点で試合終了)

球場全体があっけにとられている間にホークスの守備陣は3塁側ベンチに
ハイタッチしながら引き上げて、そのままそそくさと退場。
横浜ベンチは納得がいかない様子で、審判に猛抗議。
1塁側からは怒ったファンがグランドに乱入したり、物をグランドに投げ込んだりと
非常に荒れた状態になりました。(写真参照)




結局、このトラブルが原因でヒーローインタビューは取りやめになってしまい、
ホークスファンとしてはお立ち台に上がるべき大道選手を見ることが出来なくて
非常に残念でした。


打球がフェアかファールかについては、私はバックネット裏3塁側のほぼ最前列で
観戦していたのですが、(私がホークスファンという点は抜きにして考えても)
こちらから見る分には普通にフェアの打球に見えました。
最初に3塁審判がファールのジャッジをしたとき、周りからも(゜Д゜)ハァ?という
声が上がっていたのをよく覚えています。

ただ家に帰ってそのシーンをスポーツニュースを見てみると、結構微妙な感じが
しますね。(審判の判定が別れたのも判る気がします)

判定の件で横浜の選手及びファンが納得できないのは理解できるのですが、
納得できないのは悪質な横浜ファンの行動でした。グランドに入り込んだり、
メガホンや空のペットボトルを投げ込んだり、酷いのになると中身の入っている
ペットボトルを投げ込んだりしているヤツもいました。
(試合終了後フェンスの近くにいた私は、頭部に空のペットボトルの直撃を
2回ほど受けました)

空のペットボトルは当たっても痛くないのですが、中身の入ったペットボトル
…あれだけは非常に危ないと思いました。生身の人間が直撃すると大怪我する
こと必至です。

1塁側スタンドから中身の入ったペットボトルをグランドの内部に向かって
大遠投してたアホたれがいて非常に腹立たしく思えました。
中にはグランドにいたスタッフの至近距離に落下した(狙った?)ものもあり、
一歩間違えれば大事に至るところでした。(怒)
よい子はマネをしないでね。

最後に一言。
多村選手はいろんな意味でネタ選手なんだなぁ…と感じた次第です。
コメント (1)