きたへふ(Cチーム)のブログ

ファミスタとは特に関係ありません。タブレット・スマホをご利用の方は、できればPCモードで御覧ください。

国道265号線を走ってみる・その3 (田代八重ダム ⇒ 尾股峠 ⇒ 西米良村間)

2018年06月16日 | バイク
【走行日:2018/5/4、記事作成日:2018/6/16】

 このエントリでは、国道265号線を走ってみる・その2 (旧須木村→輝嶺峠→田代八重ダム)の続きとして、宮崎県の田代八重ダムから北上し、西米良村までの走行記を記載しています。


国道265号全体の地図(google mapへのリンク)

 今回ブログ主はフェリーで神戸から宮崎港に上陸後、国道265号の起点(南側)に当たる宮崎県小林市まで行き、そこから国道265号を北上しています。


旧須木村→西米良村間の地図 (google mapのデータ)

このエントリでは、上の地図の田代八重ダムから北上し、尾股峠を越えて西米良村に至る区間について記載しています。

それ以外の区間については下記リンクを参照ください。
 ・その1 … 前編、小林市市街地 ⇒ 旧須木村間
 ・その2 … 旧須木村 ⇒ 輝嶺峠 ⇒ 田代八重ダム間
 ・その3 … 田代八重ダム ⇒ 尾股峠 ⇒ 西米良村間 (このページ)
 ・その4 … 西米良村 ⇒ 椎葉村大河内地区間
 ・その5 … 椎葉村大河内地区 ⇒ 飯干峠 ⇒ 上椎葉(椎葉村市街地)間
 ・その6 … 椎葉村 ⇒ 国見峠 ⇒ 五ヶ瀬町 ⇒ 山都町 道の駅そよ風パーク
 ・その7 … 道の駅そよ風パーク ⇒ 上色見熊野座神社 ⇒ 箱石峠 ⇒ 阿蘇(終点)


1. 田代八重ダム→尾股峠まで


22-尾股峠に向かって再出発(11:53)

 田代八重ダム付近の道路はそれなりに整備されているのですが、この付近は道が悪いらしく、工事が行われているみたいです。


23-法面修復中

 山側の方はほとんど修復されていましたが、それでも石や枯れ枝が散乱していました。


24-やっぱり狭くなってきました…

 一時的に良かった道路環境もこれまで。また1車線の狭い山道に入っていくようです。


25-崩土・落石注意

 この辺りは道路中央に苔の生えた酷道らしい路面になっています。


26-がはっ…(吐血)

 路面がほぼ枯葉と砂(泥)で埋まった、オンロードバイク載りにとってはハードな路面が出てきました。(;´Д`)
 タイヤの空転・横滑りが怖いので、バイクを極力傾けずに徐行で通過していきます。


27-西米良村に入ってきました

 ダムを出てから10分足らずで、西米良村と小林市(旧須木村)との境に到達しました。


地図でいうとこの辺り

 このときの時間はちょうどお昼の12時でした。


28-木漏れ日の酷道

 この辺りもたいがいな道路環境ですが、まだマシな路面です。


29-道路近くの沢

 この日の九州地方は快晴でしたが前日は雨。その影響からか、山道の路面は落ち葉と砂がいっぱいのベチャベチャ路面になっている個所が多々あって相当に泣けました。(;´Д`)


30-川沿いを走るようになりました

 カメラのホワイトバランスが不調で、一部写真の色合いがおかしいです。(暗い写真は全て同じ原因です)


31-古い小学校のような建物を発見 (12:10)

 こんなところに人の営みの跡が…。一体何の建物なんでしょうか?


32-今度は川の右側を進みます

 隣を流れる清流が気持ちよいです。紅葉時期に来てみたいところでした。


33-雨天のような路面

 たまにまるで洗い越し(小川が道路を横切っているような場所)のような、走行中に水しぶきが上がるくらいに路面が濡れているところがあります。
 ブログ主は横浜から神戸に向かう道中ですでに大雨に降られていたのでバイクの汚れは気になりませんでしたが、もし綺麗にしたばかりのバイクで通りかかったら、かなり泣けると思います。(;´Д`)


34-西米良村まで20km (12:16)

 この辺りの道路は改良されていました。


35-再び荒れた道を進みます

 道路の両側が枯葉だらけ、中央部が苔になった1車線の狭い道です。バイク載りのブログ主は左の轍(わだち)を進みます。


36-九十九折りの道

 急坂ヘアピンカーブの狭い道を進んでいきます。


37-再び沢沿いの道へ

 雰囲気は悪くないのですが、路面は悪いです…


38-道の左が竹林になっています

 かつて酷い目に遭った大分県道41号 大分大野線(走行記)を思い出します…


39-尾股峠に到着です (12:35)

 田代八重ダムを出てからおよそ40分。現在の国道265号の最大の難所の1つである尾股峠に到着しました。


地図でいうとこちら


40-片側がなだらかな崖状態になっています

 これまで道の左右が木に囲まれていた環境を進んできたのですが、いきなり右側の木がなくなりました。なんか路肩が壊れかけているような感じがします…


41-深い山に入ってきたな~

 先程の木がなくなったところからは、開けた山の風景を眺めることができます。心の中でちょっと一息つきます。


42-尾股峠の下り

 尾股峠より北側(西米良村市街地側)も狭い道が続きますが、悪路の区間はそれ程長くありません。尾股峠自体が田代八重ダム⇔国道219号合流点間の中間よりも西米良村側にあるので、峠を下り始めたら酷い区間もあと一息です。


43-道が広くなってきました (12:49)

 峠を下り始めてから約15分。ようやく悪路区間から脱出しました。(´∀`)


44-民家やバス停が見えてきました (12:52)

 ここまで来るともう安心です。(´∀`)


45-そして国道219号とぶつかります(鶴瀬地区)

 国道265号は東西を走る国道219号とT字路的に突き当たります。(12:56)


地図でいうとこちら 

 国道265号はここで右に曲がり、国道219号との重複区間を西米良村市街地に向かいます。


46-重複区間は快走路

 国道219号は途中に信号などほとんど無い、広めの2車線快速道となっています。


47-双子のおにぎり

 重複区間の証として、国道219号と265号の2つのおにぎりが並んでいます。


48-西米良村の分岐点手前の橋までやってきました (13:04)

 「国道265号はこの先を左」との案内が出ています。


49-西米良村の信号機

 先程の橋のところです。久しぶりに信号機に出会いました。国道265号はこの交差点を左に進み、椎葉村方面に向かって北上するのですが、一旦直進して西米良村内で休憩を取ることにします。


50-西米良村の市街地に到着(13:06)

 先程の橋を過ぎてすぐにお店が並んでいるエリアに着きます。国道219号との重複区間に入って丁度10分、田代八重ダムを出発してから約1時間で到着したことになります。 


51-ラーメン屋に寄ります

 13時を過ぎていることもあり、てきとーに見つけたラーメン屋さんにてお昼ご飯とします。


52-猪肉のセルフ焼き肉(1000円)

 今回入ったお店は「来来ラーメン」というところですが、野菜気が足りなかったブログ主はチャンポン(850円だったかな?)を注文します。お腹の空いていたブログ主はメニューにあった猪肉に思わず反応してしまい、これも注文してしまいます。合計2000円近くの昼飯になってしまいました。
 なお猪肉はお店の人から「塩で喰らうべし」との指示を受け、その通り塩だけで食べたのですが、なかなかイケていました。(´∀`)

 お腹を満たしたブログ主は、さらに国道265号を北上して椎葉村に進んで行きます。

 ~その4へ続く



ツーリングマップルR 九州 沖縄
クリエーター情報なし
昭文社


ゆずピールチョコチョコチップス 5袋いり
クリエーター情報なし
農業生産法人 有限会社すき特産


ランチバッグ 弁当袋 小林市 超軽量 バッグ 肩掛け 3way 伸縮性 Black One Size
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

コメント (2)

国道265号線を走ってみる・その2 (旧須木村→輝嶺峠→田代八重ダム)

2018年06月10日 | バイク
【走行日:2018/5/4、記事作成日:2018/6/10】

 このエントリでは、国道265号線を走ってみる・その1 (前編、小林市→旧須木村)の続きとして、宮崎県の旧須木村(現小林市)から西米良村に向かう途中の田代八重ダムまでの走行記を記載しています。

それ以外の区間については下記リンクを参照ください。
 ・その1 … 前編、小林市市街地 ⇒ 旧須木村間
 ・その2 … 旧須木村 ⇒ 輝嶺峠 ⇒ 田代八重ダム間 (このページ)
 ・その3 … 田代八重ダム ⇒ 尾股峠 ⇒ 西米良村間
 ・その4 … 西米良村 ⇒ 椎葉村大河内地区間
 ・その5 … 椎葉村大河内地区 ⇒ 飯干峠 ⇒ 上椎葉(椎葉村市街地)間
 ・その6 … 椎葉村 ⇒ 国見峠 ⇒ 五ヶ瀬町 ⇒ 山都町 道の駅そよ風パーク
 ・その7 … 道の駅そよ風パーク ⇒ 上色見熊野座神社 ⇒ 箱石峠 ⇒ 阿蘇(終点)


国道265号全体の地図(google mapへのリンク)

 今回ブログ主はフェリーで神戸から宮崎港に上陸後、国道265号の起点(南側)に当たる宮崎県小林市まで行き、そこから国道265号を北上しています。


旧須木村→西米良村間の地図 (google mapのデータ)

このエントリでは、上の地図の下側から田代八重ダムまでの区間について記載しています。


1. 県道143号分岐点→輝嶺峠まで


県道143号分岐点前 (11:00頃)

 小林市街地から旧須木村に北上してきたブログ主は、宮崎県道・熊本県道143号 中河間多良木線との分岐点まで到達しました。


国道265号と県道143号との分岐点の地図

 上の地図の★マークのところになります。
 ここから右折し、九州最凶国道と評される国道265号の中でも特にイカれた区間として酷道マニアの間で著名な輝嶺峠と尾股峠を越えて西米良村に向かっていきます。


01-分岐点から先

 先程の分岐点からもしばらくは、改良された2車線の道になっています。


02-ここから先、1車線区間

 小林市街地からは快速道が続いてきましたが、ここから先は酷道の基本である1車線に変わります。ブログ主も「ついに来たか」という気持ちになります。


03-狭くて枯葉だらけの道が出てきました

 この辺りはまだ序の口です。


04-Y字型の分岐点 (11:06)

 2つ上の写真のところにもちょっと写っていますが、ここでY字の分岐点に突き当たります。正面に「←西米良 国道265号」と書かれた青い看板があるので迷うことはないのですが、逆に言うとこの看板がなかったら、どちらに進んでよいのか判らない初見殺しの状態になっていたと思われます。


05-覆い被さるような木の下を通ります

 人気(ひとけ)の全くない山の中に向かって突き進みます。


06-まだまだマシな道路環境

 路面(アスファルト)のひび割れが気になってくるようになりました。


07-絶壁の横を通り抜けます

 この辺りは路面に落ちている葉っぱが多くなって、大型オンロードバイク(YAMAHA XJ6 Diversion)で走っているブログ主にとってはキツくなってきた感があります。


08-網タイツの絶壁の横を通り抜けます

 輝嶺峠の前後はこの写真や1つ上の写真のように、片側(今回の進行方向では左側)が切り立った崖や岩場になっている区間がたくさんありました。


09-輝嶺峠の祠 (11:24)

 そして酷道区間に入って20分ほど走ったところで、輝嶺峠(きれいとうげ)に到着します。この峠には写真の祠があり、鳥居の部分には「輝嶺峠之神」と書かれています。


輝嶺峠の地図

 輝嶺峠は地図だと★マークのところになります。


2. 輝嶺峠→県道144号分岐点まで


10-ここから峠の下り道

 輝嶺峠に到着したブログ主ですが、休む間もなく先に進んで行きます。


11-右手の方は絶景ポイント

 「誰もいない深い山の中に入り込んできたな~」という感覚があります。
 この先の人気(ひとけ)のあるポイントとなる西米良村まで、30km以上もこんな酷道が続くのかと思うとげんなりしてきますが、たまにこういう眺望ポイントがあると嬉しくなります。


12-道路状態は下りもあまり変わりません

 輝嶺峠より西米良村方面も道路環境は変わらないというか、さらに酷くなっている感があります。


13-沢にかかる橋

 こういうカーブどころの小さな橋は、砂や葉っぱで滑りやすかったり、路面がでこぼこだったりするので、通行に気を使います。


14-やっぱり酷い道

 オンロードバイク海苔にとっては落ち葉(特に濡れ落ち葉)はスリップしやすいため、落ち葉の多い環境は勘弁してほしいもの。5月は落ち葉の少ない時期ですが、それでも峠前後の路面は多くの葉っぱが散乱する状態になっています。
 「今の時期でこれなら、晩秋はどんな地獄になるんだ…」と考えるだけでも恐ろしくなります。


15-県道144号との分岐点前 (11:45)

 そうしているうちに熊本県道・宮崎県道144号 槻木田代八重線との分岐点前まで到達しました。


国道265号と県道144号との分岐点の地図

 地図でいうとこちら。県道144号側に進んで行くと多良木町方面に進み、槻木(つきぎ)地区で最初に分岐した県道143号と合流します。


3. 県道144号分岐点→田代八重ダムまで


16-この辺りの道路環境は悪くはありません

 先程の県道との分岐点辺りから道路環境は改善されます。


17-県道360号との分岐点前 (11:50)

 県道360号 田代八重綾線との分岐点の手前まで来ました。


18-田代八重大橋手前

 正面に見える赤い橋が田代八重大橋(国道265号 西米良村方面)、岩陰に隠れていますが橋の手前より右側に行く道が県道360号(綾方面)となっています。そして橋のすぐ下が綾北川と田代八重ダムのダム湖になっています。
 なお“田代八重”は“たしろばえ”と読みます。


田代八重ダムの地図

 地図でいうとこの辺り。


19-綾町方面通行止め

 右側の県道360号は、この先通行止めの案内が出ていました。(峠に入る前からこの旨の案内はありました)


20-県道360号側から見た案内板

 左の小林方面が来た道、右の西米良方面がこれからの行き先です。こんな道がまだ30km近く続くのかと思うと気が滅入ります。


21-橋の上から見る田代八重ダム

 先程の赤い橋の上から右側を覗くと田代八重ダムが見えます。これだけ大きな人工物があるにも関わらず、辺りは全く人気(ひとけ)が感じられない無人の世界。

 「もしこんなところでバイクが壊れて、一人で取り残されたらどうしよう…」

などという不安な感情が一瞬心をよぎりますが、そんなことを考えてもしょーがないので、一旦ヅラ(ヘルメット)を取ってフェリーの中で買ったスナック菓子を少々つまみながら、ペットボトルのお茶で水分補給をして、第2の難関である尾股峠に向かって進んで行きます。

その3へ続く



ツーリングマップルR 九州 沖縄
クリエーター情報なし
昭文社


ゆずピールチョコチョコチップス 5袋いり
クリエーター情報なし
農業生産法人 有限会社すき特産


ランチバッグ 弁当袋 小林市 超軽量 バッグ 肩掛け 3way 伸縮性 Black One Size
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

コメント