きたへふ(Cチーム)のブログ

ファミスタとは特に関係ありません。タブレット・スマホをご利用の方は、できればPCモードで御覧ください。

第3回イナズマイレブン人気投票について

2011年11月19日 | 人気投票ヲチ
【初回作成日:2011.11.19、 最終改版日:2015.12.15】

11月15日より、またまたイナズマイレブンの人気投票が始まりました。
今回もまた、生暖かい目で経緯を見守っていきたいと思います。

※ 第3回人気投票は、2011/12/20 11:11を以て終了しました。

他のイナズマイレブン人気投票の経緯等については、
下記のエントリを参照ください。
 ・イナズマイレブンの人気投票について(全体のまとめ)

 ・第1回イナズマイレブン人気投票 (2010年末)
 ・第2回イナズマイレブン人気投票 (2011年初)
 ・第3回イナズマイレブン人気投票 (2011年末) ←このページ
 ・第4回イナズマイレブン人気投票 (2012年末) その1その2
 ・レベルファイブ キャラクター人気投票100 (2013年6月)
 ・第5回イナズマイレブン人気投票 (2013年末)



11月16日午前0時過ぎの得票数上位7名 (投票開始後、約半日)



投票開始からの経緯 (2012.2.1 壁紙公開時点)

・2011年11月15日よりイナズマイレブンの人気投票3回目が始まる。
 今回の人気投票でも上位3位までのキャラクタの壁紙が作られるとのこと。
 これまでの投票との違いは、mixiの方でも投票が行われ、最終順位は
 公式Webサイトとmixiとの合算得票数で決まるとのこと。
    ↓
・今回は投票可能メンバーに五条さんが入っており、その五条さんは
 (予想通り)いきなり得票を伸ばして他のキャラを引き離す。
    ↓
・とりあえずのVIPPERの投票方針は、次のような感じとなる (~11/18頃まで)
  (1) 五条はニコ厨が支援中、かつ、公式サイト公認のネタキャラ扱いに
    なっており、ひねくれ者のVIPPERとしては力を入れては応援しない。
  (2) (当然のごとく)腐女子の応援キャラは落とす。
  (3) とりあえずは牙山と野谷を応援する。
    ↓
・その後、VIPPERの投票方針が固まってくる (11/19頃)
  (1) 壁紙対象になるTOP3は、五条・牙山・野谷の悪人面の3人。
    4位に朴訥フェイスの藤木。以降は女子マネージャ。
    ※ VIPPERの目標順位の画像
  (2) 腐女子支援キャラの剣城は下に落とす。
  (3) まずは牙山・野谷の順位を2~3位に上げて安定させ、
    剣城との得票差が開いたら他キャラに投票することに。
    ↓
・VIPPERら、スマホ持ち連中に投票を呼びかける活動を開始。
 投票していない人に対して、23時(日付変更前)と再投票可能となる
 0時過ぎの2回の投票を呼びかける。
    ↓
・支援を受けた牙山・野谷が、計画通り2~3位に浮上。(11/20未明追記)
    ↓
・2~3位の牙山・野谷は、目標としていた4位剣城との得票差が7000票に
 達したため、藤木を4位に上げようとする動きが出てくる。(11/21追記)
    ↓
・VIPPERの集中支援を受けた藤木は11/22朝方より急激に得票を伸ばし、
 たった一日で1万票以上も上乗せする(後述のグラフ参照)。
 その結果、藤木は10位程度から一気に顔見せ範囲の5位にまで浮上する。
    ↓
・その後、悪人面の路野が顔見せ順位の7位に浮上。
    ↓
・11/24の夜より、(腐女子支援キャラである)4位の剣城が、
 これまでにないペースで急激に票を伸ばし始める。

    ↓
・VIPPERはこれまで2~3位(牙山・野谷)と4位剣城の票差が7000以内であれば
 3位に投票、それ以外であれば(藤木等に)自由投票する方針で動いていたが、
 いきなり票差が迫ってきて、蜂の巣をつついたような大騒ぎとなる。(11/24)
    ↓
・剣城はピーク時の票の入り方がハンパないことや、深夜を含む全日の時間帯で
 これまでにないペースで票を得ていることから「公式チートの再現か!」と
 色めき立つ。
    ↓
・しかし他のVIPスレで「ツールを使って剣城に投票した」という人が現れる。
 詳細はまとめWikiの該当ページ参照。
    ↓
・剣城の得票はさらに進み、11/25 21時台についに牙山・野谷を抜き去って、
 一気に2位に浮上する。
    ↓
・VIPPERは対抗して11/26の0時砲を牙山に票を集め、一旦剣城を再逆転する。
    ↓
・しかし剣城の得票は続伸し、11/26の日中に再度2位に浮上。以降も票を伸ばし、
 牙山・野谷との票差は広がる一方。またこのペースだと、1位の五条さんにも
 追いつく可能性が出てくる。
    ↓
・(不正)ツール使いに対してまともな投票活動を続けても勝ち目がないため、
 VIPPERらに敗北感が出てくる。(11/26)
    ↓
・しかし牙山も盛り返し、2位剣城にぴったり追走する状態が続く。
 またトップの五条の得票が増え始め、剣城・牙山の2~3位グループとの
 差が少しずつ開き始める。(11/27)
    ↓
・こうした中、外国勢の力を借りようと、牙山等への投票を呼びかける
 英文の作成&広報に手を出すVIPPERが現れる。(11/27)
    ↓
・公開Proxyを踏み台にした自動投票ツール(いわゆる串砲)を作成した人が
 VIPスレに現れ、うpろだにツールをうpする。
 しかし「串の奪い合いになるだけ」かつ「剣城支援者(腐女子等)に
 転用されるとやっかい」ということで、早々に削除される。(11/28)
    ↓
・11/27~28は剣城・牙山の併走が続くが、11/28夜に牙山が再び2位浮上。
 11/29の0時砲は、多くが4位の野谷に向けられる。(11/29未明)
    ↓
・ツールで剣城に大量投票をしていた人がVIP本スレに現れ、
 終戦を宣言。(11/29 AM2時頃)

 その人曰く、スマホを使った自作の自動投票ツールを使っていたが、
 これ以上双方のツール使用作戦が過熱すると公式鯖を過負荷でダウン
 させかねないので、手を引くことにしたとのこと。
    ↓
・剣城へのツール投票停止後より牙山が一旦剣城を引き離すが、
 剣城には日中に手堅い得票があり、その後も牙山/剣城の2位争いが続く。
 その間、VIPPERらの票は4位の野谷に多く入り、2位グループに急接近中。
 その陰で蛇野がツールと思わしき大量得票で急伸中。(11/29~30頃)
    ↓
・12/1未明に五条さんが10万票突破。
    ↓
・その後も剣城と牙山の競り合いが続く。牙山は0時砲で剣城を引き離すが、
 剣城は日中(特に夕方以降)の得票で牙山を抜き返し、再び0時砲で牙山が
 再逆転するという状況が続く。(12/1~2頃)
    ↓
・12/2の夜に剣城と牙山が10万票突破。
    ↓
・剣城と牙山が熾烈な2位争いを続ける中、2位グループの得票が
 1位の五条にじわじわと近づいてくる。(12/3~4)
    ↓
・12/4の朝より剣城が再急進を開始。
 剣城は牙山を引き離し、1位の五条に肉薄する。
 この段階でVIPPERの投票方針は「五条さん1位死守」に変更される。
    ↓
・12/4の23時台に、剣城が爆上げを開始。
    ↓
・12/5は未明より五条・剣城の壮絶なデッドヒートとなり、
 12/5 午前7時台に、ついに剣城が1位浮上。
    ↓
・しかし12/5の午後以降、五条は剣城を抜き返し、1位を死守。(12/6昼時点)
 その間、剣城の大量得票はなくなったが、その代わりに他の下位キャラで
 いきなり数千票の得票を得るキャラが現れる。このことからツールを使って
 剣城に投票して遊んでいた人が、別のキャラに乗り換えたとの説が流れる。
    ↓
・その後、剣城の得票ペースは落ち着いたこと、及び、五条はVIPPERの集中支援を
 受けたこともあり、五条は剣城に対して1万票程度まで差を広げる。(12/7)
    ↓
・ただしツールを使って剣城に投票していた人の出方次第では、
 この程度の差は一気に詰められる可能性があるため、
 VIPPERたちも戦々恐々の状況となる。
    ↓
・今度は蛇野と路野にツールを使ったと思われる票が集中し、6~7位に浮上する。
 結果、腐女子支援キャラの霧野蘭丸が顔見せ順位(7位以内)から転落。(12/7夜)
    ↓
・蛇野と路野には引き続き票が入り、ほとんど得票が進んでいなかった藤木を逆転。
 5~7位グループは蛇野が頭一つ抜けだし、路野と藤木が競り合う。(12/8頃)
    ↓
・VIPスレで五条に自動投票を行うAndroid用ツールを公開する人が現れる。
 元々五条は剣城に一度追いつかれた後、VIPPERの集中支援を受けて剣城との票差を
 広げつつあったが、ツールの影響もあってか、その差は2万票に広がる。(12/9朝時点)
    ↓
・1位五条と2位剣城の差が4.5万票程度にまで広がる。これで安全圏に到達したと
 考えたVIPPERらは、3位牙山への集中支援を開始する。(12/10時点)
    ↓
・12/11の0時より牙山票が爆上げを開始し、1日かけて剣城に急接近。
 そして12/12の0時砲で2位に浮上し、牙山は剣城との差を広げる。(12/12昼時点)
    ↓
・続いてVIPPERらは表彰台(1~3位)独占に向け、4位野谷への集中支援を開始。
 野谷票は12/13の0時前後より爆上げを開始し、1日で約5万票をも上積みする。(12/13)
    ↓
・野谷は12/13 23時頃に剣城をとらえて3位浮上。
 VIPスレは「野谷3位奪還祭り」となる。
 その後野谷は12/14の0時砲で剣城との差を広げ、2位牙山に追いつく。(12/14)
    ↓
・1~3位の占有に成功したVIPPERらは、剣城のツールを使った急激な得票に
 警戒しつつ、女子マネージャへの支援を開始。(12/14夜)
    ↓
・元々10位近辺に位置していた女子マネ3名は急激な得票を得て6~8位に浮上。
 得票が進んでいなかった路野・藤木を顔見せ範囲外に追いやり、
 腐女子支援キャラの霧野蘭丸がTOP10から転落。
 そうした中、特殊ヘアスタイルで腐女子支援キャラの不動明王が、
 ツールを使ったような集中票を得て霧野を追い越し続伸中。(12/16昼)
    ↓
・続いてVIPPERらは、女子マネージャに抜かされた藤木と路野の支援を開始。
 12/16深夜より急激な支援を受けた藤木と路野は、再び6~7位に浮上。
 その後6~10位は、藤木+路野+女子マネージャ3人による集団となる。(12/18頃)
    ↓
・その間、11位の不動明王はツールを使ったと思われる直線的な得票ペースを続け、
 6~10位集団をぴったりと併走。不気味な動きを見せる。(12/16~19頃)
    ↓
・投票終了前日となった12/19、VIPPERらは次のような理想形を目指す。
  (1) 剣城を除く10位までを、VIPPER支援キャラで占拠する
  (2) 特定支援者の串砲で上位に来ていた(VIPPERらにとって気に入らない)
    蛇野を顔見せ順位外に落とすべく、女子マネらの順位を上げる
  (3) 腐女子支援キャラの不動明王のTOP10入りは絶対阻止
    ↓
・4位剣城は、2~3位の牙山/野谷とは3万票の差が付いたことで、例え以前のような
 爆上げを開始しても、残り時間から3位浮上は困難であると判断される。
 その結果、牙山/野谷への投票自粛が叫ばれ、その分はマネージャら6~10位へ
 投票するように呼びかけられる。(12/19)
    ↓
・その結果、12/19は藤木+路野+女子マネージャの票が続伸して順位上昇。
 ついに12/20未明に山菜・空野・藤木が蛇野を逆転して顔見せ順位(5~7位)に浮上。
 ただしその間も11位の不動は、ツールっぽい動きで得票を伸ばし、5~10位を追走。
    ↓
・投票最終日の12月20日は、上位陣に大きな動きは無かったものの、
 顔見せ順位(7位)以内を目指した6~10位グループは猛烈な票争いとなる。
    ↓
・そして12月20日 午前11時11分で投票終了。
 最終的に 
  ・1~4位(五条,牙山,野谷,剣城)は、波乱無くその順位のままフィニッシュ。
  ・顔見せ順位の7位までには山菜茜、藤木立彦、路野進が入る。
  ・8~9位には瀬戸水鳥と空野葵の女子マネが蛇野を逆転してTOP10入り。
  ・腐女子支援キャラの不動と霧野は、11~12位とTOP10入りならず。
 という状況となる。

 
12月20日11:11頃の得票数上位7名 (投票終了直前)

 
12月20日11:11頃の得票数8位以下 (投票終了直前)
    ↓
・今回の投票活動の結果は、壁紙対象となる1~3位に加えて、10位までのキャラも
 (4位剣城を除いて)VIPPER支援キャラで占有することに成功。
 10位以内を目指していた腐女子支援キャラをTOP10圏外に蹴落としたこともあり、
 VIPPERらはメシウマ&勝利の祝杯状態となる。
    ↓
・投票終了後より、公式サイトは集計中のページに置き換わる。(画面コピー)
 最終結果はテレビ東京で12/28 19時から放送されるイナズマイレブンの特番の中で
 発表されるとのこと。
    ↓
    ↓
    ↓
・12月28日19時よりイナズマイレブンの特番が放映。
 この日のVIP板は、この放送をワクテカしながら首を長くて待っていた
 VIPPERらにより、多くの関連スレが立ち、実況状態となる。
 この番組内で人気投票の最終結果が発表され、1位=五条、2位=牙山、
 3位=野谷…とWeb投票の結果に沿った順位がテレビ放送される。

 
 テレビ放送された10位までの順位

 人気投票結果コーナーでは、悪人ヅラした3名が1~3位を占めたことや、
 (4位を除く)10位までをいろいろと間違ったキャラクタたちで占拠した
 ことが淡々と放送され、それを見ていたVIPPERらは大爆笑となる。

 
テレビ放送された1位の五条さん
    ↓
・時を同じくして、公式サイトの方でも公式順位が発表される。(12/28)
 (画面コピー)
    ↓
・今回は、mixiを含む投票総数が約200万票(2,001,232)あったこと、
 そして投票に感謝して1~5位のキャラクタの壁紙が公表されることが
 告知される。(12/28)
    ↓
・しかし12/28時点では、4位の剣城の壁紙しか公表されない状況となる。
 
 
4位の剣城の壁紙のみ公開している公式サイト(12/28時点)
    ↓
    ↓
    ↓
・順位の公式発表から1ヶ月が経過するが、壁紙は公開されず。(1/28)
    ↓
    ↓
・2月1日 ついに公式サイトで残りの壁紙が公開される。(画面コピー)
※ 初出時、2月2日に壁紙公開と記載していましたが、2月1日に訂正しました。


公開ページの壁紙ダウンロードページ



公開された1位 五條、2位 牙山、3位 野谷、5位 山菜の壁紙

今回公開された4枚の壁紙は、想像以上に気合いの入ったカコイイ
仕上がりとなっており、「運営見直した!」との声が上がる。
    ↓
    ↓
今回の投票活動の結果は、

「投票結果も壁紙もVIP大勝利」

というオチになったみたいです。


投票期間中のグラフ等


11月20日午前0時過ぎの得票数上位7名 (腐女子支援キャラの剣城が2位)
    ↓

11月20日午前5時過ぎの得票数上位7名 (上記順位の5時間後)
野谷と牙山がほぼ同数で2~3位に浮上し、2位だった剣城は4位転落。
    ↓

11月23日午前9時頃の得票数上位7名 (藤木が一気に5位浮上)
    ↓

11月26日午後9時30分頃の得票数上位7名 (剣城が2位浮上)
    ↓

12月1日午前6時過ぎの得票数上位7名 (五条が10万票突破)
    ↓

12月5日午前8時前の得票数上位7名 (剣城が1位浮上)
    ↓

12月8日午前1時の得票数上位7名 (五条1位復帰、蘭丸が8位転落)
    ↓

12月12日13時頃の得票数上位7名 (牙山が2位浮上)
    ↓

12月14日11:30頃の得票数上位7名 (野谷が3位浮上)
    ↓

12月16日12:30頃の得票数上位7名 (女子マネが6~7位浮上)



11月20日0時より前後約2時間の10分間得票グラフ

このグラフからは、
 ・VIPPER支援キャラの牙山と野谷は、ほぼ同数の0時砲支援を受けている。
 ・腐女子支援キャラの霧野欄丸は200票程度の0時砲を受けているが、
  牙山と野谷への支援は23時台から開始し、1時過ぎにも山がある。
ということが判ります。



11/22 00:39 ~ 11/23 06:39の中位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、11/22 6:39時点で5000票程度だった藤木票がたった一日で
約1万6000票に到達し、ごぼう抜きで順位を上げていることが判ります。



11/24 21:30 ~ 11/26 21:30の2~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、
 ・剣城は11/24 23:30以降より爆上げ開始
 ・牙山と野谷は同じ得票数で推移してきたが、剣城の追い上げを受けてからは
  牙山に優先的に票が集まっている(ただし野谷にもそこそこ入っている)
 ・剣城は11/25 21時台に2位に躍り出るが、その後の0時砲で牙山が2位を奪還。
  しかし11/26の日中に再び剣城が抜き返して2位になっている
ということが見て取れます。



11/27 1:03 ~ 11/29 1:06の1~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、
 ・11/27~28の2日間は、剣城と牙山の2位争いが熾烈であること
 ・牙山は0時砲の支援が多いが、日中は剣城の得票が多いこと
 ・11/29の0時砲は4位の野谷に多く向けられていること
が見て取れます。



11/29 22:42 ~ 11/30 22:57の1~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、剣城へのツール投票が止まった11/29 23時前より
牙山が剣城を引き離すが、その後剣城が追いついてデッドヒート状態。
その間、4位の野谷が急激に追い上げていることが見て取れます。



12/2 15:12 ~ 12/4 15:24の1~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、
 ・剣城票が12/3明け方より急進し、2位争いを抜け出している。
 ・同じく剣城は12/4 23時台より爆上げを開始し、1位に急接近。
 ・1位の五条も12/4 23時台より急激な支援を得て得票を重ねるが、
  12/5 7時台に、ついに剣城に1位浮上を許す。
 ・しかし五条は、12/5日中に1位に再浮上。
していることが見て取れます。



12/6 21:57 ~ 12/8 22:36の6~8位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、
 ・路野と蛇野が12/6未明より急進していること。
 ・蛇野は12/7未明より、さらに爆上げしていること。
が見て取れます。



12/10 12:42 ~ 12/12 12:54の1~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、12/11の0時より牙山票が爆上げを開始し、
12/12の0時砲で2位に浮上していることが見て取れます。



12/12 10:54 ~ 12/14 11:30の1~4位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、12/13の0時前後より野谷票が爆上げを開始し、
12/13 23時頃に剣城を抜いて3位に浮上していることが見て取れます。



12/14 12:18 ~ 12/16 12:30の6~12位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、女子マネージャが12/15の0時前後より得票ペースを延ばして
一気に逆転していること、及び、不動明王が(ツールを使ったと思われる)直線的な
得票を得ていることが見て取れます。



投票終了直近2日間の6~12位キャラの得票推移グラフ

このグラフからは、
 ・VIPPER支援キャラの山菜、藤木、路野、瀬戸、空野が集中的な票を得て
  最終的に蛇野を逆転していること
 ・腐女子支援キャラの不動も、それに匹敵した得票があったものの、
  上位浮上とはならなかったこと
が見て取れます。



参考URL(今後のリンク切れはごめんなさい)

爆熱キャラクター人気投票 (公式サイト)

mixiの方の人気投票 公式サイト

今回の得票状況のグラフ化サイト(※廃止済み)
  10分ごとの得票状況等がグラフ化されています。

得票数一覧のグラフ化サイト
  いつものグラフ化サイトを作ってくれている人のところですが、
  今回からグラフ化させたいキャラが選択できたり、コメント機能が付くなど
  更なる機能追加がなされています(驚愕)。

イナズマイレブンGO人気投票の上位を五条さん・牙山さん・野谷さんで独占しようぜwiki
  今回の投票活動のまとめサイト(VIPPER)。

『イナズマイレブンGO』人気投票開始、結果は12月28日放送の劇場版「イナイレ オーガ襲来」で発表!五条さん強ぇ・・・ (萌えオタニュース速報)


『イナズマイレブンGO』キャラクター人気投票終了 五条さんの連覇確定か・・・(くまニュース)

コメント (9)

群馬県道45号・塩ノ沢峠(旧道)を走ってみる

2011年11月13日 | バイク
【記事作成日:2011/11/13、現地訪問日:2011/11/3】

この春にXJ6 Diversionに乗り換えたばかりの私でしたが、その後は親父が死んだり
仕事で週末が潰れたりして、5月の連休に横浜⇔大分間を自走往復して以降は、
ほとんどバイクに乗れない状況が続いていました。

そうした中、11月3日の祝日は休みと好天候が重なったこともあり、
満を持して久しぶりの長距離日帰りツーリングに出かけてきました。

今回の目的は、前回十石峠を走った際に気になったR299迂回ルートである
矢弓沢林道を走ってみることと、R299の古谷ダムから南牧村に抜ける
ルートである大上林道を走ってみること、そして塩ノ沢峠の旧道を
走ってみることです。

この日は朝4時に起きて、横浜→青梅→名栗村→秩父→(志賀坂峠)→
上野村へと行き(9時到着)、そこから矢弓沢林道経由で十石峠→
古谷ダム→大上林道→南牧村(線ヶ滝見学)→塩ノ沢峠の旧道→
土坂峠→両神温泉薬師の湯で温泉と遅い昼食を取り(15時出発)→
雁坂峠→塩山→柳沢峠→奥多摩→青梅で夕食(19時半出発)→
横浜の自宅に21時過ぎに到着というコースを走ってきました。

このエントリでは、群馬県道45号下仁田上野線の塩ノ沢峠の旧道を
走ってみた感想を記録します。
 ・矢弓沢林道の走行記については、こちらのエントリを参照ください。
 ・大上林道の走行記については、こちらのエントリを参照ください。

<走行前に参考にさせていただいたサイト>
 ・R299の枝道、大上峠とか (ロングツーリングクラブ)


今回の走行記録


塩ノ沢峠付近の地図(クリックすると地図Zの本データへジャンプ)



塩ノ沢峠の旧道との分岐点 (地図の吹き出しマーク1)

現在、下仁田(南牧村)~上野村間の県道45号は、広くて新しいバイパス道
(快速路)になっていますが、旧道は横から細い道に入ります。



新大倉橋の手前が旧道の入口となります (地図の吹き出しマーク1)



最初の分岐点手前

道なりに直進+左に進むと塩ノ沢峠へ、右に曲がると大入道地区へ。
ここは直進します。



最初の分岐点を道なりに直進

「注意!! 上野村方面道幅狭く大型車は通り抜け出来ません」
との看板が出ています。
こういう看板を見るとワクワクしてきます(変態)。



2つ目の分岐点に到着 (地図の吹き出しマーク2)



左は行き止まりの村道なので、右に進みます。



左に進むと檜沢岳というところの登山口に到達するらしいです。



峠に向かっての道1 (この辺りは走りやすいですが…)



峠に向かっての道2 (峠を登っていくほど枯葉が増えていって…)



峠の一番上付近は、こんな有様に…



峠の頂上付近には短いトンネルがあります。



トンネルを少し過ぎたところで、左の方からの道と合流します。
(地図の吹き出しマーク3)

この左からの道は、御荷鉾(みかぼ)スーパー林道の八倉峠方面へ通じる
ルートですが、数年前の災害でこの先の道路は閉鎖されているとのこと。

道の合流点の近くには、ちょっと広めのスペースがあります。
写真は広めのスペースのところから、来た道の方向を写したものです。

写真に小さく写っている行き先の青看板ですが、枝分かれする道の矢印の
左側方面は"下仁田"、右側方面は"スーパー林道"と書かれています。
※ 来た道(南牧村市街地方面)は左側になります。

さらにその先の白看板には「この先通算雨量100mmで通行止め」との
お知らせが書かれています。



この辺りは上野村の楢原地区とのこと



もうちょっと進んだところで再び林道との分岐点に到達。
(地図の吹き出しマーク4)

行き先の青看板には、枝分かれする道の矢印の直進側が"国道299号"、
右側が"御荷鉾林道"と書かれています。



国道299号ルート(左)と御荷鉾林道(右)との分岐点

道の広さが同じなので、青看板を見落とすと思わず右側に進んでしまいそうです。
なお、右に進むと山の中をぐるぐる回ってスーパーの南牧村側終点(県道93号)に
到達するようです。



ここから先は峠道を下っていきます。来た道と同様に枯葉が多いです。



天狗岩の登山道入口



林道カマカケ線の入口。すごい名前やな。



崖沿いの道

麓に近くなると緑が濃くなってきます。
そして塩ノ沢温泉の施設を越えるとバイパス道と再合流します。



県道45号バイパス道との合流点 (地図の吹き出しマーク5)



合流点のすぐ右側には、湯の沢トンネルの入口が見えます。

湯の沢トンネルは全長3,323mの一般道としてはかなり長いトンネルで、
塩ノ沢峠を貫通しています。

今回塩ノ沢峠の旧道は、途中でのんびり写真を撮りながら45分くらいで
走破しましたが、バイパス道を使うと5~10分ぐらいで通過できます。



感想・その他

実際に走ってみた感想は、次のような感じになります。

 ・路面は前線舗装されていますが、峠の頂上に近いほど枯葉や枯れ枝が
  道の中央近くまで散乱して走りにくくなります。
  雨天や夜間に好きこのんで走るようなところではないかと思います。
  (特に雨天/雨天後は、濡れ枯葉のスリップに注意)

 ・途中、迷うかもしれない枝分かれする道がありますので、初めて走る方は
  地図とか持っておいた方がよいかもしれません。

 ・峠より上野村側も南牧村側も、周りの山々が見える開けた場所が少々あります。



XJ6 Diversion のインデックスページに戻る

ツーリングマップル関東甲信越2011
クリエーター情報なし
昭文社


ツーリングマップルR 関東甲信越2011 (ツーリングマップルR)
クリエーター情報なし
昭文社

コメント

大上林道を走ってみる

2011年11月11日 | バイク
【記事作成日:2011/11/11、現地訪問日:2011/11/3】

この春にXJ6 Diversionに乗り換えたばかりの私でしたが、その後は親父が死んだり
仕事で週末が潰れたりして、5月の連休に横浜⇔大分間を自走往復して以降は、
ほとんどバイクに乗れない状況が続いていました。

そうした中、11月3日の祝日は休みと好天候が重なったこともあり、
満を持して久しぶりの長距離日帰りツーリングに出かけてきました。

今回の目的は、前回十石峠を走った際に気になったR299迂回ルートである
矢弓沢林道を走ってみることと、R299の古谷ダムから南牧村に抜ける
ルートである大上林道を走ってみること、そして塩ノ沢峠の旧道を
走ってみることです。

この日は朝4時に起きて、横浜→青梅→名栗村→秩父→(志賀坂峠)→
上野村へと行き(9時到着)、そこから矢弓沢林道経由で十石峠→
古谷ダム→大上林道→南牧村(線ヶ滝見学)→塩ノ沢峠の旧道→
土坂峠→両神温泉薬師の湯で温泉と遅い昼食を取り(15時出発)→
雁坂峠→塩山→柳沢峠→奥多摩→青梅で夕食(19時半出発)→
横浜の自宅に21時過ぎに到着というコースを走ってきました。

このエントリでは、国道299号線の古谷ダム付近から南牧村に抜ける
林道大上線(大上林道)を走ってみた感想を記録します。
 ・矢弓沢林道の走行記については、こちらのエントリを参照ください。

<走行前に参考にさせていただいたサイト>
 ・R299の枝道、大上峠とか (ロングツーリングクラブ)


今回の走行記録


大上林道付近の地図(クリックすると地図Zの本データへジャンプ)



大上林道は、古谷ダムの近くから分岐しています。(地図の吹き出しマーク1)



佐久穂方面から見た分岐点。青い欄干の橋の手前から横道に入ります。
この橋は古谷大橋という名前らしいです

バイク止めて写真を撮っていると、林道方面から現れた(埼玉の寄居から来たという)
老夫婦の車と遭遇。「この道はどちらに繋がりますか?」と聞かれる。
「左(十石峠方面)に行くと上野村に出ますけど、道は狭いですよ」と伝える。
この老夫婦によると「林道の方は紅葉が始まっていましたよ」とのこと。



早速、林道に入って、大上峠方面に進みます。



大上峠までの道路1



大上峠までの道路2



林道大野沢線との分岐点

林道大野沢線は、閉鎖されていました(一般通行禁止)。
近くにはクマ出没注意の看板が(がくぶる)。



大上峠までの道路3



あっさりと大上峠に到着 (地図の吹き出しマーク2)



大上峠自然果樹園の看板



枯れ葉で道の端が埋まった状態の道路1



枯れ葉で道の端が埋まった状態の道路2



南牧村自然公園キャンプ場に到達 (地図の吹き出しマーク3)



キャンプ場の駐車場付近には湧水が



キャンプ場より南牧村方面の道1



林道大上線の看板を発見



崖沿いの道を走行



そして林道の終点に到達 (地図の吹き出しマーク4)

県道108号 下仁田佐久穂線との合流点になります。



県道108号は、この先の余地峠が越えられません



合流点を反対から見たところ(右が大上林道へ)



走行注意の看板



その先、田口峠越ルートの県道93号との分岐点
なお田口峠の走行記については、こちらのエントリを参照ください。

その後、県道93号を直進して南牧村市街地へ進み、県道45号の塩ノ沢峠の
旧道を通って上野村に向かいます。塩ノ沢峠(旧道)のエントリはこちら



感想・その他

実際に走ってみた感想は、次のような感じになります。

・路肩が落ち葉で埋まっているところがあったものの、路面は全線舗装済みで、
 極端に狭い場所もなく、普通に走行することが出来ます。

・大きな地図でないと載っていない道路ですが、国道である十石峠越えの
 ルートよりも、走りやすいと思います。

・見晴らしのよいような場所は、あまりなかったように思えます。



XJ6 Diversion のインデックスページに戻る


ツーリングマップル関東甲信越2011
クリエーター情報なし
昭文社


ツーリングマップルR 関東甲信越2011 (ツーリングマップルR)
クリエーター情報なし
昭文社

コメント

矢弓沢林道(国道299号の迂回路)を走ってみる

2011年11月06日 | バイク
【記事作成日:2011/11/6、現地訪問日:2011/11/3】

この春にXJ6 Diversionに乗り換えたばかりの私でしたが、その後は親父が死んだり
仕事で週末が潰れたりして、5月の連休に横浜⇔大分間を自走往復して以降は、
ほとんどバイクに乗れない状況が続いていました。

そうした中、11月3日の祝日は休みと好天候が重なったこともあり、
満を持して久しぶりの長距離日帰りツーリングに出かけてきました。

今回の目的は、前回十石峠を走った際に気になったR299迂回ルートである
矢弓沢林道を走ってみることと、R299の古谷ダムから南牧村に抜ける
ルートである大上林道を走ってみること、そして塩ノ沢峠の旧道を
走ってみることです。

この日は朝4時に起きて、横浜→青梅→名栗村→秩父→(志賀坂峠)→
上野村へと行き(9時到着)、そこから矢弓沢林道経由で十石峠→
古谷ダム→大上林道→南牧村(線ヶ滝見学)→塩ノ沢峠の旧道→
土坂峠→両神温泉薬師の湯で温泉と遅い昼食を取り(15時出発)→
雁坂峠→塩山→柳沢峠→奥多摩→青梅で夕食(19時半出発)→
横浜の自宅に21時過ぎに到着というコースを走ってきました。

このエントリでは、国道299号線の十石峠より上野村側が通行止めの際に
迂回ルートとなっている矢弓沢林道を走ってみた感想を記載します。

<走行前に参考にさせていただいたサイト>
 ・R299の枝道、大上峠とか (ロングツーリングクラブ)


今回の走行記録


矢弓沢林道付近の地図(クリックすると地図Zの本データへジャンプ)

今回は上野村から十石峠に向かいます。
まずは国道299号から県道124号上野小海線(ぶどう峠越えルート)に入り、
横道から矢弓沢林道に入ります。
※ ぶどう峠越えの走行記はこちらのエントリを参照。



国道299号から県道124号線への分岐点 (地図の吹き出しマーク1付近)

県道124号線は楢原郵便局のところから広い道が出ているのですが、今回は
狭い旧ルートの方から入ってみました。


この先国道299号は全面通行止めとの案内板

国道299号の十石峠⇔上野村間は9月の台風以降通行止めになっており、
迂回ルートとして矢弓沢林道が案内されていました。まあ今回は元々、
国道299号が通れても矢弓沢林道を通る予定だったのですが。



民家沿いの狭い旧県道ルートを通りますが結局広い道に戻ります



林道入口に至る分岐点に到達 (地図の吹き出しマーク2付近)



十石峠方面はこちらとの案内が出ています



矢弓沢林道の入口付近に到着 (地図の吹き出しマーク3付近)

写真には写っていませんが、写真でいう左下の川沿い付近に、
いけすのようなものがある建物(民宿清流荘)があります。


林道矢弓沢線 十石峠・佐久穂町方面の案内板



反対側から見るとこんな感じ



矢弓沢林道起点の案内板
林道矢弓沢線は全長が7,283mで、旧十石街道はこの林道沿いだったらしい。



矢弓沢林道の風景1 (起点付近)



矢弓沢林道の風景2 (だいたいこんな感じの道が多いです)



矢弓沢林道の風景3 (たまにこんな個所があります)



矢弓沢林道の風景4 (峠を登るほど、紅葉が進んでいます)



矢弓沢林道の風景5 (終点付近)



そしてついに国道299号と再合流 (地図の吹き出しマーク4付近)



矢弓沢林道終点近くの案内板



矢弓沢林道終点側から見た林道



国道299号の上野村側はここで閉鎖され、林道へ迂回する案内がでていました

その後、紅葉の道を通って十石峠(地図の吹き出しマーク5)を過ぎ、
その先の古谷ダム付近の大上林道から南牧村へ走ります。
続きのエントリ(大上林道)はこちらを参照



感想・その他

実際に走ってみた感想は、次のような感じになります。

・路面は、路肩側が落ち葉で埋まっているところが多かったものの、
 全線舗装済みで普通に走行することが出来ます。(決して悪くはない)

・道幅は起点(民宿側)付近が一部狭いものの、車の離合が可能な広さの
 幅員区間が多く、バイクでは普通に走ることができます。

・勾配は起点側の方がきつかったです。

・林道の中は日差しがあり、見晴らしのある開けた場所もいくらかあります。
 国道299号の十石峠より上野村側は、薄暗い森の中を延々と走る感じなので
 それに比べると国道299号よりも走っていて気持ちの良いところでした。

・ということで、十石峠越えをする場合は、国道299号が通れる場合でも、
 気持ちよく走れるこの林道ルートを一度は走ってみることをお勧めします。

・十石峠ルートは、冬期は閉鎖される上、台風等でよく通行止めになるようです。
 事前に規制情報を確かめましょう。冬期閉鎖の期間は十石峠と同時期で、
 例年12月下旬(クリスマス頃)から4月上旬にかけてです。

 参考リンク:
  ・群馬県内の大雨等による通行規制情報(国道・県道)
  ・道路通行規制箇所の状況(佐久南部地域)


XJ6 Diversion のインデックスページに戻る

ツーリングマップル関東甲信越2011
クリエーター情報なし
昭文社


ツーリングマップルR 関東甲信越2011 (ツーリングマップルR)
クリエーター情報なし
昭文社

コメント (6)